« こんな本棚になりました | トップページ | 行きたいトコは地方ばかりだ »

コンフィチュールばやりですが

2c94e648.jpg2年ぐらい前の『世界ウルルン滞在記』
紹介されてた、フランス・アルザス地方の
クリスティーヌ・フェルベールさんのジャム。

人口350人の小さな村のフェルベールさんの
工房で、銅鍋でひとつひとつ手作りで作られ
るジャムは、スパイスやチョコレートなどが
ブレンドされていて、とっても美味しそうだっ
たの。(フェルベールさんは、フランスで
「ジャムの妖精」と呼ばれているそうです)

今でこそ日本にも、お菓子のような凝ったジャムを売るお店が増えてきたけど、
あの番組を見た当初は「黒胡椒をジャムに〜?」と、とても驚いたのですよ。
その時から、フェルベールさんの作るジャムは私の憧れとなりました。
けれどもこのジャムは生産数がとても少ない上に、トロアグロやフォーシーズン
ホテルなどの有名シェフが大絶賛しているとあって、フランス国内でもなかなか
手に入れづらいということだったのです。
当然、極東の小国・日本で手に入れるなんて絶望的だと諦めてて…。

ところがなんとこないだ、何の気なしにネットで遊んでいたら、大阪の輸入業者
で扱っていることがわかりました。
  ☆ここがそのお店です → (株)アマノ

日本って、買えないものなんてないのかもしれないですねー!!
スバラシイデスネェ!物欲大国デス!!
今回、私は3種類のジャムを買ってみました。
どれも、ペクチンが入っていないので、サラサラっとしていて超フレッシュ!
酸味と甘みが絶妙、果物の素材感が口の中い〜〜っぱいに拡がります。

パンにのせる前に、スプーンでそのまま食べてしまってばかりなので、あっと
いう間に無くなっちゃいそう…。デブ化がすすみそうで、ヤバイっす。

☆ネット版FRaUに関連記事が出てました→【東京コンシェルジュ】

|

« こんな本棚になりました | トップページ | 行きたいトコは地方ばかりだ »

「美味しいこと」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな専門店がいっぱい出てきましたよね〜〜。そして、本当に日本では買えない商品って無いのかもしれません。食べられない料理も、聴く事の出来ない音楽も、観る事の出来ない映画も・・・・これは本当に幸運な事です。

先日、安売りスーパーで、イチゴがこれまた安く売られていたのですが、大量買いしているパンチヘアのオカンが「あら〜〜〜、ジャムをつくらないとね」と、言いながら買いまくってました。あまりに大きな独り言に、「こりゃ、実際は作らないで、オカンは潰して食べるな・・・」と思ってしまいました。

投稿: 歌子 | 2006年4月15日 (土) 14時31分

■歌子さん
そうなんですよー。
日本は世界中のものが簡単に手に入りすぎるんです。なんでなんだろ。
日本人ってどういう性質の人種なのでしょうか。
外国の人ってかなりの割合で、自分の国どころか自分の村から1歩も
外に出たことないって言う人いるでしょ?
ああいう人とは決定的に何かが違う何かがあるんだろうなぁ〜。

安売りイチゴといえば、こないだ久々に安く買ったのを大量につぶし
て、ミルクとハチミツで食べたらめちゃめちゃ懐かしい味がして美味
しかったっす!

投稿: ok | 2006年4月15日 (土) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175027

この記事へのトラックバック一覧です: コンフィチュールばやりですが:

« こんな本棚になりました | トップページ | 行きたいトコは地方ばかりだ »