« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

自転車買いました!

Rmx_2



















いろいろ悩んだ結果、↑こちらの自転車を買いました。

BRUNOのROAD MIXTE
8段変速だけど、ママチャリより全然段違いに走ってくれます。
今日、さっそく横浜駅近くのショップに取りに行って、帰りはウチまでコイツで
帰ってきたのだけれど、坂もぐいぐい走ってくれるし、見た目はわりと文科系
女子に好かれそうなルックスですが、いやいやどうして、なかなかの頑張り屋
さん。

自転車に乗ると、街の景色も変わってみえるし、やっぱり風が気持ちいい♪
これからしばらくは週末は自転車散歩の日々になりそうデス。

今日は、松原商店街っていう、ハマのアメ横って言われてる商店街にちょっと
寄ってみたけれど、すっごいテンションアがる商店街でしたよ。
六角橋商店街、横浜橋商店街、と横浜の商店街に行く度に、狂喜乱舞してきた
私だけど、今回はその乱舞具合が最高潮に!!!

おしゃれなハマッコライフからはどんどんかけ離れて行きそうな予感だけど、まぁ
それが私のキャラなんだから仕方ないなと……。


| | コメント (18) | トラックバック (0)

三斗小屋温泉へ行ってきた

GW後半の話ですが、那須の三斗小屋温泉に行ってきました。
で、ここは山を登ってい行かないとたどりつけない場所なのでして、おのずと春山
登山となるわけです。

N今年は、5月になっても雪がまだ
だいぶ残っているという話だった
ので、アイゼンやダウンジャケット
もザックに入れ装備万端で登りを
開始。
途中から少しずつ地面に雪が見え
てきてあっというまに周囲一面が
真っ白な場所へ。
お天気は東京のGW時期と同じく
相当ピーカン晴れでして、雪の照り
返しもあって、あっというまに日焼けしてしまうほどでした。
雪の上を歩くのは楽しいんだけれど、めっちゃ疲れる~~。

初日は朝日岳、清水平、三本槍、隠居倉などを歩いて、夕方4時ごろに標高1450m
にある三斗小屋温泉の大黒屋に到着。

ここは自家発電とランプの宿なので、部屋に冷蔵庫なんてありません。
なので、宿で飲もうと背中に背負ってきた缶ビールは、宿の軒先に積もっている雪を
掘り、その中に埋めこんで冷やしてみたよ。

Photo古い木造家屋は、床から
畳から掃除が行き届いていて
「どうすればこんなにきれいに
なるの?」
と教えてもらいたくなるほど。
宿で働く男性達もみなさっぱり
とした接客態度でそれがまた
気持ちが良かったなぁ。




でもなんといっても気持ちよかったのは、大黒屋の温泉!!!
GW最終日で宿泊客が少なかったということもあって、何度入っても私一人
でこの広い檜風呂を独占してしまいました。いやぁ、極楽極楽。


Photo_2
まだ外は明るかったんだ
けど、窓全開にして入り
ましたよ。
外はまぁ、山ばかりなの
で、人に覗かれる心配も
ないしねー。

露天風呂ではないけれど、
開放感があるし、露天風呂
よりむしろ気持ちがよいの
じゃないのかしらん。


廊下と同様、掃除がありえないほど行き届いて本当にキリッ!と清潔なの。
本当に宿の方々に頭が下がる思いです。
古い建物もこれだけきめ細かく手入れをしていれば、長持ちするのだなぁ。


Photo_4Photo_5
お風呂からあがって、冷やして
おいたビールで乾杯っ!!
「なんも言えねーーーっ!!!」
ってくらいおいしかった。

これを背負ってきた重さから明日は
開放されるという嬉しさもあいまって…。

大黒屋では、食事はお膳で部屋食
なんです。
宿泊客はみな登山客ではあっても、
あくまでもここは山小屋ではなく「旅館」
なので、部屋食なのかもしれませんね。

お布団のシーツも洗いたてで清潔だし、
糊のきいた浴衣も用意されているし、
山小屋じゃなくて旅館なんだなぁと、
改めて思ったり。
ランプの宿なので、夜9時に消灯です。


翌日は、宿から茶臼岳に向かいましたが、途中で道に何度か迷ったり、
冬眠明けの母子クマに遭遇したり、なかなかドキドキした下山となりました。
途中で膝も痛くなったりもしたけれど、ゆっくり歩いて県営駐車場まで無事下山。

帰りに、1300年前に開湯された「鹿の湯」に立ち寄ったけれど、ここは大混雑で
温泉自体は風情があるものの、おばちゃんパワーに負けた私は、ゆったり気分
にひたることができず、すごすごとお湯からでてしまったのでした。
いつになったら、私はあのおばちゃん達の仲間入りができるんだろ…。
(年齢的にはかなり近づいてる機がするんですがぁー)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GWは散歩で始まる

