« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

幸ちゃん、最高っ!!

知ってる?幸ちゃん。
知らない人は何も言わずに見て下さい!(音、消してちゃダメよ〜!)
とにかく素敵すぎ!まじやばいってば→ 「18番 いいわけ」

あぁ私、幸ちゃんのおかげで、この週末乗り切れそうです。


☆☆リンク先を変えてみました♪

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ミーはシェーと叫んだざんす(心の中でな)

1391502f.jpgヨガの帰り、渋谷駅のコンビニに入った途端、
レジのバイト男子にド肝抜かれてしまいました。
だって、コンビニエプロンの下に着てる服が
ハイカラーのドレスシャツにエルメスのスカーフ
を首にふんわり巻いてたんだもん!

そのスカーフがまたぜんぜんメンズっぽいのじゃなくって、超フェミニンな春色
若奥様っぽいやつなんですよ!(↑こんなのヨ!もっとベビーピンク色でさ)

キミはイヤミ@オソ松くんか?フランス帰りかっ?普段からソレなのかっ?

そもそもそれがキミの普段着だと仮定したとして…。
コンビニのバイトしてる時くらいカジュアルな格好しろっつの!
そう、仕事着としてさ、着てみましょうよ、ジーンズとかさぁ〜。
(向かいに、ユニクロもあることだし)
だって重い段ボール運んだり、ゴミ箱の片付けとかするでしょ、コンビニ。
「ミーはそんな汚い仕事しないザンスー!」
なんて言うつもりか、キミ? 
もう、私が店長だったら即刻クビ、クビ!!

なんてことをダラダラ考えながら、帰宅。テレビを付けたら、いきなりエハラと
美輪センセ
が、うっとりしながら須藤元気の手を触りまくってました。
こんなに嬉しそうなお二人は、オダギリジョー以来のような気が…。
あぁ、二人とも本当にイイ男に弱い、弱いザンスよー!
霊とかオーラとか本当に見てますか〜?
ちょっとちょっと、触ってるだけじゃだめザンスーよッ!

(あぁイヤミがうつったザンスー!)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

六義園まで行ってみた

満開昨日、会社の帰りに駒込の『六義園』まで
しだれ桜のライトアップを見てきました。
六義園のシンボルのしだれ桜が満開になる
この数日間だけ、庭園がライトアップされ、
普段は入れない夜の庭園へ入場することが
できるのです。

↑私のしょぼい携帯カメラ(CMOS、128万画素…)じゃ伝わらないでしょうが、
暗闇に白く輝くしだれ桜は、たったの1本とは思えない大きさです!!
口をポカーンとあけてただただ見入ってしまうほどの迫力…。
で、昼間に見るのとはまったく違う、何とも言えない雰囲気なんですよ。
「1人で見たらちょっと怖いかも」 と思わせる妖気まで感じたりして。


幻想的です広い庭園内の歩道に点々と続くほのかな灯り
がまたなかなか風情があって良かったです。
お茶室で、ライトアップされた池を眺めながら、
お抹茶&ねりきりをいただいてひと休み。

うへっ 乙女は花よりだんご♪なのさ。

薄暗い闇のなかで池の水面に錦鯉がぼんやりと映る光景は、不思議な
美しさがありました。
凛とした日本庭園が、夜になるとこんなに幻想的な空間に変わることなど
私、全然知らなかったなぁ〜。

このライトアップのイベントは今日3/29が最終日ということでした。
こんな粋な催し、桜もまだまだ散っていないことだし、もう少し期間を
延長してもよいのになぁ…と思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自分に似合うもの

ed5ecd5b.jpg母の買ってきた『クロワッサン』の最新号。
今回の特集は
「いくつになってもおしゃれが好き」 
ということで、巻頭ページは
あのジェーン・バーキン!!!!!

母が読み終わってもいないのに、
「ちょっと見せてぇ」と借りまして…。


まぁ、ページをめくる前から、
「そうだよそうだろうよ、こんな服着てるだろうよ、彼女はさ〜」
と、わかってるファッションなんですけどね……。
グレーのVネックセーターにジーンズ。どちらも洗いざらし。
Vネックのセーターはプラダのなんですけど、毎日洗ってくたくたに。
あぁ、いつ見ても、代わり映えしないのにもかかわらず
めちゃめちゃかっこいいなぁ〜。

エルメスのバーキン(そりゃ本人持ってるわよね)も革をクタクタにして
形を崩した感じに、アムネスティのステッカーを貼って使ってるのよね。
松濤幼○園の送り迎えのマダムみたいに、紺のスーツにおばさん持ち
なんてしてないわけです。

こんなオンナにいつかなれるんだろうか?
と自問自答すれば「否!」ですよ、そりゃ、素材が違うのですもん。

だから、私は私に似合う服、私がステキに見える服を選ぶチカラを
研かなくてはならないのだわ。 理想としては、
「彼女、何を着ていたのかは覚えてないけれど、おしゃれだよね」
と言われるような、さりげなくって服が出しゃばらなくって、それでいて
無難とか平凡には転ばない感じがいいのですが……。難しいね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

活動的な週末でした

土曜は家から車で30分弱位のところにある「清瀧酒造」という日本酒の蔵元
へ。つい最近まで、こんな近所に日本酒の蔵元があるなんて、まったく知らな
かったんですけどね。
工場見学も社会科見学みたいでそりゃ面白いんだけど、見学後にレストラン
でいただいた利き酒膳が、とにかくお得っ!
お酒が大吟醸など7種類の他に、日本酒のカクテルが数種類でてきてね、
それをぜ〜んぶ飲んだら1人2合半は軽く飲んでる計算になるのです。
それプラス、美味しいおつまみのお膳と食事のお膳がついちゃうし。
これやればやるほど会社の赤字だろう?……と心配になるほどでして。
社長も杜氏さんも料理長も、みんなイイ人ばかりでなごめました〜。

清瀧酒造試飲中飲みました〜〜!









