« 『AMANOGAWA』のPV解禁♪ | トップページ | ヨガフェスタ、行ってきました »

お姉様達に刺激を受けた日

Photo_23今日は、ひょんな事から都内にある水森亜土さん
お宅にお邪魔してきました。
亜土ちゃん本人は、お仕事でお留守だったのだけど、
もうすぐ始まる個展の準備もあって、通されたお部屋
にはたくさんの原画(油彩ばかり)があふれていて
亜土ワールドを堪能してきました。


コケティッシュで可愛い絵は、も~~その場で持って帰っちゃいって気分でした。
(昔から、亜土ちゃんの描く女の子のお尻とか二の腕のぷくぷくっとした雰囲気が
大好きなの~!超興奮しました)

今回のお宅訪問の目的は、亜土ちゃんのおうちに眠っている古着の着物を処分
することに立ち会うことでして、実は私の下心としては、亜土ちゃんよりも、その
着物処分のためにおよびした着物スタイリストの小林布未子さんとお話ができる
ことだったりしたのですが…。

小林さんは、着物業界だけではなく、とにかく多方面で顔がとっても広い方で、
「えっ!」と絶句するような方のお名前(団鬼六とか)を普通にお話するんだけど、
それを特別すごいことのようにはぜんぜん思っていないのがかっこよかったな。
オトコマエでなおかつ細やかな気遣いもできて、フリーで仕事をしていく女性は
こうでなきゃなぁ~と思わせる方でした。

だいたい、私のような面識もないただのOLが「古着処分のことでお知恵を貸して
ください」というメールを出したら、すぐに反応していろいろ動いてくださったわけで…。
なんていい人なんでしょう。感動してます、ほんと。

そして、自画自賛ではないですが、今回、亜土ちゃんと小林さんをつなげることに
なったのは私の功績だったりもしないでもないわけですのよ。
(今日の亜土宅訪問がきっかけで、なんだか新しいお仕事の話もふくらみそうだし)

なかなか、ただのOLのチカラも捨てたもんじゃないなと思ったりもして。えへへ。


|

« 『AMANOGAWA』のPV解禁♪ | トップページ | ヨガフェスタ、行ってきました »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

亜土ちゃんと言えば個人的に思い出すのは
「戦争に反対する唯一の手段は。
ピチカート・ファイヴうたことば。」の「皆笑った」のカバーで。人と人をつなげたことで、割と自分でもよかったと思ったミラクルは、杉並と練馬のシングルマザー2人を引き合わせて「吉祥寺スタバ会(たまにビール)」を作ったことでした。共通点はどちらも自分でCKBを布教した相手(爆)。

投稿: sammy_doublejoy69 | 2006年9月16日 (土) 04時55分

いいですね~。その運命的な現場に立ち会えたなんて羨ましい!しかも、その手引き(・・・・って言うと悪事みたいですね:笑)をしたとあっては、人生の面白さを感じます。
して・・・、着物の処分は順調に進みましたか?案外これが気になることだったりして。

投稿: 歌子 | 2006年9月16日 (土) 09時30分

■69さん
私、あのアルバムすごく好きです。野宮真貴さんが歌うよりむしろイイとさえ思ったり。
デュークエイセスとかカッコイイなぁとかさ、思いませんでした?
「皆笑った」は可愛くて泣けた。だって実際若くないわけで、彼女は。

こないだOさんの占いで、私は人間関係、人との結びつきがキーワードみたいな事を
言われたばかりだったので、今日の出来事は「こういうことね」と思わずにはいられ
ませんでした。
「吉祥寺スタバ会」いいなぁ、楽しそう!今度仲間いれてください。
(産んでないのですが 笑)

投稿: ok | 2006年9月16日 (土) 11時06分

■歌子さん
うん、人生は面白い、と実感した一日でした。
着物は思ったほど亜土テイストではなかったのでこれという出物はなかったんだよね~。
だから最初着物をみている時は、あぁここまで連れてきて(小林さんと某ビンテージ
着物屋のオーナーさん)、失敗したかと思った。(泣)
でも、その後にけっこう話が拡がって、面白いことが起こりそうな気配です。

楽しかったといえば、私が
「こないだ発売されたばかりの「○緒」は正直着物に面白みがなかったです」と言ったら、
「やっぱり?なんかスタイリングとか普通っつうか、ダサくなっちゃったわよね」みたいな事を小林さんもオーナーさんも話していて、あぁ私の着物センスはなかなか悪くないわとホッとしました。

投稿: ok | 2006年9月16日 (土) 11時12分

あ、参加しますか。ま、私も産んでもらったりも育ててもいないんですけど、子どもに関しては免疫(笑)ができました。子どもと思って話すとダメですね。いい加減なことばっかり教えてすぐ怒られますが。

投稿: sammy_doublejoy69 | 2006年9月16日 (土) 12時50分

『○緒』の最新号!忘れてました。
面白くない着物・・・う~む。そうなんですか。他の着物雑誌にないあのセンスが命なのに。(といいつつ買ってしまうと思います、笑。)

投稿: chizu | 2006年9月16日 (土) 14時17分

■69さん
ぜひ、参加って方向で!

>子供と思って話すとダメ
あぁ、なんかそうかも。そうなのかもしれんなぁ~~妙に納得。


■chizuさん
『○緒』。発売日初日に期待まんまんで買った私ですが…。
スタイリングがね、なんていうか当たり前、っていうか無難すぎるという感じで。
もう少し色合わせとか素材とか『○緒』ならではみたいなものを感じさせるものが
あっても良いのでは?と思わなくもなかったのです。
私の目があの雑誌に慣れちゃったせいかなぁ、と思っていたんだけどね。
小林さんが
「あの雑誌、創刊当時は着物業界じゃない人達が作り上げてきたものだったので、
発想が新鮮だったり業界の外ならではの感性があったんだけど、だんだん雑誌が
売れてきちゃうと編集に関わる人が増えてしがらみとかもできてきちゃうし、冒険が
できなくなっちゃうのかしらね~。『inRed』の着物特集のほうが心躍るし…。
かえって『着物サロン』のほうがよっぽど斬新だったりしてね…。」なんて言ってた。
私が着物を着るきっかけになった大事な雑誌なだけに頑張って欲しいなぁ。

投稿: ok | 2006年9月16日 (土) 15時52分

そうそうそうそう、デュークエイセス、いいっすよね。あれ聞いても軽く死にたくなるっす(笑)。奇跡のオリジナル超え多数収録&これからが聴くのにいい季節かもですね。
子どもは、つか、赤ん坊が言葉を覚えた時点で人の仲間入りなんだにゃーと、他人の子を見てて思いましたでした。赤ん坊は動物だと思ってますけど(笑)。

投稿: sammy_doublejoy69 | 2006年9月16日 (土) 19時55分

(∂_∂)\(*^-^*)/(∂_∂)

、、っていうイメージしかないなぁ(ゴメンw)

投稿: sf400 | 2006年9月16日 (土) 23時30分

■sf400さん
そうそう、そういうイメージでいいみたいよ。本人としても…。
だれに対しても挨拶は「チャオ♪」だそうです。幼稚園児にも、どこかの国の偉い人でも。

で、本業はあくまでも歌手であり、絵は副業なのだそうで~す。
いまだに月に何度もライブをやっているのはすごいと思う(年齢いくつだ?)

投稿: ok | 2006年9月17日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『AMANOGAWA』のPV解禁♪ | トップページ | ヨガフェスタ、行ってきました »