« 3/4(土) 一乗寺あたり | トップページ | 3/4(土) 足袋とか帯とか着物とか »

3/4(土) あこがれの「恵文社」

お昼になったけれど、さっきお茶したばかり。
「きちんと食事をとるほどお腹はすいてないんだよなぁ」と思いながら、「詩仙
堂」
までプラプラと歩いていると【こせちゃ】という小さな天然酵母のパン屋さん
を発見。思わず焼きたてのカレーパンを一つ購入。これがめちゃウマ!

詩仙堂は、花の季節でも紅葉の季節でもないので、お客さんはまばらでした。
庭に向かって開け放たれた庵の片隅に座って庭を眺めながら、聞こえてくる
鹿おどしの音に耳を澄ましてみました。 カッコーーーーン (風流ですな)

さて今日の午後一番の目的は、一乗寺の【恵文社】という本屋さん。

恵文社私は、本より本屋が好きといっても良い
ほど本屋が好きなのです。

そんな私がずっと行きたいと思っていた
本屋さんが、この「恵文社」なのでした。

いつも恵文社のHPを見ては、ため息を
つき、いつか訪れる日を夢見ていたので
す。(大袈裟ですか?)

ドキドキしながらドアを開けると、そこは驚くほど広くて魅惑的な空間がひ
ろがっていました。
少し抑えめの照明とダークブラウンの書棚に並んだ本の様子は、まるで
外国のブックストアへ来たような気分になります。

東京にもおしゃれなセレクトの本屋さんはたくさんありますが、この恵文社
の場合は、なんというか肩に力が入ってないというか、ビンビンに最先端を
意識するという感じではなくて、“いいあんばい"な落ち着きをもったセンス
の良さなんですよね。
「良いモノをセレクトしていったらこんな本屋になりました」といった感じ。

本の他に、louleアニャンの雑貨や絵はがき、外国の文房具なども売って
いて、それがまたどれもステキなものばかりなのです!
ここでかなり散財してしまったわ…。
そうそう!私が行った日は『MY MOLESKINE EXHIBITION』が開催され
ていて、これがとても面白かった!

とにかく一日中いても飽きない(一週間でも!!)本屋さんでした。

この恵文社のある一乗寺周辺は庶民的な商店街が並ぶ居心地のよい街。
叡山電鉄という都電みたいな一両編成ののんびりした電車が走ってるん
ですよね。
東京でいったら、日暮里とか早稲田とかに似た感じといえば、イメージが
伝わるかな。
「京都に住むならこの街がいいな〜」と思いながら、叡電の駅のベンチで
電車を待つ私なのでした。

|

« 3/4(土) 一乗寺あたり | トップページ | 3/4(土) 足袋とか帯とか着物とか »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175061

この記事へのトラックバック一覧です: 3/4(土) あこがれの「恵文社」:

« 3/4(土) 一乗寺あたり | トップページ | 3/4(土) 足袋とか帯とか着物とか »