さて日曜の今日は、鎌倉へ。
神奈川県立近代美術館で開催中の「山口勝弘展」を見てきました。
今日の鎌倉は少し寒かったけれど、美術館を出てからも桜が咲き始めた
お寺などいろいろ散歩して一日を過ごしてみましたよ。
なにしろ、昨日のお酒分のカロリー消費をしなければいけません!
銭洗い弁天から浄智寺へつながるハイキングコースは久しぶりの山道で
ワクワクしちゃったり、鎌倉って歩ってるだけでも楽しいんだなぁ。
あぁ浄智寺、いいお寺でしたぁ〜。(しみじみ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あ痛たたた…

このところ脚がパンパンにむくみ気味で、今日は朝からブーツをはいた脚が
キツキツの私。
でも、もうそろそろブーツでこのデブ脚を隠してはいられないのだよぉ。
だって、サンダルの季節がもうすぐなんだも〜ん♪ なんとかしなくちゃっ!
でだ。
このパンパンの正体が、果たして代謝が悪くてむくんでるのか、それとも
完璧な脂肪太りなのか…。
そのへんをプロに見極めてもらわんことには、どうセルフ・ケアをしたらいい
のか見当つかないので、会社帰りに『マミーズタッチ』に行ってみました。

ここのサロンはエステサロンというよりは、リンパドレナージュ中心のアロマ
テラピーのお店という感じです。
料金は良心的、施術は丁寧だし、何より効果がすぐに出るのがいいの!

←こんな風にぐぐっともまれるのです。ただし、サロンのきれいな雰囲気とは裏腹、
施術はかなりの体育会系なのです。

固まった老廃物を容赦なくほぐしていくので、
足裏からアキレス腱周りまで、グリグリっと
強めにマッサージされ、とにかく痛いのっ。

こんなふうに渾身の力でマッサージ!
(←寝てるのは私ではありません)


こぶしを握りしめるようにガマンすること1時間、施術が終わったあとにはく
ブーツはゆるゆる〜〜。(うれし泣き)

で、わたしのパンパンの脚は、
 1.代謝が悪いことからくるむくみ → お風呂でマッサージすれば治る
 2.足のサイズがあわないヒールの高い靴をはいていることからくる、
   筋肉の張り → きちんとサイズの合う靴をはく

という担当者さんからのアドバイスがありました。
どちらも思い当たることだったので、深ぁ〜く納得&反省する私。
やっぱりプロの意見は参考になるなぁ〜。

よしっ、明日からせっせとお風呂でマッサージするぞ〜!
NO!3日坊主>自分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『うつせみ』

b64509a4.jpg今日の午後、待ち合わせの時間までちょっと
ヒマがあったので、恵比寿で『うつせみ』
観てきました。
韓国の原題は「空き家」で、欧米では「3iron
(ゴルフの3番アイアン)」。

そし、邦題では「うつせみ」。
美しい邦題で、なかなかうまいタイトルだと思うけど、私は「空き家」のまま
そっけない感じでもよかったような気もします。

客層が想像以上に、いわゆる韓流ドラマファンっぽいマダムが多くてびっくり
しました!(サランヘヨ〜系ってやつですね)
キム・ギドク監督の作風が、いつのまに彼らに受け入れられたのか?
「サマリア」まではそうやすやすと受け入れられるとは思えないのですが、
考えるに「うつせみ」というタイトルといいポスターの雰囲気といい、配給会社
が女性受けするように仕組み、それにまんまとはめられちゃったマダム達な
のかもしれません。

実際、この「うつせみ」には、ギドク監督ならではの痛いシーンはあんまり無
く、毒気が全体的に薄いので、ラストまでおだやかに観ていられますしね。
気持ち悪いDV夫、美しくてはかなげな妻、若くてハンサムで強い恋人、
というわかりやすい登場人物のラブストーリーは案外すんなりと、韓流ファンの
心も掴めてしまうかな、と思わなくもありませんでした。

映画の中で、(過去のギドク作品と同様)主人公達はいつまでたっても言葉を
交わさないのだけど、決して、演出っぽい感じがありません。
観ている側に、彼らの気持ちが伝わるんですよね。寂しいとか、辛いとか、
いらだっているとか…。俳優達の演技力(特に目のチカラ)が無くては出来ない
のだろうけど、監督が台詞なんて必要ないんだよ、とほくそ笑んでるような気
がします。

この映画、後半あたりで、人妻と恋人が永遠に一緒にいられる究極の方法が
あみだされるわけなのだけど、それがちょっと笑えるのです。キュート☆
こういうユーモアのあるところが、またギドクワールドなんでしょうね〜。

でもやっぱり私はもうちょっと毒気の強いギドク作品のほうが好きですけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『クラッシュ』(長文です!!)

2241e339.jpg先月から公開してたのに、なかなか見れな
かった『クラッシュ』を、やっと今日見ることが
できました。

このあいだのアカデミー賞で、主要3部門
を受賞したおかげで、家の近所のシネコン
でも上映し始めたのですよ。
おかげで今朝、チャリでプラっと観に行けた
わけです。近所はラクチンでいいわぁ〜♪
(来週はシリアナとブロークバックマウン
テン観にいこ。)


いやぁ、素晴らしい映画でした。見逃さなくって本当によかった。
これは「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本を書いたポール・ハギスの初監
督作品。
私、「ミリオン…」では感動しつつも、中盤からラストにかけてたたみ掛ける
ような救われないエピソードの数々に、映画館を出た時には口を開く気に
もなれないような、重苦しい気分になってしまいました。

今回のこの『クラッシュ』も決してテーマは明るくないのです。
けれども、数々のシーンで心が揺さぶられ、胸が張り裂けそうになり、それ
でも映画を見終わったあとは、なんだか清々しいような気分になって、映画
についていろんな人と語り合いたくなりました。
実際、家に帰ったあとで、すでに先月この映画を見た父と珍しく語っちゃっ
たりして…。WBCのテレビ中継を観ながら、というのもなんか皮肉(笑)。

“人種の坩堝、L.A.を舞台に、白人・アフリカ系・ヒスパニック・アラブ系・
アジア系と色々な人種、職業の人々が織り成す、人種差別を真正面から描く
作品” …なんていうと、
「人種差別はやめましょう」的なお説教映画かよ、と思う人もいるかも
しれないけれど、

続きを読む "『クラッシュ』(長文です!!)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

激ウマ・シンガポールフード

昨日は、久しぶりに会う友達(たまげ・Kりん・meku)とごはん会。
すっかり雪遊びから離れてしまった私にも、義理がたく声をかけてくれる
なんて、みんな優しいのぅ、うっうっ(泣)。
さて、お店は幹事・たまげクンセレクトで八重洲のシンガポール料理の
お店「エンポーリアム」
ドアを開けた瞬間、なんとも言えないスパイスのいい香りで食欲を刺激!

シンガポール料理に詳しいたまげクンに、オーダーはおまかせでしたが
最初のお皿、チリカンコン(空芯菜炒め)でいきなりその美味しさにガツンと
やられる私達。

春巻ではない紙をあけるとぷわぁ〜といい香りこれは「ペーパーポーク」
マリネされた豚肉を紙に包
んで油で揚げた料理です。
紙をあけると、ポワーァン
といい香り♪
何個でもいけます、これ。

ブラックペッパークラブ!!すばらしいです!で、これはブラックペッパークラブ!!!
激・激ウマッ〜!!!

黒胡椒がガツガツ入っててその他香辛料と
合わせた真っ黒いソースが交感神経を刺激
し、もはや食欲はフルスロットルです。
紙エプロン・フィンガーボール・おしぼりと
服が汚れないように用意されてたのに、
食べ終わった頃には泥遊びの子供のような
状態になってたのが笑えました。
とにかく、みんな食べるのに必死っ!笑

他にも、初めて食べる料理ばかりだったのですが、ハズレがぜんぜん
ありませんでした。
(がっかり島のzzさんってば、こんな美味しいもの毎日食べてるの〜?)

接客担当の方がまた、キビキビと気持ちよく動く威勢の良い女性で、
それがまた好印象だったなぁ〜。
予約はとりづらいかもしれないけれど、多すぎない座席数もいいですね。
また通いたいお店がひとつ増えてしまいました。ヤバイです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ヒコウキのりた〜い!

北九州空港、開港しましたね。
北九州という土地はぜんぜん馴染みがなくてどんな土地なのかさっぱり
わからんとです。
がんばってみて、ルースターズの故郷とか。
そんなことしか思い浮かべることができないわけです。
(なんて事を話してたら「AVの代々木監督も北九州出身よ」などと、
いらぬプチ情報を先輩からゲットできましたが)

ただですね、私、スターフライヤーには猛烈に乗ってみたいな〜と。

860cb7d5.jpg外見の黒い機体も新鮮ですが、機内の
シートが全席黒の革張りとか、サービス
のコーヒーがタリーズとか、ね。
野宮マキが、スターフライヤーの安全
装置等の説明をするVTRが存在する”
という噂とか!!

そういうのが私のミーハー心をググっと刺激するわけなんですよ。
「目的地までの移動体」以上のワクワク感を持たせようとしているのが
日本の航空会社には珍しい!すばらしい!頑張ってほしいです。

今なら【STAR LIMITED】っていう就航記念料金が設定されていて、
1万円で乗れるんだよね〜。なんだか惹かれます。誰か一緒に行かない?笑

さて、北九州には何があるのでしょう?
知らない土地に行くっていうのも、面白いかもしれないな〜〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Google様様なのでした

こないだのPOP寄席で、下井草さんが紹介していたCDがとっても良かった
のです。
女性ボーカルなんだけど、囁くような歌声が少し甘くてフォーキーなんだけど、
ちょっとエスニックな感じもあって、バックのアレンジはかっこいいし。
「おぉ、これもっとちゃんと聴いてみたいわ」
なんて、その時思ったのにも関わらず、どこにも書き留めたりしなかったので、
アーティスト名もアルバム名も、すっかり忘れてしまって。ダメじゃん、私。

で、今日になって、おぼえている単語2つ
 「トイ(彼女のファミリーネーム?)」
 「運命線(タイトル名の一部)」
でググッて見たら、何と一発で出てきた!ウヒャホォ〜♪ 
Googleさん、ありがとう。

私の運命線
『私の運命線』センティ・トイ

発売元は発売元はintoxicate records/NMNL、

さすがタワー、やりますなぁ〜。

プロフィールを読むとなんとも興味深い女性なんです、センティ・トイ。
北東インド・ナガランド出身、ナガ族(首狩り族)の戦士の娘。
父親は日本の東芝に在籍していたことがあり、のちにナガランドへ電気技術を
持ち帰った英雄で、なんと名字を東芝に改名したとか。(発音しずらいので後
にトイになったらしい)
で、フリージャズプレイヤー ヘンリー・スレッギルの妻となり、現在ニュー
ヨーク大学で民族音楽を学んでいる、らしい。

でも、首狩り族の末裔なんてことはまったく感じさせない都会的なサウンド
です。嫌みなく気持ちよい感じです。

さっそく、amazonで購入。明後日あたりには届くよね、楽しみ楽しみ〜。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

京都みやげ(スイーツ編)

8cc3deed.jpgこれは絶対、買うと決めていた【阿闍梨餅】
モチモチっと薄めの皮が美味しいのです。
きっと餅米が入っているんだろうなぁ〜。
(餡は粒餡。小豆の粒々が最高っ)
焼いてほんのり焦げ目を付けて食べても
また違った美味しさでおすすめ☆

☆阿闍梨餅の[満月]さんの番頭さんの
話がなかなか面白いです→【真剣な話】


でっち羊羹次は、一乗寺・中谷の【でっち羊羹】
でっち羊羹って、ずっと丁稚さんが食べる
羊羹、という意味なのかと思ってましたが、
なんと「でっち」=練る、という意味がこの
羊羹の由来なのだそうですよ。
知らなかったなぁ〜〜。


黒いおたべそして最後はこの【黒いおたべ】

八つ橋の皮は黒ごまのペーストと炭(!)を
練り込み、中身は、黒ごまあん。
ちなみにニッキは使われていません。


会社へのおみやげに買っていったのですが、みんなにすこぶる好評でした。
女子はゴマ好きだもんね。
普通の生八つ橋よりインパクトあるし、おみやげにお勧め!

以上、買ったスイーツです。
やっぱり京都って、和モノスイーツ王国なのですよね〜。
本当にどこに行っても、どれを見ても美味しそうで、困っちゃいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

京都みやげ(グッズ編)

クリアファイルボールペンこの鳥獣戯画のクリアファイルとボールペンは京都で買ってきました☆
「鳥獣戯画」好きの私としては、京都で買わずにはいられなかった、鳥獣戯画グッズ。この他、携帯ストラップやポストカードも購入。
(すべて 【便利堂】にて)

二十三やの櫛これは、【二十三や】で買ったつげ櫛。
2ヶ月前に、ばっさりとボブヘアにした私。
ストレートヘアにはやっぱり櫛が似合うかなぁと
思ったのです。
つげの櫛は自然素材なので静電気が起きにくく、
枝毛ができにくいのだとか。


手のひらサイズなので、化粧ポーチにもすんなり
収まるのも気に入りました。

柔らかいぬくもりがあって、手に取るたびに愛着がわいてくるの。
楽しかった京都の思い出と一緒に、ずっと大事にしようと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/5(日) 締めは鍵善

清水寺と高台寺を続けて見学。
高台寺の境内の一等高い場所にある傘亭と時雨亭という二つの茶室も見学
しましたが、午前中の金地院のあの素晴らしい茶室を見てしまってからだっ
たので、正直それほどの感動はなかったな。
(洗練されてないところが良いという言い方もあるのかもしれないけど)
清水寺からは、京都駅周辺を中心に京都の街が良くみえるのだけど、巨大な
京都駅ビルはかなり異様な感じを受けました。醜悪とまでは言いませんが。
(周りの景観をいちじるしく壊してるとしか思えないんだけどな…)

さてこれで、神社仏閣めぐりは終了。おつかれさま〜!

鍵善「お腹はいっぱいだけど休みたいね」
というわけで京都の最後のお茶タイムに
選んだのは、【鍵善】です。
超有名な甘味処ですね。
ここはやっぱり、葛きりを食べないと。
鍵善のマークが入った立派な器の蓋を
開けると、氷水でつるりと冷たく冷や
された葛きりが入っています。
これに甘い蜜をつけて食べるのはまさ
に至福!!ちべたくて美味しい〜♪

誰が発明したんだろなぁ〜〜、こんな美味しいもの!

以上、OKの京都旅行でした。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/5(日) かさぎ屋

午後は清水寺方面までタクシーで移動。

かさぎや・亀山二年坂にはどうしても行っておきたい店が
ありました。甘味処の【かさぎ屋】です。

ここへ最後に訪れたのは、もう10年以上前。
おじいちゃんとおばあちゃんが営んでいる
お店で、その御夫婦の可愛らしさが古びた
小さな日本家屋のお店のたたずまいとあい
まって、とても風情のある良いお店でした。
(竹下夢二がここの隣かなんかに住んでい
て常連さんだったそうです)


さて、お店に入るとなんとなく想像はしていたのだけど、やはりご夫婦の
姿はなくて、代わりにテキパキと気持ちよく接客をする着物姿の女性が。
もしかしたら娘さんかな?と思ったので、思い切って、
「あの、おじいちゃんとおばあちゃんはお元気なんでしょうか?」と
尋ねてみました。
もうおじいちゃんはお亡くなりになったそうです。(そりゃそうだよなぁ)
おばあちゃんも90を越して、お店には出るのはちょっと無理とのこと。
もう一度会いたいと思っていたのですが、こればっかりは仕方ないです。

それでも、ぜんざいの味は相変わらず絶品でした。
ここのあずきの炊き方と甘さの加減がまさに私の好みなんですよね。
代が代わっても、この味のままずぅっとお店を続けてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/5(日) 銀沙灘と向月台

銀閣寺は、これぞ侘び寂びといった趣のあるたたずまいです。
そしてなんといっても、ここはお庭が絶品なのでした。
どこの角度から、どういう風に庭を見ても、少しの隙もないほどに完成されて
るんですよねぇ…。
「この庭を見てるとなんだか波を見てるような気がするわ」と何気なく言ったら、
「波を模しているから銀沙灘っていうんだよ」との答え。
そういう名前がついた庭だったとは知りませんでした。私ってば赤っ恥(笑)。

こんなふうに何にもわかっちゃいない私のような人間でも、この庭を見てると、
ズーーンと静かな波のように感動が胸を打ってくるのです。
ホンモノって素晴らしい。これぞ「日本の美」です。

いやはや、ワタクシ銀閣寺をなめてました。本当にすみません。
(中学、高校と2度も修学旅行で来ていた場所なのに、何を見ていたんだ、
 当時の私って。情けなくなるわ…)

おめん銀閣寺をたっぷり堪能したあと、近くの
【おめん】といううどん屋さんでお昼。
ここは人気店のようで店の外まで行列が
できてました。
(私達は、あらかじめ予約をしていたので
程なく席につくことができたけれど)

高く盛られた大根やキンピラゴボウなど
たくさんのお薬味を温かいツユの中に
入れる面白い食べ方のおうどんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/5(日) 南禅寺から銀閣寺へ

水路閣出来たて〜〜銀閣寺








金地院でのあまりの感動に心身ともにボーっとなってしまったせいもあって、
南禅寺では本坊には入らなくてもいいか、という気分になりそこは省略。
石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな・・・」のセリフで有名な三門に登って
みたのですが、かなり傾斜が急な階段!しかも磨き込まれていて、靴下で
登るのが滑りそうで怖かったぁ〜〜。(←超ビビり)

水路閣はテレビドラマなどでよく見たことがあったけれど、実物を見るのはな
んと今日が初めて。(写真左)
ヨーロッパにありそうな煉瓦造りの建物ですけど、煉瓦の古ぼけ具合が微妙
な風情を醸し出していて、和の風景にマッチしてるんです。いやぁ面白い。

お昼前頃、南禅寺を出て、哲学の道を散歩がてら銀閣寺へ向かいました。
銀閣寺に近づくあたりになると観光客の数が多くなり、銀閣寺参道は人に
ぶつかりながら歩くほどの賑わいぶり。
生八つ橋をバラ売りしているお店があったので、抹茶味とノーマルなものと
一つずつ購入。店のおばちゃんがその場で包んでくれるこの四角い八つ橋
は、きっと前にpureさんがおすすめしてくれた清水寺の八つ橋屋さんと同じ
お店だな〜、などと思いながら食べました。抹茶味、ウマウマ〜♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/5(日) 南禅寺・金地院

次は「金地院」へ。
特別名勝の「鶴亀の庭園」という枯山水の庭は、建物の屋根が修理中だった
せいか、今ひとつ風情にかけて残念。
けれども、ここで感動するほどの拾いものが2つありました。
普通は往復ハガキであらかじめ申し込みをしないと見学することができない、
長谷川等伯の「猿猴捉月図」と小堀遠州の「八窓席」という茶席を、当日申込
みで、見学できたのです。
画といい茶席といい、どちらもため息がでるほど素晴らしかったぁ。

墨絵のお猿「猿猴捉月図」の、その猿の手の指の表情
豊かなこと。
池に写りこんだ月の輝きに、身を乗り出して
月を掴まえようとするその猿の気持ちが、
絵を見ているこっちに伝わってくるのです。

掴めない月をひたすらに掴まえようと、身体
を伸ばす猿のことを思っていたら、なんだか
とっても切なくなってしまいました。

あぁ、この絵を、畳に座り直に触れるほど
間近で見れた幸せ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/5(日) 大人の修学旅行の日

今日は一日、神社仏閣見学めぐりがメイン。気分は修学旅行です♪
それではレッツラ・ゴー!

襖絵まずはホテルから歩いてすぐの「青蓮院」
ここは庭が美しいことで有名で、来週あたり
から夜のライトアップが開催されるとか。
朝のすがすがしい庭ももちろん良いけれど、
夜の幻想的な庭は見てみたかったな。
↑あと、蓮の襖絵がかなり印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/4(土) 柚子鍋、そしてお雑炊

鯛の柚子鍋←今日のメイン、
柚子屋旅館名物「柚子鍋」です!
この鍋は3種類(鯛、鴨、豚)から選べます。
今回、私達は鯛の柚子鍋にしてみました。

鯛のお刺身を柚子の香りが豊かな出し汁に
しゃぶしゃぶっとくぐらせ、火の通りすぎない
うちに口に運びます。
「わぁ〜あっさりと美味しい!
 鯛を選んで大正解だね」と自画自賛。


九条ネギなどたくさんの京野菜も、鯛と一緒にしゃぶしゃぶしながら食べる
ので、お腹がいっぱいながらヘルシー気分。

鯛を食べ終わったあとは、この出し汁を使っての柚子雑炊。
これがまたおいしかったの〜。
鍋の真ん中に甘皮に包まれた柚子を丸ごと置き、卵を落としてから、それを
おたまで上から押すと、柚子のじゃばらの切り込みからジュジューッと果汁
が出てきてごはんに染みだすのです。
さっぱりとした雑炊なので、おなかがいっぱいなのにおかわりできちゃう!

“デザートは別腹" という言葉はよく言うけれど、“お雑炊は別腹"って
感じですよ、ほんと。罪な鍋でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/4(土) 柚子屋の鍋懐石

おくどさんがたくさんおみやげにしましたなたね・九条葱・赤かぶ・ひのな

・左:お店に入るといきなり湯気の立ち上る「おくどさん」がお出迎え
・中:膝にかけるナプキンは、柚子屋旅館の名前入りの手ぬぐいでした
・右:先付代わりの「京野菜」(なたね・九条葱・赤かぶ・ひのな)

どこの席に座っても、旅館の中庭が見えるのですが、ここのお庭はまるで山寺
にでもいるかのような野趣あふれるもので、京都の作り込まれた整然とした庭
を見慣れてしまっていた目にはとっても新鮮。
宿泊のお客さんが浴衣姿でリラックスしながらのテーブルがあるかと思えば、
何かの記念日?と思わせるおすまし顔のカップルもいたりして、外来客と宿泊
客の混在した空間はなんだか面白いです。

さて、お食事です。
まず最初に京野菜が運ばれて…、「えっ!?」 いきなり私は度肝を抜かれ
ました!
「どうぞこのまま手づかみでお召し上がり下さい」(↑右写真)と言われても、
ネギを1本まるかじりなんて生まれて初めてですもん!ウヒャー大胆っ!
3種の味噌に付けて食べるのですが、どのお野菜もとっても新鮮で美味しい。
特に私は、小さな大根のような“ひのな"が気に入りました。
このあと、天ぷら、お造り、焼物などをいただいて、苺の白和えで一休みしたら
とうとう、お待ちかねのあの鍋が!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3/4(土) 柚子屋旅館

石段を上がっていくこの日のディナーは、昨年オープンしたばかり
【柚子屋旅館】へ。
八坂神社のすぐ南隣の目立たない格子戸を
開けるとほの暗い石段が奥まで続きます。
ここはもともと古い旅館だったのを、あの際
コーポレーションが再生を手がけたオーベル
ジュなのです。
際の中島社長のブログでこの柚子屋旅館の
立ち上げに関する日記をずっと読み続けてい
た私は、この旅館が気になっていたのです。

実を言うと、最初はここへ泊まろうとも考えたのですよ。
でも、「1泊3万円はやっぱり贅沢すぎるかな」 と思い、普通のホテルに
泊まることにしたのです。
ただ、こちらの旅館は外来客でも食事をとることはできるので、今回は
見学をかねて夕御飯をいただいてまいりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/4(土) 蒼い色とかにじ色とか

丸太町のモリカゲシャツをチラっとのぞいてから、市バスで待ち合わせ場所の
四条大橋に行った頃にはすっかり日も暮れてました。
「あぁ〜、今日はたくさん歩いちゃった」との報告会もかねて、【喫茶店ソワレ】 へ。

青い光このお店もガイドブックで気になっていた
喫茶店。
「ソワレ」(仏語で夜の部)の店名にふさわしい
深く蒼い照明と、東郷青児の美人画のかかる
店内の雰囲気が独特。幻想的でうっとり…。
BGMのない無音の空間で、昔の映画で見た
ような汽車の座席みたいな椅子に腰をかける
と、なんだか自分が生きてる時代がわからな
くなるのでした。

乙女なメニュー♪
 ここのお店に似合いそうな、
 ゼリーヨーグルトというメニューを
 オーダーしてみました。
 いろんな色のゼリーがきれい☆

ショップカード 東郷青児や佐々木良三の
 ショップカードもステキでしょ




| | コメント (2) | トラックバック (0)

古いのんとか新しいのんとか

便利堂レトロな「SACRA」ビルは1916年建築古本屋さん








街を歩いていてつくづく思ったのが、
京都は伝統文化と新しい文化を融合させるのが上手だなぁということ。

町家のカフェやギャラリー、着物を使った洋服や雑貨…。
数え上げればキリがありません。
こういうのって、やり方によってはオバンアートにもなりかねないダサいものに
なってしまうものなのに、京都ではとてもセンスよくまとまっているのです。
やっぱ、京都という土壌で育った人達の感性はタダモノではないのだろうね。

百花堂で見た銘仙のスカート。うぅぅ、欲しい〜。
でも3万以上もした(着物買うより高っ!)ので旅行中の身の上、ぐっとこらえ
て諦めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/4(土) 【スマート珈琲店】

スマートコーヒー草履屋さんなどのはしごの途中、寺町通りを
歩いていると、
「あっ!!ここがあのスマート珈琲店っ?」 
偶然、行ってみたかった喫茶店に遭遇。

迷うことなく店内へ入ります。
今日のお昼はカレーパン1個しか食べてい
なかったので、ちょっと小腹もすいてきた
ことだしフレンチトーストとコーヒーを注
文しました。本当に美味しかった〜♪
クセになりそうでした。

↑見てください!このおシャレなマーク!
初代が絵を描き、二代目がロゴにデザイン、そして三代目がつい3年ほど前に
復刻させた、カップ&ソーサーなのだそうです。
logo
 うーん、ステキすぎ☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3/4(土) 足袋とか帯とか着物とか

分銅足袋さん叡山電鉄の出町柳駅で降り、下鴨神社の
糺の森をしばしお散歩したあとは、中京エリ
アへ向かいました。
烏丸御池〜河原町あたりは、和装関係の
お店がとても充実しているのです。

今回の旅行の前にフーさんという個人の方
が作られた「京都きものマップ」をダウンロード
させていただき、それを手に着物散策♪
いやぁ興奮しましたっ(笑)

(↑分銅屋足袋店の外観です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/4(土) あこがれの「恵文社」

お昼になったけれど、さっきお茶したばかり。
「きちんと食事をとるほどお腹はすいてないんだよなぁ」と思いながら、「詩仙
堂」
までプラプラと歩いていると【こせちゃ】という小さな天然酵母のパン屋さん
を発見。思わず焼きたてのカレーパンを一つ購入。これがめちゃウマ!

詩仙堂は、花の季節でも紅葉の季節でもないので、お客さんはまばらでした。
庭に向かって開け放たれた庵の片隅に座って庭を眺めながら、聞こえてくる
鹿おどしの音に耳を澄ましてみました。 カッコーーーーン (風流ですな)

さて今日の午後一番の目的は、一乗寺の【恵文社】という本屋さん。

恵文社私は、本より本屋が好きといっても良い
ほど本屋が好きなのです。

そんな私がずっと行きたいと思っていた
本屋さんが、この「恵文社」なのでした。

いつも恵文社のHPを見ては、ため息を
つき、いつか訪れる日を夢見ていたので
す。(大袈裟ですか?)

ドキドキしながらドアを開けると、そこは驚くほど広くて魅惑的な空間がひ
ろがっていました。
少し抑えめの照明とダークブラウンの書棚に並んだ本の様子は、まるで
外国のブックストアへ来たような気分になります。

東京にもおしゃれなセレクトの本屋さんはたくさんありますが、この恵文社
の場合は、なんというか肩に力が入ってないというか、ビンビンに最先端を
意識するという感じではなくて、“いいあんばい"な落ち着きをもったセンス
の良さなんですよね。
「良いモノをセレクトしていったらこんな本屋になりました」といった感じ。

本の他に、louleアニャンの雑貨や絵はがき、外国の文房具なども売って
いて、それがまたどれもステキなものばかりなのです!
ここでかなり散財してしまったわ…。
そうそう!私が行った日は『MY MOLESKINE EXHIBITION』が開催され
ていて、これがとても面白かった!

とにかく一日中いても飽きない(一週間でも!!)本屋さんでした。

この恵文社のある一乗寺周辺は庶民的な商店街が並ぶ居心地のよい街。
叡山電鉄という都電みたいな一両編成ののんびりした電車が走ってるん
ですよね。
東京でいったら、日暮里とか早稲田とかに似た感じといえば、イメージが
伝わるかな。
「京都に住むならこの街がいいな〜」と思いながら、叡電の駅のベンチで
電車を待つ私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/4(土) 一乗寺あたり

ちびたくて美味しい〜高山寺からいったん京都駅まで戻り、今度は
市バスに乗って一乗寺方面へ。
「一乗寺下り松」というバス停を降りてすぐの
【一乗寺 中谷】で一休み。

ここは「でっち羊羹」で有名な和菓子屋さん。
店内には甘味の茶家があるのです。

↑豆乳プリンを注文してみました。カラメルソースは2種類(抹茶・ほうじ茶)
あって、私はセットの飲み物をお抹茶を頼んだので、ほうじ茶のソースにして
みました。

このプリンはもちろんテイクアウトができます。この器付きで380円!安っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/4(土) 高山寺

高山寺石水院午前中の最初の目的地は、鳥獣戯画の故郷
「高山寺」。京都からバスで1時間。
にぎわう京都の街から離れた山の中にあるからか、
それとも早朝のせいか、お寺にはひとっこひとりい
なくて貸し切り状態でした。世界遺産なのに!

国宝の「石水院」は縁側はひっそりと静か。
といっても張りつめたような緊張感というのではなく、のんびりとした雰囲気で、
板の上に座っているとウトウト居眠りしてしまいそうな気持ちのよい場所でした。

展示されてる鳥獣戯画の巻物(模本)は、見ているだけでニマニマと笑いがこみ
あげてきてしまいます。特にウサギがキュートすぎ!
他にも、運慶作(と言われる)子犬の木像がさりげなく置かれていました。
これがまたなんとも愛くるしいのですよ。ちょっとAIBO似なのです。うふふ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/4(土) イノダコーヒーの朝食

28c48456.JPG京都の老舗喫茶店といえば、誰もが知ってる
のがイノダコーヒー

ここのコーヒーは1940年創業当時からミルク
とお砂糖を入れて出しています。
今も基本はミルク・砂糖入り。
私は普段ブラック派なのですが、イノダでは
なぜだかミルクとお砂糖が入っているほうが
美味しく感じます。(どうしてかな…?)


さて土曜日は早起きしてホテルをチェックアウト。
イノダの本店で[京の朝食セット]をいただきました。

このセット、ホテルのブレックファーストメニューに負けない美味しさです。
クロワッサンはカリっと焼かれ、スクランブルエッグはふ〜んわり、ハムも
しっかりと本格派のボンレスハム。ジュースは絞りたてのホームメイド。

あぁ、京都旅行の最初の食事をイノダで始められる幸せ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都のタクシー

京都でバスに乗っていて見た風景のなかで一番最初にココロが踊ったのが
街中を走ってるタクシーの屋根についたマーク。

電飾ハートはキッチュ♪三つ葉はヤサカゾウさんタクシー









きゃ〜!!むちゃむちゃ、カワイイッ
このほかにも、三日月のマークやキラキラ星のマークとかもあるんですけどね。
もうどれ見てもカワイイ〜〜☆
MKのハートなんて、電飾がついてて夜になるとハートがピカピカ光るんです。
三つ葉マークのヤサカタクシーでは、数百台に1台の割合で四つ葉マークがあ
るんですって。「幸せを呼ぶタクシー」!

乙女チックな遊びゴコロがすてきやねぇ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま

石塀小路のいぬ週末の京都旅行から、昨晩帰ってまいり
ました。
土日ともお天気がとっても良くって、街を
散歩してるだけでも気持ちがふんわりする
ような気がしました。
ほんのちょっとだけど、京都の春を満喫

おかげで今日、月曜の朝は少々お疲れ
気味…。ねむいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう体験したぁ〜?

京都から帰ってくる新幹線の中で、ガツさんから回ってきた【体験バトン】を
やってみました。車中の時間つぶしになかなか良かったです。

・入 院: ○ 2回ほど
・骨 折: × これは絶対イヤっ!
・献 血: ○ 優秀献血者で、記念品(ガラスのお猪口)をいただきました。
・失 神: × 貧血ならあるけど…。
・結 婚: × 謎の世界ですなぁ〜。 
・離 婚: × 無理です。
・フーゾク : × 無理です。

続きを読む "もう体験したぁ〜?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤバイですっ!!

明日は仕事が終わったら新幹線に乗って夜の10時にはもう京都なのです。

ここ数日、通勤電車の中でも、PCの前でも、夜ベッドに入ってからも
いつも京都の旅のプランばかり考えています。

行きたいところが山のようにあって、土曜日朝早起きして行動開始をしたと
してもぜんぜん廻りきれません(泣)。

私ははなちゃんやみうらじゅんのような仏像マニアではないので、さほど
マニアックな神社仏閣には行かなくてもいいのです。
普通に修学旅行で行く程度のところで本当に満足できそうなのですよ。

が、しかし。お店巡りはまったく別問題。
京都本を見ていたら行きたいところがザクザク出てくるわ出てくるわ…。
喫茶店、カフェ、甘味処、古本屋さん、雑貨屋さん。
そして京都ならではの和装小物のお店やアンティックショップ。
そんなのをいろいろピックアップしてたら、とんでもないことになって
しまってます。

たった2日で、10軒の喫茶店と10軒の甘味処に行くのはやはり無理よねぇ。
コーヒーだけでもお腹タプンタプンになっちゃうよねぇ〜。
本当のこと言うと、かなり行きたいカレー屋さんも1軒あるんだよなぁ。
カレーの王女様の勘では、そこはかなりニオウんだ。きっといい店だと
思うのよ。
でも京都のお昼といったら、やっぱりしっとりと和風のお弁当なんかも
食べてみたいしさぁ〜(泣)。

どうするどうする、オレ!!!って感じです。

あぁ。どうやって数軒のお店に絞り込んでいけばいいのやら、考えてる
だけで今日も眠れなくなってしまいそうです。

こんなことなら、いっそ京都に住んでしまいたいぃぃ〜〜!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »