« 奥穂高登頂! | トップページ | HONMOKU MASSIVE »

山ヨガで迎えたお誕生日

涸沢3日め、最終日9月6日は私のお誕生日でした。
朝から嬉しくなるほどの晴天ぶりで、なんか今年一年清々しくいけるかも!
って気分になりました。おてんとう様ありがとう。

At2_3

















朝6時10分から念願の山ヨガ。
岩でごろごろした足元なので、どんなふうにやるのかなって興味津々で。
やっぱり足を開いたりとか、下向きの犬のポーズなんかはできないので
軽めのポーズをとるものが多かったけれど、朝日をあびながら、身体を
伸ばすというのは実に気持ちがいいものでした。
それと、いつも都内のスタジオの中でヨガをする前に唱えるマントラを、
ああいう標高の高い、太陽にいつもより近い自然の中で唱えてみると、
その言葉がより深いものに感じて、心が静かに平安になるのが不思議。

  オーム シャンティ シャンティ シャンティ ヒー

自然の中に自分は生かされているんだなぁということを、素直に感謝。
決して、宗教的な意味ではなく、わたし自身の神様に感謝デス。

ヨガを終えたら、テントを撤収して、上高地までひたすら下山なのでした。
あぁ、涸沢よ、さようなら~!!

いつもは下山でへたれる私(なんせ帰りは目標物が無い歩きなので)で
すが、今回は、最終ゴールの上高地河童橋まで、ペースを崩さないで
歩いてくることが出来て、自分的にはすっごく満足。
自分の歩くペースで歩けば、さほど疲れないんだなぁってわかった!
いつもはどうしても他の人のぺースに自分の歩調をあわせてしまうので、
ついつい呼吸もあがりがちで。結果、へたれてしまってたんだなぁと。

Sh380037下山したら、上高地周辺のカフェで
ケーキとコーヒーでお誕生日祝いを
しようということになってたんだけど、
実際に上高地まで戻ってきたら暑くて
暑くて、げんなりしちゃう猛暑ぶり。

「なんか、ケーキは気分じゃないなー」
ってことで、かき氷でお祝いしました。

歩き続けた身体にひんや~り沁みる
最高のかき氷でございました。
ありがとう!


|

« 奥穂高登頂! | トップページ | HONMOKU MASSIVE »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

素敵なお誕生日でしたね

じぶんは来週 登って来ます。

投稿: まつあき | 2009年9月10日 (木) 07時40分

またまたパワースポットなところにお出かけだったんですね。ところでお誕生日おめでとうゴザイマス。アタシより数ヶ月お姉様なんですね^^

ヨガは数年ジムでやってました。身体をひねるたびに痩せなくては!と思います・・・・

自宅でも好きなポーズは取り入れてやるようにしています。

あさってマッシヴだね!やった~~~~~~sun

投稿: akko | 2009年9月10日 (木) 08時30分

お誕生日おめでとうございます!!happy01
去年、私も上高地に行きましたが
河童橋から見えたあの山々のどこかを登ったんだなぁと思うとなんだか不思議~
私にとって山は登るものでなく、眺めるものなので(苦笑)

山ヨガ!
更なる高みへといけそうな、神聖な気持ちになりそうー。

投稿: junp | 2009年9月10日 (木) 11時29分

おくればせながら、お誕生日おめでとう!
ステキな思い出に残る誕生日を迎えられて
良かったね~shine

こんな言い方もなんですが
okちゃんは、良い歳のとり方していける人
なんだなって。
あなたの元気を見て、私のパワーにも
していきたいっす。
・・・あたしも今月、年とるんで見習わなくっちゃと
思うのでありましたsign01
(あ、山に登るのは、見習わないけどbleah

ステキな4×才をお過ごしくださ~いheart02

投稿: meku | 2009年9月10日 (木) 13時56分

あらあら、山ヨガとはなんと贅沢な(笑)
今年は川ばかりで山は雌阿寒岳敗退の一度きり。
どこかで挽回しないと…

お誕生日おめでとうございます!

投稿: sf400 | 2009年9月10日 (木) 20時36分

お誕生日おめでとうございます!
ステキなお誕生日〜☆
アタシは断然海派で海から元気をもらうのですが、何年か前に富士山に登ったときはオーバーかもしれないけど人生観が変わったような神々しさを感じました。
でもその時の体力的なキツさを思い出すと登山はもぅ・・・と思ってしまうのです(ヘタレ)

投稿: リエ | 2009年9月10日 (木) 21時06分

■まつあき さん
お、まつあきさんなら奥穂高岳だけってことはあるまい。
どこあたり縦走するんですかー?
奥穂高岳 ・西穂独標ですかっ!ジャンダルム行っちゃいますかっ!!

