« 肉教団 | トップページ | 「300%スパニッシュデザイン」+「ファッションとスペインの文化」展 »

銀座でお着物

今日は銀座までお着物を見に行ってきました。

↑ てなこと言うと、とっても贅沢なオンナだと思われてしまいそうですが、
もちろんワタクシ、そんな高価なお買い物できるわけもなく。

今、銀座松坂屋で「なつかし着物・古布大祭典」という、アンティーク着物屋さんが
20店舗以上集まった催しをやっているというので、chizuちゃんと二人でのぞきに
行ってきたのでした。
今日は見学ねー」「うんうん、見るだけ見るだけ〜」なんてお互い自制モード
の会話をしつつエスカレータで催事場まで上がったのですが・・・。

会場の7階へ着いた途端、そこはもうきらびやかな着物世界!
キャア、もうダメ。もだえちゃいそう。
どこのお店もそれぞれ品揃えに個性があるので、品物を見ているだけでも面白いの。
大正浪漫風のお店があるかと思えば、隣店はキリっと粋筋の着物ばかり集めていたり。
いつもだったら、一日に2、3件のお店回れたら「けっこう見たなぁ」、というのが
普通なのに、さすがにこんなにたくさんのお店が一同に集まっているので、アンティーク
ビギナーのchizuちゃんはもちろん、私も心臓バクバク&瞳孔開き気味(笑)

試着中ぅで、買わないと言いながらも試着しては脱ぎ、試着しては
脱ぎ・・・を延々繰り返す私達。(そりゃぁ燃えた!!!)
だって、帯5千円とかからザクザクあるんだもの。
そりゃあーた、買わなきゃ損ッてな気にもなりますわん。

←最初の試着中のchizuちゃん これも似合ってたぁ。。

結局4時間後(・・・4時間もいたんかい!笑)、二人は
しっかり紙袋に入った戦利品をにぎりしめ、
エスカレーターを降りたのでありました。

紬←私が買ったのは、この紬。

紬は前から欲しいなぁ〜と思っていたのだけど、
なんぜ渋い色目の着物は私には似合わないのが
わかってるので、なかなか自分に合うものを
見つけられなかったんだけど・・・。
これは、童顔の私にもすんなり合ったのです。
何より値段がとっても可愛い〜(1万5千円也)。

紬は普段着の着物。
これからバンバン着るようにしようっと。

|

« 肉教団 | トップページ | 「300%スパニッシュデザイン」+「ファッションとスペインの文化」展 »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

そういえば 先日 麻布十番を暗闇方面へ歩っていたら 中古反物やさんが1軒あったなー。
チラと外から覗いたのだけど ボクには敷居が高くってサ。

投稿: ろっし | 2005年10月10日 (月) 09時05分

もう言葉では説明できないほど、五感の味覚以外全部使って体感したって感じです。
好みのお店を見つけることも出来たし、こんな楽しい世界を教えてくれたOKさんに大・大・大感謝!
ぜひ、着物を着て遊びましょうね!

投稿: chizu | 2005年10月10日 (月) 12時46分

■ろっしさん
反物屋さんは、私もまだまだ敷居高しだわ〜。お仕立て着物はまだまだムリ!
自分で縫えるようになればいいのよね。。密かに計画中なんだけど(笑)

■chizuさん
今まで1人しか着物屋さんに行ったことなかったので、お友達と一緒に着物
を見るのがあんなに楽しいとは思わなかったよ〜。
自分には似合わないタイプを、chizuちゃんには似合ったりするので、2倍
いろんな着物が見れて世界が広がりました!着物デートしようねん!

投稿: ok | 2005年10月10日 (月) 20時35分

お着物かぁ。
お上品で優雅な響き。
似合いそうだね。
今度、飲み会に、着てきて〜!!

投稿: Ebitiri | 2005年10月10日 (月) 21時02分

■Ebitiriさん
今でこそ、「着物=お上品で優雅」だけど、サザエさんの時代までは
日常着だからさぁ。
着物って日本人はみんな似合うよ〜、洋服よりずっと。

投稿: ok | 2005年10月11日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175148

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座でお着物:

« 肉教団 | トップページ | 「300%スパニッシュデザイン」+「ファッションとスペインの文化」展 »