« チョコレート・チョコレート | トップページ | 『潜水服は蝶の夢を見る』 »

「モテたい理由」

Px250_book赤坂真理さんの『モテたい理由』
あまりにおもしろくてページを繰る指が早い早い。
あっというまに最終章まで読んでしまいました。

あぁ、私が女性誌を読まない理由がわかりました。
自分の着たい服がない、流行に興味ないとか
そういう理由じゃなかったんだ。
女性誌見ると、その内容の閉塞感に息苦しくなり
そうだったからなんだなぁ。そう気づかされました。


そういや、美容院で渡される女性誌も最初は物珍しさでパラパラめくってみても、
途中で疲れちゃって、美容師さんのハサミの動きをながめていたりしてたなぁ。
そっかぁ、読む目が疲れたんじゃなくて、心が疲れ(鬱になる)たからだったのね。

たとえば、本書の一部分を抜粋してみます。
----------------------------------------------
『JJ』 06年/8月号
特集【夏こそ!カレ友クラクラ服】

この特集がすごい!
カレの友達も誘惑されちゃうような女の魅力を持ちましょう、とか、
微妙な三角関係で刺激を維持しましょう、とかそういうコンセプトでは
全くない。
そういう、倦怠と生きるフランス映画みたいなノリではない。
カレ友は、あくまで、本命のカレを強化するために利用するだけなのだ。
目的は小見出しにある。

「お前の彼女、可愛くてうらやましい」と言わしめる。

と、それだけのために?人に伝聞で言われると信憑性を高く感じるとか、
優越感をくすぐられるとか、そういう心の仕組みを利用するために!
たとえば、
カレ友に胸の谷間をチラっと見せつける。
目の前で、スリット入りのスカートで脚を組み直したりする。
ノースリーブの生腕で、カレ友の腕に触れる。
ミニスカでこれみよがしに車から降りてみる。
みんなみんな、カレ友に「お前の彼女、可愛くてうらやましい」と言わしめる
ためだけに!
女のパワーと男の純情ないし欲望が、最終的に商売に利用される。

----------------------------------------
まぁ私などは「えげつな~い!」と笑いながら読み飛ばしちゃうけど、
なかにはかなり本気で読んでる女子もいるのかと思うと、怖いです。
そしてまた、こういうのを真に受けないで斜めに見てる自分のほうこそ、
もしかしたらひねくれてイヤな女なのかしら?と思えて落ち込んだりも
するわけです。

でもね、やっぱり女性誌から離れて現実世界を見渡してみれば、男性は
女性の服をみて「付き合いたい!」って思うほどおバカではないですよ。
男性は思ってる以上に女性の内面もちゃんと見てます。内面もちゃんと
知った上で、見た目を重視するかどうかは人それぞれという話で。
なので、女性誌が女性に「こうすればモテる」というのは、ほぼでたらめで、
購買意欲をそそらせるためのテクニックだったわけです。

それにしても、この本にでてくる女性誌の「モテたい」がための手練手管を
読んでると、結局のところ「モテたい」理由は、お金を持ってるイイ男と結婚
したいからなんだすねぇ。
他人のお金で幸せになるため、みんな必死に(見当違いの)外見磨きを
してるわけです。
(どうりでパリス・ヒルトンみたいなStupid Girls(@Pink)が日本の女の子に
人気があるわけだ。)

男の人にとってはまさに受難の時代といった感じで、同情してしまいます。

|

« チョコレート・チョコレート | トップページ | 『潜水服は蝶の夢を見る』 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおり。さすがモテる人はわかってますな。
“モテ服"といわれるようなタイプの女子の服をかわいいと思うことないです。
巻き髪も気持ち悪い。出来の悪いキャバクラのホステスみたいで。
スポーティな服とかシンプルなシャツとか着てる女子のほうが好みです。
自分に限らず、わりと男ってそう思ってるやつが多いんじゃないかな。

あと、「なんとかでぇ~」って語尾伸ばすしゃべり方する女子も苦手だ…。イライラ。

投稿: ST. | 2008年2月21日 (木) 20時20分

「お前の彼女、可愛くてうらやましい」は、言わないなぁw
最近は「走る」女性に魅力を感じています。

投稿: sf400 | 2008年2月21日 (木) 23時00分

女性誌は、文字読んでないなぁ。
パラパラめくって写真を眺める。
可愛い女の子を観察する。田中美保は年々綺麗になるな〜。とか

激しい見出しを見ると職業柄、苦労して絞り出してるな〜wwとか。。

あと、ばりばり年齢ターゲットの設楽りさ子が出ているような雑誌に「ベビーカーで六本木ヒルズにいこう!」みたいな見出しと写真に、なんて表現して良いのかわからないんだけど、簡単に言うと悪寒がしました。。

投稿: なつねの | 2008年2月22日 (金) 10時40分

■ST.さん
巻き髪とか好きな男性もたくさんいると思うんですけどね、それこそ趣味はそれぞれだし。
で、自分が好きな男の人の好みの格好をするというのは別に女子としてまぁありだなとも
思うんですよ。女の人はおうおうにしてそういうとこあるから。私もそうですし。

ただ、特定の相手がいるわけでもなくモテを狙うというのは変だし、そもそも雑誌のモテ
アイテムでは実際にはそれほどはモテないだろうし、それを鵜呑みにすることで勝手に
どんどん縛りを増やして、自分を苦しめてる人がいるかと思うとちょっとつらいな、と。

投稿: ok | 2008年2月22日 (金) 14時16分

■sf400さん
お久しぶりです。sf400さんの日記、いつも読んでますよー。

>「お前の彼女、可愛くてうらやましい」は、言わないなぁw

ねぇ、男の人ってそういうこといわないですよね。
著者の赤坂さんも周囲の男性にこの記事を読ませたところ、男は友達のGFのことを
こんなふうには言わないというのが一致した意見だったそうです。

…なんかねぇ。女子の都合よすぎる妄想が勝手に暴走している気がします
女性雑誌は。


■なつねのさん
設楽りさ子さんもこの本のなかにでてくるよ。
30,40歳overがターゲットの女性誌の「望ましい女性像」は、設楽りさ子や後藤久美子
あたりなのだとか。
幸せな出産。社会的、経済的な成功。その全てを手に入れないと「女性としてダメ」と
言いはなつ雑誌を読み、読者が無理なのに無理と気がつくことなく自らハードルを高く
あげてってるって。

私は、そんな女の人生レースは早々に辞退しちゃったのでラクチンな自由人ですわ(笑)

それはそうと、田中美保ちゃんは、あれ絶対オペしたよね。


投稿: ok | 2008年2月22日 (金) 15時41分

この本は今読んでます!!
そして同時に「くすぶれ!もてない系」も読んでます。もう両方読んでいて、明らかに私は後者のもてない系の部類に入ると痛感。(笑)岡田あーみん読んでる女・・・という項目に失神しました。確かに読んでるしな・・・ハハハ(乾いた笑い)
モテというものに対して、学会で発表したいほどに勉強及び実践を試みているのですが、私にとってコスプレともいえる「ストロベリーフィールド」「INDIVI」系のパステルニットを身につけているだけで、安心する男子も確実にいますよ~。あとパールとかリボン大好きですよね。こういった服を着てこない規格外の女の存在って、普通の男性には脅威で「めんどくさそう」って思うみたいですね。

投稿: 歌子 | 2008年2月25日 (月) 23時53分

■歌子さん
あ、歌子ちゃんも読んでるんだ。
私はこの本の最終章がちょっと微妙なんだけど、「生きづらさ」の問題をそこまで
飛躍させてひっぱってきちゃうのはどうなんだろうと。

私はどういうかっこうしても清潔感があれば案外男の人はOKなんじゃないかと
思わなくもないです。そんなに女子が思うほどは男の人は女の子のファッション
とか実のところ気にしてないっていうか。

へんに奇抜なおしゃれ(派手な色メガネとかカラータイツ互い違い別の色みたいな)
をするよりはコンサバ系のほうがいいなぁ、みたいなざっくりした感じなんじゃないの
かしら。好きな女の子がフツウにきちんと洗濯してアイロンかかった服着てればそれ
で良し、みたいな感じがするなぁ。

逆をいえば、特定の彼女がいない人ほど女の子のファッションの好き嫌いを言う気が…。


投稿: ok | 2008年2月26日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/10661576

この記事へのトラックバック一覧です: 「モテたい理由」:

« チョコレート・チョコレート | トップページ | 『潜水服は蝶の夢を見る』 »