« せぷてんばぁ | トップページ | 尾瀬ってやっぱりいいわ »

区役所の上で、キラキラと妖しい夜…

昨日は、ギャランティーク和恵さんのライブに行ってきました。
和恵さんにとって、初めてのホールリサイタルという記念すべき一夜
を体験しないわけにはいかないっ!ってんで、私も張り切って会社を
早退(仮病)して会場まで駆けつけたのでした。
会場は日本橋公会堂という、中央区役所のビルの上階にあるホールだ
ったので、開演前は真面目そうな区役所の方々の目の前を、付け睫毛
3枚重ねのバーレスクな踊り子の方々とか、ゲイカップルとか、ドラ
ーグなお姉様がたが通り抜けて行くという不思議な光景が繰り広げら
れておりました。

リサイタルは初めから最後までキラキラと輝く、昔、子供の頃に見た
「サウンド•イン•エス」みたいな大人の歌謡ショーみたいで、うっと
りしちゃった。
和恵さんの歌はもちろん、舞台美術、衣装、ダンサー、映像や照明、
もう何もかもが
「あぁー。和恵さん、ずっとこういうのやりたかったんだろうなぁ。
実現できてよかったなぁ。」
って思える素晴らしく豪華で、かつ、たくさんの人の手が関わって
いる温もりの感じられる夢のようなステージでした。

CKBのツアー初日すっとばしてでも見に行ったこと、まったく後悔
ナッシングなのでした。

「スカイレストラン」とか「夜間飛行」とか、もともと好きな曲を
和恵さんが歌うのはもちろんグッときちゃうのは当然なんだけど、
例えば「別れても好きな人」みたいな、今まで何とも思ってなかっ
たスナック歌謡も、和恵さんが歌うのを聴くと、
「こんな良い曲だったのか」なんて驚かされたりするのがまた楽し
かったりするのでした。

途中、ステージの幕に白黒のアニメーションが映し出され、コート
を着たアニメ化された和恵さんがエレべーターに乗り地底都市から
天上のほうへ向かって上がっていくシーンが流れると同時に、

Recital2010_02a1_2
舞台の奈落からダンサーとともに
まるでグラムロック時代のデビット
ボーイみたいな和恵さんが歌いだす
という演出が超かっこよかった!!

ドレッシーな女装の和恵さんもきれ
いだけど、この両性具有のような
ロックな和恵さんは、私のツボに
めちゃめちゃ入りました。そして
歌ったのが「トーキョーバビロン」
と「シンガーレディ」!!
鳥肌たったーーー!!

後半で中森明菜の「ミアモーレ」を歌った時はバックダンサーの男
のコ達が、裸に赤いスパンコールの超ホットパンツ+白いエナメル
ブーツ+背中に豪華な真っ赤なクジャク羽飾りという衣装で踊って
るシーンは、もうショーパブ行った気分で大笑いしちゃいました。
(ギャルソンパブとかそういうのを彷彿とさせるステージでして、
和恵さんもやるときゃやるのねなオカマ演出でございました)

久しぶりに星屑スキャット(長女ミッツ•マングローブと三女メイリ
ー•ムー)も揃って歌うのを見て懐かしかったしー。
4年前くらいに星屑スキャットのディナーショーに行った時以来、
ずっと見てなかったので、ほんと楽しかったなぁ。

というわけで、昨晩、私的に一番テンションあがった曲を…。

|

« せぷてんばぁ | トップページ | 尾瀬ってやっぱりいいわ »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

ミッツさんのHPでこのポスターを見て
素敵だなあ。と思っとりました。

あの街界隈を、いつもと違うゴージャスな方達が行き交う姿、
いいですねぇ。

リサイタルも大好きな映画・プリシラばりの世界感だったのかしら。
チャンスがあったら行ってみたいな。

投稿: parmijiano | 2010年9月19日 (日) 12時34分

■parmijianoさん

水天宮あたりでも区役所のある通りは2本裏通りで、周りはお店なんて
まったくないマンションや個人宅の住宅街。
そこにあの夜だけ、ぞくぞくと不思議な方々が集まってました。
もちろん私のような地味な会社員もお客さんにはたくさんいるのですけど、
やっぱ派手な方々は目立つわけで(笑)。野宮真貴さん&ヴィヴィアン佐藤
さんの二人連れとかさ、目立たないわけがないだろう、みたいな。

プリシラが日本歌謡界に降り立ったみたいな感じかしら。
武蔵美出身の和恵さんならではの美的センスで、素晴らしかったよ。
きっと和恵さんの持ち出し多かったんだろうなぁー。タイヘンだったろうな。
でも昨日の夜あの場所にいたすべての人が大満足なステージとなりました。

投稿: ok | 2010年9月19日 (日) 21時37分

いやぁ本当に素敵でした。もう言葉では言い表せない楽しさ。
昔TV越しにみてた大人の歌の世界、プンと香水の香りのするような…
体験してみたかった憧れの雰囲気をリアルに体験できて満たされまくりでした☆
そしてミッツもメイリーさんも、なんて深いんだろうと見つめていました。同じ人間として、人を楽しく幸せな気持ちにできるあの魅力が羨ましいくて羨ましくてそして、目が潰れるんじゃないかってほど眩しかった(笑)

私、数日前の夜遅くに初めて和恵さんのお店を訪ねて、初めてステージ以外の和恵さんにお会いしたんです♪
お化粧をしていない和恵さん、でもステージから伝わってくる優しさはそのままでした。

にしても、あのドラマ仕立ての映像もよかったなぁ(笑)
大笑いしました!
そしてホロリときたり、魅了されたり、本当に素晴らしかったです!!

素敵な才能や魅力にふれさせていただいて、こりゃファッション雑誌をみて女を磨くことよりも、ずっと効果的だ!と感じてしまいました。
とにかく人間の心からにじみ出てくるものそれは女としての凛とした身のこなしや、包み込む優しさ、慈悲の心、女ならではの強さだったりを再確認した夜でした☆

しかし、私はそんなことを重大に感じながらも、人形町の酒場でジョッキの酒を何杯も飲み大口開けてガハハと笑いながら、いつもと同じことをしてしまったのでした(-_-;)
大反省です…(苦笑)
あっ、長くなってすみませんー

投稿: らば | 2010年9月19日 (日) 23時03分

わー!話を聞いただけでも、キラキラ感が見える気がしましたshine
本当にウィッグ盛ってお洒落したくなっちゃうねーrouge

選曲もすごくいいけど、アニメーションと一緒に奈落から上がってくる演出なんて、
相当ぐっときそうnotes
その演出で東京バビロン~シンガーレディは、最高だろうな~♪
生で聴いてみたいっすcrown

投稿: KAMIKO | 2010年9月20日 (月) 00時02分

■らばさん
昔の歌謡番組ってこんなふうだったよなぁ〜って思いながらキラキラな
ステージにうっとりできた2時間だったよ。
最初、バンドを後ろ側から回り込むように作られた階段から降りてくる
ゴージャスな紫のドレスを着た和恵さんが歌いながら降りてきたときは
あの夜ヒットを思い出しちゃった!

ミッツもメイリーも本当にひれ伏したいように女力200%だったねー。
あれは生物学上のオンナには真似できないものなのかもなぁ。
ミッツのエレガントな手首の返し方。あれひとつ真似できない私です。
あと笑顔をためるっつうか、ここぞという時に視線を送るっつうか、そう
いう技が素晴らしすぎる。日々の研究から生まれ、身につけていった
ものなのかもねん。
和恵さんはそういういわゆる、作られた女性とはまた少し違う、女性らしさ
がある気がする。そこが魅力。奥ゆかしいというか、実は前にでるのが苦手
なタイプっていうか、優しさ、繊細さが、滲みでてるっていうか。

会場で、和恵さんが講師をしていた頃の美大系予備校の生徒さん達グループ
がきてたんだけど、そんなふうに昔の教え子が来てくれるっていうのも
和恵さんの人柄がわかる気がしたな。愛される人だし、愛する人なんだな。

私の仲良しのゲイの友人(昔は銀座の普通の超高級クラブで女のホステス
さんに混じってひとりだけ女装でホステスしてて人気ナンバー1の過去あり)
も、愛情深いし、世話焼きだし、でも寂しがりやだし、私よりずっと女。
今の見た目は短髪なゴリマッチョだけどさ。
そんな友人と一緒にいても、自分の女力を磨けない自分が情けない…。

投稿: ok | 2010年9月20日 (月) 09時51分

■KAMIKOさん

こんかいのステージは本当にアートワークが素晴らしかったの。
いつもはライブハウスだから出来ないあれやこれやの全部をこのステージで
やってしまった感じ。お金相当頑張ったと思うのよ、タイヘンだろうなあと。
でも和恵さん、後悔は無いに違いないし、また絶対やりたくなってるっはず!
だって本当に楽しそうだったんだもん。嬉しそうだったんだもん。最後の客席への深々と長々とアタマを下げたお礼にジーンときちゃった。

なんかバッチリお化粧したくなっちゃったなぁー。
この夏はずっと暑くて化粧も流れ落ちるから、ぜんぜんメイクしてなかったの。
気合いいれて化粧して、気合いいれてお洋服きて、っていうのが懐かしい…。

投稿: ok | 2010年9月20日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/36813901

この記事へのトラックバック一覧です: 区役所の上で、キラキラと妖しい夜…:

« せぷてんばぁ | トップページ | 尾瀬ってやっぱりいいわ »