« 箱根に行ってきました | トップページ | まさしく、「にわか」な人たち »

ウェイトレスという職業

20090314_402083thumb400x289_2















今、ネスカフェ缶コーヒーのCM、ペネロペちゃんがやってますね。
いいCMです。(CM見れます→http://jp.nescafe.com/can/cm/ )
ペネロペちゃんがウエィトレスってところが素晴らしい。
彼女はすこぶる美人ですが、純情そうなお嬢様とか賢そうなキャリアウーマン
の役だと魅力が半減してしまうのよね。
可愛いくって色っぽくて、男を手玉にとりながら、人生をたくましく生きてて、
でもどこか寂しそうで…、そんなビッチな女をやらせるとくぅぅ、たまりません。

コーヒーをテーブルに運んでくる際に、制服から胸の谷間をチラ見させつつ
「あなたと合う気がするわ」
なんて言われたらあーた。もう男性はみなイチコロでしょう。
「その台詞、客全員に言ってるんだろ!」ってわかってても通い詰めちゃうね。


それにしても私はウェイトレスがでてくる映画に弱い。
なんかぐっとくるのね、ウェイトレスという職業に。ウェイトレスという人生に。
たとえば、
「恋のためらい/フランキーとジョニー」(91)のミシェル・ファイファー。
たとえば
「忘れられない人」(93)のマリサ・トメイ。
たとえば
「テルマ&ルイーズ」(91)のスーザン・サランドン。
スーザン・サランドンは「僕の美しい人だから」ではハンバーガーショップの
店員もやってたな。ゴージャスなのになぜかくたびれた制服が似合う女…。

邦画でのウェイトレスナンバー1は「Helpless」(96)の伊佐山ひろ子だと個人
的には思うのですが。伊佐山ひろ子は日本が誇れるビッチ女優だなぁ。

というわけで、ことほどさようにウェイトレスがでてくる映画はけっこうあるの
でございます。
ウェイトレスという職業に、あれこれと妄想を描いているのは私だけでないの
ですね、きっと。

|

« 箱根に行ってきました | トップページ | まさしく、「にわか」な人たち »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

相変わらず、姉さん男前やなぁ(笑

投稿: しげまっくす | 2009年3月21日 (土) 16時40分

伊佐山ひろ子って最近見ないね。残念。
むかーし書いたエッセイか何かのタイトル
「嫌いは嫌い、好きは好き」って
いまだに自分のいろんな場面で叫んでます。
(心の中ですが)

投稿: Kico | 2009年3月21日 (土) 20時14分

うわあ、「忘れられない人」大好き!マリサ・トメィいいよね。
確かにウェイトレス映画(勝手にカテゴリー)はいい映画が多いかも。
「恋愛小説家」もジャック・ニコルソンが好きになるのがウェイトレスだったよ。あれも良かったなあ。

投稿: mau | 2009年3月21日 (土) 21時14分

■しげまっくすさん
うふふ。お久しぶり&さっそくのコメントありがとうございます。

>姉さん男前
誉め言葉と受け取ってええんやろか。良しとしよう。(調子いいので)

投稿: ok | 2009年3月21日 (土) 22時41分

■ Kicoさん
あっ、私もそのエッセイっていうかタイトルに記憶ある!
そして私もよく心の中で叫んでるわ(笑)
あと、長嶋有のエッセイ集のタイトルで『いろんな気持ちが本当の気持ち』って
いうのがあって、それもいろんな場面で思い出す座右の銘的言葉ですわ。

伊佐山ひろ子という名前を言っても誰だかわからない人も多いんだけど、
「北の国からでゴロウさんに『子供がまだ食ってる途中でしょうが』って怒られる
ラーメン屋の店員だよっ」て言うと誰もが「あーーー!!あの女か!」ってわかる
のがすごいなぁと。(笑)やっぱインパクト強いんだわ。

投稿: ok | 2009年3月21日 (土) 22時48分

■mauさん
「忘れられない人」、いいよねぇー。私もいまだに年に一度は見たくなる映画です。
それにしてもクリスチャン・スレーターって今何してるん?
けっこう好きだったのになぁ。

「恋愛小説家」見て、ジャック・ニコルソンって可愛いじゃんって思ったよ。
へレン・ハントのウェイトレスもワケありでよかったねぇ。

投稿: ok | 2009年3月21日 (土) 22時53分

私もこのCM観た時、キたねぇ~ってニヤついてしまいましたデス。
ウェイトレス・・・
実は経験2度御座いますよ、ペネロペさんとはだいぶ違うけど(笑)
一度目は、着物を着る和食屋さんで、御酌をするのがイヤですぐに辞めました(笑)
二度目は、なぜかこれまた和系うどん屋さんで、お茶だけを専門に出すのだけれど、これはマカナイのうどんが楽しみで楽しみで長続き。
うどん屋だから、常連のおじいさまとかが多くて、よくお小遣いを頂戴しておりました(笑)
アンミラの制服を一度で良いから着てみたい!←オバカね^^;

投稿: アンヌ | 2009年3月22日 (日) 21時11分

「オール・アバウト・マイ・マザー」もよかったけど、「ボルベール〈帰郷〉」のちょっと腐り気味の味の方がよかったねぇ。
おやぢ的にはこれ必見かも。
http://elegy-movie.jp/
ポンニチ人だと鈴木京香じゃないっすかねぇ>ペネロペちゃん。

投稿: ぜっとぜっと | 2009年3月22日 (日) 22時01分

■アンヌさん
着物を着る和食屋さん、うぅ似合いそう。
アンヌちゃんの着物姿ってかなりいける気がする。キップの良い粋なネエサンって
感じがするもの。でもお酌するのはいやだね~。
だいたい本当の酒好きは手酌が基本だろっつう。(笑)

私はウェイトレス経験ナシですわ。お盆ひっくり返しそうで絶対無理って思ったし(笑)
アンミラ、あそこで働くのすっごく流行ったよねーーー!!

投稿: ok | 2009年3月22日 (日) 23時56分

■ぜっとぜっとさん
私も「ボルベール」のほうが好きです。女子にしかわからない映画かと思ったけど
意外と男性であの映画を良かったっていう人多いですよね。
「エレジー」は相手役の俳優さんが老い先短い設定のわりにモテそうな現役感が
漂ってるのがちょっとよくない気が…。もっと枯れててダメな感じのほうがよい
んじゃないかと思うのです。ま、それじゃ映画にならないか。(笑)

>鈴木京香
京香さんは、私のイメージだと白衣系かな(看護士じゃなく女医的白衣)
うーーん、誰だといいかな。昔の永島暎子とかだといいかもです。

投稿: ok | 2009年3月23日 (月) 00時04分

ウェイトレスといえば
アリシア・キーズのPVが好きです。
(you don't no my nameだったかな?)
ウェイトレスが客に恋をする、
みたいな内容だったと思うんですが・・・。
アメリカンダイナーのようなお店の
ウェイトレスに憧れますね〜。
アンミラみたいな制服に憧れますが
アタシが似合う制服は崎陽軒かと(笑)

投稿: リエ* | 2009年3月23日 (月) 01時21分

ペネロペの『ボルベール』で、黙々と調理しまくる場面に結構エロスを感じました。若いころの「ハモンハモン」のエロいっす私heartという、いかにもな頃より、素敵にエロいんですよね~

伊佐山ひろ子さんって、タモさんの御親戚ですよね?
笑っていいともで紹介され、うっわ~濃い親戚じゃな・・・と思ったものです。

投稿: 歌子 | 2009年3月23日 (月) 23時03分

■リエ*さん
アリシアのPV知らなかったから、今YOUTUBEで見てきた!
やっぱ「You Don't Know My Name」だったよ。大好きこの曲。
PVもいいねぇ、曲のイメージにあってる♪洋楽のPVってアーティスト本人が
演技してるの多いよね、で、それがちゃんとサマになるのがすごいわ。

埼陽軒の制服ってチャイナだよねー。
私、デパートの食品売り場で中年以上のおばちゃんの店員さんがあの制服を
着てるのを見るのがなぜかすっごく好きです。(マニアックっすか)

投稿: ok | 2009年3月23日 (月) 23時22分

■歌子さん
私も若いときのペネロペはどこがいいのかさっぱりわからなかったよ。
「美人だしスタイルもいいけど、だからってどうなの?」って思ってたもんだよ。
あぁ、『ボルベール』がすっごく見たくなってきた。今度DVD借りてこようっと。

伊佐山ひろ子、タモさんの親戚?
まじでーーー??すっごいほんとに濃い家系だ。。。


投稿: ok | 2009年3月23日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/28724864

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイトレスという職業:

« 箱根に行ってきました | トップページ | まさしく、「にわか」な人たち »