« どうなんでしょ・・ | トップページ | 有楽町の「WEYEKIN」 »

大事な事は、がんばらないこと

先週にひき続き、昨日もタナカ先生のアヌサラ・ヨガのクラス。

タナカ先生のレッスンはとにかく基本のポーズをきちんと作っていくことに重点を
置いているのだけど、絶対に無理はさせません。
特に身体が固い人が、ブルブルふるえそうな感じで無理してたりすると、すかさず
「頑張らないでー。プライドは捨てよう〜」と声をかけます。

この“プライド”というのは、膝を曲げない、ことなんだけどね。
例えば立位前屈下向きの犬のポーズなどで、無理しても膝を曲げずに、必死で
手を床に着けさせようとする人には、膝を曲げることによって、腰に余裕をつくり、
腰や脇腹(肋骨)を伸ばしている姿勢を保つ事のほうがずっと大切なのだという事を、
繰り返しアドバイスしてました。

もちろん他の先生だって、「膝は曲げていいよ」「無理はしないで」と言いますが・・。
それでもついつい無理っていうか、「もうちょっといけるか!」って頑張っちゃうのが
普段のクラスで良くある風景。必死な形相で耐えてる人ってかなりいます。
無理をしないというのは案外難しいものなのね。

特に日本人って勤勉体質みたいで、どうも「努力すればするほど上達する」って
思いこんでるフシがあるんじゃないかな。
でも、ヨガに関して言えば、頑張らないほうがうまくいく気がするんですよね〜。

昨日、タナカ先生が、
「人間というのは頑張る生き物なんですね。
『頑張れ』と言われなくてもおのずと頑張ってしまうんですね。
今日、夜8時15分にヨガをしに来た、それだってみんな十分に頑張った、
ということなんですよ。
だからもう今からは頑張るのをやめてこの時間を楽しむだけにしましょう」

と言ったんです。あぁ、そうなんだなぁ〜〜と納得しちゃいました。

この話のおかげか、昨日のクラスはみんなリラックスモードで、ふんわりハッピーな
空気がスタジオ全体に充ち満ちてる感じがしたのです。とっても楽しかったな〜!

|

« どうなんでしょ・・ | トップページ | 有楽町の「WEYEKIN」 »

「きれいなからだ」カテゴリの記事

コメント

でもさ、やっぱりついつい頑張っちゃうんだよね。
だってもうちょっと曲がるようになった!ってのがいちばんのたのしみだから。
なかなか難しいです。

投稿: ぜっとぜっと | 2006年1月19日 (木) 21時23分

■ぜっとぜっとさん
昨日のレッスンでも、「どこまでが頑張りすぎなのか、無理することと、チャレンジすることの境界をどう見極めていけばいいのか」という質問が出てました。
先生は、「シンプルにいえば、気持ちいいか否か。違和感を感じた時は頑張りすぎの印」
みたいな事を言ってましたよ〜。

私は前に合蹟のポーズをしていた時、意識的に股関節の力を抜くようにしたらすごく
開くことができて「無理しないほうが柔軟性ってあがるんだなぁ」って実感しました。

投稿: ok | 2006年1月20日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175091

この記事へのトラックバック一覧です: 大事な事は、がんばらないこと:

« どうなんでしょ・・ | トップページ | 有楽町の「WEYEKIN」 »