« 涸沢行ってきました | トップページ | 山ヨガで迎えたお誕生日 »

奥穂高登頂!

さて涸沢2日目。
この日は奥穂高岳登頂が私的メイン・イベント。
朝5時過ぎに棒ラーメンで身体をあたためてるうちに、陽が少しずつ登りは
じめ、着ていたダウンジャケットも脱いでも大丈夫な気温になってきました。
山で見る朝日ってやつは、なんでこうも人を簡単に感動させちゃうんだろ。
「もう、泣けてくらぁ~!」ってね。神々しいのですよ、実に。なんとも。

Photo_4





Okuho_l1_2
ルートは左図のAから順を
追って、Eの奥穂高岳頂上
まで登る一般的なコース。

奥穂高岳は標高3190mで
して、富士山、北岳に続く
日本で3番目に高い山なの
です。
とは言っても、涸沢から登る
ルートはさほどタイヘンでは
なく、ゆっくり慎重に行けば、
子供も安全に登れる楽しい
ルートなんじゃないかなぁと
思いました。

去年登った、槍ヶ岳(標高は日本5番目)縦走のほうがずっとずっと難しか
ったよなぁ。でも、あの山の経験で、私は山が面白いって思うようになった
のよね。うーん、いろいろ思い出しちゃうなぁ。

Sh380023奥穂高岳山頂に向かう途中、穂高岳山荘
温かい抹茶オーレを飲みながら一休み。
ほっとする優しい甘さが嬉しいね。

穂高岳山荘は元気な登山グループがたくさん!
みんな、外のテラスでわいわいしてました。
やっぱ、こんな景色のいいとこまで登ってきたら、
気持ちあがるよねー。
わかる、わかるよ。
だって、私もあがってるんだもーん♪

さてさて、その後は、ハシゴ登ったり、直上気味の岩を抱き込むように進ん
で行って、お昼前にとうとう奥穂高岳のテッペンに到着しました!!!
↓登頂記念写真でございます。
(モザイクなしだが、顔が判別できるほど鮮明には写ってないしUPしてもOK
でしょ。一応証拠ってことなんでね(笑))

Photo_5















写真の左下部分、山の稜線の遠く向こう側でひときわ尖っている山こそが、
昨年登った槍ヶ岳です。こんなふうにずっと繋がってるんだなぁ。
白い雲も周りの山々もぜーんぶ見下ろして、こんな座るところもないくらいの
狭くて怖くて高い場所に立ってるのに、なんで笑ってるんだろ、自分。
なんでこんなに気持ちいいんだろなぁ。
わかんないや、ぜんぜん。
わかんないからまた登りたくなるんかしら…。

奥穂高岳から下りて、また山荘に寄って今度はお昼御飯を食べました。
フェス期間限定の天空の三つ星ごはんをチョイス。卵がふわふわでめっちゃ
美味しかったなぁ~。
で、お隣の涸沢岳にちょいと登ってから下山することにしました。
下山後は、涸沢ヒュッテではなくもう一つの山小屋、涸沢小屋のテラスで
ビール&ソーセージ+枝豆で乾杯!!これがまた旨かった!
(こんな調子なんでまじで体重増加な状態で下山したと思われ…)

Sh380024N








ヒュッテも良い小屋ですが、涸沢小屋はロケーションが最高なんです!!
今まで行った山小屋のなかで、一番好きかもなぁ、ここのテラス。
ずっとここで一日過ごしていてもいいかもなって思うほど落ち着けちゃって。

あぁ、しばし現実逃避…。

さて、涸沢フェスティバルのイベントとして、テントサイトでアウトドアメーカー
さん達が多数出展してまして、そこをいろいろ覗くのがまた楽しかったです。
味の素ブースでアミノバイタルの試供品をいただき、ゴアテックス社ブース
ではゴアテックスの驚異の透湿防水実験を自分の手で行い、目が飛び出る
ほどマジでびっくりいたしました。

Photo_6
←marmot社
のブースでは、今後生きているうちは
絶対に着ることはないであろう8000m級(チョモラン
マとか)の登山者が着るウェアを試着させてもらい、
着ぐるみ状態というか、ちょっとした我慢大会になっ
ている姿を見て、笑えました。
(実際、相当、暑かったらしいですわよ)

私も着てみたらよかったな。今さらながら悔しい。笑


アウトドアウェアブランドはとにかく山ガールウェアの充実ぶりが素晴らしく、
あぁ、やっぱりファッションって大切だよなぁって実感。
ちょっと前まではレディスの山ウェアっておばちゃんっぽいのが多かったの
で、いつもユニセックスのXSとかボーイズサイズを着ていたもん、私ってば。
これだけかわいいレディスウェアが増えると、やっぱりこれを着て山に行き
たいなって思うことがきっかけで、登山始める女子っているだろなぁ。
うちの父親(←登山とは無縁)が好きなオッサン向けアウトドアウェアブラン
ドだったColumbiaまでもがカワイイ女子ウェアで勝負してたのにびっくり。

そうそう、山ガールウェアといえば、今一番注目あびてるのが山スカート!
私も一枚持ってるんだけど、ほんとうにスカートは画期的で素晴らしい。

2Photo←これは「スカートで
アウトドア普及委員長」
よすみゆりさんのHPより
勝手にいただいてきた
画像です。(大丈夫よね)

こんなふうに、タイツの上
から着るのが普通です。
(タイツは高機能タイツね)


スカートなんかで登れるの?って山に登らない人は思うかもしれないけど、
実はスカートだからこそ登れるっていうもんなんです。
それはナゼか?
足さばきが、パンツを履いてる時より格段にラクだからなんです。
もちろん岩場とか鎖場とかの難度が高いルートでは無理ですけどね。
海外ではもうかなり一般的になってるみたいですけど、涸沢でもスカート率
はかなり高くなってましたなー。

フェスでは他にも田部井淳子(TJと若い子達は呼んでいた。笑)さんの講演
とか、山岳映画上映会とかいろんなイベントをやってて盛り上がってました。

|

« 涸沢行ってきました | トップページ | 山ヨガで迎えたお誕生日 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

山スカートかわいい~。
ズボンだとお尻のカタチが目立つ私には体形カバーという意味でも
魅力的。

山ガールならぬ丘・山ガールになっちゃったりして。ふふ…。

投稿: kimi | 2009年9月10日 (木) 09時24分

■kimi さん
カワイイよねーーー山スカート。
丈も膝丈やミニなどいろいろあって、形もいろいろ選べるしねー。
色も蛍光色みたいなのもあったりするし、ほんとコーディネート考えるだけでも
楽しいと思うんだよねー。
ぜひ、丘でなく実践でよろしくです!(笑)

投稿: ok | 2009年9月10日 (木) 22時05分

はじめまして。Alpen Breezeという20~40代を中心とした社会人山岳会です。当会では山ガール、山ボーイを募集しています。興味がある方は上記URLまで。

投稿: Alpen Breeze | 2010年9月23日 (木) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/31295036

この記事へのトラックバック一覧です: 奥穂高登頂!:

« 涸沢行ってきました | トップページ | 山ヨガで迎えたお誕生日 »