« 「槍」への道!3 | トップページ | 逗子で夏が終わりました »

「槍」への道!4(ラスト)

3日めの朝。4時前から周りのあちこちのベッドから身支度を始める音がゴソゴソ
としてます。どうやら、まだ日の出の前の暗いうちにヘッドランプを付けて槍ヶ岳の
山頂まで登り、ご来光を見ようとしている人達のようです。
私達はといえば、別に山頂でご来光を見なくてもいいよねってことで、食堂で朝食
を食べながら、雲の中からゆっくり太陽が登ってくるのを眺めてました。
日の出なんて今までも何度か見たことがあったけれど、標高3080mで見る日の出
は当たり前だけど生まれて初めて。
目の前に拡がる夢のような美しい風景に思わず胸が熱くなってしまいました。
「あぁ、ここまで来てよかった」と心から実感した一時でした。
なんで、太陽が昇るのを見るだけで、あんなに豊かな気分になるんだろう…。
(↓私の携帯のダメカメラで撮ってもこんな輝いてるんだから、実際の美しさといった
らもう、言葉には表せません)

Photo_3
















朝ご飯を食べ終わって、ダウンジャケットの上にレインウェアを着込み、グローブを
はめたら、いざ槍ヶ岳山頂へ。

Photo_20想像していた以上に槍ヶ岳って岩だらけの山なのね。
歩くというよりは、ジャングルジムのように両手両足
を使って岩をガシガシ登っていく感じで進むわけです。
もちろん私の嫌いなハシゴも何度かでてきます。
こんなところをかなり年配の方々も次々と登ってきていて
戦中派(70代って戦中派ですよね?)の方々って、やっ
ぱり身体も精神力も頑丈なんだなぁってつくづく…。
私が70過ぎても、ここまで来れる体力があるのかなぁ
なんて思いつつ、最後のハシゴを上り切りました。


Photo


うひゃーーー、最高の眺めだ!!!
360度まわりをぐるーっと見回せる眺望は、まったく見飽ることがなくってね…。
ずっとこのまま何時間でもここに座って景色を眺めていたいと思うほどだったのでした。
こんなにきれいに晴れる日って滅多にないんだよ、と山頂にいたおじさんが教えてくれ
て、日頃の行いが良かったのか、私の運が良かったのか、とにかくこの晴れ渡った
青空に感謝しまくりました。
昨年8月に天国に逝った祖母のことをふと思いだして、ここまで高いところに来てる私
に気がついてくれるかなぁ、なんて考えて空に両手を伸ばしてみました。


このあとは、その日のうちに下山。18時には上高地に到着。歩き続けること11時間。
正直いって、この下山が今回の縦走のなかで一番疲れました…。ほんと疲れたなぁ。
歩きながら、「膝が痛い」「脚が動かない」「お腹が痛い」とずっと泣き言を言いっぱなし。
だからといって、山を下りるしか仕方がないってわかってるんだけど。
だって言いたかったんだもの。言ってれば歩けるっていうか、気がすむっていうか。
でも、本当にあの時は愚痴りっぱなしでスミマセンでした>関係者各位。
最後、中ノ湯温泉旅館に着いた時には靴も脱げないほどもう全身が動かない状態で
情けなくって笑いがこみあげてくるほどでした。
自分は体力あるって思いこんでいたけれど、案外体力ないんだなぁって実感。
来年もまたどこかへ縦走できるように、これからちょっとずつ鍛えていかなくちゃ!!

|

« 「槍」への道!3 | トップページ | 逗子で夏が終わりました »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

なんて絶景…。

写真で見てもダイナミックな光景なんだから実際にこの場所にいたら
その感動たるや…、でしょうね~。

下山がなければ私も登ってみたいけど。(頂上で終わりがいいのになあ)

投稿: kimi | 2008年8月28日 (木) 08時54分

おおーー、すばらしい!絶景ですね。
私も槍は登ったことないんです。
でも行ってみたくなりました。
鍛えるのは、ひたすら歩くのが一番のトレーニングです。神社があれば、階段を登るのがいいです。
来年は、北海道の山なんてどうでしょう?

投稿: うT | 2008年8月28日 (木) 10時02分

雄大な景色ですね!!
達成感、爽快感が写真に表れてますよ~
山登りは高校生の時に尾瀬沼に行ったくらい・・・(笑)
それでも泣き言たっぷりだったのに、
こんなに大きな山に登ったら・・・。
レスキュー・ミー!

投稿: junp | 2008年8月28日 (木) 13時01分

すごぅい!!!!
雲の上なんですねぇ。

やっぱり「そこに山があるから」なんでしょうか?
すごいなぁ。
日々の自分のへたれっぷりを省みます。

なにか新しい感情が生まれたりしました?
興味しんしんです。
またお話聞かせてください。

投稿: にゃあ | 2008年8月28日 (木) 13時06分

素晴らしい風景ですねえ。

私は登山とかまるでやらないのですが、
10年ほど前、ネパールに行ったときの
ことを思い出しました。

ヒマラヤの山並みを見渡せる峠の村まで、
1泊2日のショート・トレッキングをしたのですが、
朝日をうけて輝く山々に感動しました。

山小屋で飲んだ地酒や
朝ごはんのハチミツ味のお粥もおいしかった。

それにしてもokさんのパワフルな行動には、いつも驚かされます。

投稿: テツ | 2008年8月28日 (木) 15時50分

いやいや~sign03
山の妖精は健在だったのねんhappy02
さすがsign04
okちゃんは山での登りは、早かったもんねぇ・・・(すばしっこい?!)

私は、もう誰かに担いでもらわないと、
山なんか登れませんcoldsweats01
(それって登るうちに、はいらないだろsweat02

投稿: meku | 2008年8月28日 (木) 17時46分

うわーーー!槍だ槍だーー!!

我が家はほとんどが日帰り山行のため、
3000の経験がありません。
歩いてもせいぜい9時間だもなーw
11時間歩けば温泉しみるねぇ( ´∀`)

投稿: sf400 | 2008年8月28日 (木) 23時53分

■kimiさん
ほんと今思い出しても、身体がなんかぐわっと温かくなるほどの絶景だったよ。
あれは初めて見る光景でした。
なんか大げさでなく、地球は丸いって実感がわいたし地面の上に立ってるんだって感じがしたなぁ。
でもさ下山はね、ほんといやぁね(笑)膝がガクガクしちゃって。


■うTさん
うTのアグレッシブぶりに比べたら私なんてぜんぜんなんだけどさぁ。
(スウェーデンの110キロトレッキングは本当に尊敬したよ~!!私まで感動)

槍ヶ岳はね、表銀座コースがやっぱり楽しいと思うなぁ。
燕を出てから数時間歩いて後ろを見るとね、自分が歩ってきた稜線がずーーっと遠くのほうまできれいに続いていてさ、
「あぁ、ちょっとずつしか歩いていないって思っていたけど、こんなに歩いてきたんだなぁ」って感慨深くなって思わず、ウルッ…としちゃいます。(笑)

投稿: ok | 2008年8月29日 (金) 10時07分

■junpさん
私も、20代頃まではぜんぜんアウトドア体質じゃなかったのよ。
まぁ運動神経は悪くなかったと思うけれど、頑張ったり汗流したり、人と競ったりするのが好きじゃなかったからさぁ。
30過ぎていい大人になってから、外で遊ぶのが楽しくなってきてね。それなりに精神力も体力も必要だけど、何より競技性を問われないところがいいなぁって思って。
対・人ではなくて対・自然。べたな言い方だけど地球に遊んでもらってるという感じかなぁ。

投稿: ok | 2008年8月29日 (金) 10時19分

■にゃあさん
そうそう、ゆっくり一歩一歩登っていたらいつのまにか雲の上にいました。(笑)
なんかねぇ、雲上に立ってると、周囲の空気にカラダもココロも融けてく感じがするの。
なんかこのまま地べたに寝転んで土になってしまいたい、みたいな…。
そんな気分になります。

