« 越後の夏休み1 アート・トリエンナーレのこと | トップページ | 越後の夏休み3 キャンプとかトレックとか »

越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき

Photo_3「森の学校」キョロロ
建築家、手塚夫妻の設計に
よる作品です。
赤茶に錆びた鋼鉄の外壁、
なんといっても、そびえたつ
高さ34メートルのキョロロタ
ワーが実にダイナミック。


冬には、建物全体は雪に覆われこのタワーだけが地上に顔を出すという話。
どんだけ雪が降るんだろ…。
Photo_4このタワーは一番上まで階段で上がれるよう
になってます。空調が効いてなくてめちゃ暑く、
かなりの階段数なので、元気よく登ってるのは
子供のみ(笑)。
ここの内部は、手すりに頼らないと階段を踏み
損ないそうなくらいに真っ暗で、その中を幻想
的に配列された7,000個以上の発光ダイオード
の光がまたひとつのアート作品です。
最後の階段を上りきると、窓の外からまばゆい太陽の光が降り注いで、眼下
に広がる松之山の景色がまた美しいのなんのって…。


景色が美しいといえば、松代城から見た景色もまた抜群でした。

184_5184_7














城山の山頂に建つ松代城は、上杉謙信が春日山城の支城として活用した
という由緒正しいお城なんだけど、このお城の中にはいると「すご……」と
思わず声をもらしてしまうほどに過剰な金色の世界。そんな中を少しずつ
上階に向かって歩いていって、最上階の展望台につくと、そこからスコーン
と抜けるような青空と緑の山々の風景がぐるりと拡がる仕掛け。

思うに、世界中のアーティストがこの芸術祭に参加するために妻有にやって
来ると、何よりもこの圧倒的な自然の美しさに心を奪われるんじゃないかな。
で、作品をそこで製作するとなると、どうしてもこの周囲の自然を自分の作品
に取り入れたい、いや、「妻有はこんなに美しいのだ」と作品を通してアピー
ルしたくなるんじゃないでしょか。

Photo_6だって私もまた、結局のところ、
旅を思い出そうとすると、どのアート
作品よりも、移動中に歩いた棚田だ
ったり、集落の質素な木造の家屋の
風情だったり、トンボが飛ぶ様子だっ
たりなんだよね。

まさに、これぞ日本の夏休みって感じ
の風景ばかりで、初めて来たのに、
なんだかとても懐かしく感じちゃって。
何なんだろう、この懐かしさって。

|

« 越後の夏休み1 アート・トリエンナーレのこと | トップページ | 越後の夏休み3 キャンプとかトレックとか »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

見れば、見るほどに濃い内容だねぇ~

姉さん達は、いったい幾つ廻ったのかな?
ワシ、金ピカの物は何故か怖い…メッキのピカピカは大好きなんだけど。。

そう言えば、ガキの頃住んでた家では雨漏りしてたっけなぁ~

投稿: しげまっくす | 2009年8月20日 (木) 11時58分

いいね~キョロロの森!DASH村好きの息子を連れて行ってみた~いclover
美人林(ナイスネーミングgood)で森林浴しながら、鳥の声や虫の鳴き声きいて歩いたら、びんびん五感が刺激されそうだ。
こういう場所でアートが見られるなんて、最高だねshine
都会の美術館で静かに鑑賞するのが苦手な子供でも、このラフで自然なアートならきっと楽しめそう♪

投稿: KAMIKO | 2009年8月20日 (木) 12時32分

■しげまっくす さん
300のうちの1/4も巡れなかったよ~~。
とにかく広くて広くて、妻有を動き回っても1回じゃ足りないね。

というわけで、秋も行くことに決定しました(笑)

雨漏りの思い出、なんか当時はイヤだったかもしれないけれど、
そういうのも含めてなんか昔のことって愛おしくならん?

投稿: ok | 2009年8月20日 (木) 22時24分

■KAMIKO さん
キョロロの森、KAMIKOちゃんちの坊(ボン)、連れていったら絶対喜ぶと思うわ~。
すっごくいろんな体験できるコーナーがあってね。
蛇とかも生きてるのがすっごく間近で見られたりね、昆虫標本とかもたくさんあってね。
(私は標本は怖くてダメだったけど、来館してた子供達はワイワイ見てたよー)

やっぱ子供はこういうところで遊んだほうがいいよね。
そうじゃないと私みたいに虫もカエルも怖くて触れない大人になっちゃうもん。

投稿: ok | 2009年8月20日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/31027932

この記事へのトラックバック一覧です: 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき:

« 越後の夏休み1 アート・トリエンナーレのこと | トップページ | 越後の夏休み3 キャンプとかトレックとか »