« プチ・バッパーズと東京湾花火 | トップページ | 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき »

越後の夏休み1 アート・トリエンナーレのこと

お盆休み、2泊3日で越後方面まで行ってきました。
キャンプ、トレック、アート、そして温泉っ!!の3日間でした。

まずは一番の目的だった、【越後·妻有アートトリエンナーレ】のこと。

147_2「大地の芸術祭」という
タイトルだけあって、とに
かく広いのです!
東京23区を上回る広大
な地域に分散するように
展示された作品は300点。
次の作品を見るのに山道
をクルマで20分も走らせな
くてはいけないような場所
もあるんです。


アートを観つつ、広くて青い空や棚田の青々とした稲穂、いろんな虫や鳥に
出会えるのがまたワクワクで…。
数年前に行った直島よりも、もっと深く地域に密着してるような印象を受けま
した。(直島のほうが洗練されてる感あり)
自然とアートとの一体感を身体全体で感じられたというか。
ものすごく刺激を受けたし、何より里山を歩くのが楽しかった!


2341_42342_4







今回、いちばん心を動かされたのは、廃校である旧東川小学校全体を作品
として改装したボルタンスキー+カルマンの『最後の教室』
まずは入口である体育館を入ると、真っ暗な館内。床に敷き詰められた藁の
むせ返るようなニオイに軽く目眩。そこから目をじっと凝らして遠く前方の光の
元へと進み、そのまま校舎に続く廊下を歩いていくと、真っ黒な写真の額縁、
理科室から聞こえてくる心音、真っ白な布が敷きつめられた教室には棺桶を
想像させる透明なハコ達…。
どれも一瞬怖いんだけど、なぜかずっとその場にいたくなるような、とても不思
議な空間なのです。

かつて確実にそこには子供達が存在しいきいきと生活していたのに、今は誰
ひとり存在していない、という建物全体の絶望のようなものが、皮膚からじわ
じわっと入り込んでくるような感じ。
好き嫌いがある作品だとは思うのだけど、こんなに心を揺さぶられる作品は
久しぶりでした。

Kc3a0173初日のお昼は「うぶすなの家」で。

うぶすなの家というのは芸術祭参加
作品で、中越大震災で傾いた民家を
再生し、陶芸の展示空間とレストラン
が併設させているのだけど、ここを切
り盛りしている地元のお母さん達が、
とにかく元気で明るくてステキなの。

お料理も地元のコシヒカリ、豚肉、たくさんのお野菜、どれをとっても美味
しくって大満足。(これで一人1000円は安し!)


Photoこちらは3日めに訪れた「黎の家」での
イタリアンランチ。
ここも民家再生プロジェクトのひとつで、
アート作品の中で地元の食材を使った
イタリアンをいただけるレストランです。
ここのメインは豚肉のお料理3種。
うぶすなの家でも、豚肉が美味しかった
し、このあたりは豚肉が特産なのかな?
同じテーブルに私達と相席になった、それぞれ女の子一人旅のお二人が、
食事中どんどん仲良くなっていき、最後は店を一緒に出て行くほどに打ち
解けていたのが、端で見ていて楽しかったです。
一人旅もいろんな出会いがありそうでいいもんだなぁ、と。
私はなかなか一人旅が上手に出来ないタチなので、羨ましいなぁと思い
ましたわ。

156nこういうアートフェスタって本当に楽しいっ♪

特にモダンアート鑑賞というのは、とかく
「何がなんだかわからない」っていうのが
多い(笑)ので、見る人それぞれに感じ方
がぜんぜん違うでしょ?

わからないことを恥ずかしがらないでいい
から、みんな「何、これ?」とか口に出しや
すいのがいいんですよね~。


妻有でもあちらこちらで、老若男女が、
「わけ、わかんね~」
「でも、面白いよね、これ」
なんていう楽しい会話が聞こえてました。
小さい子供とか、地元のおじいちゃん達とか普段あまりモダンアートを
鑑賞する機会が無い人ほど、邪気なく、いろいろ思考をめぐさせて楽し
めるんじゃないかなぁ。

|

« プチ・バッパーズと東京湾花火 | トップページ | 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

トリエンナーレ、私は9月に松之山温泉に泊まって楽しむ予定です。
「最後の教室」、期待しているんです。

引き続き越後妻有情報まってます。
特に「旅めし」情報に注目。

アートブロガーたちはめしのこと書いてくれないんですよ。
OKさんなら頼りになります!

