« 大阪じゃレイコーって呼ぶってほんと? | トップページ | 裏銀座:初日&二日目 »

相変わらず猛暑ですが…ダウン着てました

私のここ数年の夏休みイベントといえば、縦走登山。
(イベントとか言ってると山屋さんに「ふざけてんのか?」と怒られ
そうです…)
なかなか普段は高い山にのぼりに行けないんだけど、夏に一回くらいは
頑張ってみようじゃないかとはじめて3年目。
08年は槍ヶ岳
09年は涸沢•奥穂高

そして今年の山行きは、『北アルプス裏銀座縦走 雲ノ平もねっ!』と
なりました。



裏銀座コースというのは、高山植物がたくさん咲く中を、彼方の
槍ヶ岳などの名峰を眺めながら歩くことができる、名門縦走路。
でも「裏」というだけあって、「表銀座」よりぐっと登山者は
少ないそうで、お盆でもわりと静かな山登りが堪能できるとか。
山の上くらいではラッシュみたいな人混みは避けたいもんねー。

さて、今回の山行きではおニューな装備を二つ導入してみました。
ひとつはSKINS
もうみなさまご承知のコンプレッションタイツでございます。
毎度の山登りには昔の怪我で弱ちゃってる膝をサポートするため
CW-Xをはいて脚運びの補助をしていて、もうCW-Xが無くては
登ることができない身体となってるわけですが、それとは別に、
「SKINS」の血流マッサージ効果と筋繊維整調効果がハンパなく
すごいって噂をきいて、遅ればせながら導入させていただいたと
いうわけ。
なので、登る時はCW-X、登ってない時はSKINSと二つのタイツを
使い分けて着用。
SKINSのインプレは、一言で言えば「イイ感じ!!」ですね。
確かに筋肉疲労度が違う気がするし(あくまでも「気がする」)、
すべすべっとした素材が肌なじみが良いし、圧迫感もさほど無い
ので、ずっと履いていても辛くないから、帰りのバスでもずっと
はいてました。

そしてもうひとつのギアはこれ。

Photo
プラティパスのワイン専用容器。
「プラティリザーブ」でございます。
いや、普通のプラティパスにワイン
を入れりゃいいんじゃ?、って話も
あるけれど、使ってみたらなかなか
便利な代物でしたよ。
ボトル1本分の量が入るし、単純な
作業で空気が抜けるから酸化が防げ
て、何より折り畳めるし軽いしね。
ぬるくてもOKな赤ワインを仕込んで
レッツらゴー!!

|

« 大阪じゃレイコーって呼ぶってほんと? | トップページ | 裏銀座:初日&二日目 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/36187436

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず猛暑ですが…ダウン着てました:

« 大阪じゃレイコーって呼ぶってほんと? | トップページ | 裏銀座:初日&二日目 »