« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

博多午後編

博多の街を歩いてみて、街の第1印象は「きちんとしてるなぁ」ということです。
街を歩く女の子達のファッションを見ても、きちんとまとめてる感じ(おしゃれですよ)。
東京の女の子みたいにスッピンでラフな服(たとえばタイパンツにペタンコサンダル、
みたいなレイドバック系ファッション)をしてる人は見なかったなぁ。
東京より博多のほうが暑いのに、お化粧もちゃんと作り込んでるのがえらいです。
街中で私1人が海帰りみたいな格好で浮いていたような気が…(汗っ)
交通マナーもきちんとしてるし、博多はロッカーの街という印象があったのでもっと
ワイルドな人が多いのかと思いきや、かなり整然とした都会の街なのでした。


そんな福岡の繁華街からバスに乗り、午後は博多湾の埋立地アイランドシティへ。
この埋立地の中にある公共施設「ぐりんぐりん」を観に行ってきました。
(注:ここは観光地ではありません。まず建築マニアとかしか来ないよね)

Gringrin06伊東豊雄氏が設計した、アイランドシティ中央公園内の
中核施設。屋上や壁がなめらかな曲線でねじれてます。
足を置いている部分が地面かと思えば庭になったり屋根
になったり、と空間がぐりんぐりんしてるのです。
いろんな植物の緑とウッドデッキの茶、コンクリートのグレー、
そして屋上のガラスに空の色が組み合わさり、美しくかつ
面白い建築物でした。
こういう有機的な形って、職人さんが大変だろうなぁ。

それにしても暑かったなぁ。前日に行った逗子の海より確実に日焼けしてしまったよ。
肌がひりひりするーっ。

夕方ホテルにチェックインし、夜食べに行くもつ鍋屋さんに予約の電話を入れてから、
ホテルの目の前にある『石村萬盛堂』に行きました。
ここは私の大好きな博多のお菓子「鶴の子」を作っている老舗の和菓子屋さんで、
鶴の子はふんわりマシュマロの中に黄身餡が入っている乙女なお菓子なのです。
お土産の他に、夜食用の白玉あんみつもしっかり買ってウハウハなのでした。


さて夜行ったもつ鍋屋さんは【もつ鍋やま中】というお店です。
天神から西鉄で10分くらい、博多の中心部からちょっと離れた大橋駅というところに
あるのにも関わらず、予約の電話をいれたら、すでに6時半以降は満席!
勤務先の福岡出身の先輩からオススメ、と紹介してもらったお店なので、ここは意地
でも食べたいっ!結局、夕ご飯には早すぎると思いつつ5時に予約を入れました。

070826_171401070826_171403070826_173401








初めて食べる、味噌味スープのもつ鍋。このスープのこってり加減が絶妙の美味しさ。
もつや野菜にスープがからみこんできて、もうやばいっす。飲み干したくなる深い味。
あぁ、うまかーーーー!!(これ九州弁であってる?)
めっちゃビールに合うし、とにかく箸が止まらない止まらない!
すぐに、もつ追加!野菜追加!せんまい追加! シメにはちゃんぽん麺投入っ!
ありえないほどの量を食べてしまい、席を立てないほどお腹がいっぱいに…。

あぁ、このお店東京に支店出さないかなぁ。絶対に私通っちゃうと思うんだけどな~。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

博多へプチっと…

逗子に行った翌朝、博多までひとっ飛びしてみました。
九州へはこの年になるまで一度も行ったことなかったので、たった1泊とはいえ、
けっこうワクワクのプチ旅行なのでした。
福岡空港から市内への移動は地下鉄で10分くらい。すっばらしいアクセスの良さ。
天神の街中で空を見上げると飛行機がグワーと飛んでいくのでビックリしちゃった!


Photo_7←博多行きのそもそもの目的はこれ。
大竹伸郎【路上のニュー宇宙展】を見に
福岡市美術館まで行くことなのです。
この日曜が最終日だったので、混雑
しているかと思えば、それほど来場数
は多くなく、ゆっくり見ることができました。

「あぁ、地方都市って美術館がすいてるんだなぁ」と。ほんとうに羨ましかったなぁ。

さて展覧会は、場内に所狭しと約600点の圧倒的な数の作品でとにかくたいへんな
事になってました。これだけのものを保存しているというだけでも驚異。
この量、この保存状態だけで何かこっちを力づくで納得させてしまう力があるなぁ…。

こんな作品量なので、「無理して並べちゃいました」感が漂う展示室もあり、床の隅を
見ればゴキブリホイホイが置かれてあったりしていて、なんとも、ぐだぐだと腰が抜け
てて、そのあたりが偶然にも、大竹伸郎の作品にはまってる感じがしました。
おすましだった現代美術館の【全景】展よりむしろ良いんじゃないの?なんてね。
(まぁ全景を見てない私は何とも言えないけれど、見た人から聞く限り、かなり気取っ
た現代美術展だったという噂だったから…)

大竹ワールドをどっぷり堪能し美術館を出たら、ちょうどお昼になったので天神へ移動。
博多といえばやっぱラーメンでしょということで、人気店の【一蘭】へ。

070826_124302070826_130902

都内にも支店のある超有名店で、
相変わらず福岡では人気№1の
店。やっぱここは博多ビギナーの
私達。行っとかなきゃダメよね。

店の前の細い路地には、ズラーと
お客さんの長い列。普段は行列な
んて並ばない私だけど、猛暑の中
頑張って並んでみましたよ。

思ったほど待たずに店内の席に案内されるとびっくり!なんとカウンターが一席ずつに
仕切られていて半個室のテレクラ状態なの。目の前ものれんが下げられているので、
店員さんの顔もわかりません。とにかくラーメンに集中しろ!という事なんでしょか。
正直この形式には度肝を抜かれたけれど、でてきたラーメンのあまりの美味しさに
感激し、食後には「こんな座席もありでしょう!」と許せてしまうのでした。
いやぁ、大満足!今度は渋谷の支店とか行っちゃおうっと。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

BEACH電波でビリビリィ~!!

Photo_3Mtfuji_3070825_183802_2










8月最後の土曜日は、逗子海岸の音霊という海の家のライブハウスまでCKBの
ビーチライブに行ってきました。
私達は3時半からの1部に参加。開場ギリギリの3時頃ビーチに着いたらすぐに
水着に着替えて、コンパネ張りの小屋に入場。思っていたよりずっと狭いっす。
いやぁ、想像はしてたけど、かなり暑いね。床は砂浜だし、低温サウナ状態。
ライブ開始前にすでに胸の谷間(というほど谷は無い…)を汗がつたうほどなの。

でも、そんな小さい小屋のおかげで前から5列目でもステージが超近いのです。
(剣さんの歌声がマイクを通した声じゃなく生の声がちゃんと聞こえるほど)
ポジショニングもよくってメンバー全員が見渡せるとこで大興奮しました!
メンバーは剣さんとかはTシャツ着てたけど、トリオザドッグホーンは全員海パン。
(さすが腹式呼吸のラッパ隊。みんなお腹がスペっとしてて感心感心。)
わかばさんはずーっと缶ビール持ちながらのラッパ吹きでニコニコしててカワイイ。
いつもライブでは気が張りすぎのような気のする愛子ちゃんも暑さのせいか、歌詞
を忘れて思わずフリーズしてしまい、ずっと照れ笑いしてて超可愛かったです♪

***

ライブ終了後、火照った身体を冷ましにすぐにビーチへ走っていくと、なんとすでに、
CKBのメンバーはさっさと海で泳いでいたのでした!!
みんな普通に泳いで、普通に浜で寝て、普通にビール飲んで、普通にファンと話し
てたりしてなんともゆるゆるで最高な風景でした。

2部の開場時間頃になると、海風も涼しくなってきたので、シャワーをあびて服に着
替えてから、音霊の小屋の外で、まるぎこえで漏れてくる音にあわせて踊る私達。
おなじパターン(1部は中で・2部は外)のお客さんもけっこういて、むしろ中より外に
いるファンのほうがノリが良いくらいで、みんなゆるゆる~っと飲みながら好き勝手に
踊る人あり、寝っころがってる人ありの、ハッピーで最高なライブを味わえました。
月明かりの浜で、「せぷてんばあ」が、海から聞こえる波の音といい具合にシンクロ
していたあの甘美な時間。今思いだしても胸がキュンとしてしまうなぁ…。