このところグッと良い天気が続いていて気持ちいいねー。
GWってどこに行っても人だらけで、その人ごみに辟易したりもするけれど、それ
でもやっぱり道行く家族は楽しそうにしていたりして、連休っていいもんだね。
この陽気だから、なおさら伸び伸びしちゃうしね。
小さい子が外で水遊びしてたり走り回ってるのを見たりするのは、心が和むもんだ。

昨日は赤レンガで開催してたカレー博覧会をのぞいてきました。

Cp_2まずは、熱々揚げたてのカレーパンとビール
を買って、会場内をリサーチ。
私はムルタンの全粒粉のチャパティに惹かれ
ここのカレーに決定。
相方は、パティヤラパレスのタンドリーチキン
とキーマカレーに決定。
会場脇の芝の上で青空カレーとなりました。



みんな、芝の上でカレーを食べてるのがおもしろい。実にいい感じっ♪

C2C







日本人ってカレー好きだよねー。私も言わずもがなですが‥。
(昨日のカレーの写真を見て、もうまたカレーが食べたくなってる有様)

で、おなかいっぱいになったんだけど、せっかくここまできたら
「あそこに寄らないわけにはいかないよね」
ってことになりまして‥。

M
レナーズのマラサダを購入。

あぁーーうんまい♪♪♪






Precious2

この後は、映画「プレシャス」を鑑賞。
昔、原作「push」を読んで、強く衝撃を
受けつつ、この小説は映画化は難しい
だろうなって思っていたから、映画化の
ニュースを聞いたときはおどろいたよ。

なにより、主役の女の子をやれる女優
さんがいるのか、とかそんな単純なことで。

でもガビーはやれました!!
すっごいはまり役でドキュメンタリーを見ているようだったな。
母親役のモニークもすばらしい演技だった。ただただ圧倒されちゃってた。
レニークラビッツは相変わらずいい男で。
そして何よりも、マライア・キャリーを見直しました。
最初誰だかわかんないくらいのスッピン顔、やや疲れた老け顔、地味顔。
でも聡明で美しくって、キラキラマライアより魅力的なんだよね。
本当に「今まで馬鹿にしてごめん」と思った私でしたよ。

両親に愛されることが当たり前のことのように生活してきた私。
こんな現実が世の中にあることは、わかってはいても、心が痛くて。
言葉にするとチープになる気がするから、これ以上何も言えないけれど‥。
それにしても教育は大切だ。教育で解決できることはたくさんある。
愛も大切だけれど、(それが一番なんだろうけれど)
貧しい人にこそ教育を受けるチャンスを与えてあげなければ‥。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

ごぶさたしてます

ここんとこ、ずっとブログ更新してませんでした。
というのも、4月初めに引っ越しをしてから、バタバタバタバタバタ…だったので。
ようやく落ち着き始めたなぁって思ったら、GW突入となりました。
私は5/1は出勤なので、ちょいズレの2日から次の日曜までのお休みです。
うれしいなぁ~。

さてさて、引っ越しして約一か月のインプレッションですがぁー。
 
横浜は坂&くねくね道が多い!!!!!

この一言に尽きます!  
私の生まれ育ったさいたま市は、坂がほとんどないまっ平らな土地でして、
家の周囲の道路は碁盤目とまではいかないものの、まぁ真っすぐなので、
新しく住み始めた横浜の坂(それもかなりの傾斜)には驚きました。
通勤してるだけで、勝手に健脚になっていきそうな具合ネ。

だから、自転車はママチャリだときついかもなーと。
いや、自転車ほしいんです、猛烈な自転車(ママチャリ)好きなんで、自分。
思い切って、ここはひとつお財布の紐を少しだけ弛めて、変速できる自転車
を買おうかなと思い始めてます。


Sh380317_2←お気に入りのポスター

何の絵だか、わかる??

これはキューバで作られた映画ポスター。
で、その映画とは勝新太郎の『座頭市』。
写真をもとに模写してるふうなんだけど、
色遣いとか、文字のデザインとかがめちゃ
カッコ良いのデス。

社会主義国のキューバではポスターを、
積極的に製作、利用していて政治プロパガ
ンダに利用するほか、国内のイベント告知、
そのほか、キューバの人々の一番の娯楽
である映画ポスターなど、様々な種類のポ
スターがあるのだとか。

国家で管理されてるとはいうものの、表現に関してはかなりアーティストが自由に
やらせてもらえるみたいで、デザイン性に優れたものが多いんですよ。

で、驚くことに、このポスターは、シルクスクリーンで一枚ずつ手刷りで印刷されて
るのー!手刷りだよっ!!(資金的な問題なんだろうが)

★キューバのポスターの詳細は→http://www.rigna.com/cuba.html


さてさて、新しい住まいには、まだまだいろいろ揃ってないものもあるんだけれど、
ものはなるべく増やさずに、K・U・F・Uして暮したいなと思っております。


ではでは皆様楽しいGWを!

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »