« 今日のあれこれ | トップページ | 乙女塾新年会 »

女は強し

Ozeki2

金曜日は赤坂大衆焼肉「大関」
うちの職場の旧女子メンツで新年会。

給料日前の週だというのに、大関は予約の
お客さんだけで全席満席。
そして、こんな煙ったいオヤジっぽい焼肉屋
なのにどの席も女子、女子、女子ばっかり。
そしてどこのテーブルも「牛一匹コース!」が
基本のご様子。


箸で目を隠しつつ肉を焼くHちゃん(瀬戸朝香にビヨンセ風味をまぶした美人)

厚すぎ~&柔らかい~&うまい~!お肉をがっつり食べて1人5千円弱。
安すぎて泣けるぜ~!煙が目に滲みたわけじゃないよー。

それにしても懐かしい女子飲みでした。めちゃ楽しかったわぁ。
20代前半でアルバイト入社してきた彼女達が辞めてもう2年以上経つんだ。
久しぶりに会ったらもう28歳だというんだもん!すっかり大人の女じゃんね。
いやぁ、私も年とるはずだわなぁ。
それぞれの職場でそれぞれちゃんと居場所を作りバリバリと仕事をこなして
いる様子を聞いて、安心&頼もしく思いました。頑張ってほしいです。
(あとは私の介護をよろしく…と)


☆今日、見たDVD『トゥヤーの結婚』
フランス在住の友達から、良い映画だからぜひ見て!って教えてもらって、
私も見逃してた映画だったので、ソッコウ借りてきました。
 
E0093293_22161573Cnv0247
左:フランス版映画ポスター
右:日本版映画ポスター

どっちのポスターが
お好みですか?





すっごく良い映画でした。
見る前はもっと重い真面目でもの悲しい映画なのかと思っていたけれど
テーマが深刻でも、ウェットなところはあまりなくて、むしろユーモアさえ
あってね、それはやっぱりモンゴルという風土がそうさせるのかなぁと、
思いました。
とにかく、トゥヤーが素晴らしく強くて、かっこよかった。母としても妻とし
ても周囲の男達はみな彼女に結局のところ助けられているのです。

私は、こんなふうに大地にがっつり太い足で踏ん張って、前を向いて、
生きていく人をかっこいいと思うし、強くあこがれます。
「あなたがいないと生きていけない」なんて弱々しい女性というのは、
実際のところ、ウソというか作りものだと思うのです。
そういって男を頼る違う意味での強さ(したたかさ)があるだけで。
弱い女なんて最初からこの世にはいないって思うわ。
だって、子供を産んで育てる性なんだもの。強くなくっちゃダメなのだ。

それにしても、トゥヤーが水を求めて毎日30㎞も遠くへ水を汲みにいか
なくちゃならないこと、井戸を掘るための作業の事故でダンナさんの脚
が不自由になってしまったこと。「そんなにモンゴルって水がないの?」
って思いながら映画をみてて、あまりにも気になったので、あとで調べ
てみたら、地球温暖化の影響で、内モンゴル自治区は砂漠化がすすん
でいるんだって事を知りました。
こんなところにも温暖化の影響がでていたなんて。かなりショックでした。


|

« 今日のあれこれ | トップページ | 乙女塾新年会 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

を、宅配レンタルに在庫あったんでさっそく観てみますぅ〜。

投稿: ぜっとぜっと | 2009年1月19日 (月) 07時01分

今度「大関」に連れて行ってくださーいup
水道の水ががぶがぶ飲めるのって、どんだけスゴイことか、
よーく考えてみた方が良いのかもしれませんね。
って、水道水、飲まないけど・・・

投稿: アンヌ | 2009年1月19日 (月) 13時13分

毎日30km歩くのは勘弁です。
山行テント泊で水場まで・・って言っても数百mですもん。
日本は恵まれてますね。
一つ疑問なんですが、
モンゴルではパオなんでしょうし、水場に近づけないのでしょうか?

投稿: m | 2009年1月19日 (月) 19時56分

テーブルを囲んで「牛一匹コース!」
丑年でみなさんこぞって
肉を食べるのですね。

今週のタモリ倶楽部まで高級牛企画のようです。
と見せかけてホルモンて

投稿: せる | 2009年1月19日 (月) 20時33分

■ぜっとぜっとさん
地味な映画だけどねー。トゥヤーがほんといいです。
トゥヤーを演じた女優さん、普段はすこぶる美形なのに、この映画では
草原(砂漠化してるけど)で暮らすモンゴルの女になりきってます。
で、男性はほとんどシロウト。近所のおっちょこちょいでマヌケで人が
いい男性がすっごくいい味だしてます。

投稿: ok | 2009年1月19日 (月) 23時02分

■アンヌさん
私もいつ頃からか、ミネラルウォーターしか飲まなくなっちゃったけれど。
井戸さえ無い土地もあるかと思うと、ほんと自分達ってひどく贅沢なことしてて
申し訳なくなるわ。せめてお水の無駄遣いはしないように気をつけなくっちゃね。

大関、いつでも行くよー!予約するよー!
マッコルリ、ヤカンで出てくるんだよー、この店。←もう、がぶ飲みだからね(笑)

投稿: ok | 2009年1月19日 (月) 23時06分

■mさん
トゥヤーの住む地域はパオ生活でも遊牧民ではなく定住生活者なのです。
なぜかというと、昔は遊牧民だったのに、中国政府が、草原の砂漠化をくいとめる
という理由で遊牧を制限してしまったそうなのです。なのでトゥヤーは水を汲みに
行く必要があったのです。(映画ではそこまで説明しないけど)
遊牧の制限だけじゃなく、この撮影の2ヶ月後には、政府は無理矢理彼らを都市へ
移住させる政策を実行し、この映画の風景は今はまったく無くなってしまったそうです。

彼らが街に住む姿なんて想像できないよ…。ほんとうに気の毒です。

投稿: ok | 2009年1月19日 (月) 23時19分

■せるさん
そうそう、今年は丑年なんで、やたら1月は焼肉屋さんが儲かっているそうですよ~。
みんな理由をつけて牛を食べてるという。(←堂々と食え!っつうの(笑))

タモリ倶楽部、先週金曜日この「大関」の帰りに電車が事故で遅延して結局見れなかったんですよー。悲しすぎる。鉄道ネタだったんですよねー??(違ったっけ)

投稿: ok | 2009年1月19日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/27266009

この記事へのトラックバック一覧です: 女は強し:

« 今日のあれこれ | トップページ | 乙女塾新年会 »