投稿: テツ | 2009年8月18日 (火) 06時43分

こんにちは、先日新宿某所でお会いしたakkoでございやす。
こんな素敵なフェスタが新潟の方にあったんですね~~~。全然知りませんでした。
現代彫刻みたいな感じなんですかね。アタシもたまに都内の美術館などは行くのですが、こういう外でやってるのは見たこと無いです。あ、去年札幌のモエレ沼公園には行ったけど、こういうフェスタではないしなぁ。

投稿: akko | 2009年8月18日 (火) 08時06分

まず始めに。
塾長!浴衣を着ることができず、すいませんでした!!
気を抜いたわけでは決っしてありませんっsweat02

アートもグルメも盛り沢山で、大充実の夏休みですね〜coldsweats01
「何だこれ?」って言ってもいいんですね!ハッとしました!
小さい頃、尖った鉛筆を誤って腕に刺してしまったことがあるので、
色鉛筆のアートは私にとっては拷問かも。。。(笑)

投稿: junp | 2009年8月18日 (火) 08時57分

色えんぴつの写真、可愛いね♪
遠くにいる子供もナイスなポーズの瞬間で。
ただokちゃんにピント合ってないんですけど~

一人旅ってホント孤独感つのるよ。
人がそこそこ居る場所だと余計にね。
旅先で拡がりを持てるか持てないかは自分次第。
それを知りつつまずは出発する勇気が重要なんだよね。

投稿: Kico | 2009年8月18日 (火) 09時47分

緑 緑 緑
自然
温泉
沢山の野菜
アート
豚肉
なんとまぁ!素敵な休日だったのでしょうね!
リフレッシュして巡りがよくなりそう!
それから、さすが!姿勢がよいです!
見習いたいです!


投稿: なつねの | 2009年8月18日 (火) 11時54分

移動が大変そうだけど、楽しそう!
姉さんの旅ブログ、見ているこっちも幸せな気分に成れるから好きです、早く続きの記事書て。。

投稿: しげまっくす | 2009年8月18日 (火) 12時52分

旅に出てたのか~sign03
歌丸師匠が、会いたがってたよrock
・・・もちろん、ウソですbleah

相変わらず、アートとグルメの旅でステキheart02
心の洗濯、出来た?
なかなか近況が聞けないから、
みんな塾長のこと気にしてましたぞ~。
次回の乙女塾には、顔出してくだされwink

投稿: meku | 2009年8月18日 (火) 13時25分

■テツ さん
松之山温泉泊ですかー、いいですねっ!!
あそこの温泉はとっても塩っぱくて個性的でした。
とっても身体が温まって良い泉質ですが、お酒を楽しむ場合は、軽めにつかる
ほうがいいかも。長湯+お酒だとカンペキにのぼせます!(笑)

「最後の教室」は3年前のトリエンナーレの時から気になっていたのに行けなか
ったので、とにかくこれを楽しみにしてたんだけど、校内に入った途端、五感の
全てが研ぎ澄まされていくような感覚を覚えましたよ。

>「旅めし」
す、すみません、今回はぜんぜんからっきしなんです。(自炊が主だったもので…)
私こそ、テツさんの妻有レポを参考に、秋の妻有再訪をたくらもうかと(ニヤリ)


投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 15時08分

■akko さん
ぜひぜひ妻有行ってみてください!
なんせ軍艦島へふらり旅をしてるakkoさんなら、妻有ふらり旅なんてちょろいはず…。
向こうでレンタカー借りればかなりの作品が見られると思いますよ。
世界的にも有名なアートフェスタで、国内外の優秀なアーティスト達の作品が遠足
気分で楽しめるのです。
美術館の室内で見るのとは趣きがまるで違うので、きっといろんな感動が得られ
るのではないかと。おすすめしちゃいます!

