« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

アフロは「バッド・ヘアー」なの?

こないだ、キラキラのぽっどキャストで町山さんが紹介していたドキュメンタリー
「グッド・ヘア」が気になって、公式WEBサイトとかyoutubeなんかで探してみた
りしてたら、ますます見たくなってきちゃった。

アメリカの黒人コメディ俳優、クリス・ロックが監督主演したこの作品。
クリス・ロックが、ある日幼い娘から、「どうして私の髪はグッド・ヘアーじゃない
の?」と尋ねられたことがきっかけだといいます。
まだたった3つくらいの女の子が、テレビに出てくる黒人女性のサラサラヘアー
を見て、自分の髪の毛はおかしいんじゃないかしらと思い、悩んでいるという
事実は父親としては相当こたえたに違いなく…。
そういや、ビヨンセも、ナオミキャンベルも、リアーナも、アリシア・キーズも、ジェ
ニファーハドソンも、ジョーダン・スパークスも、ジャネットも直毛だったわ。
アメリカ大統領オバマ婦人も、テレビに出てくる人はみんなストレートという事実。
それで「あれ?なんかおかしなことになっていやいないか?昔はみんなアフロ
だったぞ」って思ったクリス・ロックが黒人女性のストレートヘアにまつわるあれや
これやを探っていくことになるわけです。

アメリカの黒人女性って、3歳くらいからもう超強烈なストレートパーマ液を使っ
てサラサラにしてるらしいの。(コーラの缶を溶かしちゃう劇薬だよ!!)
だから、50歳くらいで頭皮はやられきっちゃって髪の毛はえてこないらしい。
エクステをしてる人も多いらしいんだけど、その直毛の人毛はどこからきてるの
かを追っていったら、なんとインドの寺院で剃髪した髪の毛を大量に買っている
業者があることが判明したり。
アメリカでの黒人女性の割合は人口の12%なのに、彼女達が髪の毛に費やす
金額は全米ヘアプロダクト総売上の80%にもなるらしい!

うーん。アフロ、かわいいのになぁー。
昔から一度アフロにしてみたいと思いながら、結局してないけれど。
そして、今はもうする気にもならないし。なぜならアジア人はやっぱアジアンな
ストレートがええんでないか?と思ったりしてるからなわけで。
でも、そんなこといいながらも私だって黒髪をうっすら茶色に染めてるわけだし、
黒人女性のことを「バカだねー」なんてちっとも言えないのです。

与えられた美しさを大切に、なんてきれいごとでは済まない「女心」だね。

でも私が黒人女性に生まれかわれるなら、強いクセっ毛をショートヘアにして
後頭部の美しさをきわださせたいなぁなんて思いますわ。
ほら、Dionne Farris みたいな感じ。NYとかの画廊で働いてそうな感じ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

お仕事、ホイットニー、サミットなど

あぁ、ツイッター脳になってるのか、ブログが本当に書けなくなってきてる…。
やばいやばい。(ツイッターに飽きたら、またブログ脳になるのかなぁ…)
なのでサクっといってみます。

【お仕事】
えっと、会社をやめてしばらくふらふらしておりましたが、1月より就活を始め、
なんとか、2月から新しい職場で働き始めてます。
詳細は割愛しますが、美術品ギャラリーでの事務職です。
でも、少人数の職場なので、ギャラリーでの作業なども手伝ったりして、もう
慣れないことこの上ないわ、知らないことばかりだわで、扱うものは超高価
な美術品で神経使うし、心身ともにヒーヒー言っております。
(胃痛になるのとか久しぶりに体験したほどで)
厳しい社長のもとで、修行のつもりで怒られながらも頑張っていきたいと。
(まぁ、怒られたら凹むので、なるべく避けたいけれど)

【ホイットニー】
2/11は、さいたま新都市へホイットニー・ヒューストンのライブ。
昔の『ボディガード』あたりでブイブイ言われてたホイットニーには全く興味が
なかった私だけど、辛酸なめまくってまさに生き地獄を体験した彼女の復活
をこの目で見てみたかったの。
あっという間に終わっちゃって、ちょっと物足りなかったけれど、ハスキーに
なった彼女の声は、大人の女感があって、かなり私好みだったなぁ。
ホイットニーが何度も何度もファンに感謝して、歌うことができることそのこと
にも感謝している姿が感動的でした。素直でやさしい人になったね。
でも、昔の澄んでどこまでも伸びるようだった彼女の声が好きだった人の中
には、『失望した』という人がいるみたいですね。まぁ仕方ないけど。
でも私は今のほうが好きよ。歌唱力はぜんぜん衰えてないしさ。
で、バックダンサー4人のうち、なんと2人は『THIS IS IT』のメンバーだった
のだ!! もうめちゃくちゃ上手いわ、かっこよいわで、ィやられました。
「抱かれてもいいっ☆」って思いました。(上から目線)

