« 週末は静岡をぶらっと | トップページ | 脳内ループなこの3曲 »

しあわせな子供たち

静岡の旅、2日目は掛川市の「ねむの木学園」へ。
とはいっても、学校をたずねたのではなく、そこに一昨年に建てられた私の
大好きな建築家・藤森照信さんの設計する「ねむの木こども美術館」を見に
行ってきたのです。

ねむの木学園という名前はもちろん知っていました。
でも、実際に「ねむの木」を訪れるまでこんなステキな場所だったなんて、まっ
たく知らなかったんです、私。
茶畑が広がる80ヘクタールもある広大な山村の中に、もともと住んでいた村の
人々と「ねむの木」のさまざまな施設が混ざり合って共存している、素晴らしい
福祉村なのでした。
学園の子供達が自立をめざして働くガラス屋さん、喫茶店、毛糸屋さんなどが
村のあちこちに点在していて、歩道は犬の散歩をしている夫婦が歩いていたり、
畑ではおじいさんが農作業をしていたり…。
日本の養護施設に感じてしまいがちな閉ざされてる印象がまったくないのね。

Kc3a0127R0017984o_2









【ねむの木こども美術館】は学園がある場所から、さらに20分ほど山道を歩い
た山の上に立っていました。この屋根の形から、子供たちや村人が「どんぐり」
とあだ名を付けて呼ぶ美術館。白い外壁に描かれた草花の絵は学園の子供
達がみんなで書いたのだそうです。めちゃ、かわいいね~~。
美術館の中には学園の子供達の絵が展示されています。
それが本当に驚くほど、素晴らしいのです。
障害者とか健常者とかそういうのなしにして、どの絵も、色彩センスから構図、
テーマ性、そのどれをとっても、れっきとしたアーティストの作品だと思いました。
私は絵を描くのが苦手なので、彼らの絵に感動すると同時にその才能に嫉妬
心さえおぼえてしまうほどでした。

Works1__2中でも、ほんめとしみつ君と
ほんめつとむ君という2人の
作品は、それぞれが独自の
世界観をしっかりと確立させ
た画風で、私はすっかり魅了
されてしまいました。
つとむ君の絵はエルメス社が
購入したとのこと。

(←2枚ともとしみつ君の作品)


美術館を出て、喫茶店で美味しいカレーをランチにいただき、それから【吉行
淳之介文学館】
へ。
それほどこの文学館には興味はなかったのだけど、美術館との共通入場券
だったのでせっかくだから、と入ってみたのです。すると、受付の女性が、
「今日は奥の茶室で、学園の子どもの、ほんめとしみつ君とつとむ君が茶席
を設けていますので、もしお時間があったらいかがですか?」と言うではあり
ませんか。
「えっ?あの絵を描いたほんめ兄弟に会えるの?」と思ったらいてもたっても
いられない気持ちになって、茶道の作法をまったく知らないというのにちゃっ
かり参加させていただくことに。

茶室に入ると、私とそれほど年が違わなそうな男性が凜とした袴姿で座り、
私達を出迎えてくれました。
そして、床の説明(床は宮城まり子さんの書いた短冊、花は山で摘んだばか
りという可憐な水仙でした)を一通り。
そのあとすぐ、私達が超シロウトだと察したのか、
「どうぞ脚をくずして、ラクにしてください。楽しんでいただくのが一番です」
と優しく声をかけてくれました。
というわけで、その彼の男性らしく清々しく力強いお点前(手足が不自由だと
はとても思えない美しい所作)と、私達のダメダメな姿が対照的なお茶会と
なったのでした。
お茶をいただきながら、学園のみんなで横浜にコンサートに行かれたた時に
食べた肉まんが美味しかったこととか、まりこさんの優しさとか、今年の春に
展覧会をする金沢21世紀美術館のこととか、いろいろな話をしました。
あの茶室で過ごした時間はとてもおだやかで心地よかったな…。

その男性が、「僕たちねむの木のこどもたちはしあわせだけれど、世界には
しあわせでない子どもたちがたくさんいて…」というのを聞いて、自分たちが
自分たちのことを、あんな素直に、さらっと「しあわせだ」と言える人が、今、
世の中にどれだけいるのかなって思ってしまい、こっそり胸が熱くなってしま
う私なのでした。(お茶が熱かったからではけっしてなく)

最後に茶室を出る間際、どうしても聞きたかったので「あの、お名前は…」
とたずねると、その彼から「としみつです」という返答がありました。
あぁ、あの絵のとしみつ君は、この人だったんだね。(感動…)

