« | トップページ | 酉の市と土岐麻子 »

山を下りたら、温泉&ディナー

妙義山をあとに、宿泊先の軽井沢方面へ。
宿に着く前に、立ち寄り湯をいただきに【トンボの湯】へ行ってみました。

Kc3a0007_2ここはあの星のやがやってる立ち寄り湯。
お値段も立ち寄り湯としてはちと高いけれど、
とても広くてゴージャス(下品ではない)だし、
源泉掛け流しのお湯は柔らかくて、気持ちが
いい温泉でした。
たまたま行った日が、“りんごの湯"ということ
で数え切れないほどたくさんのりんごが内湯
に浮かんでました。避けて入るのが難しいほどのリンゴの数に驚きっ。

さすが星野リゾート、こういうところも手を抜いていないんだなぁ~。

露天風呂も気持ちよかった~♪
森の樹々に囲まれて、澄んだ空気の中でお湯に入っていたら、あっというまに
時間がたってしまいました。やっぱ身体を動かしたあとの温泉は最高!!


Kc3a0011←さて、今日のお宿はここ【万平ホテル】です。

クラシックホテルというジャンルがあるとして、
私は過去に泊まったホテルを思い出してみると
思い出に残ってるのは、東京ステーションホテル
だったり、箱根の富士屋ホテルだったりするので、
多分、私はそいう類のホテルが好きなんだなぁ、と

自認はしているのだけど、やっぱり初めて泊まる万平ホテルの正面玄関に立つと、
ドキドキわくわくしてきました。
きっと、星のやに泊まったとしても、こんなにわくわくはしなかったんじゃないかと。
(まぁ、こういうのは好みの問題ですから…)

登山帰りの汚れたザックやらなんやらをポーターの方に持ってもらうので、かなり恐縮
してしまう私はつくづく小市民なわけですが。いやぁ慣れなくて…、実際。
で、部屋を案内していただいたポーターの方が私達をエレベーターにのせて「お部屋は
2Fでございます」と一礼し扉が閉まり、2Fにエレベータが着いて扉が開くと同時に、彼
が扉の前で待っていたのには感激しました。(階段を駆け上がってるのですね、彼は)

Kc3a0009_2私の泊まった部屋はうすい館という新館。
新館といっても和洋折衷のクラシカルな内装で寝室
と居間との間が木枠のガラス障子で仕切られている
のが面白かったです。造り付けのクローゼットの他に
軽井沢彫りのアンティークと思われる箪笥が置かれ
ているのも素敵。外人客も喜びそうな部屋でした。

寒冷地のホテルらしく暖房は万全。
「明け方はマイナスの気温になりますので暖房はお切りにならないでください」
といわれてあぁ、軽井沢って寒いんだなぁと今更ながら実感。
なんでも明日は雪が降るらしい、とのこと。
初雪を軽井沢で見られるかも……と期待しながらダイニングに向かいました。

071117_180701_2夕食は中華・和食・フレンチと選べるのですが、やっぱり
一番万平ホテルらしいのはメインダイニングだろうという
ことで、フレンチに決定。

いやぁ、美味しかったなぁ~~。

百合根のポタージュとか、ヒラメのフィレのポアレとか
もうたまりませんでした。絶妙な味付けなんだもの。
あぁ、至福のひとときでした。

ワインはちょうどそういう時期だったので、ボジョレーヌーボーをチョイス。
爽やかで初々しく可愛らしい赤でぐいぐい飲めてしまうのでした。飲みやすいっ!
(まぁ、私の場合、飲みにくいお酒は特にないのですがね…)
ここのダイニングはサービスの方々に白髪の落ち着いた年配の男性が多くて、
それが一層このレストランに重みを加えているような気がしました。

食事を終えて、いったん部屋に戻って少し休んでから、ロビーの横にあるバーにも
行ってみたいと思っていたのだけど、部屋に戻ったら、昼間の疲れであっという間
に爆睡!してしまいバーには行けず終いだったのが、少々心残り。

また、いつかこのホテルに泊まり、ぜひバーにも行ってみたいなと思うのでした。


|

« | トップページ | 酉の市と土岐麻子 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

万平ホテルには昔、ランチを食べに行ったことがあります。
ダイニングにステンドグラスがありましたっけ。

クラシックホテルはいいですね。
冨士屋ホテル・日光金谷ホテル・奈良ホテル・
雲仙観光ホテルなど泊まりましたが、
ディナーはもちろん、こういうホテルで過ごす
朝食の時間が好きです。

蒲郡プリンスホテルもいいらしいですね。

最近は、ビジネスホテルに泊まって、
居酒屋めぐりばかり。

来年は、1回くらい優雅なホテルを楽しもうかな。

投稿: テツ | 2007年11月20日 (火) 13時24分

■テツさん
そうそう、ステンドグラスがクラシックてとてもきれいでした。
今じゃあんな色を出せるステンドグラスの職人さんっていないでしょうねぇ。
あぁ、テツさんは奈良ホテル泊まったことあるんですねー、羨ましい。
私もいつか行ってみたいです。

テツさんの地方居酒屋紀行は、私の個人的楽しみでもあるので、これからは
優雅なホテルライフとの2本立てでお願いしま~す。

投稿: ok | 2007年11月20日 (火) 17時48分

素敵な場所!!
お洒落なお部屋ですね。
こういうものがOKさんの血となり肉となっているのですね。

ライブ翌日の山登り。。すげえ!

投稿: なつねの | 2007年11月21日 (水) 15時26分

■なつねのさん
> ライブ翌日の山登り。。すげえ!

ほんとにねぇー、我ながらなんちうスケジュールの組み方なのかと呆れつつ…。
万平ホテルはいろいろなタイプの部屋があって予約時に好みの部屋を選べるの。
特に旅行でなくても、ホテルに泊まるのって、気分がリフレッシュできて私は好きだなぁ。
都内のモダンなホテルとかも好き。
ホテル暮らしとかいいよなぁ~~。(宝くじが当たったら絶対そうするね!!)

投稿: ok | 2007年11月22日 (木) 16時12分

うっわあ〜、いいですね、万平ホテル。
お茶しかしたことないけど、とても風格のある
大人のホテルですよね。いいなあ。
軽井沢って行くのが夏ばかりだけど、こんな季節に行くのが一番贅沢なのかも!
にしても、山登り→万平ってかなりワイルド&ラグジュアリーなチョイスで
okさんらしい!!

投稿: のんのん | 2007年11月23日 (金) 19時04分

■のんのんさん
万平ホテルのエレベーターの中で会った老夫婦(ご主人様外国人・奥様日本人)
は、この季節に毎年長く泊まるって言ってたから、冬の万平ホテルは確かにちょっと
大人の余裕を感じるホテルライフですなぁ。

私なんて、冬もスノーボードで軽井沢周辺行くことはあっても、まず車中泊だったり
して、今回みたいにゆっくりホテルに泊まったのは初めてだもの。

> 山登り→万平ってかなりワイルド&ラグジュアリー

ダハハ…。ヨーロッパのちょっとしたお金持ちみたいですなぁ(自分で言うな)。

投稿: ok | 2007年11月24日 (土) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/8999221

この記事へのトラックバック一覧です: 山を下りたら、温泉&ディナー:

« | トップページ | 酉の市と土岐麻子 »