« 相変わらず猛暑ですが…ダウン着てました | トップページ | 裏銀座:三日目&最終日 »

裏銀座:初日&二日目

新宿から夜、バスで出発。朝4時過ぎにバスが信濃大町駅に到着。
そこから予約していたタクシーに乗って高瀬ダムへ。
ここへは許可させたタクシーとバスしか通行できないのです。

613681_526440160_78large
このトンネルを抜け、少し歩くと
「ブナ立尾根」の登りの始まり。
「ブナ立尾根」は日本三大急登
言われているだけあって、相当疲
れた〜〜。
ブナの樹林帯は美しいんだけど、
登っても登っても終わらない急な
勾配の登り道は、初日の午前中と
いういちばん体力のある時間帯に
も関わらずヘロヘロ…。

これを5時間続けて、お昼に烏帽子小屋に到着。

予定では、一日目はこの烏帽子小屋で終了してテント張って
午後はビール&お散歩のはずだったんだけど…。
どうやら、台風が近づいているらしく、テント泊はやばいし
二日目台風の中を歩くのはもっとやばいかもってことになり、
行程を変更。
午後もう少し先まで歩いて、野口五郎小屋で小屋泊まりする
ことになりました。
なので、初日は午後も4時間の登りが続いたのでした。
野口五郎小屋に着く少し前からは雨も降ってきて、小屋に着
いた時はずぶ濡れ状態。
これから雨も風もどんどん強くなるらしく、めちゃ疲れたけれ
どここまで歩いてきて小屋泊にして正解。

とりあえず冷たいビール買って飲み干して、自炊小屋でカレー
を作って(フリーズドライなのでお湯入れるだけですが)、
もうれつなイキオイで食べて、あとは即就寝。

まじ疲れた〜。

そんなことで、二日目は山小屋から一歩も出ず停滞day。
雨風の音が轟々と鳴り響くなか、同じく停滞な方々と食堂で
歓談。
「ここのルートは楽しかったよ」「あそこの食事は美味しい」
「山に持ってく食料のおすすめはね…」
年代もバラバラ、名前も仕事も知らない方々だけど、山とい
う共通の話題で楽しく飲めるのがいいね。
そうしてる時でも次々と、嵐の中を登ってきて小屋に避難して
きた登山者の方々が現れて、ビックリ。
中には、こんな天候なのに「レインウェアを入れ忘れた」とい
うズブ濡れな人が現れて、その場にいた全員が驚愕!
だって、こっちは小屋の中とはいえダウン着てちょうどいい位
の気温だよ。死ぬぞ、ゴラーーー!!(って皆、内心でね)

Photo_2
この台風による停滞dayのために、
楽しみにしていた「雲ノ平」には
日程的に行けなくなってしまった
のが残念。
雲ノ平は北アルプスの最奥にあっ
て最後の楽園と呼ばれている場所。
一日で行くことは不可能なのです。

ま、来年以降のお楽しみとして、
大事にとっておくことにしよっと。

|

« 相変わらず猛暑ですが…ダウン着てました | トップページ | 裏銀座:三日目&最終日 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/36188727

この記事へのトラックバック一覧です: 裏銀座:初日&二日目:

« 相変わらず猛暑ですが…ダウン着てました | トップページ | 裏銀座:三日目&最終日 »