« 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき | トップページ | 高校男子(DT)のひと夏映画を2作 »

越後の夏休み3 キャンプとかトレックとか

Photo_7今回の旅の宿泊先は、津南キャンプ場。
ここはあの無印良品がやってるんですよ~。

初めて利用したけれど、自然の起伏を生
かした土地に大ざっぱに区画が仕切られ
てるキャンプ場。なかなか良かったです。
(売店はさすがに無印良品モノが多し)


夕方、このキャンプ場に着いて、タープとテントを設営している頃から雨が
降ってきてちょっと焦ったけれど、ドカドカと本降りになった頃には無事に
設営も完了できて、ホッ。
クルマで30分ほどの松之山温泉までお風呂に入りに行ってきました。
松之山温泉の泉質は、かなりしょっぱくてびっくりっ!
後から聞いたところによると、日本三大薬湯のひとつらしいね、ここ。

で、ですね、この温泉に行くクルマの中で、アタクシのバッグの中にある
はずのお財布が無いことに気がついて……。
バッグのすみからすみまで探しても、見つからないんですよぉ。

どう考えても、昼間、十日町のトリエンナーレを見てる時にどこかで落と
したに違いなくて、凹む…。
キャンプ場は携帯が圏外なので、お財布に入ってるクレジットカードの
会社に停止依頼の電話もできず、さらに凹む…。

さらに、「晩ご飯はバーベキュー!!」って思っていたのに、ちょっとした
手違いで炭に火が起こせず、泣く泣く、2日目の朝食用にと用意していた
ソーセージやキャベツでホットドッグを作り、お腹をなんとか満たすという…。
(これには凹むのを通り越し、「踏んだり蹴ったり感」に笑えてきました)

そんなこんなで、この日は、夕方以降、急速に運に見放されていくのを
実感したのでした(笑)

翌日は苗場山登山。
登山口に向かう途中、携帯が繋がる場所があったので、カード会社に
電話して停止処理をしてもらい、まぁ、とりあえず一安心。

NN_2








登山口に着くと、前日夜の雨で、足元はドロドロ。
レインウェアのパンツをはいて、泥はね対策してみたけれど、それでも
けっこうドロンコ山登りでございました。
でも、頂上あたりまで行くと木道が増えて格段に歩きやすくなってきて、
涼しい霧が辺り一面を覆って気持ちよくなってきました。
すぅ~っとした頬にあたる風が、美肌効果がありそうで最高でした♪

下山後、のよさの里の温泉に立ち寄って汗や泥を流してから、キャンプ
場に帰る途中のクルマで、父親から携帯にメールが。
「財布落としただろ!十日町警察署で預かってくれてるので、さっさと
取りに行ってくること」

うきゃほ~っ!!!
誰かが、お財布拾って警察に届けてくれてたんだわっ!
なんて親切な人なんでしょう。
この殺伐としたニュースばかりがはびこる世の中だけど、まだまだ捨て
たもんじゃないっすね。お財布見つかったことよりも、こんなご親切に出
会えたことで、なんだか私、幸せな気分になりました。
また、十日町警察の方々がものすごーーくいい人ばかりで。
(まぁ、たいした事件がなくてヒマだったんだろうけれど) 
今まで警察にあんまり良いイメージを持っていなかった私なので、もう
びっくりですよ。なんとも爽やかで朗らかな警官さん達なのでした。
ずっとこの警察に居てもいいなぁって思うくらい居心地よかったです(笑)。

拾ってくれた方はというと、私と同じくトリエンナーレを見に妻有を旅して
いた長野からきたという女性でした。
連絡先を警察のかたに聞いて、後日少々のお礼を差しあげたのですが、
また、すぐに彼女から絵葉書が届いて
「私もこの事でますますトリエンナーレの良い思い出ができました」
と書かれてあって。
なんと可愛くってステキな女性なんでしょう。
私も彼女を見習って、どんな時にも正直で優しい人になりたいな、と。

そんなわけで、この3日間、素晴らしい夏休みの旅だったのでした。

|

« 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき | トップページ | 高校男子(DT)のひと夏映画を2作 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

お財布見つかってよかったですね〜!
そして何よりもそのお財布が繋いでくれたもの。
温かくて清々しい気持ちになりましたwinkshine

投稿: junp | 2009年8月21日 (金) 00時32分

またまたプロ旅行ライターを凌駕する魅力的なレポを、ありがとう。

JRの駅で見かける妻有の芸術祭のポスターを見るたびに、遠いしなあって
思ってあきらめてる自分がいて。
でも、こんなふうにサクッと行ってる人を見ちゃうと、自分のフットワークの
重さを反省することしかり。

お財布でてくるなんてすごいね。警察の人がいい人だなんてまた信じがたし。
でも妻有の風景写真を見てると、それも信じられる気もしてきたよ。

投稿: kimi | 2009年8月21日 (金) 11時07分

何かやらかしてるところも含めて、良い思い出ですな!
秋の続編も楽しみにさせて頂きます。

投稿: しげまっくす | 2009年8月21日 (金) 11時38分

お~、良いお話ですね。
私までなんだかほっこり優しい気持ちになりました。

それにしてもアートにキャンプに山登り。
温泉と美味しいご飯。
なんてなおさん好みの素敵旅でしょう!