あまりに小屋の外の私達が楽しそうに盛り上がっていたので、音霊のカメラマンが
外に写真を撮りにきました。「なんかみなさん、めちゃいい感じですよねー」ってね。
2部ライブの終盤はとうとう、壁をとっぱらって外側の私達にもステージが見れるよう
になり、興奮も最高潮に!いやぁ燃え尽きました(笑)。

そして夕食。
CANTINAでシラスのピザなんぞを食べてたら、目の前の窓の外の駐車場にダブル
ジョイのバンが!その直後に、バイクの音がブンブンと鳴ったと思ったら剣さん達が
登場!ウキャー!!!最後の最後まで、残尿感がまったく無い一日だったのでした。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

しょうが好きなもので

最近コンビニのドリンクコーナーで見かける「ディアボロジンジャー」。
CMを見てちょっと気になっていたので、つい今朝通勤途中で買ってしまったんだけど
私には激甘過ぎて、ダメでした。もう二度と買わないっす。
そういや、キリンの世界のキッチンからシリーズは前回のレモネードも今イチだった
って事、すっかり忘れてたわ。あぁ、もう損したなぁ。

やっぱり自分で作ったジンジャーエールが一番っ♪

070823_232801

Photo作るといっても、常備してる
「新生姜のはちみつ漬け」を
炭酸水で割ってレモンを絞っ
ただけの簡単飲み物なんだ
けど…。
これ、かなり美味しいのよ♪
甘味がベタっとしてないせいか
さらっと爽やかな喉ごしで。


「新生姜のはちみつ漬け」の作り方
1.新生姜1キロ位の量を薄切りにして、それをたっぷりのお湯でさっと煮ます。
 (再沸騰したら終わり、という位軽めでよし)
2.生姜のあら熱をとったら、保存容器に入れ、はちみつを生姜が浸るくらいの
 量を注いで冷暗所に保存。だいたい2週間目くらいから食べれます。

 
このはちみつ漬けは、冷たい水で割ったり、お湯で割ったり、紅茶に入れたり、
しょうがをキンピラにしたり、酢豚に入れたり、しょうがのジャムにしたりと、
何かと応用が効いてとても便利なのです。
特にしょうがのキンピラはお醤油とお酒でさっと煮るだけの簡単料理なのに、
ヤバイくらい美味しくて、ひたすらごはんが進んじゃうんです!
(こんなに生姜食べるヤツっているのか?って思うほど食べてしまうという)

生姜ってカラダを温めるし、胃腸などの消化器系の生薬としても利用されていた
ものらしいし、何より美味しいし、ほんとに優秀な食材だなぁ~。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

残暑お見舞い申し上げます

070815_141601毎日、暑いですね。皆さまお元気ですか?
明日あたりから少しは暑さもやわらぐという話
ですけど、どうなんだろ。
まぁ暑くても食欲が落ちるような私ではなく、
と、いうよりむしろ確実に夏太りしてます(笑)
だってアイスとか毎日食べてるしぃ。
でもアイスは地球を救うのだ、だからいいのいいの。


↑この写真は、恵比寿【OUCA(櫻花)】
甘すぎず、ベタつかず、あっさり和ものフレーバーの美味しいジェラード屋さんです。
お店でイートインで食べる時はお茶も何杯でもいただけるし、塩昆布もいただけます。
私はコッテリなアメリカン系アイスクリーム(ex.コールドストーン)が苦手なんだけど、
OUCAのアイスはさっぱりしていて好きだなぁ。夜遅くまでやっているのもうれしいね。


さて、私事なのですが、
一緒に暮らしていた大好きな祖母が日曜早朝に亡くなりました。
8月末の91歳のお誕生日を迎える直前だったので、本当に残念でなりません。
けれども7月頃に身体をこわして入院するまでは、大きな病気もなく、いわゆる痴呆の
症状もまったくなく、冗談を言って大笑いして、美味しいものをたくさん食べ、私達家族
を楽しませてくれていたし、本当に大往生だったと思います。

