« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

今更ながら、aikoについて考えた

J-WAVEのクリトモちゃんの番組のゲストが今週はaikoなんで、
この数日間、会社で自分の席に着き「さ~仕事!」って思う頃に必ず、
aikoの曲がラジオから流れてきます。

歌、巧いです。あのビブラートをいっさいかけない歌い方。
声量もあってかつ、音階がまったくぶれてないからすごいよなぁ~。
楽曲センスも言うこと無い。極めてレベルの高い創作力の持ち主だと…。

…なんですけど、あのピュアネス&ガーリッシュな歌詞がどうもな。
aiko、滑舌がいいんで、仕事しながら聴いてても歌詞が耳に入ってくるのですよ~。

待ってるねいつまでも 今日は遅くなるんでしょう?
1人寂しくないように ヘッドフォンで音楽聴いてるね
羽が生えたことも 深爪したことも シルバーリングが黒くなったこと
帰ってきたら話すねー       (キラキラ/作詞・作曲:aiko) 

…ちょいコワ。と思った。

まぁきっとあの可愛らしい声とこじんまりしたルックスのaikoに、こんなの歌われ
ちゃったら、デレデレになっちゃう日本男子は大勢いるのかもしれませんが。

でも例えば、鬱々とした声の女子(ほら、中森明菜とか)がこの歌、歌ったとこを
想像してみてごらんなさいよ。
私が男だったら、帰ってきて家のドア開けた途端、ヘッドホンで音楽聴いてた彼女が
「あのね、背中に羽が生えちゃったの」なんていきなり告白してきたら、正直、
か~な~り恐怖ですけどね…。ヤバッ、みたいな…。

『かぶとむし』あたりの頃は、まだaikoのあざとさやココロの黒さを重々知りつつも、
「あぁ、なんかその気持ちわかるなぁ~」なんてとこもあって、自分自身のピュアネス
ぶりを再発見できたりもしたわけですけれど。
最近のaikoは、彼女のアイラインの濃さ(ハイヒールのモモコと見分けつかない)と
比例して、女の業が出まくっていて、国分くんを心配せずにはいられません。


| | コメント (8)

愛しのスリッパちゃん

Photo_15今日は、国分寺にある靴のアトリエHouseで開催された
手縫いのルームシューズづくり"のワークショップに
参加してきました。
靴好きの私なので、当然、靴づくりにも密かに興味があった
のだけど、どうも靴の学校というのはなかなかシロウト向け
のところは少なく、どこもかなり専門的な雰囲気なのです。
「お遊び気分で靴を作るなんて無謀なのか…」なんて
諦めてたところに、Houseからこんなお知らせメールが!

 『だれでもできる、どこでもできる』 
  簡単な道具で手縫いのスリッパつくります。
  もちろん、ミシンや靴型も不要です。
  自分でつくったモノを履けるわくわく感。
  これから、色々なことが少し楽しくなるかもしれません。

「だれでもできる」、その言葉に思わず参加希望をしてみた私なのでした。
作ったのはHouseの"Mani"という、手縫いの革の踵付きスリッパ。
アッパーと底とかかとの3枚のパーツを縫い合わせて作るシンプルなものです。
好きな革を各自自由に選んだら、さっそく裁断のスタート。切った3枚のパーツを
見ると簡単に完成させることができそうで、かなりウキウキ気分の私なのでしたが…。

Photo_13Photo_14革に目打ちで穴を開け、その上から
さらに、金槌で叩いて菱打ちで革に
しっかり穴開け。
この作業だけでも慣れない大工的
仕事に、かなり四苦八苦。
 ・左写真:型紙どおりに革を裁断
 ・右写真:踵が完成

お昼の1時前に革を選んでから、裁断・穴開け・仮止め(ボンドで張りあわせる)・
踵を縫ったところで3時。先生の増満さんがネルドリップで入れてくれたコーヒーを
いただく。うぅ、美味しい~♪思わずふぅーっと大きく深呼吸をしてしまいます。
コーヒーと一緒に出た国分寺キィニョンのパンがまた美味で、しばしお茶タイム。
増満さんは武蔵美の建築科をでてから、独学で靴造りを勉強したのだそうです。
そんな経歴だから、Houseの靴ってどれもオリジナリティがあるんだろうなぁ。
良い靴揃ってます。ほんと。

さて、お茶のあとはまた作業開始。これからは一気にアッパーと底を縫い上げます。
2本の針に蜜蝋でしごいて固くした麻糸を通し、両手で上から下へ、下から上へと
交差させながら縫っていくのですが、これがまた至難の業。
増満さんがやるのを見てると気持ちがいいくらいリズミカルなのだけど、自分がやる
と、糸は絡まる、革の穴がちゃんと貫通してなくて針が通らないわで、ひと針ひと針
の作業が本当に大変なのです。筋肉痛になるほどの体力仕事なんですよ。
途中で増満さんに助けてもらったりする場面もあり自分の不器用さがふがいない。
それでもなんとか目標の8時に右足を完成させることができました。

Photo_16Photo_17真上から見たり、後ろから見たり…。
出来上がったコは何とも愛着深いよぉ。
(産みの苦しさをわかっているからね)

アトリエでは片足しか完成させません。
もう片方は家で自分で作るのです。
なんたって『だれでも』『どこでも』が
コンセプトのワークショップだからね。

道具セットもいただけたので、左足は次の休日にでも作るつもりです。
早く両足揃えて、家の廊下をペタペタ歩きたいっ~。うずうずしちゃうなぁ~。
終了後はみんなでHouseのご近所にある【とねりこ】(←超旨っ)で夕ご飯。
スリッパ完成の達成感と相まって、飲んだビールの美味さたるや…。もう最高っす!


| | コメント (8)

AtoZ Cup House

060824_22080001_1←今日、東急デパートの日本酒コーナーで、衝動買い
しちゃいました。
この赤い屋根の3階建て小屋型ボックスの1階に1個ずつ
奈良美智さんデザインのワンカップ酒が入ってるの。
3つで1500円なので、ふつうのワンカップより高いけど…。
でも、奈良さんデザインのグラス(しかも酒入り)を1個500円
で買ったと思えばさ。っつーかある意味、ジャケ買いッ(笑。

だって、これだよ。か~わ~い~~い♪でしょっ!

060824_22100001
Atoz_boxお酒飲み終わったら、何に使おうかなぁ、ワクワクでっす♪
このお酒、青森で開催されている奈良さんの展覧会『YOSHITOMO NARA + graf A to Z』での記念商品。六花酒造とのコラボ商品なのだそうです。


実は私、来月あたり、この展覧会や青森美術館などを見に、青森へ行こうかと計画中。
あー、すっごく楽しみだなぁ~♪待っててねっ!青森県&奈良さん+graf

| | コメント (8) | トラックバック (0)

指定されました。

mixiで歌子さんから、バトンがまわってきました。
指定されたワードを、『  』に入れて質問に答えるものだそうです。
で、ワタシにまわってきた指定ワードが、『着物』か『工口』ですよ。
着物も工口もまだまだ語れる人間ではないので、スルーしちゃおうかとも
思いましたが、歌子嬢からまわってきたバトンなので、チャレンジしてみました。
(もち『工口』で)
☆お題をカナ打ちすると、速攻でスパム業者にTBされちゃいそうなので、
  苦肉の策で、工業の『工』+出口の『口』で入力してみたよ。
  なので、間違っても、「コウグチ」とは読まないように!

---------------------------------------------------------
■Q1.最近思う『工口』

「工口かわいい」とか「工口かっこいい」とかって実際、工口じゃねーだろが!
って思います。そもそも倖田來未には、ぜんぜんいやらしさを感じないし。
やっぱ、こう、淫靡さ、みたいなものを感じさせるのが、工口じゃないかと。

■Q2.この『工口』には感動!

感動…えっ?なんだろ。あっ山本直樹のマンガとか。いいなぁと思います。
有害図書だってPTAのおばちゃん達に言われてもネェ。

■Q3.好きな『工口』

Q1に通ずるモノがあると思うんですけど、ババーンというPLAYBOYのカバーガール
みたいなものはどうもなぁ。なので叶姉妹とかは、どうしたものかと…。面白いけど。

Newmovie02_01ぜんぜん、セックスと直結してなくていいしんです。むしろ、
直じゃないほうがいいかも…。露出度低めでぜんぜんOK。
だから、ウォン・カーウァイの『欲望の翼』(超好きっ!)みたいな、
アジア独特の湿度感とか切ない感じに『工口』を感じます。


■Q4.こんな『工口』は嫌だ!

まぁ、千差万別な趣味嗜好によるものだから、どんなことしようと当人同士が
良ければ、他人があれこれ言うことではないと思います。が、しかし!!!
子供相手の性犯罪はどうにかしてほしい。あれは工口ではなく『暴力』だ!

■Q5.この世に『工口』が無かったら...

人類絶滅。

■Q6.次に回す5人(『指定』付きで)

誰にとは言いませんが、バトンつないでくれる方は、もっていってください。よろしくー。
指定ワードは 『工口』 『女』 『音楽』 『恋とか愛とか』 あたりがいいなぁ。

| | コメント (4)

西荻で飲むならgatitaへ!

060820_00520001今日は知人(正確には知人の知人)のお店が西荻窪に
オープンしたので、そのオープニング・パーティに行って
きました。
スペインのお料理(おつまみ系)がいろいろ食べられる
立ち飲み屋さんです。いわゆるバルってやつですね。
お店の名前は【gatita】
スペイン語で“子猫ちゃん”という意味なのだそう。

美味しいお料理といろんなお酒をたくさんいただいて、すっかり良い気分♪

ワタシはいわゆるパーティというのは苦手なのですけど、今日は初対面の
方もちらほらいるとはいえ、所詮、仲間内なわけで、話題も共通するものが
多いせいか、ずーっと楽しくって、あっというまに終電の時間に…。
(こんなのばっかだったら、初対面でも案外大丈夫なのだな、ワタシ)

久しぶりに会った某映画会社宣伝マンのA氏がいたので映画談義。
「今年見た中では何が良かった?」と聞かれたので、
「いろいろイイ映画を今年は見てる気がするけど、ここ最近じゃ『ゆれる』かな」
と答えるワタシ。
(A氏の会社に気を遣ってお世辞を言ったわけではなく、本当にそうなので)
で、しばし『ゆれる』談義。
香川の演技とか西川監督の脚本のすごさ、果てはオダギリのカンヌ秘話など。
あぁ、こうやって観てから1ヶ月以上たつのに映画の細かいディテールまで
話しあえる映画って、なかなかないよなぁ~。やっぱすごいわ。

さて、A氏宣伝マンのこれからのおすすめは『明日へのチケット』だそうです。
ケンローチ、アッパス・キアロスタミ、エルマンノ・オルミの3監督がひとつの
映画を作ったんだって。確かに面白そうな予感が……。

060819_18150001
☆西荻窪【gatita】:杉並区西荻南3-7-10
TEL:03-6765-2299

ほんとうに何を食べても美味しいものばかり
のお店でした。お世辞抜きでおすすめです!
どうぞ、皆さん、ごひいきに!

| | コメント (4)

お気に入りシャンプー♪

060817_22200001今日、家に帰ったら宅配便がとどいてました。

「おっ、L’OCCITANE の箱だ~!待ってたのよ~。」
中身はスリーハーブスⅠのシャンプー&コンディショナー。

これ、去年から使い始めたのですが、今のところ私の
人生でベスト1に君臨するシャンプー&コンディショナー
なのです。


髪のまとまりがすっごく良くなるし、サラすべっとした仕上がりも
気持ちいいんです。
ハーブの成分のおかげなのか、髪が健康になる気がするの。

ちょい甘めな香りも個人的には気に入ってます。

シャンプーの仕方がちょっと独特で、2度洗いしたらすぐに洗い流さないで
1~2分そのまま放置。
それを洗い流したら、今度はコンディショナーをつけてまた3分くらい放置。
きっとハーブ成分を浸透させるためなのかなぁ…と思うのですが。

ただ、難点が値段でして…。300mlで\2,100と高めなのですよ。
で、私は年に1度の期間限定で発売されるバリューサイズ(500ml)の
シャンプー&コンディショナー、それぞれ2本ずつのお買い得キットを
買うことにしています。これ合計で2リットル!!
よって、手持ちは無理なので宅配(無料)というわけなのでした。

あぁ、これでまた数ヶ月はシャンプージプシーにならないで済むわっ♪

| | コメント (6)

泳いだあとはガッツリと

060814_19510001_1060814_19540001_1060814_19580001_1










昨日、逗子の帰りに横浜中華街の「清風楼」で夕御飯。

関帝廟通りにあるちょっとレトロな食堂といった感じのこのお店のシウマイは
モチモチッと詰まったお肉の充実度、ほとばしる肉汁、薄くて繊細な皮と、
すべて言うこと無しなのでした。
そして、上ワンタン。(ただのワンタンではなく“上”ワンタンね)
なんと、シューマイと同じくらいにお肉がびっしりつまったワンタンなのです。


泳いだあとだし、などと言い訳しながら、他にも“上チャーハン”、“八宝菜”と
ちょい多めにオーダー。
お店のおばさん達に「頼む量が多すぎる」と心配されてしまいました(笑)。
実際、食べ過ぎちゃったけど…。でも美味しかった~♪

| | コメント (7)

夏、だなぁ~

今日は夕方から逗子海岸に行って、ひと泳ぎしてきました。
海で泳ぐのは何年ぶりだろう……。うーんほんとにしばらくぶり。

夕方の海は、パラソル無しでも日差しはそれほど気にならないし、
海も浜辺もゴミゴミ混んでないし、の~~んびり、いい感じ♪

ラテン系の海の家の前にビーチマットを敷いてたせいか、周りも多国籍で
砂浜で寝っ転がっていると、ここかしこからラテンな会話が…。
子供を呼ぶお母さんの声も「パウロー」「マルコスー」とかだし。
「ここはどこの海ですか?」って感じでした。
(あちらの方はデベソ率が高いことを、今日初めて知りました。)

060814_18300001シャワーで身体についた海水を落とし、
海の家を出る頃には、日も暮れてきて、
潮風とかさざ波の音とか、がね。
なんとも、たまらんス。
わけもなく、せつなくなったりさ…。

チェッ、たまんねーな。


| | コメント (5)

若沖と花火

Index_img008
今日は、上野まで「若沖と江戸絵画展」を見てきました。
日曜日だしお盆休みだし混むのはわかっていたし、実際
混んでたわけですが、「まぁ、しゃ~ないか」ってくらいの
我慢できる程度で、絵を見るのに困るほどではなかった
のはまぁ幸いかなと。

やっぱり「鳥獣花木図屏風」はナマで見ると想像していた以上に、画法といい、独特
の世界観といい、すべてがぶっ飛んでいて素晴らしい!
江戸の人が描いた絵なんでしょか、ほんとに……。

若沖以外の作家の作品も、例えば「群鶴図屏風/鈴木其一」とか、そのモダンな
センスにびっくり。
構図から色遣いからおしゃれなんだもの、これ、普通に。いやぁ、まいりました。

美術館を出てから、アメ横に行ってお酒やおつまみを買い出しして、浜松町へ。
夜は、昨日順延となった「東京湾大華火」を見にいきました。
昨年もお邪魔した知人の事務所なんですけど、ここは東京湾に面したビルの11階
なので、そこのバルコニーから見る花火が素晴らしい眺めなの。
花火だけでなく、夜景自体もきれいなんですよね~。ロマンチックゥなのです♪
あぁ、こんなオフィスで働いている人がうらやましいわ。

今日は花火も楽しかったけど、飲みながらのおしゃべりがまた楽しかったなぁ~。
遊んでくれた方々ありがとうございました。来年もまたあそこでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミシーン日記

今度の土曜は、東京湾花火ぃ~!
大雨降らなければ、ワタシも浴衣着て行きますよ~、ハイ♪

Suteteco_1というわけで、昨日の夜急に思い立って、ミシンを
引っ張り出して、“すててこ"を縫ってみました。

「えっ、着物の下ってノーパンじゃないの~?」
なんつー、殿方のロマンはこの際、無視ですよ、無視。
実際、ノーブラはあってもノーパンはないですから。
 (個人的には、ですが)。


でもほんといいのですよ、“すててこ"って。
お腰だけだと、冷房がきつい部屋だと足がスースー冷えるし、
外を歩けば暑いから汗で布が足にまとわりついて足裁きが悪くなる。
そういう夏着物の悩みが、すててこをはくことで、ぜ~んぶ解決する
わけです!(日本舞踊をやってる方々には常識アイテムなのだそう)

あ、そうそう、最近教えてもらった浴衣をすっきり着る裏技をひとつ★
浴衣の掛け衿の裏を少しだけほどいて、そこに衿芯を入れるのね。
すると長時間浴衣を着ていても、衿がくにゃっとしてこないので、
衣紋の抜けもスッキリ!となるのです。
縫う時間なんて手縫いで10分足らずなので、これはぜひお試しを!

それにしても、ミシーンって楽しいなぁ。久しぶりに堪能しました。
ガーガーガーと無心で針を進めていく心地よさ。快感です。

| | コメント (11)

PUMA Womens Night

今日は夜、mekuちゃんに誘われて【PUMA Women Night】というパーティに
行ってきました~★ (↓こちらがその様子)

060809_20150002060809_19540006

左:お料理はどれを食べても
  とっても美味しかったです。

右:ファッションショーの様子。
  sonomiちゃん ワタシと同じ
  人間とは思えん顔&おしりの
  小ささ。
  (神様って、不公平ですね…)




いやぁ~もう、女子スイッチが入りまくりの楽しい夜でした~。
ファッションショーやメイクレッスンなどをシャンパン片手に見たり、「酸素バー」や
「占いブース」があったりと、女性限定ならではの趣向が満載のパーティでした。

なんといっても、店内に展示してある秋冬新作モノの商品がシューズもウェアもバッグ
もすべて割引価格で買えるというのがナイス!(私はリストウォッチを買ったよ♪)

PUMA Womensの今シーズン・秋冬ものは、ものすご~くカワイイのです!
「街着としても使える」というよりは、むしろ「街で着たい」デザインで。
素材は機能性に優れているのの、なおかつ、おしゃれときてるんですもん♪
メタリックカラーの小さいバッグとかさ、むしろ夜のクラブ活動向けですし。

ウェアはとにかく、パターンが優秀なんです。よく計算されてるなぁと感心。
mekuちゃんが試着したゴルフウェアもどれもカワイかったし、私が着た厚手の
スウェット地のライダーズジャケットやハイカットのキャンバス地のブーツもね、
ほんとに身体のラインがきれいに出てスタイルがよく見えるのです。
(いや、タダ酒飲ませてもらったからベタホメ状態、なわけではないの、ほんと)

adidasでももうすぐ「アディリブリア」という新ラインがデビューするというし、ほんと
スポーツブランドは、Womensにチカラを入れてるみたいで素晴らしい~ねっ。

| | コメント (8)

好き好きシャーツ、って…

Haircut100なぜか今日は、午前中だけで2回もラジオから
HAIRCUT100の「FOVORITE SHIRTS」が流れてました。
今ヒットしてる曲ならわかるけど、なぜだ?夏っぽいから?
まぁ、ワタシとしてはとてもうれしいのですが。


だって大好きだったんだんですもん。ヘアカット100!
特にVo.のニック・ヘイワードは当時、私のアイドルでした~。キャーキャーキャー♪

このアルバム「Pelican West」が発売されたのは'81年。
洋楽界ではニューウェーブブームの時代です。
ニューウェーブというのは、ひとつのムーブメントではあったわけですが、その音楽
ジャンルは、バンドごとめちゃめちゃ多岐にわたっていまして、テクノだったり、
パンクだったり。で、ヘアカット100はファンカラティーノと言われてた気が…。
ルックスはアイドル的ですが、きちんとした音楽を作っているバンドでした、ほんと。
幸宏とかほめてたもんね。ニックはおしゃれさんだったのでそういうところも幸宏氏の
お眼鏡にかかっていたのだと思われ…。

で、当時、日本のレコード会社は、なんかヘンテコな邦題を付けてたんですよね。
「Favorite Shirts」を「好き好きシャーツ」、「Lemon Firebrigade」を「レモン消防隊」、
「MARINEBOY」にいたっては「海洋少年」なんてふうに…。(←松本隆かっつの)
まぁ、直訳っちゃ直訳で間違っちゃいないけど。どういうセンスだったんだろ?笑

それにしても、いい曲ばかりだなぁ。今聴いても新鮮だなんて、すごいことだわ。

| | コメント (10)

青山246の夜

会社のこのところのゴタゴタで、今週も土日出勤。
ぜんぜん休んでないじゃんかぁー、ワタシ!一体どうなってんのー、うちの会社!
あぁ~~~~、やってらんない。
でもやってしまうわけだー、小市民な大人だから、ワタシってば。

ストレス解消にお昼にちょっと外出して、原宿のはずれにある着物屋さん「小袖」へ。
紬のベージュの無地の反物を顔に合わせたら案外似合う。
あぁ、お仕立てしちゃおうかなぁ~。ストレスで金銭感覚が失われつつあります。
(この先仕事がどうなるかわかんないっつうのに、ヤバイ、ヤバイ、平常心を持て)

夜は青ブックで宮沢章夫さんのトークショー。
こないだの円盤でのトークショーよりやや抑えめな内容。(そりゃまぁそうですね)。
それを差し引いても、聞けば聞くほど、面白い80年代話です。
ただ、あの本に書かれてた西武セゾンについての話が個人的に興味深かったの
ですが、今回、その話題にはあまりふれられていなかったのが少し残念。
・六本木WAVEがなくなり、そこに森ビルの六本木ヒルズが建ったこと。
・「不合理」なものを無視していく現代の風潮、
など、ワタシは今、個人的に勤め先(「不合理」的会社)が、M&A的な目にあった
事もあって、それを痛烈に感じているわけで…。
そのへんを切に解き明かしたくなってるわけで…。

終了後、きこちゃんと一緒にマイミクのルイ氏と初対面&飲み。
世田谷の殺人事件の話や、「約束」の話など、興味深い話題が多いルイ氏に
笑わせていただきました。また遊んでください!

| | コメント (2)

さて、エンドロール問題

家のPCが壊れました。正確にはモニターが壊れただけなんだけど。
お盆過ぎまで、家ではPC無しの生活。
(なので、メールはワタシの携帯のほうによろしくです>各位)

さて、タイトルの話。
「自分の人生を映画化することになったとする。
  まぁ、いろいろありました… 。
 さて、エンドロールどの曲流す?」

というのがmixiの某コミュニティのトピックスにあがってて、なんとなく
ワタシも考え始めたら…、これがなかなか、簡単に決められないのですよ。
「ただ、好きな曲かけるっていうのもつまんないなぁ~」とか、
「大袈裟なバラードとかもナルシストっぽいかぁ~」とか、思ったりして。

去年、英国で同じようなアンケートをとったら、こんな結果だったそうです。
 <お葬式で流したい曲ベスト10/UK版>
  1.ロビー・ウィリアムス「Angels」
  2.フランク・シナトラ「My Way」
  3.モンティ・パイソン「Always Look On The Bright Side Of Love」

1はよくわからない。どんな曲?
2は、シド・ヴィジャスではないのだなぁ、マイウェイ。(そりゃそうか)
…っていうか、3のモンティパイソンをお葬式に流したいんだ?、英国人は。
あれって、精子を大事に、とかなんとかエセ聖歌隊が歌う曲じゃなかったっけ?
(もしかして違う曲と間違えてる??)

さて、ワタシは何にしようかなぁ~。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »