« 自分に似合うもの | トップページ | ミーはシェーと叫んだざんす(心の中でな) »

六義園まで行ってみた

満開昨日、会社の帰りに駒込の『六義園』まで
しだれ桜のライトアップを見てきました。
六義園のシンボルのしだれ桜が満開になる
この数日間だけ、庭園がライトアップされ、
普段は入れない夜の庭園へ入場することが
できるのです。

↑私のしょぼい携帯カメラ(CMOS、128万画素…)じゃ伝わらないでしょうが、
暗闇に白く輝くしだれ桜は、たったの1本とは思えない大きさです!!
口をポカーンとあけてただただ見入ってしまうほどの迫力…。
で、昼間に見るのとはまったく違う、何とも言えない雰囲気なんですよ。
「1人で見たらちょっと怖いかも」 と思わせる妖気まで感じたりして。


幻想的です広い庭園内の歩道に点々と続くほのかな灯り
がまたなかなか風情があって良かったです。
お茶室で、ライトアップされた池を眺めながら、
お抹茶&ねりきりをいただいてひと休み。

うへっ 乙女は花よりだんご♪なのさ。

薄暗い闇のなかで池の水面に錦鯉がぼんやりと映る光景は、不思議な
美しさがありました。
凛とした日本庭園が、夜になるとこんなに幻想的な空間に変わることなど
私、全然知らなかったなぁ〜。

このライトアップのイベントは今日3/29が最終日ということでした。
こんな粋な催し、桜もまだまだ散っていないことだし、もう少し期間を
延長してもよいのになぁ…と思いました。

|

« 自分に似合うもの | トップページ | ミーはシェーと叫んだざんす(心の中でな) »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

六義園は、私も毎年行ってます。
あそこの花見は、雰囲気が違って良いですね。あー。行きたいなー

投稿: ひよこ隊長 | 2006年3月29日 (水) 14時30分

六義園のしだれ桜素敵ですよね〜!
数年前に見に行ったときもライトアップされていて本当に幻想的で感動しました。
たった1本であれだけの数の花が咲くなんて、もしかしたら木の下に人でも埋まっているのかしら(怖〜)なんてホラーなことを考えたりしました。
そう思わせてしまいそうな妖しげな雰囲気がありましたね。
ちなみに私は外の売店でみたらし団子をいただきました。笑
やっぱり『和』がしっくりきますね。

投稿: junp | 2006年3月29日 (水) 14時35分

■ひよこ隊長さん
ソメイヨシノはまだまだ咲き始めたばかり、という感じでした。
六義園、大人になってから初めて行ったんだけど、いいところでした。
さすがお大名の庭園です

■junpさん
「桜の樹の下には屍体が埋まっている」、と言ったのは梶井基次郎
でしたっけ。そんな想像力をかきたててしまいますね、夜の桜は。
あぁ、おだんごにも惹かれたのですよー、私。
あと、豚汁も…(色気まるで無し子さん……だわ)

投稿: ok | 2006年3月29日 (水) 15時22分

おお!恐ろしいくらいの迫力。
六義園って素晴らしい桜の木があるのですね。
なんだか舞台のような佇まいです。
能楽なんかを、桜の木の下でやったら、幽玄な雰囲気でしょうね〜

投稿: 歌子 | 2006年3月29日 (水) 22時19分

すごい桜ですねー。桜って今だけ咲いてこれだけ人を魅了するなんてすごい花だなぁと思います。
この時季のためだけに桜の柄の着物を着るって人もいるというけど、やっぱり日本人には特別な花なんですね。↑のしだれ桜の前では襟をぐいっと抜いて色っぽい着方をしたいもんですぅ…、無理か。

投稿: chizu | 2006年3月29日 (水) 23時52分

■歌子さん
ほんとこのしだれ桜は迫力ありました。で、どうやら調べたところ
秋の紅葉の季節にも、数日間ライトアップするみたいです。
能舞台いいかもいいかも。でも私、寝ちゃうかも〜
(能を見てると必ず睡魔が……私、情けないッス!)

■chizuさん
今日、ヨガの呼吸の時も先生が桜の咲くイメージと散りゆく時の
イメージで吸う吐くを練習しました。
(こんなことイメージして呼吸、出来るのは日本人だけだ)
昨日は着物姿の人いるかなぁって思ったけど残念、いませんでした!
来年、chizuちゃん一緒に着物着ていく〜?襟抜き抜きで!笑

投稿: ok | 2006年3月30日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175037

この記事へのトラックバック一覧です: 六義園まで行ってみた:

« 自分に似合うもの | トップページ | ミーはシェーと叫んだざんす(心の中でな) »