« 剣さんの自叙伝が発売されました | トップページ | スカパラ!@武道館 »

UA×菊地成孔 @オーチャードホール

CurejazzCURE JAZZのコンサートは初体験。

私は東急百貨店の何かの会員になっていたので、
前から5列目というチケットを手に入れることができ
そのおかげで、UAが歌うとマイクからもれる、少し
ハスキーな吐息のような生声までもが聴こえてきて
ゾクゾクっとしてしまいました。

UAは、息を飲むほど美しかったなぁ。
カッティングの美しいドレス。そのドレスよりUAの肢体はずっと美しく…。
ただ細いだけのモデル体型ではなくて、質の良い筋肉がしっかりとついて
いて、まるでサバンナを走る野生動物のような強い生命力を感じさせるの。
ヘアスタイルは、タイトにシックにまとめ、とってもエレガントでした。

音はCDよりも数倍良かったです。あそこまで良いとは思ってなかった。
もともとあのCDが完璧だと思ったのにそれ以上なんだもの。鳥肌がゾワッ
と立ちました。
1曲目の「Over the Rainbow」のダブ処理が素晴らしく気持ちよくて、私は
PAの知識などはさっぱりないのだけど、そんな私でもパードン木村氏の
すご腕ぶりはわかりました。職人技というのはああいう事をいうのだね。

途中から加わった類家さんのトランペットがまた強烈。若いのに巧すぎる!
トランペットってあんなふうに吹けるんだってことを初めて知りました。特に
「Hymn of Lambarene」はサックスとのユニゾンがかっこよすぎて、動悸が
高まってきちゃって。あぁ、ファンになっちゃうな。(類家さん、チェックしよっ)

菊地氏がきっと頭で描いていたであろう計算されつくした完璧な舞台を、
UAが庶民的な関西のおねえちゃん弁MCでことごとく崩していってしまう
のがなんとも面白かったです。
私は菊地氏をいじめたい(好きなんですけど)という欲望があるのですが、
それを実践してくれているようなUAの言動に、ニンマリ。
「この中(ストリングスチームの女性達)で一番背の小さい人はさて誰で
しょう」なんて言ってマイクを客席に向け、お客さんが失笑…みたいな。
ああいう場面でひいちゃうお客さんってなんかね。
ま、菊地信者なんでしょうけれど。スノッブって何ですかーーと問いたい。


終了後、ホール近くのお店で飲んでいるときに、友人からのメール。
「清志郎の声を久しぶり聞けた
 神様の存在を心から信じられた」

良かった。本当に神様はいたんだね。感謝。


|

« 剣さんの自叙伝が発売されました | トップページ | スカパラ!@武道館 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。「cure jazz」楽しんでこられたようで。
ボクも、前日のペペラスト公演には行ってたんですよ。

本当はかみさんの仕事の事情で、12月初旬というこの時期は非常に都合が悪く、コンサート2007の日程が決まった時点で完全に諦めてたのでした。

で、ながぬまさんのブログからリンクされてたウェブマガジン『VAGANCE』にて、まさか当たらないだろうと思って未練たらたら応募したプレゼントに、当選してしまったんですよ!(笑)
先週月曜に当選が判明して、公演の前々日にチケットが届いたという、本当にぎりぎりの予定変更なのでした。

これはボクら、「行け!」と言われてるのだと解釈して、ボクより菊地さん狂であるかみさんを置いてくのは不憫だったんだけど、せっかくだからボク一人でも行ってこようということに。

菊地さんご本人も「風邪どうこうは関係なく演奏は最高のものだった」なんてこと述べられてますけど、ボクも、6月の九段会館のときよりもずっと熟れてて、しっとりと濡れてて、相当気持ちよかったです。

「cure jazz」の日は、本田さん以外のメンバーがいるという、ダブ・セクステットの“成分”もたっぷりだったんですもんね。
この日の類家さんに関しては、褒められてる記事や日記を結構読みました。
彼への期待も含めて、ダブ・セクステット in 仙台を楽しみにしてる今日この頃のひよこヤクザ夫婦でした。

投稿: atomico1894 | 2007年12月11日 (火) 09時41分

■atomico1894さん
こんばんは。前日オーチャードホールいらしてたんですか?
それもプレゼントで当選しただなんて、なんてうらやましいんでしょっ♪
間違いなく、少しだけ早いクリスマスプレゼントですね。(奥様はほんとうに残念。)
類家さん、他の方のブログなどでも評判なんですか?いや、ほんと良かったですよ。
ダブ・セクステッド、コミュ入らせていただきました(笑)。よろしくお願いいたします。

投稿: ok | 2007年12月11日 (火) 22時29分

清志郎、スマスマ出てたよっ!!
歌ってるのを見て感動しました。ちょっとウルウルってきてしまった。

…っつうかキムタクとかが写ってるのがジャマでした。
清志郎だけで歌ってるところがものすごく見たくなりました。
復活ライブ行かなくちゃね!

投稿: kimi | 2007年12月11日 (火) 23時01分

いいなぁ、生UA

ホンマ、LIVEのUAはゾクッとするよね
菊池さんはぶっちゃけ「CURE JAZZ」で初めて聴いたんやけど
ライナーノーツで「UAの色気」について語ってた
CDでもそれなりに感じたけんど
これがLIVEなら、どんだけエロいんやろと妄想しましたがな
なので、ほんとに行っちゃったアナタに嫉妬
、、、いや殺意かもしれん(笑)


>清志郎
そうだ、復活したんだよね
良かった、良かった

投稿: ワシ | 2007年12月12日 (水) 09時20分

■kimiさん
私も見たよ、スマスマ!
うちの母が「今日は清志郎が出るからスマスマ見ましょ☆」って
言うから、出演することを知ったという…。

声も伸びがあったし、一生懸命リハビリしたんだろうなぁ。
うれしいなー!ライブ行こうっ!


■ワシさん
UAは今までは上手だとは思っていたんだけど、私のなかでは「ライブは行かなくても
いいかなぁ」っていう存在だったんだけどこのcurejazzで
「うわー、ちゃんとスタンダードジャズを歌える人なんだ」って思ってからは見てみたく
なって行ってきたのです。めちゃ良かったなぁ。とにかくUAはキレイだったし。


投稿: ok | 2007年12月13日 (木) 16時49分

「curejazz」、CD聴いてみました。
これは確かにライブだとさらによさそうですね。
「チュニジアの夜」が一番気に入りました。
CD後半はジャズ的には失速気味かな。

UAのジャズ、良いですね。驚きました。

投稿: テツ | 2007年12月16日 (日) 09時29分

■テツさん
そうそう、私も『チュニジアの夜』が一番好きです>curejazz

UAはアマチュア時代、京都のジャズバーで歌ってたって話を聞いたことがあります。
(真偽のほどは、わからないのですが)
…そうは知っていたのですが、それでもライブでは想像以上に良かったんですよぉ。
UAっていい歌手だなぁって、ライブ中じゅうずっとうっとりさせていただきました。

投稿: ok | 2007年12月17日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/9321549

この記事へのトラックバック一覧です: UA×菊地成孔 @オーチャードホール :

« 剣さんの自叙伝が発売されました | トップページ | スカパラ!@武道館 »