« さて2日目は | トップページ | 『ポップ・カルチャー・アワード2006』授賞式 »

匂いフェチなんです

Remixこないだ通勤電車の中で読もうと思って買った酒井順子
の『枕草子REMIX』

以前にも枕草子の現代語版は、田辺聖子『むかし・あけ
ぼの―小説枕草子』
とか、橋本治『桃尻語訳』とか、
読んでいてそのたびにおもしろいなぁ~と思いつつ原文に
チャンレンジする気力はないまま、今に至る私。

この酒井順子ヴァージョンは、「それは意訳しすぎじゃ?」
と時々思いつつも、くすくす笑うところが満載でした。


千年前でも女子の思うことってそんな変わらないっていうのが何とも感慨深いの。
(良くも悪くも世の中というのは、結局何にも変わってないってことだからさ。)
たとえば、

★不細工な男女が公然で昼間っからいちゃついてるのはひどく見苦しい。

★男っていうのは過去のことなんか何も覚えていやしない!女はちゃんと覚えて
 いるというのに。

★夜中じゅうステキな彼が来るのを待っている時、門をそっと叩く音がしたので、
 胸をときめかせて迎えの者をやったら、その彼ではないクダラナイ男がそこに立
 っていたりするのは、興醒めを通り越して(ドキドキしてた)自分が馬鹿みたい。

とかね。もう、いちいち頷いてしまう清少納言の毒舌っぷり。笑
中でも私が「あぁ、わかるわかる!」と思わず膝をうってしまったのが「匂いという
もの」という第四十一段の章。

【酒井訳】
七月くらい、風が吹いて雨なんかも騒がしい日。だいたいすごく涼しいから、
扇もつい忘れている時、汗の匂いが少しこもっている薄い綿衣を、口もとまで
ひきあげて昼寝をしている気分ときたら、もうすっごく素敵。

私も子供の頃、自分の匂いのするタオルケットにくるまって昼寝するのがなんとも
幸せだったのでした。なんだかニマ~ってしてきちゃうの。
他にも自分の脱いだ服とかの匂いとかも好きだし、運動したあとのTシャツとかを
「汗くさっ」とか思いつつも、クンクン嗅いじゃう時とかあるしさ(変態か?)。
あと好きな人の耳の後ろんとことか嗅ぐのもかなり好きだったり(変態か??)。
もちろんイイ香りも好きだから香水は欠かせないし、アロマテラピーも大好き。

清少納言も好きな匂いは2種類だったとか。
ひとつはお香などの本当に「いい香り」、でもうひとつが↑みたいな有機的な
「匂い」。なんたって清少納言は、牛車の牛をひいている紐の匂いまでかいで
「こんな匂いが好きな私もそうとうへんよね」みたいな事を言っているのだから、
まさに筋金入りの【匂いフェチ】といった感がありますわ。

枕草子のこんな内容を中学・高校でちゃんと教えてくれていたら、私も古文が
苦手にならずにいたのかもなぁ。

|

« さて2日目は | トップページ | 『ポップ・カルチャー・アワード2006』授賞式 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

「汗くさっ」とか思いつつも、クンクン嗅いじゃう時とかあるしさ(変態か?)。
あと好きな人の耳の後ろんとことか嗅ぐのもかなり好きだったり(変態か??)。
もちろんイイ香りも好きだから香水は欠かせないし、アロマテラピーも大好き(欧米か!)。

↑ここまで言って欲しかったなぁ〜・笑

投稿: clim Franky HF | 2007年2月24日 (土) 20時37分

■clim Franky HFさん
きゃはは。ほんとだっ。絶好の三段落ちだったのにぃ~。
まだまだだのぉ、私ってば。
個人的には「南米かっ」ていうのも好き。

投稿: ok | 2007年2月24日 (土) 23時46分

匂いですか~ありますね。強烈に惹きつけられる匂い!それとは少し違いますが
私は、人の家に行ってまず玄関のにおいを嗅ぎまくるのが癖です。(いやな客ですね・・・)なんか、匂いにパターンがあるので、嗅ぎつつ「ん・・・この匂いは●●さん宅の匂いと同じグループだな・・・」とかいろいろ考えちゃいます。

投稿: 歌子 | 2007年2月25日 (日) 11時04分

■歌子さん
あ~~あるねぇ、玄関のにおい(笑)。いくつか分類できるのよね、あれって。
漬物系だったり、黴臭系だったり、犬猫臭だったり、お化粧品系だったり。
うなだれた濡れフキン系な香りの玄関は正直きついっすねーー。

あーあと、体育小屋のニオイもけっこう嗅ぐいでしまいます。マットとかチョークとか
ホームベースとかのほこりっぽいニオイ。

投稿: ok | 2007年2月25日 (日) 20時55分

ミクの足跡追っかけてきました^^
そっちでは「ハル」です。ココログでは育児日記を書いてます。(サボりつつ)

素敵、この本読んでみたいです。
この本を見つけたokさんのアンテナが素敵すぎます。教えてくれてありがとうですね。。

ハルも実は匂いフェチでして、■汗くさっ」とか思いつつも、クンクン嗅いじゃう■あと好きな人の耳の後ろんとことか嗅ぐ■かなり共感できます。
ハルは加齢臭も好きです(爆
あと赤ちゃんの頭の匂いとか(これが好きで子供産んだと言っても過言ではないかもw)。加齢臭ってあったかい匂いしませんか?・・・・スイマセンおかしいでつかね、自分w

またきまーす(;´Д`)

投稿: ハルママ | 2007年2月26日 (月) 08時36分

■ハルママさん
あっsammy(←呼び捨てかよ)経由で足跡つけましたぁ。浮気談義が面白かったので。笑
そうそう清少納言面白いですよ。
だいたい「春はあけぼの」の一文も学生時代は私、朝早起きして気持ちいいわぁ~みたいな真面目な優等生っぽい非モテ女子なイメージで読んでましたが、よくよく当時の清少納言の生活を知ってからだと、夜通し歌詠みしたり好きな男子とまったりしたりして遊んで、だんだん明け方になってきて日がでてきたなんともいえない雰囲気のことを言っていたんだってわかってくるのです。
それだったら私達も経験あるでしょー。オールで遊んだ翌日の朝、初電が動き出す時間に見るお日様がだんだん昇ってくる様子とか…。むちゃ親近感わいちゃうのです。

投稿: ok | 2007年2月26日 (月) 10時58分

むはーーーー♡
清少納言ってば昔の人なのにワルw
今後「春はあけぼの」って見るとムフフ♪な感じですね^^

ああいう時の朝ってなんか・・・いいですよねぇ~。そういう気持ち、最近ご無沙汰ですから(笑)読んでムラムラしよっかな。。
ってそんな本じゃないってば。

sammyさんのブログ大好きなんすよ。
で、すかさずokさんのページもお気に入りに追加しちゃいました♡ムスススス

投稿: ハルママ | 2007年2月26日 (月) 11時39分

■ハルママさん
sammyさんの面白いですよね~。

> すかさずokさんのページもお気に入りに追加しちゃいました♡ムスススス

アザァーーース!駄文でどーもすみません(三平風に)

投稿: ok | 2007年2月26日 (月) 13時24分

やっぱり、、、、、

変態だったのですね

橋本治氏の「古事記」って読んだ?
これも、おもしれー!よ
つーか、「古事記」自体がおもしろすぎる
戦ッてるかヤッてるしかないんやから(爆)

そうそう、奈良さんあと1ヶ月切ったよー

投稿: ワシ | 2007年2月27日 (火) 08時43分

■ワシさん
「やっぱり」って何だよぉ、「やっぱり」ってもう……。
金沢、なかなか行けないっす。行きたいのにぃ。冬の金沢に縁がないって不幸よね。

「古事記」読んでみる!
> 戦ってるかヤッてるしかない
実にオトコラシイねぇ、いいっすなぁそれ。あれれ?男の認識間違ってる?私。

投稿: ok | 2007年2月27日 (火) 13時32分

先日、CKBサミットでお会いしました、なみこです。ぺろりさんと一緒にいたものです。

初書き込みさせていただきます。
においにしても朝の空気にしても、今も千年前も、女子の気持ちはあまり変わらないのですね。それがなんとも言えず愛しくて、すごく絶望的な気さえします。ふーふー。

ミクシィのコミュ一覧拝見させて頂きました。
スカパラ北ちゃん・菊地成孔・山本直樹にびびっときました。ステキ!

投稿: なみこ | 2007年2月27日 (火) 18時23分

↑あ、なみこちゃんだっ。
私は古典の授業が大好きでした。
先生がちょっと変わってて、
「受験に古典は関係ないからさ~」と、教科書はあまり使わず、生徒に昔言葉で日記を書かせて発表させたりしてたんですよー。あれは面白かった!
内容はほとんどグチか悪口(笑)
今も昔も同じですねー。
いとをかし^^

投稿: junp | 2007年2月27日 (火) 20時32分

■なみこさん
わぁお覚えてますよー。サミットお疲れ様でしたっ!

>なんとも言えず愛しくて、すごく絶望的な気さえします

そうそう!!!そうなのです。親近感がわくとともに、人も世の中も驚くほど変わら
ないんだなぁってねぇやるせなく…。枕草子には他にもこんな感じのがあって
・近頃の3歳児ってナマイキ!
・説教の講師は顔がいいのに限る!(今だったらミュージシャンとかね)
・滅多にないもの;毛の良く抜ける毛抜き(千年前から技術改良されてないのか!)

