« 妻有(つまり)、再訪 | トップページ | 3連休は西をあちこち »

落語を聞きにいきました

火曜日、落語を初めてナマで聞いてきました。
YOKKOちゃんに誘われて、あこがれの歌丸師匠をめちゃめちゃ良い席で
見させていただきました。(前から5列目中央!!)
寄席ではなくって、歌丸師匠とたい平師匠の二人会。

いやぁ、ナマで見る歌丸師匠は小さくってかわいらしい見かけなのだけど
なんともオーラがあるというか、風格がありました。
演目は、落語をそんなに知らない私でも知っている古典の「竹の水仙」。
途中で、あの冨士子ネタもでてきまして、そりゃもう堪能しましたわ。
歌丸師匠の落語のあと、仲入り・太神楽があって、とりはたい平師匠。
何度も言うようですが、私は落語をそんなに知らないので、たい平師匠も
日テレの『笑点』やバラエティ番組でしか見たこともなく、ちゃんと師匠の
落語を聞いたことがなかったんですけどね。
ものすごく面白かったのでびっくりしました(失礼な言い方ですが…)。
テレビでは知ることのできないその人のもつ芸の素晴らしさって、たくさん
あるんだなぁと…。それは音楽などにも言えることだけれど。

091006_211401YOKKOちゃんはたい平師匠の武蔵美時代から
のずっと仲良しのお友達なので、終演後は私ら、
楽屋にも入らせていただきました。
ひそかに歌丸師匠に会えたら2ショットをとらせ
てもいただいて、ついでにハグも……なぁんて
目論んでいた私ですが、さすがに歌丸師匠は
ご高齢ということもあり途中で帰られてました。
残念…。
(その日は師匠、実は奥歯を抜いたばかりで
具合がかなり悪かったそうです)



091006_221901
その後、中野駅近くのやきとん屋さんで打ち上げ。
たい平師匠は、もちろん着物姿じゃなくって、ジー
ンズ+Tシャツでした。噺家さんのオフ姿って新鮮…。
(私と年齢近いし、当たり前っちゃぁ当たり前だけど)
師匠は気遣いの細やかな方で、私たちのほうが逆に
いろいろと世話していただく有様でして…。
その上、ごちになってしまうという申し訳ない有様。
どーもすみません。(三平師匠風に)

←やきとん屋さんのご主人に頼まれ、色紙を書く
  たい平師匠。

|

« 妻有(つまり)、再訪 | トップページ | 3連休は西をあちこち »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

落語の内容より、やきとん屋の内容の方が気になる(笑

投稿: しげまっくす | 2009年10月 9日 (金) 20時00分

ぉぉ 富士子ネタ!

お元気なうちに 生で聞いておかないと!

投稿: まつあき | 2009年10月12日 (月) 08時11分

■しげまっくすさん
お店の名前、忘れた~~。
けど、けっこう歴史ある大衆酒場っぽかったよ~。
美味しゅうございましたわ。

投稿: ok | 2009年10月12日 (月) 22時44分

■まつあきさん

そうそう!!フジコの話をしたときは「おぉーー!ナマフジコだわっ!」
とココロの中でガッツポーズを取ってしまったアタシです。

少しでも長く落語を続けて欲しいよねー。


投稿: ok | 2009年10月12日 (月) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/31708300

この記事へのトラックバック一覧です: 落語を聞きにいきました:

« 妻有(つまり)、再訪 | トップページ | 3連休は西をあちこち »