投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 21時51分

■akko さん
akkoさんよりネエサンだったかぁ、あたし。
いやぁまったくもって頼りない人間で面目ないス。

確かにこの朝のヨガはなんとも言えない自然のパワーを間近に感じつつ、
身体も心もすーーっと伸びていくなんとも至福の一時でございました。

ヨガ、ちょこっちょこでも家でやると気持ちいいよねー。
でも確かにひねると気になるよ~、重なる贅肉が…(笑)

マッシヴ、雨降ったらどうしよう!!!てるてる坊主釣らさなきゃ!

投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 22時02分

■junp さん
ありがとうございまーす。
私も河童橋周辺を散歩していた頃は、まさか自分があの遠くに見える
ゴツゴツした山に登頂するとは思っていませんでした(笑)。

人って、偶然だか必然だかわからんが、ひょんな事から何かを急にやり
始める事ってあるもんだねー。
junpちゃんも5年後にはまったく今は想像もしてない趣味にはまってるかも
しれないよ。いやぁ楽しみだねー、未来の自分。


投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 22時15分

■meku さん
mekuちゃんももうすぐお誕生日だねーー!!
おめでとう!!またひとつ大人になるねー!うふふ。いいじゃんいいじゃん。
(当日忘れちゃうとまずいので、ひと足先におめでとう言っておきます)

私、ちっともうまくなんて年とれてないよー。迷走、迷走の連続だよ~。
まぁただ、迷ってる事をも楽しめる、わりと大雑把で楽観的な性格なのは
自分でも自分に助けられてるって思うけど。(笑)
人間なんてそうたいそうな生き物でもないわけで、ぼちぼちでいいんじゃないかと。

山は登るものじゃなくって滑るモノでしょ?mekuちゃんは。もうすぐシーズンだね!


投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 22時28分

■sf400 さん
ほんと贅沢でしたよー。
フェスが主催した山ヨガだったので、先生もヒマラヤ出身のインドの方だったりして。
(インドの人からヨガを教えてもらうは実は初めてだったの!)

北海道の山にも登りに行きたいなー。sf400さん、ぜひぜひアテンドしてください!

投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 22時38分

■リエ さん
リエちゃん、富士山登ったことあるんだー!!すごいなぁ~!
私は多分絶対これからも富士山は登らないだろうと思うので登った人は
尊敬しちゃうのです。

私、海も大好きなんだけど、足がつかないところでは泳げないから、
あ、山も両脇が崖みたいに落ちてる細い稜線を歩いている時は恐怖感じるかぁ。
そういう怖いと思う気持ちと、わくわくする気持ちとの折り合いが面白いのかも…
アウトドア遊びって。

投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 23時03分

おー山の上で皆、少年隊になっとるがな…
気持ち良さそうだ!
でも、行き帰りがを考えると私には無理。

今回も楽しそうで、何よりでした!
もしかして、四捨五入すると繰り上がる???

投稿: しげまっくす | 2009年9月11日 (金) 11時30分

■しげまっくす さん
そうそう、小学生から中高年までみんな少年隊(言い回し古くないか?)でしたわ。
片道6時間あるもんねー、そうそう軽く「行こうよ!」とは言えないんだけど、
慣れとは怖ろしいもんで、一昨年頃までは片道3時間の登りとガイドブックにでて
ると、もう私には無理かもって思っていたのに、今じゃ「6時間ならまぁ登れるだろう」
って感じに…。自分でも驚くわ。

年は四捨五入してもまだ繰り上がんないよー!!まぁ、秒読み体制だけどさ。うふふふ笑

投稿: ok | 2009年9月11日 (金) 18時04分

遅ればせながら…
birthdayお誕生日おめでとうございます!birthday

山ヨガ。
まっすぐ上に伸ばす手の先から、目に見えぬパワーをもらえそう。
素敵な1年のはじまりですね。

では、後ほど♪

投稿: パルミジャーノ♪ | 2009年9月12日 (土) 11時46分

■パルミジャーノ♪ さん
ありがと~ございます&昨日はお疲れさまでしたぁ。
空がいつもより近い場所でのヨガだったので、いつもにまして
手を空に伸ばしたくなりまして。思った以上に気持ちよか~~たぁ!

手っ取り早く気分良くなるには、身体を伸ばすのがいいってことだね^^。

投稿: ok | 2009年9月13日 (日) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/31310529

この記事へのトラックバック一覧です: 山ヨガで迎えたお誕生日:

« 奥穂高登頂! | トップページ | HONMOKU MASSIVE »