« 初詣浅草→初ライブ青山 | トップページ | 今日のあれこれ »

「今さら感」がありますけれど…

412n66wdsbl今年いただいた年賀状は、
いつになく干支の図案のものが多かったなぁ。
牛って、案外、絵になるもんなのですね。
←こんな大御所のアルバムジャケットを
そのまんま使った年賀状もありました!
ナイスです!>某氏


さて、今さらながら、私の2008年の映画ベスト3を発表しておきます。

001_2『ぐるりのこと』 
『潜水服は蝶の夢をみる』
『ミラクル7号』

(以上、順不同です)  



次点で 『シークレット・サンシャイン』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『その
土曜日、7時58分』
 といったところかな。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』と『その土曜日、7時58分』は映画の出来自体
は、むしろ『ミラクル7号』よりか、ずっと完成された作品なんだけど…。でも、
やっぱり、私は性善説派というか、そういうアマチャンなところがあるもので、
どうも、これらの作品をベスト3にいれるのは気がのらなくって。いい映画なん
だけど、ね。なので、ベスト3圏外になってしまうんだなぁ。
あっ、『シークレット・サンシャイン』は、やっぱり人は人によって、再生していく
救われていくという話で、『ぐるりのこと』に近いものを感じました。
リリーといいソン・ガンホといい、なんていい男なんだろう。(役柄ですが)

それにしても昨年は見た映画、見た映画どれも面白くて、本当に豊作な年で
映画好きには幸せな年でした。毎回、映画が終わって椅子を立ちあがるたび
に、「これが今年の一番だぁ~」って思うんだけど、その次にまた見る映画が
さらに面白かったりする、ということがずうっと年末まで続いていた感じです。
まだまだ未見の映画もたくさんあって、その中に見てたらベスト3のなかに、
必ず入りそうな作品もあるし。
(なんせまだ、『ダークナイト』、『僕らの未来へ逆回転』、も見てないんだもん)

今年最初に見る映画は昨年末に見れないでいる『エグザイル/絆』を見ようと
思っていたのだけど、なんかもう上映してないみたいなのよね。しまった!
なので、十条のシネカフェsotoの1月上映会でかかる『はなればなれに』か、
デルトロちゃんの『チェ・ゲバラ』をシネコンで見るか、といった感じになりそうheart04     

 


|

« 初詣浅草→初ライブ青山 | トップページ | 今日のあれこれ »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

私も「ぐるりのこと。」が2008年では一番好き。
あんなダンナ様がいたらいいなぁ、幸せだと思うきっと。

投稿: kimi | 2009年1月12日 (月) 14時06分

エグザイル~絆というタイトルを、映画評で見たとき「なに?あのエグザイルが映画を出したんかいな?もういい加減にしろよ」と思ったら、まったく違ったので驚きました。愛するフランシス・ンも出てるし、めっちゃ見たかったんですが、そうか~君はもういないのか・・・BY城山

投稿: 歌子 | 2009年1月12日 (月) 16時27分

■kimiさん
「ぐるりのこと」見たら、結婚するのも悪くないなぁって
素直に思ったわぁ。
リリーみたいに、何があってもずっと黙って(←これがポイント)そばにいて
支えてくれるダンナさんっていいねぇ。

投稿: ok | 2009年1月12日 (月) 20時16分

■歌子さん
フランシス・ン好き?
そしたらこの「エグザイル/絆」は絶対見たほうがいいよ~。
フランシス・ンが映画について語ってるWEBPAGEもあり。
http://www.extravagance.jp/guardo/200811/21.html

調べたらまだあと10日位はやってるみたいだよ(シネマスクエア東急か青山の
イメージフォーラムで)
ジョニートー監督の映画はすっごく海外でも人気あるのに、なぜか日本では
今ひとつメジャーじゃないの。不思議だなぁ…。
とにかくひたすら男ばかりで女子映画ではないけれど、かっこいいのよー。
映画見たあとは、「香港マフィアの男として生まれたかった…」と思うほど!
銃撃戦とかリアルじゃなくて、本当に映画として美しいんだよねぇー。
この「エグザイル/絆」は、ジョニー・トー監督の最高傑作といわれる「非常の掟」の
メンバーがまた集結したもので、この「非常の掟」のDVDは日本では廃盤らしくて、
レンタルショップにも滅多に置いていなくて、amazonでは中古が1万円以上で取引
されているという超プレミア作品なのです。

うぅー長いコメント。熱すぎてキモイぜ、私。

投稿: ok | 2009年1月12日 (月) 20時31分

潜水服とぐるりは
O.Kさんのおかげで見る事ができました!!
ほんと見られて良かったです。
去年観た数少ない映画。(五本の指くらい)でした。

あとは自虐のなんとか。おくりびと。
全部良かったな~。ラッキー!
また良い映画O.Kさんとこでチェックしちゃお。はぁと

投稿: なつねの | 2009年1月13日 (火) 20時32分

「はなればなれに」、とっても気になる~movie
私もこの3連休は、寒いから家で1日1枚ずつDVD鑑賞してました。
1日目はゲバラもの初心者用として「モーターサイクル・ダイアリーズ」(結構ロードムービー好きなの)、2日目は革命家つながりで久々の「マルコムX」(デンゼル・ワシントン若くてフェロモン~)、3日目はジョニデの「ブロウ」。(ジョニデは役づくりでメタボ腹にしても、フェロモン!)

図らずも全部実話ネタだったけど、実は「潜水服は蝶の夢を見る」も見たくて最後まで迷ったんだよね・・・。
次こそは借りることに決定!!「ぐるりのこと」も♪

投稿: KAMIKO | 2009年1月13日 (火) 20時39分

■なつねのさん
おぉ、なっちゃんの映画セレクトの参考になったのなら、私のブログもまんざら
捨てたもんでもないかも。ほんとに嬉しいです。
自虐は中谷美紀ちゃんのかな?私見てないやぁ。マンガは持ってるよ!泣くのよ~、
そのマンガが。4コマギャグマンガなのに、号泣すよ。

投稿: ok | 2009年1月13日 (火) 22時37分

■KAMIKOさん
「はなればなれに」は昔見たことあるんだけど、ちゃんとしたスクリーンで
見たことはなかったので見てみたいなぁと。
菊地成孔が、この映画のテーマ(ルグラン作曲)を演っいてそれが私は
大好きなんだけど、そのもとの曲をちゃんとスクリーンで聞いてみたくて。

「モーターサイクルダイアリー」は純粋に青春映画としてスバラシイよね。
バイクに乗って旅に出たくなる感じ!
「ブロウ」はジョニーは言わずもがなカックイイイーーのですが、ペネロペの
超ビッチぶりがめちゃ良かったっす。

「潜水服」は、とにかくフランス人というものを知るのにも良い作品だよ。
恋愛主義なとことか個人主義なとことか。
(そういうフランス人の気質って、わりと好きなの)

投稿: ok | 2009年1月13日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/27006273

この記事へのトラックバック一覧です: 「今さら感」がありますけれど…:

« 初詣浅草→初ライブ青山 | トップページ | 今日のあれこれ »