いつも香水をつけ、きれいな服を着て、膝が痛くて車椅子に乗るようになっても靴を
たくさん買い、美容院によく行っていつもきれいに髪をセットして。
とにかくとっても、おしゃれな女性でした。(性格はパキっと漢な人なんだけど)
私が香水が好きなのも、お祖母ちゃんの影響だと思います。
「女の子はいつもいい匂いがしてなくちゃダメなのよ」、私が子供の頃、お祖母ちゃん
はそう言って香水をシュシュッと吹きかけてくれたのね。香水瓶がまたきれいでね…。

今週は世間がお盆休みで道路を走るクルマも少なく、そのせいか夜空の星がいつもよ
りずっとたくさん輝いていました。きっときれいなものが大好きなお祖母ちゃんだから、
この時期を選んで天国に逝ったのかなぁ……、そう思いながら夜空を眺めました。

寂しくなるなぁ。


| | コメント (15) | トラックバック (0)

花火と浴衣と温暖化

070811_202001_2今日は【東京湾花火(正式名称は知らんとです)】。
私も、毎年恒例の知人オフィスでの花火見物パーティに
行って、目の前で打ちあがる花火が見られる最高のロケ
ーションで、1時間半まるまる堪能できました。
あぁ楽しかった♪ …のは良かったんだけど。
いったい何なんでしょう、この猛暑っぷりは…。
街行く浴衣ガール達は、みなダルダルになってて裾も
胸元もはだけてかなりアイタタタな状態になってたけど、
それも無理ないわなと思う熱帯夜っぷりでした。

このままだとこの先、温暖化が進むのはほぼ間違いないというじゃないですか。
そうなると近い将来、真夏に浴衣を着て外を歩くなんて自殺行為と思われ…。
ほんとに熱中症まっしぐらという気が…。
まずいっす!日本の情緒的な夏が消えてしまうーー!!
今日だって、外人のオジサマに「キレーイデスネー!」って誉められたのにさぁ~。
(私がじゃなくて浴衣がね)

私は5年後も10年後も浴衣で花火見たい!浴衣で盆踊り行きたいよぉー!

というわけで、STOP!!温暖化!
そう、強く訴えたい。そんな気分の夜なのでした。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

「考えるな、感じろ!」

SOUL電波 Music SOUL電波

アーティスト:クレイジーケンバンド
販売元:chikarajuku factory
発売日:2007/08/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は会社を定時で切り上げ、速攻でCDショップへGO-!な私。
だってだってだって、だってだってなんだもん♪ じゃなくって、
だってだってだって、今日発売の(正確には8月8日発売)CKBのニュー
アルバム『SOUL電波』を買うんだもーん♪

電波ビンビン出まくってます。もう私ってば感じまくっちゃってたまらんデス。

剣さんはもう、何か超越しちゃってる気さえするのです。大丈夫なんだろか。
でもきっと脳で考えてるわけじゃなく電波系なわけなので、枯れたりはしない
のでしょうね(そう思いたい)。

どの曲も「すごいなぁ……」と思わず唸る名曲ばかりですが、そのなかでも
『路面電車』は秀逸。メロディラインがタイのモーラムなんですよ!!!
ここ数年、私個人的に秘かにタイミュージック(やその周辺)ブームなので、
このリズムはかなりやばい。脳内麻薬がだらだらです。
そんなモーラムにのせてる歌詞は、古き良き日本の夏、お盆の風景。
「野菜で動物作り~」てな感じの歌詞なんですよ。
聞いてると、どこからか渦巻き蚊取り線香のあの香りが鼻孔をくすぐるような
気がしてしまうほどノスタルジックな曲。

もちろんCKBビギナーにも受けそうな曲(『PLAYBOY革命』、『タオル』とか)
もあって、老若男女、皆さん買って損は無しの1枚と断言!
うちの母もすでに
「剣さんの柔軟剤の曲、ラジオでよくかかってるわよ!」 (←『タオル』のこと)
「いい曲だけど歌詞に柔軟剤なんて。うふふ…。剣さんたら面白いわよねー」
とか言ってすっかりはまっちゃってる感じ。

070807_205701さて。家に帰ったら、
発注していた『EYE-Ai』が届いていて
ウレシイイーーネ!
この表紙の剣さん、めちゃ好き♪
毎晩、寝苦しいほどの暑い夜が続いてるけど、
私は当分、イイ夢が見られそうです!
(バカです、ほっといて!)


| | コメント (10) | トラックバック (2)

吉田豪ファンなので

毎週月曜日の夜は必ず、TBSラジオの【ストリーム】のpodcastsをダウンロードする
のがワタクシの月曜日の日課なのですが、今日の特集は横山剣さん話でした~!!
ウキャー♪ 本人が出てるわけじゃないけど吉田豪が剣さんを語るなんて嬉しいっ。
明後日はとうとうニュウ・アルバムの発売日だから、メディア露出が増えてるのね?

まぁ、横山剣氏の話はここでは置いといて、吉田豪の話です。
私は吉田豪の書くインタビュー記事は、ファンを越えてマニアっつうくらい愛読してる
のですが、読むだけじゃ物足りなくて今日のように「ストリーム」「豪さんのポッド」
をダウンロードしてIpodで通勤電車の中で聞いてるわけです。

吉田豪のインタビュー記事って、インタビューの相手が誰であっても、読後には間違
いなくその相手のことに興味がわいてきちゃうのよねぇ。
最近の三日月くん@麻生久美子のインタビューが良かったなぁ。天然すぎてさ(笑)

で、最近一番のヒットはpodcastで聞いた玉置浩二の話!!!
ココで聞いてみてみて!とにかくすごいです!!→豪さんのポッド第48回
私ってば、俄然、玉置浩二という人に興味がわいてきました!
最近は石原真理子の例のDV話ぐらいでしか名前を耳にしなくなってますが、今更
ながらめちゃ興味津々になってきてます。そりゃDVもあるわなーみたいな。
安全地帯がプログレバンドだったなんて知らなかったし!
(「安全地帯」が「四人囃子」、「頭脳警察」的なネーミングで付けられてたとは(笑))
ここはぜひ、吉田豪に玉置浩二をインタビューしてほしいと切に願う私なのでした。

Photo ←これも名著!

フツウじゃ考えられない人選なんですけど
とにかく読みごたえあり。
人生いろいろ、とはよく言ったモノで…。

『人間コク宝』 読むべしっ!


| | コメント (5) | トラックバック (0)

西部劇だけど日本が舞台

という内容のお芝居を下北沢で観てきました。
チケットをタダでもらったと言うので「まぁタダなら付き合うわ」という軽いノリで。

普段、演劇というものをまったく観ない私なので、お芝居が始まるまでは正直
楽しめるかどうかやや不安でした。
(でも、ラーメンズの片桐くんが客演なので、「いけるかも」という期待もあり)

Piper_hihar_070415Piper結成10周年記念公演!『ひーはー』

芝居が始まってすぐ5分もしないうちに大笑いさせられ、
「これは大丈夫!」と確信。
バカバカしい内容だけど脚本はすごく緻密に計算され
ていて、2時間まったく飽きさせないのです。


知っている俳優さんは、オリジナルメンバーでは竹下宏太郎(ダンサーとして)、
あとは客演のラーメンズ片桐くん、水野美紀くらいなもんだったんですけど、
オリジナルメンバーの中に、すっごく笑わせるのがうまくてなおかつカッコよくて
「うわ、この人誰?」と思わせる俳優さんがいました。
彼の名前をチラシで確認してみたら山内圭哉という人でした。
で、家に帰ってググッテみたら、相当演劇界では有名&人気者なのですねー。
知らなかったなぁ~。
リリパットアーミー出身ってことはらもさんの笑いやん…。(急に関西弁になる)

芝居が終わって客席が明るくなってふと前の席をみると吉田栄作が座ってました。
お客の誰にも気づかれてない感じで、ビッグになるとアメリカに渡り帰ってきてから
もうかなり経つのに、芸能人オーラがここまで無いのは他人事ながら心配してしま
いました。けれども、Tシャツ+短パンで一般席に座りフツウに観劇していた栄作は
わりとイイヤツなんじゃないかと思われ、私的には好感度UPなのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »