« 大事な事は、がんばらないこと | トップページ | 雪だぁ »

有楽町の「WEYEKIN」

ワーヤキン昨日は、年上の女友達3人と新年会でした。
「気になってたお店なの」、とグルメなネエサマが
今回チョイスしたお店は
有楽町駅前のビルの最上階にある【WEYEKIN】

店名のワーヤキンとは、ネイティブアメリカンの言葉で
ひとりひとりの人間に一人ずつ存在している神様のこと
だそうです。

ぐるりと大きなガラス窓に囲まれたダイニングからは、銀座の夜景がきれいに見渡せて、
高い天井や広々としたテーブルの配置など、とても開放感があってリラックスできる
居心地が良いインテリア。いわゆるNYっぽい、って感じですか。

実は私、ここのお店が『梅の花』グループだということで、あまり期待してなかったんです。
(『梅の花』って人気店だけど、お料理のわりに値段が高すぎると思ってるので)
ところが、かなりこのWEYKINはヨカッタ!!
そりゃ値段もそれなりですが、何を食べてもとても美味しかったんです。
伝統野菜料理とうたっているだけあって、九重カボチャのモロッコ風サラダ、とちおとめ苺
のガスバチョなど、和洋中をうまくアレンジしていて、とても丁寧に作っている感じがしました。
メインの上州豚のグリルもジューシーで美味しかったなぁ〜。


ここはお昼はランチバイキングをやっているとのこと。
最近、和食系ビュッフェって流行ってるなぁ〜。LOHASブーム、ってやつですか?
どうやら、“食べ放題でも身体にいいものを…”なんていう調子イイ婦女子の気持ちに
うまくマッチしているのに違いない!「あま〜〜い!」と誰か言ってやってぇ〜。

|

« 大事な事は、がんばらないこと | トップページ | 雪だぁ »

「美味しいこと」カテゴリの記事

コメント

苺のガスパチョに心奪われました〜。
上州豚のグリルも脂身&肉汁を想像し、たまりません。
この時間のこの写真は酷です。。。笑

和食ビュッフェといえば、最近池袋東武に「柿安 三尺三寸箸」というビュッフェダイニングがオープンしたらしいですよ。
気になるなあ〜、うずうず。と思っているワタシは「甘〜い!」

投稿: junp | 2006年1月20日 (金) 18時38分

ランチバイキングって言葉はそそるね〜(笑)
コレステロール値をいい加減気にしなきゃならない年齢なので
控えめにしようかとは常々思ってるんだけど
ついつい食に走ってしまうw
恋愛で満たされてる女って食には走らない…ってのを
何かの本(TVだったかな?)で知ったとき
ガーーーーックリしたよ(爆)
「幸せ太り」ってのは存在しないんだって。
今年は食より男だな…嘘

投稿: Ray♪ | 2006年1月20日 (金) 19時11分

■junpさん
柿安も初めたのかぁ〜、和食ダイニング。「餉餉(ケケ)」とか「野の葡萄」とか、ほんとにいろいろありますねぇ〜。
苺のガスパチョはホント美味しかったぁ〜、おかずなのにデザートみたいで。
デザートは酒粕かなんかを使ったブラマンジェ&季節のフルーツ。美味しかったよ♪

■Ray♪ちゃん
> 恋愛で満たされてる女って食には走らない…っ

え〜!! 私の周りの女子はみんな食いしん坊だっ!ヤバい。
あっ、ってことは、好きなヒトと一緒においしい食事&お酒をいただくのが一番贅沢なわけだ。
よしRayちゃん、今年は「食より男」じゃなくて「食&男」で満たされまくって☆

投稿: ok | 2006年1月21日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175090

この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町の「WEYEKIN」:

« 大事な事は、がんばらないこと | トップページ | 雪だぁ »