投稿: のんのん | 2009年8月21日 (金) 12時11分

お財布見つかってよかったね~
また、拾ってくれた人がトリエンナーレについての感想も素晴らしいじゃない!

私も、その昔、トルコでパスポート入りお財布を紛失したことがありまして(汗)。まー、いろいろとあったんです。でも、いろいろな人と言葉やゼスチャーで助けてもらって、見つかったのです。あー、赤っ恥経験。

でも、その経験で「あー、私って周囲の人の好意で生きていられるんだなー。一人じゃないんだー」と思ったのでした。

旅って素晴らしい人との触れ合いの時間ってことさね。
よかったねえー。


投稿: うT | 2009年8月21日 (金) 12時32分

あーた、いろんなトコでいろんなモン失くすね
って、人のこと言えんくなってしもたけど(笑)

投稿: ワシ | 2009年8月21日 (金) 12時44分

しげまっくすさんのおっしゃるとおり、
何か必ずテンネン的に「やらかしてる」ところがまた
いいっすねぇ、okネエサンてば。

お財布が戻ってきたのも、okさんらしいね。(結局、運がいいんだよ)

投稿: T児 | 2009年8月21日 (金) 12時44分

終わり良ければすべて良し♪
トラブルに見舞われるほど記憶に残る旅になるね。

奥多摩にツーリングした時、テント設営中に土砂降りになり、半分テントの中でバーベキューしたら、ちょこっと飛び火してテントに穴が開いた悲しい思い出がよみがえりました。もちろん内部の空気もやばかったし。
キャンプってホントいろいろ起こるね。

投稿: Kico | 2009年8月21日 (金) 13時33分

■junpさん
本当に見つけてくれた人良い人だったの。
(良い人だからこそお財布警察に届けてくれるんだろうけど)
いやぁ、自分のソコツっぷりを反省するとともに、拾い主さんのように
さりげなく清々しく優しい女子になりたいわぁと思いました、本当に。

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時23分

■kimiさん
妻有、ぜひ行って来てほしい。kimiちゃんの住んでる場所からだと
日本海側から行くのかな?
富山から来てた女性はひとりで車できたっていってたよ。

十日町警察署の方は本当に面白くて親切で、3人もの警察官の方々が
対応してくれたという…。お財布落としただけなのに。(笑)
ああいう人達になら困った事も気軽に相談できそうでいいね。

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時30分

■しげまっくすさん
ははは、やらかしてしまいましたわ。
旅行用のお財布だったので、たいした金額は入れてなかったんだけど
それでも無くしたときは自分が情けなくて凹んだわぁ。
でてきて良かった良かった。
秋バージョン、がんばります!

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時32分

■のんのんさん
いやぁ、のんのんちゃんのハワイ旅レポを読んでたら心はハワイに
なりつつあるよ、今の私ってば。
まぁ、ハワイにはない日本の故郷の原点みたいなものは妻有で体験
できてそれはそれですっごい良かったよー。
温泉はいいね、やっぱ。あとお米が美味しいのもいいね、日本は。
月末も美味しいものを食べましょうっ☆

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時35分

■うTさん
いやぁ、トルコで財布無くしましたか!!
さすがうTだわ、旅の話がグローバルだわ。私の周りでうTほどいろんな
海外に行っている人はいないと思う。
今回のカムチャッカにハイキングっつうのもでかい話でかっこいいです。
いろんな国でいろんな人に親切にされたりすると、日本に旅行にきている
外国の方々とかが気になるよね。
道に迷ってるのかな?とか、メニューわかるかな?とか。
草の根国際交流しちゃうよねー。

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時39分

■ワシさん
ほんとうに、どうしてこうも私は忘れ物、落とし物をするんだろうか。
不思議でたまらんですよ。でも必ず、戻ってくるのがまた不思議。
神様に何か試されてるんだろか。遊ばれてるんだろか。

ワシさんの忘れ物は、酔っぱらったからでしょー。笑

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時41分

■T児さん
ええ、ええ、やらかしてしまいましたよ。
天然、って言われるけれど、言われる側からすればなぜそう言われるのか
まったくもってわかりませんのよ。
自分ではわりとしっかり者だと思ってるのにぃーー。(説得力無)
運、強いのかなぁ。そうかなぁ、そうだといいなぁ。

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時44分

■Kicoさん
そうそう旅の思い出って、けっこう失敗したりしたことのほうが
後々まで覚えていて、それも良い具合に発酵して面白い話になるよね。
物事を暗くとらえがちな人はそれをずっと暗く根にもっていたりする
んだろうけれど、私そういう根性ないし、もともと「ま、しゃあない」
って考えるほうなせいか、数々の失敗談がお酒の肴になってくれて
いいんだよね(笑)

テント、燃やしましたか!!
雨だと、テント内でやりたくなるよね、お湯わかしたりさ。
やっぱ危険なんだなぁ。覚えておこうっと。

投稿: ok | 2009年8月21日 (金) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/31037126

この記事へのトラックバック一覧です: 越後の夏休み3 キャンプとかトレックとか:

« 越後の夏休み2 アート・トリエンナーレつづき | トップページ | 高校男子(DT)のひと夏映画を2作 »