Kc3a0130_3「春の桜の咲く頃にまた
ここでお茶会をやります。
ぜひ来てくださいね。」
と言っていただけて。

今年の春にはまた来れ
るかどうかはわからない
けれど、今度、お茶会に
来る時までには、最低限
の作法をちゃんと学んで
からいくぞって胸に誓った
私なのでした。


|

« 週末は静岡をぶらっと | トップページ | 脳内ループなこの3曲 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

「ねむの木こども美術館」ステキ。
屋根の帽子みたいのとか、壁の絵が小人の家みたいですごくかわいい♪
フンデルト・ヴァッサーの草の屋根の家とかアルベロベッロのトゥルッリを思い出しました。

ギャラリーで子どもたちの絵をみたら、ピュアな気持ちになれた気がするわ~。
(普段は不純でもbleah

富士山がものすごく近いんだね。噴火しないといいなfuji

投稿: KAMIKO | 2009年2月 4日 (水) 12時41分

ねむの木の子供達の展覧会を、六本木ヒルズの森美術館で見たことあるんだけど、
あれには本当にただただやられたーって感じだったな。
他の展覧会を見たついでに見たのに、かかった時間はねむの木のほうが長かった(笑)

子供たちの絵のテーマが、まりこさんと自分というのが多くて、どの絵もまり子さんが
優しそうにかかれていて子供達に思われているのだと実感してちょっと俺、泣きそうで。ひとりで公衆の面前なのに

投稿: T児 | 2009年2月 4日 (水) 13時45分

OKさんの旅って、ぷらっと気まぐれで出かけていっては
いろんなことを得て帰ってくるよね。
あれこれ考えたり、帰ってきてから勉強したりさ。

そういうのいいよね。
きっとグアムとかセブとか行ってもほかの人とは
少し違う角度でアプローチするんじゃない?

ブログのサブタイトルどおり
ココドコ、あちこち、ラッタッタなスタイルで、
好奇心にあふれた目で。

投稿: Tac | 2009年2月 4日 (水) 20時10分

■KAMIKOさん
藤森さんの建築はどれも建築っぽくないというか、限りなくプリミティブといった感じなので、人なつっこい建物になるのよね。
ここを見学に訪れるファミリーの子ども達はだいたい興奮しまくって、建物の外や
中をぐるぐる走り回ってたよ。で、ねむの木の子ども達の絵を見て感化されるのか、
芳名帳のようなスケッチブックに絵を描き始める子がたくさんいてびっくり!

まり子さんはねむの木の子ども達が絵をかきあげても「上手ね」とは言わないで、
「うれしいわ」って言うんだって。なんかステキ。

投稿: ok | 2009年2月 4日 (水) 23時48分

■T児さん
そうそう、六本木ヒルズで展覧会やったんだってね。
ぜんぜんその頃は、私興味がなかったし、なんていうのかなある意味偽善的な視線
(障害者だからこその純粋なココロ)みたいなのがイヤだなって思ったりしてたの。
でもそんなふうに思うことじたいが情けなくて、まったくもってお恥ずかしいなと…。

まぁ、ねむの木の子ども達の絵は何千枚とあり、その中の優れた作品200枚足らずが
展示されていたわけで、それ以外の中にはもう絵とは呼べないような作品もきっと
たくさんあるんだと思うんだけど、まり子さんはそういう絵にも愛情を注ぐだろうし、絵を
描くことが好きじゃない子には、その子が好きなことを見つけるまで辛抱強く待ち続け、助け続けるだろうなって思った。
深い愛情という言葉が、これほど真実味をおびてココロにささった事はなかったわ。

投稿: ok | 2009年2月 4日 (水) 23時59分

■Tacさん
>ココドコ、あちこち、ラッタッタ

自分のブログのサブタイトル、今まで忘れてた(笑)
そうだ、そういうタイトル付けてたねぇー、私。思い出させてくれてありがとう。

事前調査もなくぷらっと気まぐれに出かけるから、行った先々で見たものや
聞いたものすべてが身体やココロにひびいてくるんではなかろうか、と。
で、調べてないから、家に帰ってきてから、その「ひびいたもの」についてもっと
深く知りたくなるのかもね。ハングル文字覚えたのもそれね。
事前調査してると、旅で現地に行った時にはそれはもう確認作業に近いでしょ。
美味しいと評判の店をガイドブックで調べる→その店に行く「書かれてる通り
に美味しかった。終了」みたいな感じで。

調べてないからこその、角度がずれた旅なのかもね(笑)

