« 金沢 食べたもの覚え書き | トップページ | 金沢 夜はこれから… »

金沢 続•食べたもの覚え書き

金沢旅の初日の観光は、お約束の東山茶屋街をぷらっと歩いてから
浅野川ほとり沿いの主計町あたりを散策。
このあたりの景色が私は金沢でいちばん好きです。
なんとも趣あって。ちょっとしっとり。不倫なかほり(むふ)。
ま、私達は女3人なのでかしましく歩いちゃいましたけどね。

途中、クリフトン•カーフが晩年住んでいた日本家屋をそのまま
使っているギャラリーで、カーフの作品をたくさん見せていただ
きました。
私達なんて見るからに絶対買わない通り客なのに親切だったなぁ。
金沢は親切な人が多い気がします。

さて、夜ごはんは地元民のTさんと待ち合わせてから「いたる」へ。
私にとっては毎度おなじみの「いたる」ですが、連れの二人は初!
まずは蟹2はいからスタート(写真は撮るひま無し)。
燗酒を飲みつつ、あれやこれやとTさんとマスターの勧めるがまま
にいろんなお魚料理がお腹の中へ。
はじめて食べたものは↓とかね。ブリの肝の佃煮(だっけ?)

Ca3j0165

あとこれとか(お刺身とたらこのコをあえたもの。料理名失念)

Ca3j0166

そして香箱の酔っぱらい蟹。
もう食べれる季節が終わってしまったはずなのに食べる事が
できる香箱はコレです!日本酒に漬け込んだのだそうです。
やばいほど日本酒にあいます。もうダメです。果てますわぁ。

Ca3j0162

なんか、1軒目でけっこう飲んだ気がする私なのでした。
そして、2軒目へ続くのでした…。

|

« 金沢 食べたもの覚え書き | トップページ | 金沢 夜はこれから… »

「旅のこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/44289186

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢 続•食べたもの覚え書き:

« 金沢 食べたもの覚え書き | トップページ | 金沢 夜はこれから… »