【CKB TMNK SUMMIT】
2/13は横浜でCKBサミット行ってきました!
なんか寒いわ、整理番号悪いわで、家を出るのが超ぐずぐずー。
で、ブリッツの中に入ったら、たまたま後方、段差のあるところがあいてたの
でラッキー。そこをひたすら死守。携帯はロッカーに入れてきてしまったので、
「お願い、アタシを探して、誰か…」って心細い気分で開演待ち。
でもすぐ後ろにはぱじぇちゃんいたし、ちょっとしたら、いろいろ知ってる顔が
集まってくれてマジ嬉しかったっす。迷子の子供が親に会えた気分ネ。
もう、いろんな方の日記でも書かれていたように、今年のベスト10はメロウ
な曲のオンパレードでした。
さすがに10曲スローだと、ちょっとね、手相をね、な気分でございました。
去年は、「愛の世界」とか「アメ車」とかのれる曲がランクインしてたよなー。
みんな穏やかな心になりたい気分なのか?世知辛い世の中ですからね。
でも、サミットは楽しい。来年はもっと楽しくなるといいなぁ。
こうなったら、なんか企画書でも作って送りつけてやろうかと…、真剣に。

Shunsetsu1_2ライブ終了後は、中華街で御飯食べてから、
関帝廟隣の中華学院校庭に行って
春節のカウントダウン獅子舞を見てきたよ。
中華学院は、一度入ってみたかったから、
嬉しかったなぁ。
赤い獅子が目をパチパチまばたきさせる
のが色っぽくて可愛かったっす。


Ig_3その後は、タクって、またIGへ行ってしまいました。
お店の中は超満員だったけど、うまい具合に座れて、
さっき中華食べてきたばっかりなのに、四角いピザを
食べてしもた。激太りの予感。でも美味しかった!!

2時ごろまで飲んで、横浜のスカイスパ泊。
お久しぶりのスカイスパは、リクライニング・シートが、
以前よりさらにゴージャスになっていて、眠りやすい
ことこの上なし。
ヨコになって、1分で熟睡でございました。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

今じゃなくちゃ、今だからこそ

昨晩見ていた元春の「ザ・ソングライターズ」の中で、スガシカオが元春に、
元春が広告代理店に勤めていたのを辞めてミュージシャンになったきっかけ
を尋ねていました。
元春は、仕事で海外へ出張時、仕事先で関わったある黒人男性に、
「キミは本当はミュージシャンなんだろう?今、キミが作った歌を今この時
に歌わなくてどうするんだ。数年経ってしまったら、今作った曲は歌う意味
がなくなってしまうんだよ」
と言われ、その言葉でサラリーマンをやめようと決心したと答えてました。

今の自分、今の時代、を歌うってことはとても相手に伝わる気がする。
今、じゃなくちゃダメなんだ、って曲は確実にあると思うのです。

それを強く感じるのが、RHYMESTERの新譜、「マニフェスト」です。
20年のキャリアをもち、2年の活動休止を経た彼らが、今だから紡ぎ出す
言葉と音。
40歳という年齢だからこそ歌えるラップがあるんだなって思うの。
同世代だったら励まされること確実だし、若い世代なら、きっと彼らみたい
な大人の男を「ココロの兄貴」と思いあこがれるんじゃないかな。

2/3付のオリコンアルバムチャートでは堂々の第三位!!
素晴らしい!
このアルバムがちゃんと評価されている日本って国はまだまだ捨てたモン
じゃないなって嬉しくなります、ほんとに。

「ラストヴァース」は、彼らの音楽への強い決意が溢れてて、ただただココロ
を打たれます。男泣きだよ、まじ(アタシ、女ですが)
特にマミーDの下記のライムがたまらなく好きっ。(マミチャマ、ラブ☆)

記録してくれミスターエンジニア 記憶してくれうたかたのジーニアス
薄い小箱に押し込められようがドア叩くぜ平たく焼かれようが
俺のマイクロフォン 君のヘッドホン
今やワンウェイ片道セッション だけどもし生で再会できたら
生身の声送るぜステージから

もしこれが音楽じゃなくて もしただの騒音だとしても
もし届くなら届けよう その先の景色見届けよう
もしそれが現実じゃなくて もしただの幻想だとしても
もし孤独なら届けよう その先の景色に届けよう

ついでに、“feat.系”で私の好きなのをいくつか…。みんな、若いよーーー!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フライデー関係覚書

一昨日の1部、昨日の2部とクレイジーケンバンドの長者町フライデー興行
に行ってきました。
ずいぶん久しぶりな感じでしたけど、やっぱフライデーは楽しかったデス。
あの雰囲気は他では絶対味わえないわけで、プレシャスモーメントな時間
を共有できる幸福感といったら…。
2日間、いろいろ楽しかったので思い出せることを走り書き。
ライブそのものより、ライブまわり中心で。

2/4(木)
・午後1時に関内で、きこちゃん、なえちゃんと待ち合わせて中華街ランチ。
(明治36年創業の安楽園へ。外のとおりは平日昼間だというのにガヤガヤ
している中華街のなかで、ひっそり静かな昭和銭湯的外観中華食堂デス。)
・ランチ後、スージーウォンをパトロール。お母さん不在。
マリンタワー、リニューアル後、初めて展望台登ってみたよ。揺れるねー!
・長者町到着。相方、待ち合わせ時間近くになってもまったく来る様子無く
 まじあせる。
・7人でカウンター席に横並びライブ堪能。
・NHKの撮影クルーがいた。(2/24のSONGSでちょっと使うらしいです)
・きこちゃんのリクエストカードが読まれる。「長者町在住」で客席どよめく。
 リクエスト曲、「福富町」は安楽園でごはん食べてる時から「聞きたいね」
 って話してたので、ワタシも相当嬉しくてテンションあがる。
・最近、長者町界隈の外人パブで相当人気があるらしいパク・サンチョルの
 「無条件」(ムジョコン)という韓国歌謡を歌うものの、手持ちの歌詞の文字
 が小さくて読めず、ハナモゲラ語気味になる剣さん(ちょっと凹んだ模様)
・やっぱ、フライデーで聴く「アメ車」はあがる!!
・アフターライブは、ディープ横浜初体験のなえちゃん向けに都橋商店街へ。
 喫茶みなとで、ヒゲ2名と酒豪女子が「キティちゃん」という甘めカクテルを
 ストロー挿して飲んでる図がちょっと笑う。
 店でかかる曲、かかる曲が全てアラフォーにはグッとくる感じだわ、みんな
 すぐに反応できるのがいいね。やっぱ音楽の趣味あうと話がはずむわ。
 Average White Bandがかかれば「お、SEXY MAMA!」だし。
 Steely Danかかって、誰かが「ドナルドフェイゲンってさぁ…」って呟けば、
 誰もが「ナイトフライ」のジャケ写の真似をするありさまで笑う。楽しい夜。

2/5(金)
・今日は2部のほうに行くので、関内のAPAホテルにチェックイン。
・9時頃ホテルを出てフライデーに向かおうと思ってたのに、部屋で見ていた
 「金スマ」でやってた新大久保の魚ちゃんがあまりにも面白くてついつい、
 部屋を出るのが遅くなる。
・走って、フライデーへ向かうとKAMIKOちゃんの姿あり。お初のharuinaさん
 にも会えて念願のご挨拶(うひょ、いい女だ!)。
・階段で、今回呼んでいただいたみっちゃん、はじめ皆様にお礼&ご挨拶。
・今日は初めて座る席。ギウギウ詰めだったけどなかなか見やすい席でした。
 いろんな顔見知りさんにご挨拶。ココロの師匠川勝正幸さん発見で思わず、
 声かけ(トイレ待ちのところを失礼しました。)あと、篠崎真紀さんも発見。
・久しぶりに「黒いオートバイ」を聴ける。かっこいい!
・リクエスト曲は「検便」と「JBメドレー」。JBはあがる。検便は笑う。
・「深夜族」と「あるレーサーの死」はこれから先、何千回聴いても、ずっと好き
 な曲だと確信。胸の奥にぐっとささるんだよね。
・今日の「無条件(ムジョコン)」は歌詞カードを大きな字に書き直してきたため、
 ほぼカンペキに歌いこなす。剣さん、超気持ち良さそうっ!
・昨日の一部より、剣さんの声も良く伸びてるし、リラックスしながらもグッと音
 が締まってて、お客さんのノリも良いし、盛り上がったライブでした。
・アフターライブはみんなで本牧のIGへ。
 ずっと行きたいって思っていたのになかなか機会がなくって初めて行けたよ。
 常連さん色が濃くって入りづらい感じがするお店なのかなぁって思っていたら、
 とんでもない!初めてなのにすっと馴染める、とっても良いお店でした。
 これは、ひとえにマスター(オーナー)の八木さんのお人柄によるものだと。
 結局、カリンちゃん、KAMIKOちゃんとワタシの3人は朝5時までダラダラ飲み。
 八木さん、コーヒーごちそうさまでした。また行きます!!

それでは、最後にムジョコンをどうぞーー!!チャラチャラチャチャチャーー!!

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »