« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

キャラオケでお勉強

昨日は月例カラオケの会(レギュラーメンバー現在4名)。
このカラオケの集まりは基本的に洋楽しか歌っちゃいけないのですが、私の
場合、CKBならOKという特別ルールをいただいて参加してるのです。
昨日も私、洋楽はチープトリックくらいであとはCKB(一部、内藤やす子)のみ。

さて、洋楽カラオケと一口でいっても、歌う人の嗜好がバラバラなのでソウルあり
ハードロックありで、他人の歌を聞いてるだけでもけっこうこれが面白いのだ。
70年代前半のソウルとかって、なんとなく聞いたことはあっても、きちんと「誰の」
「何という曲」かはぜんぜん知らなかったりする私なのですが、それをちゃんと
歌の合間の間奏とかに「この曲はなんちゃらかんちゃらで…」という具合に、プチ
情報を織り交ぜながら歌ってくれたりするのでありがたいわけで。

おかげで「You'll Never Find Another Love Like Mine」もすっかり私、
口ずさめるようになっちゃいましたよ~!>へべさん 
YouTubeで後日、ホンモノ(→Lou Rawls live)を見て復習したりもして。

私ももっと声が良かったら、クールな女子ソウルとか歌うんだがなぁ~。
私が思う“良い女子声”というのは、ちょっとハスキーで、かつ伸びがあるタイプ。
たとえていうなら、Sade(80年代UKソウルの女王)みたいなやつね。
これもYouTubeにあった(めちゃsexy!)→Sade - The Sweetest Taboo

で、さらにもっと強いて言うなら、Dusty Springfieldの声が究極のあこがれなのです。
またまたYouTubeで発見!!名曲です→Dusty Springfield - Spooky
こんなふうに歌えるなら、どんな曲でももどんと来い、強気になれるんだけどなぁ。

どうすればあんな声になるんだろ?
ヘタに喉つぶして、中村あゆみみたいになっちゃったら、えらい困るしなぁ。うーむ。


ダスティ・スプリングフィールド・フォー・カフェ・アプレミディ ダスティ・スプリングフィールド・フォー・カフェ・アプレミディ

アーティスト:ダスティ・スプリングフィールド
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2003/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (9)

MODSでイタリアンでひごもっこすで…

昨日は“B姐ワイン&お食事会(なんだそりゃ)”で、前々から私が気になってた
恵比寿の【フレーゴリ】に行ってきました。
九州男児ふたり(それぞれサービス担当・シェフ担当)が、男気でもてなすお店。
基本はイタリアンだけどフレンチっぽい料理もあり。「美味しく料理できればそれが
一番でしょ」みたいな小さな事にはこだわらない心意気が男らしくて気持ちいいね。

Photo_78←これは馬肉のカルパッチョ。
ロース、バラ、タテガミ、レバー等。
タテガミは脂部分なんだけどこれが爽やかで美味!
レバーはこれまた舌に感じる軽めな鉄分が美味!
全てまったく臭みがなく溶けるほど柔らかいのです。

グリル系も、頬肉、脳、腸、ハラミ、唇、アキレス腱、テール等々、多彩な馬肉が
ずらっと勢揃い。馬肉の他にも、豚足だったり鴨だったり鹿だったり、天草大王っ
ていう鶏肉だったり、肉料理ばかりが店内の黒板に「これでもか!」と書き連ね
てあるの。なんと野菜料理はたったの2品のみという…(笑)。
肉食獣でかつワイン好きにはたまらないお店なのです。


でだ。お店に入った途端驚いたのが、店内に流れてる曲がTHE JAMだったこと!
飲んでるワインが白から赤に移った頃には、ポール・ウェラーがかかってて。
店内を見渡せば、ポールウェラーや映画「BULLITT」のスティーブ・マックイーンの
ポスターが貼ってあって、まるで高校時代に遊びに行った男の子の部屋みたいなの。

Photo_80サービスの村上さんに「ポールウェラー好きなんですか?」と
試しに話しかけたら、いつのまにかMODS談義となりました。
一見コワオモテ男子な村上さん(実は店のオーナー)は、
馬とMODSを語らせたらすこぶる熱い男(笑)なのでした。
…っつうか、イタリアンレストランでなぜわたし達はスモール・
フェイセスの円形ジャケの話やフレッドペリーの話、果ては
ポールウェラーが親子でソープ好き、なんて話をしてるのか。
だいたい、いつの間にこんな雑誌(→)がテーブルの上に?


「かけたい曲何でもかけますよ」なんて言われて、「じゃあ スタジオ 150を!」とか
私もちゃっかりリクエストしたりして、ロック喫茶ですか?この店は…。

そんな感じで、私らB姐達は初めてにも関わらずすっかりお店にうち解けて、デザート
食べた後も、普通のお菓子(チョコフレークとかおにぎりせんべいとか)までいただき、
まるで男友達の家でくつろいでるみたいな気分にさせていただきました。
とはいっても、決してベタベタした慣れ合いみたいな距離感ではないのよね。
あくまでもさっぱりサバサバした接客。小さいお店ですが居心地よかったなぁ。
何より、お料理もワインも美味しかったし♪大満足です!

| | コメント (7)

女だら毛…

Musichair昨日は渋谷DUOまで、MISIC HAIRの一夜限りのライブ
 『女だら毛のピリーソウル』に行ってきました。
MUSICHAIRというのは、
「日本一のマダムギター長見順が、パワフルに叩き
まくるグレイスが、可憐なコブシ柴草玲のピアノ・オル
ガンが、ブルブルブリブリのかわいしのぶのベースが、

ナニワのゴッドねーちゃん大西ユカリのソウルフルなヴォーカルと絡み合う!
そして全員六種六様な曲~歌もたっぷりコーラスと共に味わえる」

というバンドなのですが…、あぁ行って良かった!!
一夜限りという「限定」感の相乗効果も相まって、あの場所であの時間を過ごせた幸福
をココロの底から堪能させていただきました。

メンバーひとりひとりがとにかく巧い!びっくりするほど楽器が、歌が、巧くてかっこいい。
みんな個性バラバラなんだけど、無理して折り合いつけることなく、それぞれの持ち味を
生かしたまま、女の友情っていうか、メンバー同士のリスペクト、信頼感っていうか、姉御
体質というか、結局のところ「人生折り返した女達の」年の功なのか、うま~くひとつの音
にまとめていけてるのがすごいなぁと思いました。
何より、本人達が楽しそうにやってるのがいいのよ。自分も楽器弾きたくなってくるの。

個人的にはマダムギター・長見順の「暴走族のボレロ」をナマで聴きたかったので、その
夢がかなって、最後の方はもう、涙が出る歌ではないのに、ウルっときてしまいました。
ブルースギターって日本人で弾ける人はいないって思ってたのに…すげえや。
あのタメっぷりがさぁ…。ギターがね、生きモノなの。息してるみたいなのよね。

でさ、やっぱ大西ユカリはやっぱタダモノではなかったな。
関西のノリという言葉だけじゃ語れない、お客を全部かっさらってっちゃうチカラ!
彼女が舞台に出てない時もこっちは十分ライブを堪能してるんだけど、でも、お酒飲み
ながら聴いていられる雰囲気だったりするわけです、それまでは。
でも、いったんユカリ姐さんがマイクを持ったら、こっちの身体がわきあがってくるのよ。
踊りたくなる。腰が浮く。一緒に歌いたくなる。あぁ、おそれいりました。

それにしても昨日の客層ですよ。ほんとにねぇ。笑
軽く40overな男子が7割しめてたのに、ネクタイしてる人は5%もいなかったもの。
どういう人達だ?あんたら、みたいな笑。うふふ。不思議な光景でした。


| | コメント (2)

【募集】どなたか…

今さっき、菊地成孔氏の日記を読んでいたら、「歌舞伎町クラブハイツ」という
超ナイスなハコで、2週連続でライブがあると書いてあるじゃありませんか。

 ・3/25(日):クインテット・ライブ・ダブ
 ・4/1(日) :ペペ・トルメント・アスカラール

 
まだチケットの価格、発売日などの詳細はUPされてはいないのですが、これは
なんとしても行きたい!!!
クラブハイツのあのきらびやかなシャンデリアの下で、菊地成孔を聴くなんて、
想像するだけでドキドキしてきた…。あぁうっとり。
ただ、あそこ食べ物&飲み物はロクなもんじゃなかった憶えが…。そのへん
菊地氏(美味しいものがでるところが好きなはず)としてはどうするつもりなのか
興味あるなぁ、実に。

というわけでどなたか一緒に行ってくださる方がいたら、ぜひ御連絡ください。
チケット頑張ってとります。


野生の思考 野生の思考

アーティスト:菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2006/10/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆1/24(水)追記  御連絡いただいた方、ありがとうございました。
               予約枚数に上限があると困りますので、この辺で締切ら
               せていただきます。
               あとはチケット発売日を待つだけ。…ドキドキ。 
  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カレーミーティング新年会

昨日、土曜日はルイさん&たけさん主催のカレーミーティングへ。
今年最初のミーティング会場に選ばれたお店は上野・湯島の【デリー】
デリーファンの私もここ1年くらい行っていなかったので、朝から気分良し。
午後1本ヨガレッスンを受け、すっかりインド人に自分の身体を近づけて(ウソ)
いざ、待ち合わせ場所へゴー!

Delhiやっぱりデリーといえば激辛カシミールカレー。
きっと他のカレーも美味しいんだろうけれど、この店にくると
なぜだかメニューを選ぶ思考力がダウンし、カシミール以外
選べなくなる私なのです。
(←写真は某グルメサイトからこっそり拝借したものです)

いろんなカレー屋さんでいろんな種類の美味しいカレーを食べても、たまにここに帰って
きたくなる味なの。辛さといえば、相当なもんなんだと思うんだけどね。
一口食べるともう、うひゃーー辛い!!でもうまい!!辛い。うまい。(←が延々続く)
ごはんの固さもカレーにぴったりの炊き方。具もシンプルなんだけどしみじみ美味しい。
ミーティング参加者4名、カウンター横並びに座り、みんなでハフハフ言いながら完食。
暑いっ。いい汗かいたぜっ!

Sinsuke_1Photo_75Photo_76








さてカレーミーティングの反省会(という名の二次会)会場は、湯島の【シンスケ】
私は、東京の居酒屋といえばこのシンスケだなぁと思うのです。
日本酒の銘柄が「両関」のみ、というところが実にいさぎよくてかっこいい。
江戸っコっぽい気っ風みたいなものを感じるのだ。
今日のお酒は冬の季節だけ限定の樽酒。熱燗にしてもらいました。樽の木の香りが
ふんわりと鼻先に漂ってきて美味しいお酒でした。あぁ、やっぱり熱燗だよなぁ。
肴は、大間まぐろのぬた、なまこ酢、きつねのラクレットをオーダー。
どれも本当にしみじみ美味しい。シアワセです。

飲みながら、ルイさんにiPodに入れた、ミシェル・ゴンドリーのPVを見せてもらう。
かっこいいなぁ~~。今更ながら「DIRECTORS LABEL」欲しくなっちゃう。
(でも高いから、焼いてください>ルイさん)
たけさんの忙しかったお正月の話が面白かったな。ぜんぜん忙しくなさそうで…。笑
『マリー・アントワネット』おたがい早く見て、感想話しあいましょう。
お初のnororiさんは、音楽詳しそうで、カレーの激辛にも強そうで、掘れば掘るほど
面白い発見がありそうなクールビューティな女性でした。

2つとも良い店だったシアワセ感にひたりつつ、家に帰ると『あるある』の納豆特集が
捏造だったというニュース。やったー!これで納豆が普通に買えるわ。良かった~。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

【土地】のチーズチヂミっ☆☆

Photo_67今年初の韓国料理は、
大久保の【土地】というお店になりました。
↑土地と書いて「タート」と読むそうです。
(まあ、土地(とち)って普通に呼んじゃうけどさ)
Jさんが前からウマイウマイと言っていたし、他の韓国料理系
ブロガ-も絶賛しているので、ずーっと私はそそられてたお店
なの~。昨日、やっと念願かなって連れてってもらいました!


ちょっと遅刻してお店について、お店の扉をあけたらその熱気にびっくり!
こじんまりした店とはいえ、全テーブル満席でした。店内女子率高かったですな~。
席はぜんぶ板の間の座敷席。店内のテレビで韓国ドラマが流れてて、お母さんが
調理担当で子供が運ぶという、韓国で普通によくある食堂のような雰囲気。
もっとも私が好きなタイプの韓国料理屋です。「これは期待できるぞ!」って確信!

つきだし6品を食べながらビールを飲み、注文したもの食べ物が出てくるのを待ちます。
待ちます。待ちます。………、うーーんなかなか来ない。
(お母さん一人で作ってるので、かなり時間がかかるのだ。そこはガマンガマン)


Photo_68←最初にでてきた、水餃子
見た目はちと地味ですが、ふわっふわでアツアツで、
肉汁がじゅるじゅるであっさりしてて、うまいっ!
ピリ辛の醤油ベースのタレにつけて食べるんだけど
何個でも食べれちゃいます。


Photo_69Photo_70

で、キターーーッ!
これが噂のチーズチヂミだっ!
鉄板に熱々なまま載せられて
くるので、音からにおいからもう、
辛抱たまらん感じです。
表面のツヤツヤに光ってるのもまたそそられますなぁ。
外側は鉄板でカリカリッてクリスピーな歯触りで、中身は
ふんわりとろとろーーにチーズがとろけるの。

こんなチヂミ、けっこう韓国料理キャリアの長い私も、初体験の味ですよ。
この後に出てきた「土地麻チヂミ」。麻といっても○麻とかヤバイもんが入っている
わけではもちろんなくって、山芋がふんだんに使われているチヂミです。
これまたふわっふわでやみつきになりそうな味。あっさりしててこっちも好きだわ。

Photo_71チヂミのあとも、お料理は次々と運ばれてきます。
サムギョプサル(三枚肉)を焼き焼きして、お野菜に
包んで食べたり~、
「春雨炒め」食べたり~、
「タコ炒め」(正式名わからん)食べたり~。

とにかくどれ食べても美味しかった!胃袋脹らみすぎました、まじで。
特にタコ炒めは美味しかった。後から投入したお素麺と海苔がまたマジウマでした!!

Photo_72マッコルリ、たくさん飲んじゃった~。

デヘヘ、皆さんのお勘定代、上げてたらすんません。

でもあれだけ食べて飲んで、4千円いってないんだから、
めちゃめちゃ安い店ですよねぇ~。

またぜひ行こうっと!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

白米よりもむしろ雑穀が好き

Photo_66←今日のお弁当。おにぎりは五穀米です。
五穀米とかって、ナチュラルフードショップだとかだと割高
なので、もっぱら私は韓国系スーパーで購入。
もともと韓国の伝統食は、生食(センシク)といって雑穀米
が基本だったから韓国系の食料品店では、つぶつぶ系の
お米がたくさん売ってるのね。
確か旧暦の1月15日(←多分。間違ってたらごめんなさい)
には五穀飯とナムルを食べる習慣もあるって、韓国語教室
で聞いたような覚えもあり。
雑穀や玄米の食感が好きなんだよねぇ。白米よりもむしろ好き。
新米の美味しさもわかるんだけど、でもやっぱりつぶつぶ系のほうが好きだな~。

さて今日は、会社帰りに久しぶりにホット・ヨガに行ってきました。
寒いから身体温めようかなぁっと思ったんです。トライアル1500円で安かったし。
問い合わせたら今日空いてるクラスは上級クラスだけですと言われたんだけど、
まぁヨガの経験も有るから大丈夫だろうと、上級クラスにトライ♪
結果、楽勝でした!

2年ぶりにホットヨガをやってみての感想はといえば、
私にはホットヨガより普通のヨガのほうが身体にも心にも効く気がしたなぁ。
まず何と言ってもインストラクターがヨガスタジオのインストラクターとは全然違う。
ホットヨガのは、ヨガの先生というより、エアロビっつうかスポーツクラブ系なのね。
あのエアロビの先生みたいな独特の言い回しが、まったくもってヨギーっぽくない!
身体はいくらストレッチで伸ばしていても、心はそれほど解放させない感じ。
まぁ汗はしたたり落ちるなんてもんじゃないほど出たから気持ちよかったけどね。

でも普段やってるヨガは、もっともっともっともっと気持ちいいからさぁ~。
ココロが気持ちいいと、よりいっそう身体の柔軟性が高まる気がするのよね。
やっぱ健康な肉体は健康な精神にあり、なんだなぁとしみじみ。

| | コメント (8)

納豆と写真と着物(関連無し)

近所のスーパーに行ったら、ここ数日一つ残らず売り切れ状態だった納豆が
今朝はちょこっとだけど入荷されてました。ほっとしました~。
常食している人の身にもなってほしいの> 「あるある大辞典」信者の方々

「○○すればやせる」「△△△を食べればやせる」 そういう甘い言葉に
ふらっとなるのもわかるんだけど、でも、そう簡単にいくんだったら、この世に
デブという言葉はないはずで…。
結局のところ、痩せたければ地道に身体動かして筋肉増やすのが一番なん
じゃないのかなぁ。(←自分にも言い聞かせてます)
経験から言っても、食べ物でダイエットなんて成功した試しがないもん。


まぁ、そんな事はいいとして…(無事、納豆買えたしね)。
昨日は歌子ちゃんの写真のグループ展を見に行ってきました。
mixiで知り合った写真仲間の方々と合同展を開くことになったそうです。
mixiって最近は会員数も膨大になって、いろいろ問題もあるみたいだけれど
こんなふうに上手に利用していければ優れたツールだと思うな。
写真展、私はプロのカメラマンの写真展しか今までいったことなかったので
新鮮な気分でした。学園祭の教室に入り込んだみたいで楽しかった!
撮り手の「撮りたいっ」って気持ちが素直に伝わってくるのがいいのね。
写真展は今日日曜日までで、あっという間に撤収作業らしい。
出展者の皆さんは達成感とともに少し寂しい気分になったりするんだろうな。

そうそうギャラリーに行く前、表参道のアンティック着物屋さんに寄ってみました。
【大山キモノ ちぇらうな·ぽるた】というお店で、以前は別の場所にあったのが
最近移転してリニューアルオープンしたのです。
店構えは前より高級な感じになったにも関わらず、お値段は以前と変わらず
可愛い価格帯(帯締め千円とか、帯4千円とか)で嬉しかった♪
オフホワイトの塩瀬の名古屋帯に心惹かれましたが、衝動買いは控えるように
自分に誓いをたてたばかりなのでグッと我慢。
でもこのお店、会社からものすごく近いので、ちょくちょく通ってしまいそうだわ。
(ご利用は計画的にね>自分)
一緒にお店に付き合わせてしまったjunpちゃんも、着物を羽織らせてもらったり
楽しんでいたみたいだったので安心しました。
着物好きのお友達がもっと増えるといいなぁ。(地道に草の根運動…笑)。

| | コメント (5)

最近、気持ちの悪いモノ

新年あけてから、テレビでやたらヘンテコなCM流れてませんか?
パワーなんちゃらっつう本を無料でくれるとかいうやつ。

あの宗教色の強さ、それ以上になんともいえない胡散臭さが薄気味悪いのよね。

「異邦人」歌ってた人とか、元フィギュアスケートの人とかはすでに過去の人だし、
まぁなんというか、よしとして…。
verbalとか(最初見たとき超あせった!!)、 ヒルマン監督とかはどうしたものかね。

私、決して、宗教を信じる人を否定してるわけじゃないんです。
ただ、あんなにバンバンCM流せて、新聞広告出せる宗教団体っていうのがどうも
腑に落ちないわけで。(そのお金で飢える人を相当数、救えるんじゃないか、おい)

って思っていたら、ドイツではここの教団のCMが放映中止になったってか!!
やっぱりね~。胡散臭いとこなんだなぁ、きっと。
心が弱っている人、要注意してくださいね。
まぁ、それでも信じたければ信じるが良し。
ただ、宗教は信じるものであって、決して頼るモノではないことを忘れずに!


| | コメント (11)

甘いものまみれ

昨日は、今の体型でギリギリサイズなチャイナ服を衝動買いしてしまったわけで。
(詳細は昨日の日記のとおり)
もはや私は今後500グラムも太れないことが決定したわけです。(まじで冷や汗)

そんな強迫観念にやられたためか、昨日は甘い物ばかり食べてしまいました。
精神的に追い込まれるとヤバイタイプなんだ、私って。

銀座散策の途中には【東京羊羹】の喫茶室へ。
以前あった中央通りから、銀座の中心から少しはずれに移動したせいか街の
喧噪がウソのように静かでゆっくりお茶ができる喫茶コーナーなの。
土日の銀座ってどこも混んでてお茶するのにもいちいち並ぶじゃないですか、
あれって本当にイヤです。ちっとも休んだ気分になれないんだもん。
でもここは広々としているし、待たずに座れるし、穴場中の穴場です。
甘味メニューもどれをとってみても美味しいしね。ほんと、お勧め☆
今日はここの【抹茶しぐれ】を食べました。抹茶の苦みがたまらん!

Photo_63おみやげには銀座松屋で芦屋タカトラのシュークリーム
を買ってみました。
←ケーキボックスがめちゃカワイイかった~♪
いろんな動物がスキーしちゃってます。


他にもいろんなケーキボックスがあるみたいで、水っぽいアニマル柄(虎柄)の箱など
もあるみたいです。芦屋本店には虎のデカイ置物とかあるらしい(ますます夜な香り)

Photo_65オーソドックスなカスタードクリームの他、抹茶、クリームチーズ、
キャラメルなど種類もいろいろありました。私は、チョココーティ
ングがしっかりしてあるエクレアをチョイスしてみました。
このチョコ(ベルギー産らしい)が甘味抑えめでめちゃおいしい。
クリームのカスタードはふつうのよりさらさらっと柔らかめ。
カスタードクリームと言うと、もたっとした舌触りのものが多い
けれど、ここのは口に入れるとすっと溶けていく感じでした。

このタカトラ、芦屋本店では神戸マダム達がこぞって買いに行くらしいです。
美味しかったけど、そこまでの味かなぁ~?って気もしないではないけど。(小声で)
やっぱり、ラッピングなどの付加価値あっての人気なのか?まぁそれも大事ですが。


070106_23320001これはおまけ。WONKAのチョコレートです!
あの『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカチョコ!!
実際にあったんだなぁと感涙。迷わず買っちゃいました。
開ける前に「金のチケット入ってたらどうしよう~」と
ドキドキしちゃった。

残念ながら金のチケットは入ってなかったけど、中身は美味しかったです。
甘ぁ~いキャラメルっぽいのがトロ~リしてるの。
このトロ~リを維持させるために、パッケージの裏面には、
【保存方法:高温(28℃以上)】
と表示が…。チョコで高温保存!!!とは驚きです。新鮮な響きだわ。
開発者の熱意がビンビンに伝わってきました。板チョコ一枚も馬鹿にできないね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アンティークな服に弱いわけで

Kimono今日は久しぶりに母とおでかけ。
銀座の松屋まで【池田重子 日本のおしゃれ展】を見に
行ってきました。
池田さんの着物コレクションの展覧会は毎回行くたびに
「ほぉ……」と感嘆の声しかでてこないような素晴らしい
ものばかり。
もともとお金持ちとはいえ、よくもここまで集めたものだ
と感心してしまいます。着物以外の袋物、帯留、簪など
もどれも細工が美しくてうっとり。眼福とはまさにこのこと。


おしゃれ展のあと、エスカレーターで下の階に下りてみると【URBAN NOMAD展】
をやっていたのでちょいとのぞいてみることに。
【URBAN NOMAD】は常設店舗を持たずに、デパートなどで展示即売をしている中国や
ベトナムの服や雑貨を扱うお店。とは言ってもいわゆるアジアン雑貨のお土産屋さん
のような安っぽいものではなく、どれも美術品のようなものばかり。
特に旧上海の古着は質が良くて、少々値は張るけれど、中国旅行に行ったとしても
自分では見つけることはまずできないようなセンスが良いものが揃っています。
'20~'30年代の服などは日本の着物と同様、昔の人のサイズなので小さめな作りな
んだけど、私の場合はチビッコなのでけっこうイケちゃったり…。チビッコ万歳!

で、ハンガーにかけられていたきれいな黒のチャイナ服に目が奪われていたところを、
すかさずURBANNOMADのオーナー、大倉女史(←ヨーガンレールの元パートナーで
とってもおしゃれな方。あこがれの女性です)に、
「着るだけでも着てみて。着れたら絶対お買い得なのよ。着れる人がいないと思って
とりあえず飾ってるんだけど(笑)」と言われました。
で、せっかくだから着てみるかと、ダメもとの軽い気分で試着室へ。

………。うぅ…。

なんか恐ろしく華奢でタイトな作りなんですけど…。

肩から袖あたりなんて「これって縄抜けの術?」みたいな状態になってくるし。
関節はずさなきゃ入らないって感じなんですけど。

どうしよう、もしかして破れちゃう?やばい?

なんて思いながらも、あら、なんとか着れちゃった!!

試着室から出たら、お店のスタッフもお客さんもなぜかみんなが拍手。
恥ずかしいっての!
周囲がこんな盛り上がっているのに、これ買わなかったら女がすたるってか?
うーーーむ悩む。高いのよねぇ。これから半年は洋服も靴も買えないよなぁ。

と悩んでいたら、母が「買っちゃえ、買っちゃえ」と背中を後から押すではないか。
自分のお金じゃないからって勝手なこと言えるよなぁぁ。悪魔だわ、あの人。

で、結局、買ってしまいました。

(なんか、私今時の中国の女の子よりチャイナ服もってるような気がしてきた…。)

それにしても同じアジアでも中国は恐ろしいほどの立体裁断。着物は真逆。どちら
もそれぞれに美しい。世界に誇れるアジアン・ビューティなのだ!と思いました。


| | コメント (2)

1/3は恒例の初詣

Nakamise今日は浅草寺に初詣行ってきました。
毎年初詣の日はちゃんと晴れてくれて嬉しい♪
(なぜなら着物が着れるから^^)

←仲見世はこんなに混んでいて、賽銭箱に
辿りつくまで、エライ時間がかかったけれど
今年は暖かかったので、ずっと外にいたわり
には、それほど寒くはなかったなぁ。


Kichi←おみくじひきました~。去年と一緒の【吉】。

でも去年の【吉】のおみくじと比べてみるとね、
微妙に書いてある内容が違ってたの。びっくり。
芸が細かいね!(当たり前なのか?)

「願望」後になって叶えられるでしょう。「結婚・付き合い」全て良いでしょう(!)。
その他「病気」、「失物」、「引っ越し」も全て「良いでしょう」でした。やったぜ☆
【吉】でこれだけ良いなんて、【大吉】だとどんなに良いこと書かれてるんだろね。笑


Photo_61Ojisan_2

お参りしたあとは毎年恒例の
【駒形どぜう】へ。
今年もどぜう屋のおじさんは
元気に店の前に立ってました。
お正月の風景だなぁとしみじみ。

火鉢の前に座り自分達の名前
が呼ばれるのをじっと待つのだ。
(うぅ、お腹ペコペコすぎ~~)


1fPhoto_62待つこと1時間強、やっと入ること
ができました。
中へ入った途端、桟敷席の賑わい
が目に入りテンションが上がる!

さぁ、食べるぞ食べるぞー!!

↑これがどぜう鍋(1人前)です。炭火というのも風情有。
七味・山椒・卵など、薬味の違いでいろんな味を楽しめます。


どぜう鍋の他にもどぜうの唐揚や鯉こく、どぜう汁なども頼んで食うべし食うべし!
どれも美味しくって、燗した日本酒にまた合うのよ。あぁ酔った~、シアワセ~♪
あっそうそう。
どぜう鍋用の鍋って割り下がじゃぶじゃぶこぼれるくらい底が浅いのね。
「なんでこんな形してるんだろう」と前から不思議だったんですけど、どうやら
割り下が早く沸騰するためという、短気な江戸っ子らしい理由なのだそうです。
笑っちゃった。短気すぎだよ、江戸っ子!!
どじょうはコラーゲンたっぷりだし、ネギもゴボウもたっぷり食べれるので、美容に
とってもいいんですよ~。
「どじょう、気持ちワル~~い。食べれな~い」なんて言ってる女子は大損すると
思いますわよ!!

さてと、明日からはまた会社(がっくし)。 うぅ気合い入れるぞ!おやすみなさい。

| | コメント (9)

あけましておめでとうございます

Akeome あけましておめでとうございます♪

昨年中はいろいろお世話になりました。

今年も楽しいこと、たくさんあるといいなぁ。

みんなが幸せになるといいなぁ。切に願うわ。

フツツカモノの私ですが、今年もよろしくお願いします!

| | コメント (15)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »