« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

昭和81年、ィ横浜のィ夜

生まれて初めて、本牧に行ってきました。
本牧という場所は、中華街で生まれた知り合いでさえ「行くのがメンドイんよ」
というとこらしく、まして神奈川県外の私にとっては北海道行くより遠いような
イメージがありました。

でも、とうとう行ってきたのですよ!(大袈裟…)
なぜかというと、一度は行ってみたいと思っていた【リキシャルーム】8月で
閉店するという話
を聞いたからなのです。
これはひとつ、たとえ埼玉の田舎モノと指差されても、観光客とバカにされても、
行かなきゃきっと後悔するって思って、ね。

060729_20460001060729_20590001060729_20570001









リキシャルームに行く前に、【季園】というおいしい中華屋さんに行きました。
ここは本当に美味しかった!で1人2000円でおなかいっぱい。
最近の、私的「中華ランキング(安値部門)」では、新橋の【鴻運】が一番だった
のですが、それを抜いて堂々トップ1にすることに。



さて、本牧通りのCKB関係ではお馴染みのお店(IG、ゴールデンカップ、・・)を
横目にしつつ、いよいよ【リキシャルーム】へ。

060729_21260001あぁ、これこれ。
この青い電飾、写真で見たのと同じだわ~
(感動ーー!)

昭和36年にできたこのお店は、本牧の米兵たちから
美空ひばりなどの芸能人、そんな多くのハマの遊び人
で賑わったお店なのだそうです。
こういうのがきっと古き良き本牧のBARなんだろうな。

060729_21380002

ほの暗い店内は、なぜか懐かしい感じがして、
初めてきたのに居心地がいいのです。
伝説の四角いピザも美味しかったなぁ。
こんないいお店が閉店だなんて…(涙)。

店を出て、元町方面へ戻る途中、クリフサイド
の坂を通ったりして、なんだかCKBなィ夜でした♪ 


| | コメント (3) | トラックバック (0)

うざいけどマイミクて…、あーた

787e67abs_1今日は渋谷でお寿司食べてきました。
【春夏秋冬】という道玄坂のお店。
とっても庶民的なお店で普段使いにちょうど良い感じです。
板さんの働きっぷりは気持ちよく、値段が安くて美味。

ほんと、マークシティの美登○寿司で1時間並んでる人達に、教えてあげたかった
りしますわ。

で、帰りの山手線で、私の後ろに立っていた20代OLさん2人の会話がmixi話。
ここ1、2年、どこにいても耳をすますとmixiの話が聞こえてくるので少々うんざり
してきます。(自分も、mixiのヘビーユーザーなのですけど、なぜか、ね)

でも、今日の話は耳ダンボ(←古っ!)でした。

OL・A 「なんかさー、40くらいのオヤジがマイミクになっちゃってさぁ…。
     で、そのオヤジの友達みたいなのがダダダッて続けてマイミク申請して
     きてさぁ」
OL・B 「えーーー?キモイ~!なにそれー」
OL・A 「ねぇ、キモイでしょ~。で、日記とかで風邪ひいた、とか書くと、大丈夫?
      ってコメントしてくんの~。モウヤダー」
OL・B 「いやぁ~~ん、日記みられたくなーい。うざーーーい。何、ヒトの日記
     チェックしてんだっつーの! もうオヤジってやだねぇ~」
OL・A 「だよねー。ヒトの日記とか読んで想像してんじゃないの?きもーい」

(以下、「きもーい」&「うざーい」の応酬が延々続くのであった…)


うーーーーん。 キモイのにマイミク、うざいのにマイミクって…。
そもそもそこが間違いなんじゃ? 

| | コメント (13)

豆腐キーマとカラリヨガ

今日はなんだかずっと無性にキーマカレーが食べたかったのです。
それというのも、渋谷のBIO・cafeのメニューで見かけた「豆腐のキーマカレー」が
アタマから離れず、どう想像しても美味しいこと間違いないと思っていたわけで…。
(BIOcafeは渋谷スペイン坂にある老舗カフェ「人間関係」のやってるお店です。
ここはパンやケーキがテイクアウトできるの。どれもヘルシーでなおかつ美味!)

…なわけで、今日の夕御飯に、お豆腐と鶏挽肉とでキーマカレーを作ってみました。

Photo_9

お豆腐は、チャンプルー作る要領で炒めれば、挽肉っぽ
い感じになるので、お肉との食感の違和感はありません。
なかなか美味しくできました♪


さて、カレーと言ったら、インド。インドといったらヨガ(やや強引ですが)!
ついこないだテレビの番組で、ナイナイの岡村くんが挑戦してた「カラリヨガ」というのが
かなり気になってまして。「ちょっとやってみたいなぁ」と思ってネットで調べてみました。

どうも、日本でカラリヨガを教えられる人は、まだたったの3人しかいないらしいのです。
で、テレビで岡村くんに教えてたのはその中のお一人、浅見千鶴子先生ということ。
ロータス8で時々ワークショップをやってるみたいなんだよね~。
今度、チャレンジしてみようっと。すっごく面白そうで、なんだかワクワクしてきたよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久しぶりに銀座へ

今日のお昼は銀座のyoggyで、ヨガ。
「ポーズを美しく完成させることに気持ちを入れすぎないで」という先生の言葉に、
ドキリッ。どうも私は、根が体育会系というか、上手にできるようになるためなら
多少無理してでも頑張るみたいな気分になりがちなので注意注意!
無理してきれいにできても、それはヨガじゃなく単なるワークアウトでしかないのだ。

Photo_7さて、スタジオを出てから、時間がちょうどよかったので
シネスイッチで昨日から上映している『トランスアメリカ』
を観てきました。


出てくる人々がみな愛おしく思えてくる映画でした。ホロっと泣き笑いみたいな。
フェリシティ・ハフマンという女優さんが「性転換手術で女性になろうとしている男性」
を演じているのだけど、すごい演技が自然でうまかったなぁ。
男として生きることに居心地の悪い気分でいる感じとか、誰よりも女性らしいのに、
たま~に、ひどくおっさんっぽくなっちゃったりするところが、絶妙でした。

私、日頃からいつも思ってるんだけど、どうして男に生まれてしまった人間が、
女になりたいと思うことが、そんなに罪な事なのかなぁ?
自分が男であることに違和感があるのだとしたら、本来の状態になりたいと思う
のはごく自然なことだろうに。自由の国アメリカが酷くゲイに冷たいのはなぜ?

もっといろんな人が、それぞれの立場で生きていきやすい世の中になっていけ
ばいいのにね。

それにしても、息子役をやった男の子がめちゃかっこよかった。
母性本能くすぐるの♪リバーフェニックスとか、昔のジョニーデップとかそんな感じ。
きっとぐいぐい売れていくんじゃないかなぁ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

引きこもりには、この1枚

Cb梅雨明け、なんだか延びてるみたいですね。
なんか、こう毎日雨続きだと、せっかくの週末
のお休みも出かけたくなくなるなぁ。

…で、こんなのをかけています。
Colin Blunstone 『One Year』1971年

ゾンビーズのヴォーカリスト、コリン・ブランストーンのソロ第1作なのですが、
コリンの声は奇跡のように甘くて切なくて。

このCDをかけると、部屋から見える窓の外の風景が違って見えるから不思議。
このアルバムって、つくずくお一人様仕様だなぁと思うのです。
1人で聴かなきゃダメな音楽があるとすれば、まさにこれだなぁと…。

興味のある方は、全曲ここで試聴できますのでどうぞ→【HMV.co.jp】

個人的には2曲目「Misty Roses」~4曲目「CAROLINE GOODBYE」につながる
容赦ない美メロ攻撃、といった感じの曲の流れ方がたまらなく好き。
特に「CAROLINE GOODBYE」。あぁ、どうしてこんな歌い方ができるんだろ。

夏の終わりの午後の海とか、夕焼けが切ない秋の夕暮れなどに聴いても
きっと心に響くと思うな。(やっぱりその時も1人で聴くのがいいでしょね)

紙ジャケ仕様で2千円以下とお安いことですし、ぜひ一家に1枚、おすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いや、それ多分ダメだから

つい最近、こんな記事を読みました。

世界ビックリニュース:厳選された女の子の口説き文句、これで上手くいくのか!?

この「愛のフレーズ」は英語の他にチェコ語、フランス語、イタリア語、フランス語、
そしてドイツ語にも翻訳されているそうなんですけど、たとえば、

「ねぇ、君って天国から落ちてきたとき、痛くなかったの?」

おいおい、西洋の婦女子はほんとにこんなうざったりぃ言葉で落ちるのかっ??

(アホですか?)

日本の女子はダメでしょ、これ。うん。多分、絶対、間違いない。
じゃぁ、どんな事言われたら口説かれるのか?って聞かれると困るけど。
うーーん、なんだろ。

「好き」とか、ごくごく短い言葉がいいんじゃない?(あれ?個人的意見か?)
「何も言わなくてもわかるだろ?」って何も言ってくれないのはダメだと思うけどー。
あからさまに歯の浮くようなやつは、ウソくさくてイヤだと思うけどなぁ~。


さて、最近私がドキっとした言葉といえば、映画『ゆれる』での猛のセリフ、
「舌、出せよ」なんですけどね。あれは、いいっすねぇ~。


…って、ちょっと話がエロにそれちゃった。テヘ。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

ヨガ・リトリート行ってきました

060716_11430002土曜から2泊3日で、奥多摩の御嶽山へ行ってきました。
私にとって、初のヨガ・リトリートです。
ヨガ・リトリート(retreat)とは、ある一定期間を集中して
レッスンを行う合宿のこと。
今までにも、御嶽へはボルダリングをしに何度か来たこと
があったけれど、ケーブルカーに乗って山のほうまで行っ
たのは今回が初めて。

いやぁ、気持ちよかった!!
新宿から電車で2時間。御嶽山は都内だとは思えないほどの、緑に囲まれた
涼しく清々しい所でした。深呼吸しただけでリフレッシュできちゃいそうでした♪

リトリートは初めての体験だったんだけど、朝6時半からやったヨガが、とにかく
気持ちよかったなぁ~。
窓からは涼しい風やきれいな光が差し込んできて、太陽を見ながらの太陽礼拝。
新鮮な空気を身体いっぱいに吸い込むと、なんだかパワーがみなぎってきて、
うひゃぁ・・・顔が勝手にニマニマしてきちゃいます!!

今回はオプションで「滝行」もあって、私はぜんぜんやるつもりがなかったのに、
みんな当たり前のように「もちろんやるよ!」と言うので、それなら私も、と一度
だけ滝を浴びてきました。けっこう、シャワークライミングみたいで面白かった!
(神聖な行に対して面白かったなんて言ったらバチあたりそうですけれど)

こんなふうに、普段の生活から離れて、ヨガをしたり瞑想したりとシンプルな生活
三昧の3日間でした。
なんとなく身体中の細胞が、プリプリッ♪としてきた気が……。
まぁ、また明日からもとの「俗物」に戻っちゃうわけなんですけどね。笑。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

80年代はスカじゃない(長文だ)

今日は、毎月恒例の高円寺円盤のPOP寄席。
どうしても今日は前の席で見たかったので、暑かったけど頑張って並びました。
だって、ゲストが宮沢章夫さんだったんだもの。
私にとっての宮沢章夫さんといえば、ラジカルガジベリビンバシステム。
草月ホールや、ラフォーレに観に行ったものです。すごく刺激的だったんですよね。
私、演劇というものにはいまだにまったく興味ないのですが、あれは別モノでした。
すべてがかっこよかった。斬新でした。何より、笑えた。面白かった。

で、今日初めてナマ宮沢さんを見た。げっ、若い。50とは思えない。かっこいいっす。
話題は、もうすぐ宮沢さんの新刊本『東京大学「80年代地下文化論」講義』が出ること
もあって、やはり80年代のサブカルチャー的なものが多かったですね。
お客さんで20代くらいの人は、あまりにもわからない話でどう思ったかは知りませんが
私にとってはグッとくる話ばかりでした。
060715_00270001_1「六本木WAVE」(従妹が売り子してた)、「セゾン美術館」
「ラフォーレミュージアム原宿」(ラジカルを観に行った)、
「DEPT」(BFがバイトしてた)、それから、
←この写真の「TRA」っていう雑誌とか。(毎号買ってた!)

いとうせいこう、MUTE BEAT、岡崎京子、メロン、桑原茂一
などなど、懐かしい単語がとびかってました。


私なんだかぜんぜん無意識なんだけど、あの80年代の時代について、普段まったく
思い出さないようになってる気がするんですよ。
懐かしいと同時に、ちょっとなんというか「あの時代って何だったんだろ」って今でも
うまく語れないし。語ったところで、世代が違う人には、うまく伝わらない気もするし。
実際、「あの頃は良かった」なんて全肯定で懐かしめる時代というわけでもないし。
ちょっと背伸びっていうか頑張っちゃってた気もして、私も周りも…。奇妙ですが。

その背伸びの最たるものが原宿にあった「ピテカン」でした。
今はメキシコ料理屋だけどね、その前が「クラブD」で。(クラブDは敷居高くなかった)
「ピテカン」は当時まだ私は10代も10代、それも埼玉の田舎モノだったので、夜に
行くなんてことはまったくできなかったけど、土曜(日曜だったかも)の午後に、未成
年向けにイベントをやったりしてて、メロンとかライブを見にいったりしてました。
ピテカン入り口の「骨」を見て、「あぁ、これが骨だ」なんてドキドキしたっけなぁ~。

あんな緊張感あふれる(かっこよくないとダメなんだと自覚せざるをえない)場所を
作った桑原茂一さんはやっぱりスゴイ人だなぁと思います。

今日は11時近くまでイベントやってたんだけど、まだまだ聞き足りなかったなぁ~。
もっとずっと聞いていたかったなぁ。
80年代はスカ(音楽のSKAではなく、カス、カラッポのスカ)な時代って言われてる
けど、私にとってはいろんな影響を受けた時代だったんだって、改めてわかった。
あの時代を経たから、今の私(=スーパーミーハー)があるのです。そういうこと!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

どうしても、ナマで…

060713_00050002今日、家に帰ったら、父親がビデオを見ていました。

「あーっ?!これもしかしてBSでやってた、ちあき
なおみの番組っ? お父さん、録画してたの?」
「あぁ、うん。いいよな、やっぱり。」

これは、NHK-BSの『歌伝説 ちあきなおみの世界』という番組なんだけどね。
(なんでも、この番組はリクエストが多くて何度か再放送をしているらしい)
私が見たのは、去年の年末。
旅先のホテルでテレビをつけた時に偶然やっていたのです。
ちょうど、『朝日楼』というアニマルズの「朝日があたる家」の日本語版を歌い始めた
ところから見始めたんだけど、もう目は画面に釘付け状態。
たったの3分足らずの曲なのに、その歌唱力っていうか…、お芝居の演技以上の
彼女独特の表現力に圧倒されちゃって。
大袈裟でなく、テレビの前で私は全身に鳥肌がゾーーッとたってしまったのです。
   あたしがついたのはニューオリンズの
    朝日楼という名の女郎屋だった   
   誰か 言っとくれ 妹に
     こんなになったらおしまいだってね

「こりゃ~保存版でしょ」、って思ったものの、旅先だから出来るわけもなくて…。

それがなんと、うちの父親ってば、ちゃんとビデオを録っていたというじゃないですか!
ほんと ナイス!グッジョブ!!>父さんっ

数年前、ネスカフェのCMで『黄昏のビギン』がリバイバルヒットしたりして、
ちあきなおみっていい歌を歌っていた人なんだなぁ、なんて思ったりはしてたけど、
この番組を見て、改めて、震えるほどに、彼女の歌いっぷりに感動してしまったよ。

演歌を歌っても、ジャズを歌っても、シャンソンを歌っても、ちあきなおみが歌うと、
ちあきなおみの歌になってしまうのね。まさに、オンリーワンな歌い手さん。

彼女がすべての活動を休止してしまってから、かれこれもう10年以上…。
あんな素晴らしい歌手が理由はどうであれ、きっぱりと歌うことをやめてしまう
なんて、清いといえば清い人なのかもしれないけど…。うーん、あきらめきれん。
私、一生に一度でいいから、彼女のライブステージをナマで見てみたい。
そう強く思うのでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

「ゆれる」見てきた

土曜から公開が始まった「ゆれる」を観てきました。
新宿武蔵野館にはお昼過ぎに着いたのだけど、座って観れる回は16時半の回
まで無い、とのこと。
とりあえずその16時半からのチケットを買ったけど、時間つぶしに人ゴミでごった
返した新宿を1人でぶらぶらするのは気がすすまないので、目白へ。
なぜ目白?それはこないだ目白で、気になるカフェを発見したからなのだ。

060709_15360001060709_14510001【花想容】
住宅地の中に古民家を改装して
作られたカフェ。
もともと、近衛文麿総理の邸宅
だったのだとか。中庭を見ながら
のんびりと時間を過ごせることが
できました。

着物の小物や反物が置いてあって、店主の方もお着物姿。(きれいな女性です)
日本っていいなぁ、としみじみ。ほんと目白って好きな町だわぁ。


Mo4291_1で、映画。
息をするのも忘れるほど、はりつめたような緊張感
にあふれる映画でした。
香川照之すごい俳優だなぁ…。圧倒的な演技力。
もちろんオダギリジョーも素晴らしく。

でも、何より素晴らしいのは西川監督ではないかと。
人間観察力・描写力がね、ほんと観ている側の心の裏側をえぐられるような鋭さなの。
スキのない脚本なので、なにげないセリフのひとつひとつ、さりげない仕草のひとつ
ひとつまで見逃せなくなってくるのです。ほんとうに心が揺れた……。辛かった。

でも痛いけど、痛いだけじゃなくって、ちゃんと「救い」があるのがまた素晴らしい。
希望があるんです。捨てたもんじゃない、と。

一番後ろの席で観ていたのですが、驚くことにエンドロールの最後の最後、場内が
明るくなるまで観客が誰1人として立ちあがらなかったんです。びっくりでした。

| | コメント (10) | トラックバック (20)

モツ・MZ・モツ!!

060708_18090001昨日はかねてから行きたくてウズウズしてた、白金の
某店(お店の名前は右の写真でご勘弁)へ噂のモツ
焼きを食べにいきました。
渋谷からタクッて四の橋商店街へ着いたのが5時5分前。
お店の前に着くと、ちょうど店主さんが「営業中」の看板を
出したところ。店の前には特に行列無し…。
「おっ、待たずに入れる?」と店の中をのぞくと、びっくり!

すでにカウンターは満席なのです。
「奥の4人席に相席でも良ければ2席空いてます」とのありがたいお言葉をいただい
たので、ここは遠慮せず、座らせていただくことにしました。

Photo_5煮込みメチャウマー!
ほれぼれするほど透き通って美しいスープ、一滴残らず
飲み干しちゃいました。きれいに掃除してあるモツはもち
ろん臭みいっさい無し!

この煮込みで、もう気分はイヤでもアがる、アがる!うぉー、食べるぞぉ~!

Photo_6串1本目は、この「ヒモ」。これがまた泣けるウマさ。
タレがね、今まで一度も食べたことのない味なんです。
ここのお店って、肉の美味しさだけでごまかさないのだ。
部位ごとにそれぞれに一番美味しい味付けをしているの。

 ・しびれ(しょう油) ・レバー(塩) ・がつ(しょう油) ・はつ下(しょう油)
 ・てっぽう(たれ) ・子袋(塩)、などなど、ほんと絶妙な味付けでした。

つくねは、生ピーマンと一緒に食べるのがおすすめで、これがまた美味しかった~!

食べてるそばから、「小袋、終了しました~!」みたいにどんどん品切れになっちゃう
のにびっくり。おいまだ、6時だよ!!7時に来たら、もう何もないんじゃないの?
壁際で待ってるお客さんも気が気じゃない形相でして…。 あぁ、座れてよかった。

さて、お会計でまたびっくり!なんと2人で5千円でおつりがきた!
こんなに美味しいもの食べて、1人2千円ちょっとって大丈夫なのか?この店は。
あぁ、ここ常連になりたい。この商店街のご近所さん達が心底うらやましいわぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝風呂&朝メリメリ

060630_23120001昨日家に帰ったら、通販で頼んどいた『オードメール』が
届いてました。で、デカイ!!バケツみたいな大きさ。
やっぱ2㎏は使い出がありそう…。
この入浴剤、3回分の小袋を「すっごくイイから!」と
友達が譲ってくれたので、さっそく使ってみたら、
ほんとにすっごいよかったの!!即、買い!
効果がこんなにわかりやすく出る入浴剤って初めて。

ぬるめのお湯に、オードメールを入れて、15分くらい湯船に浸かっていると
汗がドドーッと出てくるのです。お風呂を出たあとも、汗は出続けて、お水を
飲んで、また汗出て…、また飲んで…みたいな繰り返しになります。

今朝もさっきまで朝風呂入ったのだけど、お風呂出てから20分たっても
まだTシャツのなかでまだ汗でてます。笑 ほんと、笑えるほどなんだよ~。
値段はちょっと高いけど、それでも岩盤浴に行くこと考えたら、格安だもの。


さて、ここでいきなりですが、CKBプチ情報♪
060708_ckb_1↓ここのサイトで、今新曲『メリメリ』のPVをフルで
見る&聴くことが出来ま~す♪(7月26日まで)
http://www.spaceshowertv.com/DAX/musicvideo.html


聴けば聴くほどハッピー&ゴージャス&メロウな旋律。タフな男の求婚ソウル!

『メリメリ』の意味は、「marry marry(結婚して)」は、もちろんなんだけど、
ずばり「かつて外人が今より2メートル大きかった時代をイメージ」 
キラキラ輝いている派手でゴージャスでハッピーで懐の深いアメリカ人、
チャールズ・ブロンソンとか、トム・ジョーンズ(英国人だけど)みたいな感じ、とか。

 I Wanna Marry Marry You~♪ 
 どっち似でもかまわない かわいい、かわいい、かわいいゼ、ベイベー♪ 

    
あ~ん。剣さんの子供なら産んでもいい、っつうかむしろ産ませてくれ!
うひゃ~、とろけちゃいます。
やばい、朝からPVヘビロテしすぎ。メリメリ中毒になるぅ~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セールに15分だけ行ってきた

ご存じのかたはご存じでしょうが、私の職場ではここ数ヶ月ひっちゃかめっちゃか
な状態でして…。(社名変更、新社長就任、業務移管、ようはM&A?みたいな)
で、残業続きでセールにもぜんぜん行くことができなくて悶々としていたのですが、
今日はなんとか夜9時前に会社を出ることができたので、やっと会社の近くにある
私の好きなセレクトショップのサマーセールに行ってきました。

もうセール初日からは1週間経っちゃってるし、選ぶ余地がなかったけどさぁ…。
お店の閉店時間まであと15分という状態だったから気ばかり焦っちゃうし。笑

060705_22010001で。これだけ買ってみた。PUMA・nualaのトップス。
nualaとはいえ、これヨガウェアとして私は着るつもり
はないっす。肩の蝶結びがジャマになりそうだもん。
絶対、これって普段の街着だよね~>nualaさん
ゆるゆるっと身体が泳ぐ感じのゆるめなデザインで
女っぽくなりすぎないところが気に入りました。


060705_21570001それと、セールじゃなくプロパーの値段だったんだけど、
nathalie costesのウッドビーズネックレスを買いました~♪(←写真では青いけど、実際は濃い紫色なの。ニス塗り
してないので、ざらっとした質感。渋い感じです)
nathalie costesのアクセサリーって、どこのお店でも
すぐに売れ切れちゃうみたい。というわけで、もし気に
入ったのを見つけた場合は迷わず買い、かも。

あぁ、私のこの夏のセールの買い物は、もうこれで終わりだろうなぁ。
まぁ、ボーナスももらってないし、買い物なんでしないほうがいいんだけどさ(泣)。

このあと電気屋さんに寄って、父の誕生日プレゼント用に血圧計を物色してみた
けど、いろんな種類があってびっくり。
(こっちの買い物のほうがよっぽど時間とられちゃったぜ、フゥ…)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

横浜BLITZで、メリメリッ♪

Photo_4【CRAZY KEN BAND SHOW 2006】のツアーファイナル、
横浜BLITZに行ってきました。
友の会先行予約で、私とYちゃん2人が2階指定席に当選。
×2枚の、4人でゆったりまったり大人席での参戦です。


前から2列目でしたが、前列との段差がけっこうあるので目の前に何もさえぎるものが
ない!素晴らしい! 
まぁ、ノリノリな気分になってきても後ろの席の方を気にしてしまい立ち上がれないの
が辛かったのですが、それでもやっぱり1階後ろの立ち見で背伸びしながら見る苦労
を思えば、なんともVIPな気分でありました。子連れの方も2階はおすすめですね。

ライブは、地元横浜だし今日がファイナルだしということもあってか、メンバーみんなリ
ラックスモード。客席に剣さんの同級生がいてステージ上から声かけたりして、笑。

途中、今度のアルバムに入る予定の曲を剣さんがいくつかキーボードでポロポロッと
弾き語りしてくれた曲が、どれもこれも購入意欲をそそられるナイスな曲でして…。
「次から次へとよくもまぁあんなふうに良い曲を生み出せるなぁ」と感心。
さすが【東洋一のサウンドクリエーター、横山剣】ですわ。

新曲の中では、『ドクロ町ツイスト』がとにかく良かった。ズーンとキタっ!
流れた映像もめちゃめちゃカックイィィィィ~~!!かったのです、いやほんと。
あぁ、今すぐにでも、カラオケで歌いたいくらいな気分。(笑)


Photo_3さて、ライブ終了後は、野毛の萬里放題亭へ。
ライブの後はビール&餃子がうまいねっ!!
(まぁ、紹興酒も1本あけてしまいましたが…)
萬里のおばちゃん、半額メニューいろいろ出して
くれてありがとう♪どれも美味しかった~♪
おかげで、最後の最後まで楽しい夜でした。

☆☆セットリスト&ピンボケ写真は「続き」をごらんくださいませ

続きを読む "横浜BLITZで、メリメリッ♪"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »