« A HAPPY NEW YEAR ! | トップページ | お洒落なナメ猫ともいう… »

「今さら感」がありますけれど…(2010年版)

新年もとうにあけましたので、そろそろ履歴書とかー、職務経歴書とかーを
作らなきゃいけないんですけど、面倒くさいですなぁ。
だいたい人間、私くらいまで生きてきますと、社会人経験もそれなりでして、
職務経歴だってそれなりになりますので、羅列すると長くなっちゃうしねー。
なんか、上手い具合に読みやすくて、簡潔で、それでいてちゃんとアピール
できるもんを作ろうと思うと、けっこう悩む……。

悩む……。

で、眠くなる。(あぁ。だみだ、こりゃ。)

で、現実逃避したくてブログUPするわけです。
去年と同じタイトル(=「今さら感」がありますけれど…)で今年もいかせて
いただきます。(要は、毎年の恒例にしようと目論んでるワケでして)

というわけで、私的2009年映画ベスト3、です。
昨年も雑食気味に観てるけど、ホラー、SFに関してはまったくダメ!
そこんとこよろしく。

Ainomukidasithumb1.『ミルク』
2.『グッド・バッド・ウィアード』
3.『愛のむきだし』

『愛のむきだし』は劇場公開時に
観れなかったので、DVDにての
鑑賞(それも年末ぎりぎり)と、
なってます。





次点で、『母なる証明』『レスラー』『グラントリノ』って感じかな。

『ミルク』は、実在の偉大なる人物を描いていながら説教臭くならず、恋愛
映画としても、青春映画としても素晴らしく、希望にみちていて、今のこんな
世知辛い世の中では、この映画の存在が本当にキラキラと輝いているよう
に感じるから。何より、ショーン・ペンの笑顔がたまらんでした。
『グッド・バッド・ウィアード』はとにかく観ていてアガれる映画だったから。
昨年の映画は、人生について考え込まさせれたりするものが多かったので
何も考えずスカッとできる映画というだけで貴重な存在だった気がする。
深みがないって言われたらそれまでですが、映画が全部、心理描写を深く
えぐるような作品だったりしなくてもいいでしょ?って思うわけで。
『愛のむきだし』は公開時に映画好きなお友達複数から「絶対観ろ!!」と
言われ続けていたにも関わらず、4時間という長尺に、恐れをなしていたた
めに結局観ず仕舞いだったのです。
でも、年末に町山智浩さんがキラキラで09年のベストムービーに選んでた
のを聴いて、それじゃ観てみようかって、レンタルショップで借りたわけ。
いやぁ、すごかった。あっという間の4時間でした。で、泣いた。泣いてた
自分にびっくりしちゃったけど。題名どおり、むきだしの愛でございました。

ちなみにあくまでも私的ですが、
・主演男優賞:『レスラー』のミッキー・ローク(というより、ランディに)
・主演女優賞:『レボリューショナリー・ロード』の ケイト・ウィンスレット
・助演男優賞:『母なる証明』のチン・グ
・助演女優賞:『レスラー』のマリサ・トメイ
・監督賞:『母なる証明』ポン・ジュノ

以上!
もう、韓国映画の面白さ(いわゆる韓流映画とはまったく違う)には目が
離せない私ではありますが、それでもポン・ジュノのすごさには言葉さえ
失うというか…。ポン・ジュノってまだ40歳でしょ?溢れる才能が怖い。
でも『母なる証明』はすごい力をもった映画、カンペキな映画だと思った
けれど、実のところ、ストーリーには心から感動はできなかったのよね。
なのでベスト3には入れなかったのでした。

さーて、今年もたくさん映画観たいな!
今のところ、『NINE』『抱擁のかけら』『ハート・ロッカー』『マイレージ
マイライフ』
あたりは絶対観るつもり!

|

« A HAPPY NEW YEAR ! | トップページ | お洒落なナメ猫ともいう… »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

アタシも「ミルク」観たかったんだよなぁ。
この「愛のむきだし」っての、面白そうですね。

>職務経歴だってそれなりになりますので、羅列すると長くなっちゃうしねー

アタシもハケンが長かったので、大変ですw
でも、特技とか資格になると、スッカスカ(;´_`;)

投稿: akko | 2010年1月 8日 (金) 08時24分

グラン・トリノのクリント・イーストウッドかっこよかった~。
テラスでビール飲みながら、愛しそうに愛車を見るシーンが好き!
教えてくれて有難うslate
「ミルク」もDVDになったから、今度見てみます。
でも一番気になるのはアルモドバルの「抱擁のかけら」デス♪

職務経歴・・・全部書いたら4~5枚くらいになりそうだよ(笑)
初夢でダブルジョイに就職する夢を見た私デスbleah
GOOD LUCKを祈ってるよ~good

投稿: KAMIKO | 2010年1月 8日 (金) 12時31分

「職務経歴書」!
名前を「カイコ」と変えた方がイイんじゃないかってくらい、私もソートー書きましたwobbly

「ミルク」は本当にショーン・ペンの笑顔がたまらなかった!人生は勇気!
「グラン・トリノ」も、もちろん良かったけど「扉をたたく人」も、かなり良かったです。
http://www.tobira-movie.jp/
DVD出たので、まだ見てないようでしたら是非!

キラキラの町山智浩さん!私も聞いてます♪
12/11の3時台コラム(リンク出来てなかったらスミマセン)
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20091211_machiyama.mp3
オススメです。

そうやっていろんなモノに勇気を貰って、世間に踏み出せますねflair
でもィやるんだッ!で。きっと!

投稿: haruina | 2010年1月 8日 (金) 12時58分

■akkoさん
『ミルク』、観て観てっ!!(DVD、もうレンタルされてるよね?きっと)
70年代のアメリカって自由の国とか言っておきながら、もう信じがたいほど、
差別と偏見に満ち溢れた国であったこと。
(ゲイであるだけで、人間として認められずまともに仕事もできない)
そんなこともしらなかった無知な私だけど、本当に感動したよ。

『愛のむきだし』はクセがあるので、洋画を見なれた人だと最初なじめないかも。
でも中盤まで頑張って見て欲しい…。そしたらそのあとはラストまで一気に見ら
れるはず!(笑)
この映画の監督さんは、私の学生時代のBFと同じ映画サークルにいた方で、
彼の撮ったショートフィルムをよく見ていたから、こんな映画を撮れる人になった
んだなぁと思って余計に感動してしまった。

投稿: ok | 2010年1月 8日 (金) 19時26分

■KAMIKOさん
『グラントリノ』のあのシーンはいいよね~。
あんなふうに見つめられたら、クルマ冥利に尽きるわよね、きっと。
あの映画見ると、日本車って色気に欠けるクルマばっかりだなぁって思う。

>アルモドバルの「抱擁のかけら」

見たいよねー!ペネロペはやっぱアルモドバルの映画が一番本領発揮するよねー。
アルモドバルはゲイだけど、ペネロペのことは愛していると思うわ。

ダブル女医に就職したーいheart04。でも公私混同しちゃっすぐにクビになりそう。

投稿: ok | 2010年1月 8日 (金) 19時33分

■ haruinaさん
「カイコ」!!笑
もう、ほんとうに「履歴書」と「職務経歴書」は精神的にも肉体的にも疲れるーー。
でも、ココロにハーヴェイ・ミルクの笑顔と不屈の精神を刻んで、がんばりまーす。
そして、「こんな私を雇ってくれた会社はきっと素晴らしい会社に違いない!」
と無理やり自分を鼓舞することにしよっと。

「扉をたたく人」、見たかったけれど未見だったのです。やっぱいいんだぁー。
haruinaさんのお勧めと聞いたらますます見たくなってきたデス。
明日、レンタルショップへゴー!してきます。

キラキラ、毎日聴いてますよー。(なんせ現在、昼間も家にいるので)
12/11の町山さんの激昂ぶり&酔っ払いぶりには笑いましたー。
キラキラ聴くようになって、以前にも増して、ピエール滝さんが好きになりました。
あの器の大きいところがたまりません!エロス!!(笑)

投稿: ok | 2010年1月 8日 (金) 19時51分

愛のむきだし、すごかったぁ、満島ちゃんのあの長ゼリフ。
私はナインがめちゃ見たいです!DDルイスだし。ペネロペだし。ミュージカルだし。

投稿: kimi | 2010年1月 9日 (土) 00時20分

■kimiさん
満島ひかりのあの馬乗りシーンは名場面だぁねー。演技がうまいとかヘタとか
スコンと超越してたよね。
私は、安藤サクラがなんともいえない存在感で、「誰なんだ、この女優?」って
思いながらずっとみてたよ。奥田瑛二の娘なんだってねー。
息の長い女優になりそう…。

「ナイン」、ケイト・ハドソンもでてるしねー。見なきゃ見なきゃ!

投稿: ok | 2010年1月 9日 (土) 17時49分

職務経歴書

レジュメライターに頼むと
自分でもビックリするくらい
ピカピカの逸品が出来上がります。

日本でもあるのかなぁ?

投稿: まつあき | 2010年1月17日 (日) 18時15分

■まつあきさん

レジュメライターって英文履歴書専門ライターみたいな人ですか?
あの職業ってすっごい高収入だって聞いたことあります。

でも私、あまりにピカピカな逸品の職務経歴書つくってもらっても
かえって自分の本当の実力との差に萎縮して、提出できない気がします…(笑)
そんな自分も情けないが…。

投稿: ok | 2010年1月18日 (月) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/32884819

この記事へのトラックバック一覧です: 「今さら感」がありますけれど…(2010年版):

« A HAPPY NEW YEAR ! | トップページ | お洒落なナメ猫ともいう… »