« 不器用で不思議でうまいカレー屋 | トップページ | 「あおもり犬」とかカレーとか »

青森美術館で【アレコ】を見た

Aomoriart_1Aomorima_1この週末、青森へ一泊旅行に行って
きました。
新幹線と特急を乗り継ぎ、青森駅に
着き、まず最初に訪れたのが、ここ。
今回の旅の目的のひとつ、今年の夏
オープンしたばかりの青森県立美術館


数年前から「青森にできる美術館は床が土なんだって」とか「青森の美術館は地下に
できるらしい」などという噂を聞いていたので、展示物よりもむしろ建物そのものに興味
があった私ですが、実際に外観を目の前にしたら、あまりの素っ気なさにちょっと拍子
抜け。正直、それほどグッとくる建築物ではありませんでした。
(まぁ好みの問題だし、こういうのは)

建物の中は、通路が無く、部屋と部屋が直につながっている形なので、動線がいわゆ
る一筆書きではありません。だから、自分がどこの展示室へ向かっているのかが、少し
わかりづらかったりします。が、この迷路感覚を楽しめる人には案外、面白い空間構成
かもしれないですね。
天井がものすごく高いので、地下にいるような感覚は無く、開放感さえ感じられます。
これだけ高いと、天井に付いた照明の明度調整は、なかなか難しいだろうなぁ…。
(展示のたび、ここの学芸員さん達は苦労するのではないかしら。ご苦労様です)

01_01_2さて、開館記念展示はシャガールの【アレコ】
シャガールが、NYのバレエ団から依頼を受け、バレエ
【アレコ】の舞台美術として描いた背景画4点の展示。
('42年頃の作品)

この超ドデカイ作品(縦9メートル×横15メートル!)を、なんと青森美術館が3幕持って
いるのです。
で、今回は開館記念ということで、残りの1幕を持っているフィラデルフィア美術館から
借りてきて、めでたく全4幕揃っての展示となったとのこと。
全幕揃っての展示は過去にも、これから将来にもまず無いと言われ、今回のこの青森
美術館での展示が、文字通り最初で最後になるらしいのです。

私は実を言うと、シャガールはそれほど好きな画家ではなかったんですけど、でも
実際に、この4幕に囲まれた空間に実際に立ってみたら、


うわっ・・・・・・・・・・・・・・なんだか泣きそう。


画のもつチカラの大きさに圧倒されてしまって…。
心臓がドキドキ昂ぶってきて、一瞬どうしていいかわからなくなってしまいました。
展覧会でここまで感動したのは久しぶり。(初めてエゴンシーレを目にした時以来かも)

あぁ、青森まで来て良かった。

会期は今月24日までなのでギリギリで鑑賞できたのです。
こんな素晴らしい作品を見ることができた私は、本当に幸せものだわ。神様に感謝。


|

« 不器用で不思議でうまいカレー屋 | トップページ | 「あおもり犬」とかカレーとか »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不器用で不思議でうまいカレー屋 | トップページ | 「あおもり犬」とかカレーとか »