« 博多へプチっと… | トップページ | 『酔いどれ詩人になるまえに』 »

博多午後編

博多の街を歩いてみて、街の第1印象は「きちんとしてるなぁ」ということです。
街を歩く女の子達のファッションを見ても、きちんとまとめてる感じ(おしゃれですよ)。
東京の女の子みたいにスッピンでラフな服(たとえばタイパンツにペタンコサンダル、
みたいなレイドバック系ファッション)をしてる人は見なかったなぁ。
東京より博多のほうが暑いのに、お化粧もちゃんと作り込んでるのがえらいです。
街中で私1人が海帰りみたいな格好で浮いていたような気が…(汗っ)
交通マナーもきちんとしてるし、博多はロッカーの街という印象があったのでもっと
ワイルドな人が多いのかと思いきや、かなり整然とした都会の街なのでした。


そんな福岡の繁華街からバスに乗り、午後は博多湾の埋立地アイランドシティへ。
この埋立地の中にある公共施設「ぐりんぐりん」を観に行ってきました。
(注:ここは観光地ではありません。まず建築マニアとかしか来ないよね)

Gringrin06伊東豊雄氏が設計した、アイランドシティ中央公園内の
中核施設。屋上や壁がなめらかな曲線でねじれてます。
足を置いている部分が地面かと思えば庭になったり屋根
になったり、と空間がぐりんぐりんしてるのです。
いろんな植物の緑とウッドデッキの茶、コンクリートのグレー、
そして屋上のガラスに空の色が組み合わさり、美しくかつ
面白い建築物でした。
こういう有機的な形って、職人さんが大変だろうなぁ。

それにしても暑かったなぁ。前日に行った逗子の海より確実に日焼けしてしまったよ。
肌がひりひりするーっ。

夕方ホテルにチェックインし、夜食べに行くもつ鍋屋さんに予約の電話を入れてから、
ホテルの目の前にある『石村萬盛堂』に行きました。
ここは私の大好きな博多のお菓子「鶴の子」を作っている老舗の和菓子屋さんで、
鶴の子はふんわりマシュマロの中に黄身餡が入っている乙女なお菓子なのです。
お土産の他に、夜食用の白玉あんみつもしっかり買ってウハウハなのでした。


さて夜行ったもつ鍋屋さんは【もつ鍋やま中】というお店です。
天神から西鉄で10分くらい、博多の中心部からちょっと離れた大橋駅というところに
あるのにも関わらず、予約の電話をいれたら、すでに6時半以降は満席!
勤務先の福岡出身の先輩からオススメ、と紹介してもらったお店なので、ここは意地
でも食べたいっ!結局、夕ご飯には早すぎると思いつつ5時に予約を入れました。

070826_171401070826_171403070826_173401








初めて食べる、味噌味スープのもつ鍋。このスープのこってり加減が絶妙の美味しさ。
もつや野菜にスープがからみこんできて、もうやばいっす。飲み干したくなる深い味。
あぁ、うまかーーーー!!(これ九州弁であってる?)
めっちゃビールに合うし、とにかく箸が止まらない止まらない!
すぐに、もつ追加!野菜追加!せんまい追加! シメにはちゃんぽん麺投入っ!
ありえないほどの量を食べてしまい、席を立てないほどお腹がいっぱいに…。

あぁ、このお店東京に支店出さないかなぁ。絶対に私通っちゃうと思うんだけどな~。


|

« 博多へプチっと… | トップページ | 『酔いどれ詩人になるまえに』 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

ぐりんぐりんいったんですか。
うらやましいなあ。

伊東豊雄の建物は実際体感すると
楽しいですよね。

せんだいメディアテークに行ったときは、
シースルーのエレベーターで何度も
上下してしまいました。

今年の夏は近場だけれど行ったことのなかった
原広司の丹沢ホームで1泊しました。
デザイナーズ国民宿舎というのも
安上がりで贅沢でした。


投稿: テツ | 2007年8月28日 (火) 21時34分

ふざくんな!!美味しそうじゃないですかっつ!!(女帝より)いいな~夏だけど、鍋とかいいですよね。
伊東豊雄さんが、うちの講演会にいらっしゃった時、表参道のトッズの話や、ぐりんぐりんの設計イメージなど話されていましたので、一度見てみたいものです。
当時は、せんだいメディアテークの件で異論反論オブジエクション(筑紫??)な状況でしたが、あの建物も確かに職人泣かせでしたな~~~

投稿: 歌子 | 2007年8月28日 (火) 22時38分

食欲の秋にはまだまだ遠いハズなんだがなぁ(笑)
かなりクヤシーぢゃないか。

投稿: ろっし | 2007年8月28日 (火) 22時51分

博多の人は海援隊かサンハウスば歌っちょる噂はホントでごわすか。
→西郷どんになっちまった。
次回行くときはリンクのお店にも行ってつかぁさい。
→どこの言葉かわかりましぇーん。

投稿: 魔人六十九 | 2007年8月28日 (火) 23時07分

■テツさん
ぐりんぐりんは秋とか春とか過ごしやすい時期に行くとずっと長くいられて楽しいかも。
私が行った時はとにかく暑くて、太陽の光をさえぎるものも無いので少々辛かったです。
ぐりんぐりんの他にも伊東さんデザインの公園内トイレとか良いデザインだったし、見に
行ってよかったなぁとは思ってますけど。でも暑かったのです、ほんと。
丹沢にそんな国民宿舎があるんですか?行ってみたいなぁ。調べてみます!!


■歌子さん
「うまかもんたくさん食べて、男の上に君臨する女帝になっちゃるけん!!」
こんなしゃべり方してる人は博多に一人もいませんでした。
(火の国熊本にはわんさかいるんでしょうか…)

表参道のTODSビルは大好きなの、私。朝、歩道橋から見る時と夜暗くなってから
見る時と表情が違うのが面白いんだよね。
(でもきっとあの窓も職人さん大変だったろうなぁと)

投稿: ok | 2007年8月28日 (火) 23時13分

■ろっしさん
食欲の無くなる暑い時期こそ、暑い鍋をどーぞ!!
ビールも美味しいしねっ!
あっ例のsuginoko飲み、姉様達がろっしちゃんも参加するように~とのこと。
というわけで青山集合!


■魔人六十九さん
九州弁を真似するのはむずかしかねー。(もはや何語かわかりません)
で、そこはシオンの娘がやっとる店かね?なんか怖そう~~。

会社の私の働く部屋には小倉出身で、ルースターズメンバーや周辺とお知り合いの
ネエサンがいて、南浩二の店の話とかけっこう笑えます。

投稿: ok | 2007年8月28日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/7704534

この記事へのトラックバック一覧です: 博多午後編:

« 博多へプチっと… | トップページ | 『酔いどれ詩人になるまえに』 »