« 「アヌサラ・ヨガ」ワークショップ | トップページ | 「ただし、それは世界の中心ではない。」 »

『こども電話相談室』

日曜日の朝、目が覚めても布団の中でうだうだしながら、
枕元のラジオを手探りでつけると、なんだか懐かしい番組が…。

なんと、TBSの『こども電話相談室』だったんですよ。

これって私の子供の頃にもやってた番組だよぉ、びっくり。
確か、昔は夕方頃に放送されていた気がするんですけど、ね。
まだ続いていたんだなぁ~。すっごい長寿番組だなぁ。

私、質問するために一度だけ電話したことあるんです、これに。
母親に「電話しろしろ」とそそのかされてさ。
(大した質問じゃなかったからオンエアされなかったけど)


さて、こないだの日曜日の放送では、

『ダジャレは面白いんですか?面白くないんですか?』
という女の子からの質問がありました。笑

……。うっ難しい。
こんな質問されたら、私、何も答えられずに黙っちゃいそうだ。

でも、その日の回答者のよゐこの2人が的確な回答をしていて、
ちょっと尊敬してしまいました。

番組終了後も、
濱口くんの「6回言えば面白くなる」という回答が、なぜだかずっと
私のテイケツアタマの中をぐるぐるぐるぐる回ってた、雨の朝なのでした。


|

« 「アヌサラ・ヨガ」ワークショップ | トップページ | 「ただし、それは世界の中心ではない。」 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

す、鋭い。<6回言えばおもしろい

めげずに言い続けるのが重要なのねw

投稿: 隊長 | 2006年6月14日 (水) 14時23分

■隊長さん
応援おつかれさまです!!>W杯

>めげずに言い続ける

そうなんだって、2,3回じゃまだまだダメらしい。
これからはオヤジギャグは6回リピート基本でヨロ!

投稿: ok | 2006年6月14日 (水) 17時24分

そんなもの、ずいぶん前からリピってるわい。
6回どころか10回以上・・・

あ・・・だからか・・・視線が冷たいのは・・・

ところで、いつから「ココログ」に変えたのさ。

投稿: ぷじお | 2006年6月14日 (水) 19時38分

子供電話相談室に電話した人,初めて見ました!
すごいすごい!どんな質問内容だったんですか?気になります.

それにしても,よゐこのお二人,答えが深いですね.
正直,見直しちゃいました.
繰り返すことで味が出てくる,なる程・・・メモメモ.参考になりました.

投稿: やんと | 2006年6月14日 (水) 22時13分

今読んでいるのは「ズッコケ三人組人生相談」という本で、ズッコケ読者世代の子供たちが作者の那須氏に相談するといった本なんです。これが中々面白くって・・・
「クラスの劇で主役に選ばれたが、いじめの標的にされるのが心配です」とか「大好きな夏休みなのに、家ではお母さんの実家に帰るか、お父さんの実家に帰るかもめてばかりいて気まずいです」とか「メアドが欲しいのですが、両親に説明しても、メールアドレスがどういうものか分かってくれません」という内容なんですよ~。那須先生の回答も、まったく答えになってなくて笑えます。きっとよゐこの2人のほうが回答者としては適任かも知れませんね~

投稿: 歌子 | 2006年6月14日 (水) 23時36分

■ぷじおさん

> 6回どころか10回以上・・・

ふふふ。
ぷじおちゃんのアレ!「駄菓子、菓子」っつうやつ!
何度も目にしてるけど、どんどん味わい深くなってきてる
よ~。やっぱ繰り返すと駄洒落も発酵されるんだ、きっと。

こころぐに変えたのはこないだの日曜日からです。
livedoor、なんだかいきなりダメダメになっちゃってね、
やめたの。(日記書けない、コメント書けない状態で…)


■やんとさん
よゐこは節約生活してるだけじゃなくって、けっこうコントとか、
深くて面白いんですよ~、実は。有野くんが特にヘン。

私の小学2年生当時のボツになった質問は
「私は、象やキリンの大きな動物は怖くないのになぜ蝶々や
バッタみたいな自分の身体より小さな虫を怖いと思うんですか?」
みたいなことでした。
結局ボツだったので、質問の答えももらえてないので、今でも
虫は全般的に苦手なのです。グスン。

投稿: ok | 2006年6月15日 (木) 00時36分

■歌子さん
ズッコケシリーズで人生相談本があるのかぁ、それ面白そう。

TBSの「こども電話相談室」のHPにある子供の質問集をいろいろ見ているけど、
すごいわー。
「人生」という言葉を知る以前のほうが、大人よりよっぽど人生について
悩んだり、学んだりしてる気がしますわ。

「挨拶をしても返事をしてくれない人がいるのだけど、どうしたらいいですか」
という子供の質問に
「挨拶は相手のためにするのではなく、自分がしたくてするものだから、
相手が返事をしてくれなくても気にすることはない」
と永六輔が答えていて、「そうだったのか~っ!」と今更気づかされる私なのでした。

投稿: ok | 2006年6月15日 (木) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2213064

この記事へのトラックバック一覧です: 『こども電話相談室』:

« 「アヌサラ・ヨガ」ワークショップ | トップページ | 「ただし、それは世界の中心ではない。」 »