« どうしても、ナマで… | トップページ | ヨガ・リトリート行ってきました »

80年代はスカじゃない(長文だ)

今日は、毎月恒例の高円寺円盤のPOP寄席。
どうしても今日は前の席で見たかったので、暑かったけど頑張って並びました。
だって、ゲストが宮沢章夫さんだったんだもの。
私にとっての宮沢章夫さんといえば、ラジカルガジベリビンバシステム。
草月ホールや、ラフォーレに観に行ったものです。すごく刺激的だったんですよね。
私、演劇というものにはいまだにまったく興味ないのですが、あれは別モノでした。
すべてがかっこよかった。斬新でした。何より、笑えた。面白かった。

で、今日初めてナマ宮沢さんを見た。げっ、若い。50とは思えない。かっこいいっす。
話題は、もうすぐ宮沢さんの新刊本『東京大学「80年代地下文化論」講義』が出ること
もあって、やはり80年代のサブカルチャー的なものが多かったですね。
お客さんで20代くらいの人は、あまりにもわからない話でどう思ったかは知りませんが
私にとってはグッとくる話ばかりでした。
060715_00270001_1「六本木WAVE」(従妹が売り子してた)、「セゾン美術館」
「ラフォーレミュージアム原宿」(ラジカルを観に行った)、
「DEPT」(BFがバイトしてた)、それから、
←この写真の「TRA」っていう雑誌とか。(毎号買ってた!)

いとうせいこう、MUTE BEAT、岡崎京子、メロン、桑原茂一
などなど、懐かしい単語がとびかってました。


私なんだかぜんぜん無意識なんだけど、あの80年代の時代について、普段まったく
思い出さないようになってる気がするんですよ。
懐かしいと同時に、ちょっとなんというか「あの時代って何だったんだろ」って今でも
うまく語れないし。語ったところで、世代が違う人には、うまく伝わらない気もするし。
実際、「あの頃は良かった」なんて全肯定で懐かしめる時代というわけでもないし。
ちょっと背伸びっていうか頑張っちゃってた気もして、私も周りも…。奇妙ですが。

その背伸びの最たるものが原宿にあった「ピテカン」でした。
今はメキシコ料理屋だけどね、その前が「クラブD」で。(クラブDは敷居高くなかった)
「ピテカン」は当時まだ私は10代も10代、それも埼玉の田舎モノだったので、夜に
行くなんてことはまったくできなかったけど、土曜(日曜だったかも)の午後に、未成
年向けにイベントをやったりしてて、メロンとかライブを見にいったりしてました。
ピテカン入り口の「骨」を見て、「あぁ、これが骨だ」なんてドキドキしたっけなぁ~。

あんな緊張感あふれる(かっこよくないとダメなんだと自覚せざるをえない)場所を
作った桑原茂一さんはやっぱりスゴイ人だなぁと思います。

今日は11時近くまでイベントやってたんだけど、まだまだ聞き足りなかったなぁ~。
もっとずっと聞いていたかったなぁ。
80年代はスカ(音楽のSKAではなく、カス、カラッポのスカ)な時代って言われてる
けど、私にとってはいろんな影響を受けた時代だったんだって、改めてわかった。
あの時代を経たから、今の私(=スーパーミーハー)があるのです。そういうこと!


|

« どうしても、ナマで… | トップページ | ヨガ・リトリート行ってきました »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。足跡いただいてまいりました。

POP寄席は初めて観に行ったのですが、すごく楽しかったです。
ボクの場合はなおさんと違って、そのころは全く単独行動の出来ない小学生だったので、日記読んでて「うらやましいなぁ」と思うことしきりでした。

またおじゃましま~す。

投稿: alphabet+noir | 2006年7月15日 (土) 02時54分

あー。ラフォーレですれ違ってたんですね、たぶん。笑。
でもピテカンは辿り着けませんでした。爆。
もしかして「彼岸からの言葉」お持ちだったりしますか? なくしちゃって。。
80年代、つか、80年に価値観のものすごい転倒があって、80年代はずーっとそれで来たんですよね。個人的は15〜25までというのもありますけど、90〜96年までよりも悪くなかったと思ってますが。97年になるとCKBがぬるっと誕生しちゃうんで。。。。。

投稿: sammy69 | 2006年7月15日 (土) 03時11分

■alphabet+noir さん
こんにちは、昨日はお疲れ様でした。最前列ですか?ツバかぶり席ですね(笑)
私は2列目のCDコーナー側に座ってました。
うらやましいですかぁ~?そっか。生きているだけでうらやましいと言われる年齢
になってきてるのだな、私。うふふ。
でも、昨日宮沢さんも言っていたけれど、まだまだ海外からの最先端を取り入れようと
頑張っていた時代だったので、黎明的な面白さがあったかもしれないなぁと今になってみれば思います。
「レコードをさ、なんか、こするんだよ」って…。
あんなカッコイイ人達が言っていたかと思うと笑えますよね。

投稿: ok | 2006年7月15日 (土) 10時43分

■sammy69さん
あぁ、ラジカル観にいっていたんですね、sammyさんも。
昨日はラジカルのビデオも流れたりしました。竹中さんに毛がまだ生えてた頃の。
>「彼岸からの言葉」
多分、持ってます。(本棚のどこかにかくれてるはずで 笑)

80年代はなんかいろんな情報をまだ自分でも整理しきれなくて、とにかくあれもこれも
自分のなかに取りこんでいた時期だったなぁ、私は。
自然淘汰というか濾過というか、自分のなかで、好き嫌いが勝手に整理されていって、今にいたるというか。
で、CKBがこの世にいなかったら、と考えるとちょっと怖いですわ。

投稿: ok | 2006年7月15日 (土) 10時55分

これは私の「ルーツ」の部分ですねw
DEP'Tとかピテカンとか懐かしすぎ!
TRAはテープついてたヤツもあったよねぇ・・MUTEのメンバーが北海道に来たときに、一緒に旭岳へスキーに行った事もあったっけ。

エレクトロ・ダンスミュージックを語る上で、80年代は「スカ」どころか「ビッグバン」そのもの。
今は表向きは形が違ってきたのかもしれないけど、この時期に学んだ事が僕の最も太い根っこになっているのは間違いありません( ´∀`)

投稿: sf400 | 2006年7月16日 (日) 23時17分

■sf400さん
そうそうそう。sf400さんも同世代だ~。
sf400さんが言うように、今は一見表向きはみんなバラバラな趣味嗜好に見えても
根っこにはあの頃に受けた刺激がしっかりあるんだと思います。
DUBなんて言葉を知る以前に、MUTEBEATの音楽を身体が聴いていたという感じです。
TRA、中西俊夫さんの鉛のテープケースのとか!!今も持ってます。

投稿: ok | 2006年7月17日 (月) 15時40分

余談ですが、ハルヲフォンライブCD、中野のレコミンツで無事ゲトします太。「SEX,COLLECT,ROCK'N'ROLL」で暮れてゆく人生っすね。ああ。

投稿: sammy_doublejoy69 | 2006年7月17日 (月) 16時36分

■sammyさん
ハルヲフォンライブCD、私も欲しい~!
『浦和・ロックンロール・センター(URC)』、さいたま市在住の私にはちょっと誇らしいです。

投稿: ok | 2006年7月17日 (月) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2658980

この記事へのトラックバック一覧です: 80年代はスカじゃない(長文だ):

« どうしても、ナマで… | トップページ | ヨガ・リトリート行ってきました »