« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

匂いフェチなんです

Remixこないだ通勤電車の中で読もうと思って買った酒井順子
の『枕草子REMIX』

以前にも枕草子の現代語版は、田辺聖子『むかし・あけ
ぼの―小説枕草子』
とか、橋本治『桃尻語訳』とか、
読んでいてそのたびにおもしろいなぁ~と思いつつ原文に
チャンレンジする気力はないまま、今に至る私。

この酒井順子ヴァージョンは、「それは意訳しすぎじゃ?」
と時々思いつつも、くすくす笑うところが満載でした。


千年前でも女子の思うことってそんな変わらないっていうのが何とも感慨深いの。
(良くも悪くも世の中というのは、結局何にも変わってないってことだからさ。)
たとえば、

★不細工な男女が公然で昼間っからいちゃついてるのはひどく見苦しい。

★男っていうのは過去のことなんか何も覚えていやしない!女はちゃんと覚えて
 いるというのに。

★夜中じゅうステキな彼が来るのを待っている時、門をそっと叩く音がしたので、
 胸をときめかせて迎えの者をやったら、その彼ではないクダラナイ男がそこに立
 っていたりするのは、興醒めを通り越して(ドキドキしてた)自分が馬鹿みたい。

とかね。もう、いちいち頷いてしまう清少納言の毒舌っぷり。笑
中でも私が「あぁ、わかるわかる!」と思わず膝をうってしまったのが「匂いという
もの」という第四十一段の章。

【酒井訳】
七月くらい、風が吹いて雨なんかも騒がしい日。だいたいすごく涼しいから、
扇もつい忘れている時、汗の匂いが少しこもっている薄い綿衣を、口もとまで
ひきあげて昼寝をしている気分ときたら、もうすっごく素敵。

私も子供の頃、自分の匂いのするタオルケットにくるまって昼寝するのがなんとも
幸せだったのでした。なんだかニマ~ってしてきちゃうの。
他にも自分の脱いだ服とかの匂いとかも好きだし、運動したあとのTシャツとかを
「汗くさっ」とか思いつつも、クンクン嗅いじゃう時とかあるしさ(変態か?)。
あと好きな人の耳の後ろんとことか嗅ぐのもかなり好きだったり(変態か??)。
もちろんイイ香りも好きだから香水は欠かせないし、アロマテラピーも大好き。

清少納言も好きな匂いは2種類だったとか。
ひとつはお香などの本当に「いい香り」、でもうひとつが↑みたいな有機的な
「匂い」。なんたって清少納言は、牛車の牛をひいている紐の匂いまでかいで
「こんな匂いが好きな私もそうとうへんよね」みたいな事を言っているのだから、
まさに筋金入りの【匂いフェチ】といった感がありますわ。

枕草子のこんな内容を中学・高校でちゃんと教えてくれていたら、私も古文が
苦手にならずにいたのかもなぁ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

さて2日目は

ホテルをチェックアウトして、まずは行ったことが一度もなかった甘酒茶屋に行って
みました。バス停の停留所にもなっている有名な観光名所だけど、いかにも作られ
たといったわざとらしさはなく、杉皮葺きの古い建物は素朴で良い雰囲気でした。
やってくるお客さんがみんな当然のごとく相席するのもなんだかいい感じ。

070218_11220001←甘酒と力餅を食べました。
甘酒はお砂糖がまったく入ってないそうで、けっこう甘味は
強いんだけど後味はしつこくなく、すっきりキレがあります。
甘酒は、ヨーグルトや納豆などと同じ発酵食品で、ビタミン
やアミノ酸を多く含んでいて、かなりスーパーなドリンクなの
だそうです!(病院の点滴注射と同じだって!すご~い!)

力餅は青大豆のきなこの安倍川餅でこれまた美味しくって。
朝ご飯に続いて、美味しいものを食べて満足、満足~♪


Pola070218_13480001さて次に向かったのは仙石原の【ポーラ美術館】
エントランスの透明で青緑色をし
たガラスの重なりが美しい建物。
周囲の木立や日の光との調和
がまたお見事です。
この建物の中にいるだけでうっと
りして時間を忘れてしまうほど…。


今開催中の企画展は「ドガ、ダリ、シャガールのバレエ」でした。
昨年、青森美術館でシャガールのアレコを見てきたせいか、以前よりシャガールに
対する自分の見方が変わったなぁと実感。
(前はあんまり好きじゃなかったんです、シャガールの絵って)

このポーラ美術館、常設作品のクオリティが高くて驚きました。印象派はそんなに興味
ない私でさえ、びっくりです。いやぁ、ポーラ財団ってすごいんだなぁ。
これだけ集めた財力は言わずもがななんだけど、何より美しいものへの追求心、プライド
美を伝えることの責任感のようなものがタダモノではないように感じました。
それはレストランの備品ひとつひとつへの気の配り方からも伝わってくるのです。
これってなかなか出来そうで出来ないと思うのです。地方の美術館とかだと特にね。
椅子、照明までは頑張れても、水を入れるピッチャーとかまで完璧なところは少ない。
それがこのPOLA美術館はパーフェクトでした。本当に感動しました。
実は前日に行った彫刻の森美術館のカフェで使われていた椅子がパントンチェアで、
「デザイナーズチェアなら何でも良いってもんじゃないだろ!ぜんぜん合わないだろ」
と美術館のカフェだというのに安易な家具の選び方をしている彫刻の森美術館にがっ
かりさせられていた私達だったので、POLAでは至福のランチタイムを味わいました。
サービスの方々のきびきびとした接客がまた素晴らしかったし…。良い美術館でした。

帰り道に、塔ノ沢の一の湯本館に行って、立ち寄り湯をいただいてきました。
この温泉旅館は安藤広重の浮世絵にも描かれている歴史のある宿だそうで、
お風呂も露天ではなかったのですが、風情のある良いお風呂でした。
HPを見てみたら、値段が安くてびっくり。食事も美味しいらしいのです。うぅそそられる。
今度は母と一緒に来てみようかなぁと思ったりして。

その母より「最近甘いモノばっかり食べてるからお土産は甘くないモノがいいなぁ」
と今回の箱根旅行に行く前にリクエストがありました。というわけで…、
070219_21440001おみやげは、箱根湯本駅近くの福住屋さんの
「いわしのさつま揚げ」と「皮むきいか塩辛」を買いました。
福住屋さんは、さつま揚げでもお漬物でも何を食べても
ハズレがないと思います。
お茶碗片手に試食したいほどほんとどれも美味しい。

塩辛は白い炊きたてご飯があいますなぁ~。
これだけでお代わり何杯でもいけます!!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

箱根の朝ご飯

今回泊まったのは【箱根ホテル】
芦ノ湖に面したナイスな立地。富士屋ホテル系列で、とってもゴージャスな雰囲気
なのですが、なんと冬季限定で半額(!)で泊まれるのです。めっちゃお得~♪
このホテルの温泉は男女交代制のこじんまりした露天風呂が1つしかないので、
温泉メインの旅行には不向きかもしれないけれど、部屋数が50と少なくて、静か
だし、窓からの眺めをひとりじめしたような感覚が味わえるのです。贅沢だわ~。

Photo_89あと朝食がですね、とっても美味しかったのです。
ホテルのブレックファーストで選べる卵料理あるでしょ?
オムレツ、スクランブル、ポーチドエッグ、とかそういうの。
その中に「豆腐ステーキ」というメニューがあるんです。
お豆腐好きの私なので迷わずそれをオーダーしてみることに。
(←これです) めちゃめちゃ美味しかったなぁ~。
サラダやフルーツなどはビュッフェ形式で、どれも新鮮。
細胞のすみずみまで元気になった気がして大満足でした~。


| | コメント (2)

箱根で温泉三昧

週末に箱根に行ってきました。
あいにくの雨降りだったので、山に行ったり外を歩いたりというのはちょっと無理。
ということで【ユネッサン】という温泉テーマパーク(?)へ行ってみました。

むちゃたくさんのお風呂があったなぁ…。岩風呂・打たせ湯なんていう当たり前の
露天風呂だけじゃなくって、日本酒風呂とか、緑茶風呂、珈琲風呂、ワイン風呂、
唐辛子風呂…etc
「いったいどんな効能が??」と首をかしげたくなる不思議な温泉がもりだくさん!
中でも「ドクターフィッシュ」が体験できるのが面白かったです。

Head04人の古い角質や皮膚の悪い部分を食べてくれるという
珍しい魚の話、最近雑誌とかで見たりしませんか?
そのドクターフィッシュが無料で体験できるの!
(まぁ5分程度なんだけどね。)
最初はくすぐったいしちょっと怖いし、気持ち悪いんだけど、
慣れてくると自分から食べてもらいたくなってくるんだよ~。

「ほれほれ、このへんも食べてみたら~?」なんて、魚に足を差し出しちゃったりして。
私はフットケアに行ったばかりで、あんまり食べてくれなかったんだけど、隣に座った
知らないオヤジの足には、まるで靴下をはいたかのように魚がぐわーー!と集まって
そりゃぁ凄い光景でした。ピラニアだったら骨も無いって感じでしたよ、あれ(笑)

ユネッサンを出た頃にはすっかりお腹も減ったので、夕ご飯を食べに強羅方面に。
駅前の【田むら銀かつ亭】へ行きました。
ここは豆腐かつ煮定食が名物の人気店、その定食は1日50食限定ということで
事前に予約をしておきました。(でも、座席の予約はできないのよ~。)
雨が降っているというのに店の外には人の列。うひゃぁ本当に人気店なのだなぁ。

070217_18290001←これが限定「豆腐かつ煮定食」です。
強羅の有名なお豆腐屋さん「銀豆腐」で特別に作った
お豆腐で挽肉をサンド。それにパン粉をつけて揚げた
カツを土鍋で煮て卵でとじたもの。煮だった土鍋ごと
テーブルに運ばれてきて「ふぅふぅ~」と食べます。
外で20分くらい並んでたせいもあって、おなかがほわ
ぁ~んと温まってきて、美味しかったなぁ。ボリューム
あるんだけどお豆腐だからヘルシーなのもグーね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青山フィットネス事情

職場のある表参道あたりを歩いていると、周囲を見渡すたびに、
あぁ。この世で一番デブなのはこの私だー」と思って落ち込んでしまいます。
(まぁ家に帰る埼京線で新宿、池袋と下るにつれ、その脅迫観念は徐々に薄れ、
さいたまに戻る頃には、まぁごく普通かもなと安心したりもするのですが)

とにかくそのくらい、青山あたりは細い人が多いのです。
みんなお化粧も芸能人並みに上手だけど、それ以上にスタイルが良い!!
この界隈の女性のフィットネスへの関心は、もしかしたら世界一かもしれません!

だからなのか??

Photo_87←こんなジムのチラシをもらいました。
その名も「TAIKO-LAB(太鼓ラボ) 青山」
ダイエット、エアロビクスなどのステップに合わせて
和太鼓をたたく「TAIKOビクスコース」というのが基本コース
なのだそうです。
……。
誰か、やりたいですか?
和太鼓を叩きたい人はこんなのじゃなくて本当の和太鼓教室とか行くだろうし…。
フィットネス目的の人は和太鼓ビクスは選ばないと思うんだけど。どうだろ。


Photo_88 ←で、お次はこれこれ。
表参道にできたイロイハというスポーツジム内にできた
クライミングウォール。
ホールドが額縁だったり鏡、鹿の頭、鳥かご、花瓶
といったインテリアグッズ的なもので作られていて、
とってもおっしゃれーなんだけど、いろんな面で
大丈夫なんでしょうか?とちょっと心配です。(笑)

きれいだなぁとは思うけれど。あと、自分の部屋にあったらいいなぁとか…。
でもまぁ、普通にクライミングやってる人はまずこんなとこでやらないし、ねぇ。
(良く見たらこの写真、ロープ付けてないしねぇ。ありえないっつの)


まぁ、そんなこんなのジム事情ですが、私的ブームは今年もやっぱりヨガですなぁ。
クライミングも再開しなくちゃと思いつつ、腰が重いというのが本音。
もともと不器用なので、ヨガもクライミングも、みたいにいろいろ一緒にできないし。

今年はとにかくアームバランス系にチカラをいれていきたいなぁと思っていて。
まずは三点倒立、いい加減、壁無くてもできるようになりたいっす!
今はぜんぜん出来る気がしないんだけどね、まったくコツがわからない。
でも去年の今頃の自分のブログを見てたら「バカアサナができるようになりたい」って
書いてあったのね。(その頃はぜんぜんできなかった)
今はわりとうまくできるポーズなのです、バカアサナ。
全然進歩してないと思っていても、続けていればすこしずつ上達していくんだなぁと
しみじみ思って、地味に感動するのでありました。ゆっくり頑張ろうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

CKBウィーク!(長文)

9日、11日とCKBのライブに行ってきました。

9日のはJRのコンビニ・NEWDAYS主催(?)の『バレンタイン・ライブ』。
懸賞ハガキを出して当選した人だけが行けるプレミアムライブ。無料!ロハ!
懸賞というわりには、お客さんはCKBのTシャツ着た人ばかりだったけど(笑)。
曲も、『コロ』とか『ドリームランド入り口』とか普通にやってるし。
懸賞で当たったからと初めてライブに来てみた人にとったら、「えっ?何これ?」
みたいな感じじゃなかったかしら?と心配したりして…。いや、大丈夫か、うん。
いつもよりちょい短めのライブながら新年初ライブ、いい汗かいてきましたわ。

で、昨日11日はCKBTMNK(CKB友の会=ファンクラブ)の限定ライブ。
いつも濃度の濃~い客層のCKBライブですが、さらにそれを煮詰めたような選り
すぐりのCKBファンの集まりでして(笑)。
なんかさー。お客さん本当に濃いよ。まじで180%位な感じです(意味不明)。
昨年までは事前にメールで聴きたい曲を投票してもらいそれを演奏する形式だった
のが、今年は当日会場でリクエストを書いて投票箱に入れ、その箱をステージ上に
持ち込み、剣さんが手さぐりで引き出した曲をいきなり演奏していくという形式。
まさにフライディと同じ状態なので、開演前から「何をリクエストした?」なんて話を
してると気持ちがどんどん盛り上がっていくのですよ。
(ちなみに私はアダモの『雪が降る』をリクエスト。…地球温暖化を憂いて、ナンチテ)

さてライブそのものは3時間という長丁場だったわりには、なんだかさらっと終わって
しまったというのが正直な印象。決して悪くはないライブなのだけど、何か物足りない
気分が隠しきれないのが本音です。(贅沢になってるだけなのかもしれません…。)
すっごく楽しみだったリクエストコーナーで出た曲が、わりと『自宅』系が多かったので、
バンドのガツっとした演奏がそれほど聴けず、【どんな曲をリクエストされてもなんとか
演奏しきってしまうハコバン的なバンドの底力】が見れずじまいなのが何より残尿感…。
ただ、「横浜市立 みなと総合高等学校」の校歌は素晴らしかったなぁ。
すっかり高校生な気分で聴いちゃいました。(母校の校歌は歌えないくせして。)
いいなぁあんな良い歌が校歌だなんて生徒達が羨ましい。卒業式で泣くね、絶対。

今回個人的に一番かっこ良かったなぁと思ったのが「レディ・ムスタング」。
あんなかっこいい曲だったのね。CKBってCDで聴いたときはそれほど心に残らなくても
数年後にライブで聴いたらいきなりググっと刺さる曲っていうのがあるのね。ほんと。

Tmnk_t_1ライブのその後は横浜駅で狂剣・愛剣家なお友達と軽く飲み。
で、翌日つまり今日は、本牧とか新山下町あたりとか、CKB
ゆかりの土地ツアーで楽しみました。
ムーンカフェの駐車場にトヨタのピックアップトラックが停まって
るのを見て「あれは逆輸入で…」という言葉を聞くやいなや、
「ギャギャギャギャギャ……、逆輸入っ♪」 「ツイスッ(ト)!」
と路上でジャンプする妙齢女子3人組はどうしたものか…。


↑これは今回、友の会会員限定で買った、女の子Tシャツでーす♪豹が吠えとります。
カックィィイイイネッたらいいねっ!

| | コメント (11)

根津に行ったことを

書くの忘れてた!
先月1月の暖かかった休日、根津にお昼を食べに行きました。

070127_13000001070127_13020001070127_13370001








根津に詳しいオネエサマが、「ちょっといいお店があるの」と連れて行ってくれた
のが、この【山中旅館】。その名の通り、旅館なんです、ここって。
この純和風な門構えの和風旅館で食べるものといえば、普通は懐石料理
だと思うでしょ?でも、ここのお料理はなんと中華料理なんですよ~!!
それもちょっとフレンチみたいな盛りつけのとっても洗練された今っぽい中華
料理なのです。
宿泊しなくてもレストランのみの利用ができるんだけど、旅館だからそれゆえ、
当然、食事をとるのは個室そう客室なんです(笑)。

今回私達はティータイムメニューという3900円のコースを食べてみました。
いやぁ、どれもこれも美味しいものばかりで…。一皿ごとにみんなで「美味しい」
を連発しちゃいます。(個室効果で、かなりくつろげてしまうのよね。笑)

季節感を取り入れたメニュー構成もうれしいし、お肉もお魚も美味しいし、たくさん
お野菜も使われていて、いわゆる中華料理のギトギトとした脂っこさがないの。
お腹の中から身体のすみずみまで食べることを喜ぶようなお料理なのでした。
(コースの写真を一皿一皿いちいち撮るのもなんだか無粋な感じがするので、
お料理写真は一枚のみです。気になる方はお店に行ってご確認下さい。笑)

070127_13010001で、おもしろかったのが、部屋は客室なので当たり前の
ように、ミニ冷蔵庫や湯沸かしセットが置いてあるの。
で、部屋の外には当然、お風呂とトイレがあるのです。
(←この写真参照のこと)

この日もこのお部屋に、夜は宿泊のお客様がいらっしゃる
ということでした。なんだかへんな感じで笑えてしまう…。
(6畳の和室なので1人部屋って感じでしょうか)

上野の美術館を観たり、谷中・根津あたりをお散歩したりしながら、ここで美味しい
中華をいただいて、そのままお泊まりというのはなかなか楽しいかもなぁ~。

お店を出てから、根津駅のそばの【やなか珈琲店】で自宅用に珈琲豆を買いつつ
ミルクコーヒーを飲んだり。あぁ、うまいぜ!やなか珈琲はやっぱ最高!

で、みんなとお別れしたあとは、一人で根津散策に。行ってみたかった着物屋さん
をハシゴしました。(ルート:【ギャラリーうさぎ】【きなこ】【Ponia-pon】
どこのお店もそれぞれの個性があってカワイイ着物がたくさんあってやばかったわ。
あやうく自分の帯の中からお財布を出すところでしたわ。(必死に耐えたわよぉ~)
それにしても歩いている途中で、何度か着物を着ている女の子グループとすれ違
ったりして、根津って着物率高いんだなぁとしみじみ…。いやぁ、良い街だわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ノロウィルスに負けないで

今日、池袋のyoggyでヨガ1本やった帰りに東武デパートの魚屋さんに行ったら、
ぷっくり美味しそうな牡蠣を発見!
ノロウィルスの影響で牡蠣が不人気なのか、かなりお手頃価格でうれしいわぁ~。
家に帰ってさっそくお料理開始~☆

Photo_84 ☆牡蠣のオリーブオイル煮☆
水でざっと洗った牡蠣に黒胡椒と醤油を絡めておく。
(醤油の代わりにしょっつるでもウマイ)
  ↓
10分くらいしたら牡蠣を鍋に入れ、ひたひたに浸かる
程度のオリーブオイルを鍋に入れ、つぶしたにんにくを
3かけ、鷹の爪1コを加え、そのまま弱火で10分弱煮る。
  ↓
好みで柚子胡椒やレモン等で味付けしたらできあがり~♪

Photo_85さーー、熱々の出来たてを食べま~す♪
こんな簡単料理なのですが、ひとくち食べたら、
「ここはイタリア?それともスペイン?」みたいな気分
になるほどの美味しさです。
白ワインとの相性がこれまたばっちりでやばいっす!

似たような料理で【牡蠣のオリーブオイル漬】というのも
ありますが、あっちは1週間保存期間が必要なので
今すぐに食べたいって時は断然こっちがよろしいかと…。

Photo_86で、この料理のすごいところは、鍋に残ったオイル!
これをこんなふうに空き瓶にいれて保存しておいて、
イタリアン牡蠣オイルとして使えることなのです。

軽くトーストしたバケットにつけて食べてもいいし、
調味オイルとして、パスタやリゾットにつかっても
めちゃめちゃ美味しいですよ~!

レストラン顔負けのお料理になること間違いなし!

| | コメント (5)

歩粉のお菓子はきつね色

Photo_81Photo_82残業で遅く家に帰ると、【歩粉】
のスタンダードボックスが届いて
ました。
【歩粉】は以前は通販のみのス
イーツショップだったのですが、
昨年秋に恵比寿にカフェをオー
プンさせたので、しばらく通販
をお休みされてたんですね。


で、年末になってカフェのほうの営業も落ち着いてきたらしく、「12月にまた通販を再開
します」というお知らせがあったので、さっそく注文してみたのです。
…で、待つこと2ヶ月。注文したことも忘れた頃に届いたので、感激もひとしお~!
残業で疲れた身体もすっかり元気になってしまいました(ハハ、単純なカラダだ)

さて、シンプルで可愛らしい箱(スタンダードボックス)の中身は、
■ジンジャーケーキ 
■スコーン 
■ビスコッティ(プレーン&緑茶)
■クッキー(プレーン&緑茶)

それと、お菓子の説明書き+お菓子の作り手である磯谷さんの手書きのメッセージが
入ってます。毎日とても忙しいはずなのに、こうやって一通ずつメッセージを書く彼女の
心配り、嬉しいです。そういうのって大切よね、私も見習おうっと。

Photo_83←これがジンジャーケーキ(どアップ!)です。
明日まで我慢できなくって早速ひとつ食べることにしました。
生地はギューッ!と詰まっていてすごい重量感&厚み。
表面の焼きは強くて香ばしさを感じつつ中身はしっとり。
繊維を舌で感じることができるほどたっぷりの生姜が入って
ます!大人の味だなぁ。しみじみ美味しいなぁ~。

緑茶のクッキーは日曜日の3時のおやつに食べようっと。
これからしばらく日々の珈琲タイムが楽しみになりそう♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »