« Giuitaaaaarra!燃えました! | トップページ | The Whoは生涯現役! »

祝:日本上映『ヤング@ハート』!

Youngheartonstage_5

今年の5月、ここで「日本でも見れないかなぁ…」と書いた『young@herat』が、
なんと日本上映実現となりました!!願えば叶うのだなぁ、うひゃっほぉ!
…というわけで、さっそく今日、有楽町のシネカノンに見ていってきました。

映画が始まると同時に、92歳の花形スターのアイリーンが歌うザ・クラッシュの
ヒットナンバー、“Should I Stay Or Should I Go”に度肝を抜かれます。
いきなり心鷲掴みですよ。カメラもアイリーンの叫ぶ口のアップが超ド迫力でね。

平均年齢80歳の年金生活者のコーラス隊が、自分達の好きなクラシックやポッ
プスではなく、あえてそんなに好きでもないロックやパンクを歌うというので、もし
かしたら老人達の気持ちとは別のところで、何かウケねらいという商業的な思惑
が動いているのではないかしら、という斜に構えた疑念がまったくなかったかと
いえば、嘘になってしまう私ですが。
そんなものは映画が始まったほんの数分でどこかに消えてしまいました。

このコーラス隊を指揮するボブ(54歳)は相手がどんなに年老いていようと、容赦
なく新しい曲を課題にもってきては、老人達を叱咤激励し、妥協を許さず、歌わせ
るのです。人間、80にもなると物覚えは悪いし、身体は歩くだけであちこち痛いと
いうような、文字通りガタがきている老人達がまた、この厳しいボブの指導に耐え
て頑張るんですよ。これって、お互いの信頼関係がしっかり出来上がってないと
絶対に不可能だと思うのです。
そして完成された曲はみな、決して「歌わされてる」のではなく自分達の曲として
消化され、同じ歌詞なのにオリジナルのそれとは意味あいがまったく違って聞こ
えてきてね。
冒頭の“Should I Stay Or Should I Go”だって、アイリーンが叫べば「生きるべき?
それともあの世にいくべき?」と歌って聞こえてくるし、75歳の脊髄狭窄(せきずい
きょうさく)という、立っているだけで激痛を伴う難病をもつスタンというおじいちゃん
がジェーム・スブラウンの“I Feel Good”を歌えば、見ているこちら側に勇気がわい
てくるのです。

「老い」をテーマにすると、とかく寂寥感のようなものが漂ってしまいがちなのに、
この映画はぜんぜん違うんですよね。もちろんこの年齢のグループだから、死は
いつも身近にあって、実際に映画の撮影中、たった6週間の間にも2人亡くなって
しまうのだけど、この亡くなった2人ともが本当に死ぬ寸前まで、ドクターストップを
振り切ってまでも次のステージで歌えるようにと練習にくるんです。
人生のギリギリまでアグレッシブに前に進み続ける姿がとにかく若々しくって。
本当に、よぼよぼなのにその若々しさったらないの。

年をとると、皺々になっちゃうし身体もガタきて外で遊ぶのも疲れちゃいそうだし、
良いことなんてなさそうだから、長生きなんてしなくていいやってずっと思ってた
私でしたが、この映画にでてくる老人達を見ているうちに、身体の痛みや物覚え
の悪さなどの老いに抗って挑戦していくってことって、ものすごーく刺激的な悦び
で、長生きしなくちゃ味わえないことなのかもしれないって思えてきました。

『ヤング@ハート』公式サイト(音でます)→ http://youngatheart.jp/top.html

サイトの中にMUSICPLAYERがあって劇中で歌われた曲が全部聴けます。
PRINCEの“Nothing Compares 2 U”を歌うシーンで、私はボロ泣きしました。
(ここでこれを歌うのか!!ってね。たまらなくいい歌詞なんだよなぁ)
あぁ、今また聴いても泣けるっすよ。

上映館が少ないけれど、ぜひぜひいろんな人に見てもらいたい映画です。
(今年のワタクシの№1映画かもしれないなぁ。)

|

« Giuitaaaaarra!燃えました! | トップページ | The Whoは生涯現役! »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

年季の入った方々の声って迫力ありますねぇ。
オリジナルより良いっ!てのもあるような・・・

投稿: m | 2008年11月16日 (日) 23時26分

■mさん
やっぱり長い人生から生み出されらる声があるんでしょうね。
おそろいのシャツを着ていてもメンバーそれぞれ微妙に個性をだして着こなし
ているんです。お年を召してもきれいにしてて、そんなところもステキでした。

投稿: ok | 2008年11月17日 (月) 14時14分

私も昨日見てきました!上映館少なすぎ〜
なんか、客層が自分の親世代に近い気がしたのは気のせいかしら。
フレッドの唄う「FIX YOU」では落涙でした。
彼の声が好みな上にあの状況だったのでつい。
楽しく老いたいもんですね!

投稿: ふみぃ | 2008年11月17日 (月) 19時53分

■ふみぃさん
なんかね、上映館、来月以降来年にかけて増大するらしいよ。
評判が評判をよんで、シネコンとかでもやるみたい。

良い映画が正当な評価を受けて、みんなが見られる状況になるというのは嬉しいっ。

「FIX YOU」、ほんとあの響く低音は良かったよね。私も涙が頬を…。

私の隣の席の60代後半と思われるお上品なご婦人はお一人で来てたのだけど、
映画観ながら足裏でリズム刻んでノリノリでございました。ステキ!

投稿: ok | 2008年11月17日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/25363852

この記事へのトラックバック一覧です: 祝:日本上映『ヤング@ハート』!:

« Giuitaaaaarra!燃えました! | トップページ | The Whoは生涯現役! »