« この夏初のかき氷&野外ライブ | トップページ | Happy Together♪ »

理解する努力はしなくていいの

Inlandempire_1今日は仕事がお休みだったので、
恵比寿まで『インランド・エンパイア』
を見てきました。
いやぁ、すごかった!!
久しぶりにアタマがぐわんぐわんと揺
り動かされるようなデイヴィット・リンチ
の世界に迷い込んでしまった3時間。
これぞリンチ帝国って感じで…。


見る前からね、雑誌などいろんなテキスト読んで、とにかく「わからない」らしいという
前知識はあったので、ストーリーを追うとか、意味を見いだすとか、そんなふうに映画
を理解しようなんて気持ちはハナっから持たずに挑んだんだけど、予想していた以上
にこの新作はわからなさが炸裂してました。

あぁ、本当に本当に面白かったです!3時間があっという間。
こんなに解らないのに不快じゃない、っていうのは一体どういうことなんだろう。
解らないのにぐぐーっと集中して見ていられる映画だなんてつくづくヘンだなぁと。

前作の『マルホランド・ドライブ』も、わからないわからないという評判の中、なぜか私
は何かが降臨したかのようにあの映画の全てが解ったような気になってしまって、
「私って天才?」などと思ったりもしましたが(←バカですね)、今回は全くお手上げ。

物語をアタマのなかで組み立てようということは無駄だと、最初の15分位で判断い
たしまして、ひたすら聴覚と視覚への刺激とか、映画を観ている中で何度も体験する
「あっこれ、さっきのシーンと重なる…」というデジャブ的符合性に気づく瞬間の昂揚
感とか、それに気づいたにも関わらずまったくその意味を解き明かすことができない
迷路で迷子になったような不安感とか、そんなものに酔わされ続けた3時間。

この酔わされた感は、『ロスト・ハイウェイ』を見た時の気分に似ているような気が…。
あっでも、『ロストハイウェイ』は実際に、映画を見る前にしこたま飲んで行ったんだっけ。
もうすでに2回観ている男の子に誘われて観に行って、その子が、
「酔っぱらっていくとさらに気持ちよく映画が見れるから。トリップできるから」
って言うのでそうしたんだったよ。(で、見事に映画の酔いがさめず、そのまま確かその
足で、代々木公園かなんかでぐでぐでになったんだったわ)


今回の音楽がまた全編、抜群に良かったな。なんだかスコーンと突き抜けてる感じ。
音楽といえばベン・ハーパーが、奥さんのローラ・ダーンがこの映画の主演だからか、
ちゃっかり最後にピアノ弾きの役柄で出演しててびっくり。(いい夫婦ですなぁ)

そうそう劇場パンフが1000円なんですけれど、とてもきちんとした作りでお得感が
あります。買うべし!(編集は川勝プロダクションです)

とにかく好きな人、ダメな人がはっきり分かれる映画だとは思うけれど、好きな人には
おすすめ!但し、3時間という長尺作品。くれぐれも体調万全で挑んで下さいね。

|

« この夏初のかき氷&野外ライブ | トップページ | Happy Together♪ »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

長モノは休憩時間がないとつらいねーw
トイレ行かないように飲み物避けるところから始まるから、二重苦であります。

投稿: J@J | 2007年7月25日 (水) 12時35分

ボクもかみさんも、リンチ大好きなので、青森でも(かなり遅れるみたいですが)上映されるようで非常ぉぉぉに楽しみにしてます。

彼の作品は、“理解”云々ではなくて、“感じ”られるかどうか、迷宮を迷宮として楽しめるかどうかですよね。
恐らく理解できるように出来てないはずですし(笑)
3時間だろうが意味不明だろうがドンと来やがれ!

そうそう、彼の映画音楽ファンとしても、A. バダラメンティのスコアのファンとしても、期待でわくわくぞくぞくしてます!
ちなみに、ウチ、今「ツインピークス」観てるところなんですよ(笑)
この映画の予告も観ましたが、もう完全にリンチの術中です。

投稿: atomico1894 | 2007年7月25日 (水) 15時29分

ベン・ハーパーのパートナーがローラ・ダーンとは知りませんでした。

ローラ・ダーンって、めちゃめちゃアングロサクソンやんか…。
ベンのパートナーはアフリカ系じゃないんだ。

もしかして、ベンは白人女性が好きなところもソウルミュージシャンの歴史を引き継いでいるのかも。

って、まったく余計なお世話です。

最近ムスコが「ベンベンはぁ?」「ベンベン、きくぅ♪」と連日嬉しいことを言ってくれるので、ベンのDVDを3枚購入しました。

観ましたか?すごいですよ。
ハリウッドボウルのライブと、アポロシアターのライブ。
マスト・バイです。

今度来たら、一緒に行きましょう。


ところで、リンチ、よかったですか。
観にいこうかな。

投稿: ダ | 2007年7月25日 (水) 16時55分

ローラ・ダーンの顔が、最近リンチの顔に似てきたような気がしますが、気のせいですか?それを確認するために、映画でも観にいこうかな・・・。今回も難解なのですね。私のちびた脳みそで理解できるのだろうかと、不安です。
あ~~~カウリスマキの映画も見ていないし、本当に時間が足りません!!銀座シネパトスで上映中の「下山事件」仲代主演の映画(かなり昔)も見たいし・・・ううううう。

投稿: | 2007年7月25日 (水) 22時29分

↑またやってしまいました~
名前書き忘れたんで、再度書き込みを。失礼しました!!

投稿: 歌子 | 2007年7月25日 (水) 22時30分

■J@Jさん
そうなんですよぉ。ただでさえ、トイレ近い私なんで『3時間』という長さにおびえ、
昨日の暑い天気でも映画を観る2時間前から水1滴も飲まずに挑んでみました。
映画の途中で席立った人、何人かいたなぁ。
まぁ、途中抜けたからといって話の筋がわからないのには変わりないからいいのか
↑よくないだろ~!(笑)。


■atomico1894さん
ほんと、おっしゃるとおりでリンチの作った迷宮で彷徨うことを楽しめるかどうか、
そこが好き嫌いの分かれ目かもしれませんね。3時間ぜんぜん飽きないんだけど、
観ているうちに「本当にこれ3時間で終わるのかな?まだまだ延々エンドレスに
続いていくんじゃないだろか」とはまり込んでいく怖さも存分に味わえます。

音がね!!挿入曲もいいんだけど、いろんなノイズが素晴らしかった。
初っぱなからいきなり「キタキタキター!!」って感じのリンチの音を感じられますよ。
青森、早く上映されるといいですね。映画館で観ないとダメです、これは。

投稿: ok | 2007年7月25日 (水) 23時49分

■ダさん
ベン・ハーパー、そうなんですよ。奥さんローラダーンなんですよ。
びっくりですよねぇー。初めに聞いたときは正直ピンとこなかったもの。
でも、ローラ・ダーンの過去の男性遍歴とか見てみると、キラキラっとした金髪2枚目
はダメみたいですなぁ。(いい趣味してますローラ)。

あっそうだ。今回の映画のタイトルの「インランドエンパイア」はベン・ハーパーの
出身地の地名(LAにあるらしい)だとかいう話ですよ。

ベンベン(笑)ちゃんのライブ、また行きたい!ほんと来日したら一緒に行きましょう!

投稿: ok | 2007年7月26日 (木) 00時06分

■歌子さん
難解っていうか…。うーん。難しいというわけではないんだよなぁ。
理解しようと思うとそりゃ難解なんだけど、監督が「理解してもらおう」って思って作って
ないし、この映画って監督が好きな時に好きなように撮ったモノを1本の映画にしちゃっ
たらしいから、「わかんなくて当たり前」なんだよきっと。

私もカウリスマキは絶対見るよ~!(実際私はデヴィット派ではなくアキ派なのですし)

それにしてもリンチにとってのローラダーンといい、カウリスマキにとってのカティ・オウティ
ネンといい、監督にとってのファムファタルは美女というよりちょっと味のある面白い顔
の女優なんじゃないかなって思いました。
ローラ・ダーンはほんと骨格からもうリンチに似てきてるね。

投稿: ok | 2007年7月26日 (木) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/7265711

この記事へのトラックバック一覧です: 理解する努力はしなくていいの:

» インランド・エンパイア\Inland Empire\ [映画と読書の感想ブログ]
悪夢を見ると、おそらく余りの恐怖に心からの叫び声を上げ、そのことで目が覚めることが多いと思います。 何者かに追われ、襲われ、得体の知れない恐怖に動揺して目が覚める。悪夢は目が覚めることで救われるのですが、その悪夢が覚めなかったら・・・それを敢えて映像にしたのがこの作品「インランド・エンパイア」です。 終わりの無い悪夢を作り出すために、おそらくリンチの内面で湧き上がってきたであろういくつもの独立した悪夢、恐怖、イメージを敢えて不条理、不合理につなぎ合せ、劇中劇と妄想、幻覚とを交錯させ、同一人物... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 22時59分

« この夏初のかき氷&野外ライブ | トップページ | Happy Together♪ »