« 1/3は恒例の初詣 | トップページ | 甘いものまみれ »

アンティークな服に弱いわけで

Kimono今日は久しぶりに母とおでかけ。
銀座の松屋まで【池田重子 日本のおしゃれ展】を見に
行ってきました。
池田さんの着物コレクションの展覧会は毎回行くたびに
「ほぉ……」と感嘆の声しかでてこないような素晴らしい
ものばかり。
もともとお金持ちとはいえ、よくもここまで集めたものだ
と感心してしまいます。着物以外の袋物、帯留、簪など
もどれも細工が美しくてうっとり。眼福とはまさにこのこと。


おしゃれ展のあと、エスカレーターで下の階に下りてみると【URBAN NOMAD展】
をやっていたのでちょいとのぞいてみることに。
【URBAN NOMAD】は常設店舗を持たずに、デパートなどで展示即売をしている中国や
ベトナムの服や雑貨を扱うお店。とは言ってもいわゆるアジアン雑貨のお土産屋さん
のような安っぽいものではなく、どれも美術品のようなものばかり。
特に旧上海の古着は質が良くて、少々値は張るけれど、中国旅行に行ったとしても
自分では見つけることはまずできないようなセンスが良いものが揃っています。
'20~'30年代の服などは日本の着物と同様、昔の人のサイズなので小さめな作りな
んだけど、私の場合はチビッコなのでけっこうイケちゃったり…。チビッコ万歳!

で、ハンガーにかけられていたきれいな黒のチャイナ服に目が奪われていたところを、
すかさずURBANNOMADのオーナー、大倉女史(←ヨーガンレールの元パートナーで
とってもおしゃれな方。あこがれの女性です)に、
「着るだけでも着てみて。着れたら絶対お買い得なのよ。着れる人がいないと思って
とりあえず飾ってるんだけど(笑)」と言われました。
で、せっかくだから着てみるかと、ダメもとの軽い気分で試着室へ。

………。うぅ…。

なんか恐ろしく華奢でタイトな作りなんですけど…。

肩から袖あたりなんて「これって縄抜けの術?」みたいな状態になってくるし。
関節はずさなきゃ入らないって感じなんですけど。

どうしよう、もしかして破れちゃう?やばい?

なんて思いながらも、あら、なんとか着れちゃった!!

試着室から出たら、お店のスタッフもお客さんもなぜかみんなが拍手。
恥ずかしいっての!
周囲がこんな盛り上がっているのに、これ買わなかったら女がすたるってか?
うーーーむ悩む。高いのよねぇ。これから半年は洋服も靴も買えないよなぁ。

と悩んでいたら、母が「買っちゃえ、買っちゃえ」と背中を後から押すではないか。
自分のお金じゃないからって勝手なこと言えるよなぁぁ。悪魔だわ、あの人。

で、結局、買ってしまいました。

(なんか、私今時の中国の女の子よりチャイナ服もってるような気がしてきた…。)

それにしても同じアジアでも中国は恐ろしいほどの立体裁断。着物は真逆。どちら
もそれぞれに美しい。世界に誇れるアジアン・ビューティなのだ!と思いました。


|

« 1/3は恒例の初詣 | トップページ | 甘いものまみれ »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

本当に余談で恐縮ですが、「纏足は性器として機能していた」という話を先日、とある本でィ読み、シナ恐るべし と思っておりました。。。

投稿: 69 | 2007年1月 8日 (月) 17時45分

■69さん
以前勤めていた会社に中国系(でも英語しかしゃべれない)の方がいて、
その人のお婆さんは纏足で足が小さいっていってました。
小さい足なら小さいほどいいところに嫁にいけるらしいのよね~。
実際おばあさんも玉の輿だったらしい。でも「性器として…」のはなしは初耳だわ!

投稿: ok | 2007年1月 8日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/3は恒例の初詣 | トップページ | 甘いものまみれ »