モエレ沼公園、いいですよね-。
私、一度だけ行ったことがあるんですけれど、あそこも楽しかったなぁ。

投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 15時13分

■junp さん
だよだよー。なんで寄席に浴衣着てかなかったのよぉ~!
罰として、浴衣でグラウンド5周ですよー!!(笑)

美術鑑賞ってさ、なんか日本人はとかく堅苦しく考えがちだけど、もっと自由で
いいんだと思うのよね。別にプロの美術評論家なわけじゃないんだし、見る人が
自由に好き勝手に楽しめばいいんだよ。
「わかんないね」
「面白いカタチだよね」
「もしかしたらこんなことを表現してるんじゃない?」
「いや、オレはこう思うな」
みたいに会話がはずんで、お互いの感性が広がっていく過程みたいなものも
楽しめたら、それからはきっともっと他の美術展にも行きたくなってくるはず。

投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 15時22分

■kico さん
いやいや、私にピントあってなくていいのよー。むしろ後ろの子が主役なくらいで。
いやぁ、最高なポーズですな、この子ってば(笑)。
この鉛筆、真下に立つと恐ろしいよ~。ちなみにカメルーン出身の方の作品です。

一人旅は私の場合、食事タイムがネックなんだよなぁ。
カフェとかファーストフードとかさらっと食べる場所なら1人でも平気なんだけど、
今回の「黎の家」みたいにイタリアンをコースで食べるような場所で1人で食事をする
のが私はどう考えてもできない気がして。目線が無意味に泳ぎそうというか…。
案外、小心者なのですわ、私ってば。

投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 15時38分

■なつねの さん
お、姿勢いいですか~?
自分で見ると、微妙に肩が前に入ってる気がしないでもないんだが…。
まだまだですわ。

リフレッシュされたよ~!!
とにかく棚田にはやられた。稲穂の緑ってこんなに美しいんだなぁってびっくりしました。
秋になったら、これが黄金色に変わるわけでしょ?
秋の風景もまた素晴らしいんだろうな、と想像すると、また妻有に行きたくなってきて
うずうずしてきちゃうわー。
実際に住むとなると、豪雪地帯だしクルマが無ければ生活できないような環境だし、
きっと苦労も多そうな地域だけれど、だけど、無性に魅力的な場所でございました。

投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 15時46分

■しげまっくす さん

> 見ているこっちも幸せな気分に成れる

ほんとにほんとに?うきゃ、嬉しいな~~!!
内心「こんな駄ブログ、誰も面白くないんじゃないかしら」なんて
思いながら夜中にUPしてる小心者ですので、そんなふうに言ってくれると
心底うれしゅうございます。ありがとう!!

投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 16時02分

■meku さん
歌丸師匠、私も会いたかったよぉ~~bearing
日程が合わなくて本当に残念っ!!
寄席ツアーは、ぜひ第二弾も開催してほしいです!>幹事様

話すほどの近況は無いんだけど、自分的にはいろいろ自分を取り巻く変化が
変わってきてる感ありありです。
誰からも「今があなたの転機!」といわれているので、そうなんかなぁって思い
ながらも日々淡々と生きてる今日この頃でございます。
乙女塾といわず、いつでも遊んでくれよー。

投稿: ok | 2009年8月18日 (火) 16時14分

okさんの旅話って、本に出来ると思います!
今回もまたステキですね。
まんまの旅をしたいくらいですからcatface

投稿: アンヌ | 2009年8月19日 (水) 15時52分

■アンヌ さん
いやぁ、実のところ相方がほぼプランニングしているから、
こうした旅ができているのです。
私だけだと、まず行き当たりばったりになってしまうもの。(笑)

ぜひぜひアンヌちゃんも妻有の旅へ行ってみて下さい!
きっとスコーーンとリフレッシュされるよ~、身も心も。

投稿: ok | 2009年8月20日 (木) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/30999005

この記事へのトラックバック一覧です: 越後の夏休み1 アート・トリエンナーレのこと:

« プチ・バッパーズと東京湾花火 | トップページ | 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき »