« 個人的に、ヘビロテ放映中 | トップページ | 体力勝負の週末でした(前半戦) »

ポ~ニョ、より断然レレレのレ~

Aka_2今日は、先日亡くなった赤塚不二夫
先生のお通夜だったそうです。
タモリ氏が弔辞を読んだそうです。

タモリの恩人だもんね、赤塚さんは。


私が一番最初に好きになったテレビアニメは『ひみつのアッコちゃん』。
(え?古いって?はいはい。ワタクシ立派な中年女性ですから、おほほ)

とにかくアッコちゃんが大好きで、アッコちゃんになりたくて、いつも「テクマク
マヤコン、テクマクマヤコン…」と呪文を唱えては、アッコちゃんとおそろいの
コンパクトを開いて、自分がいろんなものに変身する妄想を楽しむという幼児
期を過ごしていた私。ちなみに魔法を解く時の呪文は「ラミパスラミパス、ル
ルル…」っていうんだよ~。みなさん覚えてましたか?

そうそう、アッコちゃんの主題歌も好きだったなぁ。
オープニング曲はロマンチックな乙女心をくすぐるワルツで、エンディング
ロック!水森亜土ちゃんが歌っててね、とにかくかわいい&かっこいいのよ。
どっちの曲も大好きだったら、いつも最初から最後まで片時もテレビから目を
離さずに見てた記憶あり。

もう少し大きくなってからは、やっぱり王道の『元祖天才バカボン』にも夢中に
なりました。他にも『おそ松くん』とか『ア太郎』とか。
赤塚作品の登場人物って、レレレのおじさんにしても、イヤミとか、チビ太にし
てもとにかく、どれをとってみても、尋常でないネーミング&キャラの立ち方な
んですよね。本当に赤塚先生は天才としか思えません。
だって「ウナギイヌ」ですよ。ウナギの胴体に4本足でワンワン鳴くんだよ~。
今大ヒット中の、ほらポニョだっけ?あのカラダが金魚で顔は人間の女の子、
っていうやつね。私はあの造形がどうも苦手でして。
もともと駿作品の絵柄があんまり好みではないのですけれど、あのポニョの
見た目はさぁ……。ざっくばらんに言って、気持ち悪いです(笑)。

それに引き替え、ウナギイヌはポップ!!
そう赤塚先生はめちゃポップアートなのだと思うのでした。

あぁ、ずっとご病気だったから、いつかこういう日が来るかもしれないとは思っ
ていたけれど、本当に亡くなってしまったのだと思うと哀しくてたまりません。
子供の頃大好きだったバラエティ、『今夜は最高』とか見たいなぁ。
YouTubeで探してこようっと。

|

« 個人的に、ヘビロテ放映中 | トップページ | 体力勝負の週末でした(前半戦) »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

不二夫ちゃんには想いがありすぎて語れない

それでいいのだ

投稿: ワシ | 2008年8月 7日 (木) 10時30分

漢字はおそ松くんで覚えました。

投稿: ぜっとぜっと | 2008年8月 7日 (木) 21時00分

なんか嘘みたいね。
意識ないまま永いこと生きてたから
死んだっていう実感がないです。

誕生日が同じなので
毎年一回は思い出しそう。

あっこちゃーん、すきすき~♪
私もよく歌ってました。

投稿: きこ | 2008年8月 7日 (木) 21時18分

タモリさんが声を震わせて弔辞を読んでるのを見て
もらい泣きしそうでした。
ウナギイヌ!あたしも大好きです!
ぽにょを見て「人面魚的なもの?」と母に聞いたら
マジで心配されました(笑)
感性の豊かな娘ですいませーん。

投稿: リエ* | 2008年8月 7日 (木) 21時43分

■ワシさん
大人っておもしろそうだって思わせてくれたのも赤塚不二夫センセイです。
本当にマンガだけじゃなくいろんな世界を見せてくれた人だったなぁ。


■ぜっとぜっとさん
おそ松くん、思い出せば出すほど好きだったなぁって思えてきました。
イヤミの真似して「ミーは○○ザンスー」とか言ってよくセンセイに怒られてました、
ワタクシ…。(今でも「おフランス」はしょっちゅう使ってしまいます。)


投稿: ok | 2008年8月 8日 (金) 10時25分

■きこさん
赤塚センセイと同じ誕生日なのかぁ。そりゃ思い出すね、これから毎年。
私もきこちゃんも赤塚先生と同じ乙女座だわ。
いつもは意識の外にいる人が、急にこういう形で存在を再認識させられると、
いつも意識の中にいる人の死より、大きく愕然としてしまう気がするわ。

「すきすき~☆」は名曲ですな。あの頃、まさか大人になったら水森亜土
ちゃんの家に行くことになる人生が待っているとは思ってなかったです、私。

投稿: ok | 2008年8月 8日 (金) 14時10分

■リエ*さん
私も泣けました。あの弔辞、白紙だったいうのは本当なんだろか。驚きです。
嗚咽をこらえて声は震えてはいても、たったの一度もつかえることなく、見事な
弔辞でした。
タモリ、きっと語っても語っても語りつくせないほど赤塚先生との思い出がいっぱい
だったんだろうなと…。
赤塚先生が空の上から、「もっと笑いとばせるおもしろい弔辞を読んでくれ」って
言ってそうな気もしたけれど。
でも、タモリにとってはこみあげてきそうになる嗚咽に耐え、最後まできちんと
感謝の言葉を伝えることだけで精一杯だったんだろうな。


投稿: ok | 2008年8月 8日 (金) 16時04分

弔辞は報ステで見ました。
テレ朝っ子の自分は先ほどのMステサザンSPで
桑田氏が「シェー」とイヤミのパフォーマンスをする粋なシーンを観ました。
エンディングでタモさんが「ホロッときた」と言った画面にホロッときました。

投稿: せる | 2008年8月 8日 (金) 20時58分

リップ・スライムのアルバムに赤塚先生の漫画が使われたの見た時、
なんて洗練された絵なんだろう、って思ったなあ。全然古くさくなくむしろカッコよかったわ。

ポニョ。映画を見てない人もみな、ポーニョポニョポニョと歌ってしまっているね。(笑)

投稿: mau | 2008年8月 9日 (土) 09時57分

■せるさん
せるさん、確かにテレ朝ッコ(笑)。
私もけっこうテレ朝ッコですよ。今シーズンのドラマもテレ朝しか見てないし。
でも古館さんのニュース番組は古館さんの真面目腐った顔が笑えてしまってどうも
見ていられないんですけど。
桑田さん、『シェー』やりはったんですね(なぜか京都弁)
いい男ですねぇ、桑田さん。そりゃタモさんほろっとするわ。ええ話や。(なぜか大阪弁)


■mauさん
私もつい気を抜いてしまうと「ポーニョポニョポニョポニョ」って歌ってしまうわ。
サブリミナル効果?恐るべき藤岡藤巻(笑)
リップスライムのジャケットは私も好きっ!
(別にアルバムはもっていないんだけど)
すっごくかわいいよねー。

投稿: ok | 2008年8月10日 (日) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/22832019

この記事へのトラックバック一覧です: ポ~ニョ、より断然レレレのレ~:

« 個人的に、ヘビロテ放映中 | トップページ | 体力勝負の週末でした(前半戦) »