>スカパラ北ちゃん・菊地成孔・山本直樹にびびっときました。ステキ!
煩悩のまま生きていたらこんなざまでございます(笑)

投稿: ok | 2007年2月28日 (水) 15時46分

■junpさん
いいなぁ、そういう教え方をする古文の先生だったら、私もちょっとは
古語とか覚えたかもしれないわ。
活用とかさっぱりわからないもの。
だいたいうちの高校の古文の先生、アル中で授業中もお酒臭くてほぼ自習状態だったし。
(今考えるとありえなさすぎる)
清少納言はなんつーか、林真理子って感じ。
美人でもなく若くもなく、でもモノの善し悪しをわかってて、話も面白いからそれなりに
男の人とも楽しくやってて、黙ってりゃいいのに、「私案外もてるんです」って言わずに
はいられないワキの甘いところがあって、そこが可愛らしいなぁと…。

投稿: ok | 2007年2月28日 (水) 15時51分

覚えていてくれたー^^ありがとうございます

・説教の講師は顔がいいのに限る!
  
清少納言、なんてミーハーな!!そんでもってシニカル。
ほんと、林真理子ですね。見た目も似ているような気がします。(妄想)         さくらももこもちょっと入ってるような・・・。
紫式部は非モテ系で、現代に居たらコミケでエロ同人本売りながら、小金を稼いでるイメージです。(妄想2)蛇足ですが、私、真理子も清少納言も、ももこも紫式部も好きです^^

・良く抜ける毛抜き

共感。時を越えて、共感です。

投稿: なみこ | 2007年3月 1日 (木) 14時22分

■なみこさん
そうそう、紫式部はそのタイプだわ~。エロ同人本だよね、あれ。笑
「毛抜き」はですね、ほんとうに毛抜き業界の人に真剣に考えて欲しいと
思いましたよ。1000年前からどんだけ進歩してないんだよと…。

投稿: ok | 2007年3月 1日 (木) 23時18分

mixiで開田裕治さんの事を書いたら、奥さんのあやさんが、
続けてなんとご本人からアクセスがあった
それ以来、あやさんの方はちょくちょくのぞいてもらってます
開田さんは日本有数の怪獣画家、あやさんはオタ系ライターにして官能小説家
お二人の出会いはコミケ、自他共に認めるオタ夫婦なのです

で、↑にちょいと気になる一文が
「紫式部は非モテ系で現代に居たらコミケでエロ同人本売りながら」
“紫式部=エロ同人本”はイメージとしてはまぁいいかなと思うけど
“非モテ系”はちょいと余分かな(苦笑)
だって、あやさんキレイだよ、巨乳らしいし(笑)
つーか、ここも見にくる可能性がないわけじゃない(爆)
http://www.kanazawa21.jp/ja/special/kaidayuji/index.html

投稿: ワシ | 2007年3月 2日 (金) 09時16分

■ワシさん
まぁ「非モテ系」というのは記号ですから。
実際にその人がもてるかどうかって事とはまたく別次元の話なわけです。
女子校での女子にしかわからないワードとしてとらえていただくしかないけど。

ましてや開田婦人のことなんてまったく知りませんので、なんというか…そのワシさんの好みだったとしてもそりゃ勝手にどうぞってな話です(笑) すみません…。

投稿: ok | 2007年3月 2日 (金) 12時19分

ワシ様
上にて、乱暴な言葉使いがあったことお詫びいたします。

私の友達にも、エッチな同人誌を描いて販売している子がいますし、キュートでモテモテちゃんもいるってのは、理解しております。

すみませんです・・・。

OK様
上も含めて、不適切なカキコミだったら
お手数ですが、削除してしまってください。

投稿: なみこ | 2007年3月 2日 (金) 23時20分

>なみこさん
ご理解いただきありがとうございます
ワシの好みなんぞはどうでもいいんですがね(笑)
ワシも調子こいてお叱りを受けることが度々あるもんで・・・

よろしければワシの日記においでいただき
いっーーーぱい突っ込んでみてください
okさんのmixiのページから「○せ」でたどりつきます

それでは

投稿: ワシ | 2007年3月 3日 (土) 09時51分

■なみこさん
いやいやぜんぜん不適切じゃないから。
ワシさんいっつもこんな調子だから。主語不明とか他人の文章過大超自己流理解とか。
ぜんぜん気にしなくていいのいいの、スルーして。


■ワシさん
ニイサン!
うちのかわいい子、おびえさせんといてなぁ~ ほんとにしばくで!!笑 

投稿: ok | 2007年3月 3日 (土) 10時08分

ワシさま
わぉ!お訪ねしたく思います。
しかし、ツッコミは、出来ないッスよ≧ー≦

OKさま
こちらにもまたお邪魔さんさせていただきますので、懲りずに構ってやってくださいだす。

投稿: なみこ | 2007年3月 3日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/5470749

この記事へのトラックバック一覧です: 匂いフェチなんです:

« さて2日目は | トップページ | 『ポップ・カルチャー・アワード2006』授賞式 »