>なにか新しい感情が生まれたりしました?
どうだろぉ。1回の山登りで変わっちゃうようなヤワな人生観でもないしな、私のは。(笑)
でも、なんかつくづく、自分という人間はちっぽけな存在で、地球に生かさせていただいて
いるんだなぁって思っちゃいました。
地球が「くしゅん」って一発クシャミでもしたら、一瞬にして陸地なんて沈没しちゃうんだろなぁって。大事にしなきゃなぁ、地球。

投稿: ok | 2008年8月29日 (金) 10時23分

■テツさん
ネパールいいですねぇ。インドカレーよりネパールカレーのほうが好きな私は、ネパール
かなり惹かれます。ハチミツ味のおかゆかぁheart04(食いしん坊…笑)
私はこんな高い山に登るのは生まれて初めてだったのですが、あの槍ケ岳の朝は、
今思い出してもすぐに言葉をでてこないほどの美しい光景でした。
太陽って力強い生命力を感じますね、それを見るだけで自分にもパワーみたいなものが
溢れてくるというか。

>それにしてもokさんのパワフルな行動には、いつも驚かされます。

エヘ、自分も自分自身に日々驚かされてます。(笑)

投稿: ok | 2008年8月29日 (金) 10時43分

■mekuさん
ははは、「山の妖精」。懐かしい~~。
mekuちゃんと秩父のスーパー低山登ってヒーヒー言ってた頃は、自分がまさか槍ケ岳に登るなんて想像もしてなかったよ。
人間、数年先は何してるかわかんないもんだわねー。

私も担いでもらって頂上までいけるんだったらそれにこしたことないんだけどさぁ、
ほら「赤ん坊少女たまみ」みたいにリュックに侵入してさ(笑)ってホラー話かよ。

■sf400さん
お久しぶりです。お身体その後いかがですか?順調に回復してますか?
私も今迄は日帰り登山ばっかりで、縦走なんてやるとは思ってませんでした。
もう思いっきり他人事だったんですよ、山小屋泊も縦走も。
それがいきなり日本で5番目に高い山、人気では日本で1番とも言われる槍ケ岳に登って
しまったんだから、人間やればできるという見本になったかも(うふふ)
sf400さんもご家族でぜひ!槍ケ岳へ。絶対いいですよー。あの360度に拡がる絶景は
他の山に登っても見られないですから。

投稿: ok | 2008年8月29日 (金) 10時50分

今夜はお疲れ様でした~
酔っ払っていたokさんが、すごく色っぽくて可愛かったんですけどぉぉぉheart02

あと入部された部活も、ネーミングがすごく気になりました(爆)
会社でも、その部活を立ち上げようかと思ったほどです(笑)

またゆっくりお会いしたいですワ~

それから、登山ですが、すごいですね!
私は中学の時に、合宿で山に登った時に、
もう一生山登らないと心に決めたぐらい駄目人間です。
ウチは親父がアウトドア野郎なので、子供の頃はやたらと色々なところに連れて行かれたんです。
そんなだったので、小学生の時濁流の川に落ちたことも!
山に行くのは親父に付き合ってあげてた感があるので、そこが、
山 イコール 面倒くさいにゃぁ~~~に つながっているとも思えるのですが。。。。
でも同じ血が流れてるので、今始めたら物凄いはまってしまう紙一重感も実は感じています(笑)

投稿: ラヴァー | 2008年8月31日 (日) 04時23分

■ラヴァーさん
昨日はおつかれでしたー。
もっとラヴァーちゃんとおしゃべりする時間があったらよかったんだけど残念っweep
なんだかバタバタ慌ただしくて、っつうより私が酔っぱらってたんですかねー笑
kisaku-buは謎の部活ですが、葉山boy達が中心みたいでしたわよん。
ちゃんとオリジナルTシャツも作っていたよ。

山はねぇ、私もほんといい年してから登り始めたの。昔は楽しいって思わなかったし。
始めたのは「ダイエット」目的で。ほら山登ってる人、太ってないからさ~。
でも山登りの途中途中で食べてばっかりいるので、痩せるどころか太って下山してる
事実が情けないけど、私らしいとも言えるかも。へへへ。

投稿: ok | 2008年8月31日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/23296206

この記事へのトラックバック一覧です: 「槍」への道!4(ラスト):

« 「槍」への道!3 | トップページ | 逗子で夏が終わりました »