« 「槍」への道! | トップページ | 「槍」への道!3 »

「槍」への道!2

N_3初日の11時前頃に到着したのは標高
2763mの燕岳稜線に建つ山小屋、燕山
荘(えんざんそう)

ずっと昔、帝国ホテルの資金援助が
入って作られたとかで山小屋とは思え
ないほど贅沢な造りの建物です。


ダイニングルームの床や廊下はどこもつるつるに磨き抜かれていて、裸足で歩きたく
なるほど清潔。スタッフの方々が小屋を愛している気持ちが伝わります。
でもさすがに標高2763m!裸足どころか半袖もつらい気温なのでゴアのレインウェア
を防寒着代わりに着用することにしました。

Photo_7ランチの前にまずは甘いモノが食べたいなぁ~ってことで
ケーキを注文してみました。
燕山荘には、手作りケーキがなんと8種類もあるのです。
聞くと、ケーキ食べ放題の日もあるんだと!!
すごい!こんな不便な山の上で本格的なケーキを作れる
スタッフってタダモノではないよ。
これこそ、真のパティシェなのではないでしょうか!



Photo_12Photo_13








燕山荘でケーキのあとにお昼ご飯(山菜うどん)も食べ、お腹いっぱいになったので、
大天井方面に向かって歩きだしました。
だんだん道が、岩でごつごつするようになり、鎖場も出現。かなりスリルのあるルート
になってきました。
落ちたらまじでやばい感じ。
だっていたるところに「滑落注意」の看板はあるし、実際、足元の数十㎝先は谷底。
でも、そういう箇所というのは、こっちも気合いが入るせいか、かえって簡単には滑落
なんてしないものなのかもしれないと歩きながら思いましたわ。
(まぁ、落ちなかったから言えることかもしれないけどね)

Photo_111日目の宿泊場所の【大天井ヒュッテ】
着いて、荷物の整理などをしてたら
あっというまに夕御飯の時間に。
メニューはトンカツでした!!!
体力消耗した身体にはめちゃ嬉しい献立。
標高2650mで熱々のトンカツが食べられ
るなんて最高~っ!(肉好きなんだもの)

この大天井ヒュッテはこじんまりとしていて、さらに私達が行った日はお盆のピーク
も過ぎた時期だったせいか宿泊客も10人ほど。そんなこんなでとってもアットホーム
なおもてなしをしていただいて、暖かい雰囲気で居心地の良い山小屋でした。

私が初めての縦走、初めての槍ヶ岳だと知って、支配人さんも、ベテランの宿泊客
さんも私のことを誉めてくれたのがうれしかったです。
なんでも、一般的にはこの縦走コースの場合、1泊目は燕山荘どまりらしいのね。
それを大天井まで歩いた私の体力と根性は、誉められることなのだそうです(笑)
というわけで、とっても良い気分で1日目の夜を過ごさせていただいたのでした。

|

« 「槍」への道! | トップページ | 「槍」への道!3 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

まじすごいっす!!
ちょっと足を踏み外したら真っ逆さまじゃないですか!
バイタリティ溢れてますねーーー!

昔、高校の頃から長いこと付き合った人が
ワンダーフォーゲル部で、よく上高地にキャンプに行って、
そこから何処かの山に何回か連れて行かれました〜。
確か、焼岳とかも。。
辛いけど山の上でお湯湧かしたり食べたりが楽しかったです。
で、私も登山靴買わないとなー
なんて思っていたらそのうち別れちゃいました。w
普通の靴で登るの怖かったw
槍岳って、上高地から見えるあの綺麗な高い山ですかね。

投稿: なつねの | 2008年8月26日 (火) 11時43分

一歩足を踏み外したら真っ逆さま……は山に行かなくても日々そのへんにころがってるので(笑)、山には行かないことにしました(嘘)

投稿: 69 | 2008年8月26日 (火) 23時31分

■なつねのさん
なっちゃん、焼岳登ったことあるの?すごーい!!
ワンゲル部の彼氏って本格的じゃないすかー。
私なんてつい数年前まで自分は山登りなんて好きじゃないって思っていたから
こんな高い山に登ることになるとは想像もしていなかったよ。
人生どこでどうなるかわかんないねぇ(笑)

山の上でご飯食べたり、お湯わかしてコーヒー飲んだりするのは私も大好き。
街で飲むコーヒーとは全然違うんだよねー。

■69さん
日々の暮らしは、ひたすら地味で平凡なわけなので、たまにはこんな風なことも
してみたくなる私なのです。
ジェットコースター並みにスリルのある実生活というのはちょっと遠慮したいの。
「普通の生活(by景山民夫…ふるっ)」がいいの!

投稿: ok | 2008年8月28日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/23251359

この記事へのトラックバック一覧です: 「槍」への道!2:

« 「槍」への道! | トップページ | 「槍」への道!3 »