あ、でも、グアムとかは多分一生行かないと思うよ(爆)

投稿: ok | 2009年2月 5日 (木) 00時12分

ムッハーup私、吉行淳之介大好きなんです。
ねむの木もokさんの写真がステキだし、同じコースをまわりたいですheart01

投稿: アンヌ | 2009年2月 5日 (木) 11時13分

■アンヌさん
吉行淳之介ファンだったら、ぜひ行ってみてみて。
宮城まり子さんに送ってた手紙とかがねぇ、いいのよ。
読んでるこっちが照れちゃうような…。
あんなモテモテ男さんが、1人の女にあんなふうに甘えるなんて。かわいいよね。

投稿: ok | 2009年2月 5日 (木) 22時55分

私は子供の頃からねむの木学園の話は母から聞いていたのと、
ねむの木の特集が組まれるテレビは母が欠かさずチェックしていたのとで、とても優しく強く素敵な世界が日本にあるんだと思っていました。
テレビで見ていただけですので、まりこさんと学園の子ども達の力の結晶を見せて頂いているに過ぎないことなのですが。

そして一年も前ではなかったと思いますが、
ねむの木が特集された番組を途中からでしたが自宅のテレビで見ました。
その日は運動会の様子が放送されていました。
そして驚いたのが、ねむの木の運動会の最後に学園の生徒によるお点前があったことです。
へぇー!と思ってみていました。

皆さんとても素晴らしくお茶をたてられていましたが、
何より、新しく学園に入り初めて大勢の見学者の前でお点前をする小さな子どもを、先輩のお兄さんが温かくサポートする姿が印象的でした。
そのお兄さんの持つ障害は、医学的には相手をサポートするといった行動など出来ないと考えられているそうですから、
人の心の力は計り知れないものだと感じました。

お茶を運ぶ時も、お兄さんが自然に、しかもその小さな子の勇気を尊重しながら、そっと傍で優しくこちらへ運んでいきましょうという感じで
小さな子どもをお客様のところへ進めるようにあくまでも後ろから優しくサポートされているのです。
それはそれは素敵なつながりを感じました。
ねむの木を訪問するという考えは今までなかったのですが、
okさんの日記で美術館に一般の人も訪問できることも分かり、とても行ってみたくなりました。
きっと我が家の子どもたちにとっても素敵な旅になると思います。
もし国内旅行に行くなら次は静岡って提案してみます♪

投稿: ラヴァー | 2009年2月10日 (火) 01時04分

■ラヴァーさん
ねむの木の子ども達(大人もたくさんいるんだけど)は、重い障害をもっていて
そのことは確かにとてもつらい事なのだけど、それでも、ねむの木学園の子ども
達は普通の健常者の子ども達より、別な視点でみればとても幸せなように思えたよ。

ねむの木学園では時間割の区切りがないんだって。
絵を描くことに没頭している子供達を、時間で区議って辞めさせるようなことはしない
というのが宮城さんの方針なのだとか。
本人が疲れて止めるまで、そのお絵描きの時間は続くのです。

これって、子ども達に感性を育てるには最適な方法だと思うけれど、普通の学校
では絶対無理だよね。文句言う親が絶対いるよね。

宮城さんが、子ども達にどうやって絵を教えるのかとの質問に対して
「教えません。誰も教えないの。美術学校を出た教師がいますが、ただ付き添うだけ。
環境や雰囲気を作ったり、本物を見せることはしますが、教えるのは良くないような
気がします。」
と答えいたのね。これって本当に根気がいる作業だと思うのです。

そんな大仕事を40年間も続けている宮城さんは本当にステキな女性だと思いました。
モテモテな吉行淳之介が宮城さんを好きになるのもわかる気が…。

そして、子ども達の絵の多くが「自分とまり子」なところが、ココロにささるのよ。
本当に子ども達の心の支えになっているんだなぁと、宮城さんと子ども達との強い結びつきに心うたれます。
と、同時に宮城さんがいなくなってしまっても、どうかずっとこの学園がこのスタイルのまま続いていくことを願わずにはいられないのでした。


携帯もつながらないような何にもないとこだけど、すっごい豊かな気持ちになるよ。
もしラヴァちゃんご家族でいったならお子ちゃまにきっと何か得るものがある気がする。
それに静岡は膿も山もあるし、食べ物も美味しいし、小旅行としてグッドなんじゃない?

投稿: ok | 2009年2月10日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/27753017

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせな子供たち:

« 週末は静岡をぶらっと | トップページ | 脳内ループなこの3曲 »