« 青森美術館で【アレコ】を見た | トップページ | 遺跡と八甲田山と »

「あおもり犬」とかカレーとか

20051031_93689青森美術館で、もうひとつとても楽しみにしていた展示が
奈良美智の「あおもり犬」
高さ8メートルという巨大な犬のオブジェです。

以前から雑誌や美術館の告知などで、写真は目にしてた
ので、早くこの目で実物を見たいと思っていたわけですが。
実際に展示された場所に行ってみた私は、ちょっとだけ
寂しい気分になってしまいました。


だって、建物の外壁に囲まれた屋外に置かれているのをガラス越しに見学することしか
できないんですよ~。↑こんなふうに、そばに寄ったり、触ったりしたかったのにな。

まるで動物園の檻の中にいるようなあおもり犬は、うなだれ具合がなんとも寂しげ…。
冬になって雪が降ったら、あの場所は間違いなく雪が積もっていくのでしょう。
雪の中にたたずむあおもり犬はますます、哀愁をおびていくのだろうなぁ。
まさか、それが狙いだったりするのか?


Photo_28さて、気を取り直して、美術館のカフェレストランでお昼ごはん。
「混雑している時間なのでカレーしか出せません」というので、
“津軽地鶏とリンゴのカレー”を食べました。
お子様も食べれそうな甘いカレーはなんとも懐かしい味でした。
(そういや、昨日の夜もカレーを食べたんだっけ。忘れてた)

←お皿に、青森美術館のマーク。かわいい~ね♪


ミュージアムショップにも寄ってみました。青森美術館オリジナルグッズがわりと少なか
ったのがもったいない!シンボルマークのTシャツとかあったら絶対売れるのになぁ。
もっと商魂たくましく、企画開発頑張ってください!>関係者各位

|

« 青森美術館で【アレコ】を見た | トップページ | 遺跡と八甲田山と »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

わんこが哀愁を帯びていてなんともいえない気持ちになりますね~

美術館のロゴ可愛い!
シンプルで雰囲気があって。
そういえば、前に観光で行った、
青森のシンボルタワービル(名前忘れた)は
青森の「A」をイメージした三角形の建物でした。

投稿: junp | 2006年9月26日 (火) 17時22分

■junpさん
そうなの、ロゴかわいいでしょ。
デザインは菊地敦己さんというデザイナーなんだけど、いろんなところにこの青い木がいて楽しかったよ。
あと場内のサインもすべて完璧に同じ書体を使っているのがすごかったよ~。
http://www.aomori-museum.jp/ja/about/vi/

投稿: ok | 2006年9月27日 (水) 01時08分

金沢21世紀美術館では、今週末から
ナラ・ヨシトモ展が始ります
つーか、来年春までの滞在制作なので
その間、いーっぱい楽しげなイベントありマス
「着ぐるみツアー」とか(小学生限定やけど、okさんはOKかも)

http://www.kanazawa21.jp/ja/index.html

投稿: ワシ | 2006年9月27日 (水) 08時14分

「あおもり犬」すごく可愛い(*^_^*)
でも,近くに行けないなんて・・・(T_T)
日本の美術館は,もっと公開して欲しいですね.
写真も撮れない美術館なんて・・・

投稿: やんと | 2006年9月27日 (水) 16時08分

■ワシさん
キャア~♪
来年の寒い頃、うちのおかん連れて金沢行こうと思ってたのよ。
やったね、行く行く!アテンドしてくれはる?>ワシさん

だぁぁぁぁ~!!着ぐるみ着たいっ!!!
小学生のサイズってどのくらい?私、イケるんじゃないか、もしかしたら。
あぁ、金沢の子供がうらやましい~。

投稿: ok | 2006年9月27日 (水) 18時50分

■やんとさん
そう、すごく可愛いけど、すごく大きいんですよ。とてつもなく!
三内丸山遺跡が隣にあるだけあってここの美術館はいろいろスケールが大きいものが多いです。
美術館側の管理面でいったら「壊れたら」「ケガされたら」「いたずら書きされたら」
とかいろいろ考えてしまうのでしょうけれど、なんか本当に寂しかったですぅ。

投稿: ok | 2006年9月27日 (水) 19時01分

アテンド? するするするさ

おかあさまがご一緒なら 
金沢の豪華絢爛な加賀懐石がいいだろう

食事にいこう 食事にいこう
エビ・カニ・ブリに太郎の鍋

買い物にいこう 買い物にいこう
友禅・九谷・輪島塗

そこで問題なのがぁ~ カネがないということだー
とにかく全然カネがないんだぁ~

って、こういう素敵な言い訳教えたの
okさんだからねー(爆)

投稿: ワシ | 2006年9月30日 (土) 12時58分

■ワシさん
スポルトマジック~!!替え歌うますぎです!!
今度こそ、「太郎」の鍋を食べたいよぉ~。

投稿: ok | 2006年9月30日 (土) 22時39分

え??あおもり犬には触れないのですね・・・。静かにショックを受けてます。もう自分の中では、どんなポーズで写真に写ろうか構想を練っていたのに・・・。
うなだれている意味が良く分かりました。

投稿: 歌子 | 2006年10月 2日 (月) 01時41分

■歌子さん
そうなんですよーーー(渋い顔で読め)。
ガラス越しでえらく遠く感じます。上からものぞけないみたいだし。
ミュージアムショップにも「あおもり犬」グッズとかぜんぜん無いし
ツメが甘いっていうか、つめてないよなぁ>青森美術館


投稿: ok | 2006年10月 2日 (月) 13時24分

こんにちは。

私も「あおもり犬」の見せ方に落胆したひとりです。

まずはシャガールの「アレコ」展に力をかけすぎて、他のところに目がいっていないような気がしました。

これからが正念場、といったところですね。

投稿: photo_hiyori | 2006年10月 3日 (火) 14時58分

■photo hiyoriさま
TBありがとうございます。またそちらのブログにも遊びにいきますね☆
そうですねー、きっと【アレコ】で頑張りすぎちゃったのかも…。
あと、青木さんの建物と、菊地さんのデザインとで精魂使い果たした、と
いうところなのかもしれませんね。

ハコ作ることだけ一生懸命で、そこで人がどう楽しむかに気を回す余裕が
無かったんだろうなぁ~。ガンバってほしいです!!

投稿: ok | 2006年10月 4日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/3573454

この記事へのトラックバック一覧です: 「あおもり犬」とかカレーとか:

» 「あおもり犬」に触ってみたいっ! [明日も写真日和。:RE]
懲りずに青森県立美術館ネタを。 今回は、リピーターを呼び寄せる、あるいは大勢のお客さまに足を運んでもらうための前向きな提言である。しばし、お付き合い願いたい。 弘前市出身のアーティスト、奈良美智さんのコミッションワーク「あおもり犬」がこの美術館のシンボル的な存在になっているが、私はその見せ方が気に入らない。 来館者はガラス越しにしか見られないからだ。 が、これまでの報道やPR媒体を見ると、そういった注釈は少ない。 この代表例が「美術手帖」06年8月号の表紙だ。 この表紙を... [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 14時59分

» 青森県知事からのメール [明日も写真日和。]
青森県立美術館のコミッションワーク「あおもり犬」は、シャガールの舞台背景画同様、同美術館の象徴的な存在であると認識しているが、どうもその見せ方には釈然としない部分があって、これまでも、この場などで所感を述べてきた。 「あおもり犬」の悲しき後ろ姿 「あおもり..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 15時04分

« 青森美術館で【アレコ】を見た | トップページ | 遺跡と八甲田山と »