« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

横浜でハロウィンパーティ

happy! 日曜日の今日は夕方からお出かけ。
横浜の【THUMBS UP】で、お友達のS田ちゃんが
「ハロウィンパーティでノコギリを弾くよ〜!」
というので観に行ってきました。

店内は仮装している人がた〜くさんいて超楽しい雰囲気。
入場料1500円で、20種類以上もあるハンバーガーが
食べ放題
という、「スーパーサイズミー」を観た人には
あまりココロの底からは喜べない食べ放題企画。
しかし、このハンバーガーがどれも美味しかった〜。


「マックじゃなけりゃ、ハンバーガー食べ放題もなかなかィイねっ♪」と
一瞬ニッコリしてしまった私でしたが、3個目でさすがにギブ・・・。ゲボ。
(あぁ、スペアリブバーガーとかアボガドバーガーとか食べれなくてココロ残り。)


nokogiriさて、オープニングアクトのS田ちゃん登場。
ちょっとレトロなモガスタイルのS田ちゃん、可愛い〜。
初めて聞くノコギリの音色はなんつーか、テルミンっぽく
もあり、草笛のようでもあり、かなり魅力的です。
演奏曲は、もちろん『ゲゲゲの鬼太郎』!
やっぱあの曲はノコギリで弾いてこそ本物ね☆


仮装が怖い。この後、バンドが4グループ出たんだけど、その中で
私的に超ヒット!!だったのが、←写真で仮装で演奏
している【PET POT PILLI PEPPERS】
その名の通りレッチリのコピ・バンなんですけど、
音から何から、めちゃめちゃかっこよかった!
まだ5回位しかライブやったことないっていうけど
とにかく巧いし、イキオイあるし・・。


特に、ベースの男の子のかっこよさ(とにかく巧いし、ルックスも華があるのだ)に
やられた私は、家に帰ってから、ググリまくりましたよ。

で、わかりました!!(ネットって本当に素晴らしいなぁ〜!)
彼の名はKENKENこと金子賢輔くん まだ20歳。
基本ベーシストだけど、ドラム、ギター、ヴォーカル等マルチにこなすらしい。
で、なんと、彼は、ジョニー吉永と金子マリの息子。(兄はアックン(Rizeのドラマー))
強烈な音楽一家だ・・・・。やっぱりには敵わないなぁ〜ってしみじみ。
金子マリさんの昔のインタビュー記事に
「長男は努力型。一生懸命レッチリの教則ビデオ見て練習してたわ。で次男のほうが
音楽の才能はあるの。仕事としてやっていくのは難しいタイプだけど」
と言っているのを発見。
親(それもあの金子マリ)がはっきり音楽の才能があると認めているのがすごいわ。

☆興味にある方はこちらどうぞ→『都知事の部屋』


こんな発見があるからライブハウスって楽しい♪
(やっぱり、事件は現場で起きてるんだ!!っていうことですね)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

なんだかバタバタしてて

鴻運行った日からずっとブログの更新できなかったよ。
今日まで何やってたかっつーと・・・(一応箇条書き形式で)

26日 ヨガ。前日食べ過ぎたせいか、今ひとつのでき。
    犬のポーズで吐き気っつーか胃から中華が逆流しそうになって凹む。

27日 代官山IvyHouse辛酸なめ子さんのセレブをテーマにした(笑)
    “celebrity now!”展を見に行く。
    全てがツボに入りまくる面白い展示の数々(パパラッチに撮られたっぽい
    セレブの普段着写真をまねた辛酸なめ子さんとか)でおなかがよじれる。
    もう大満足っ!さすがセレビッチという単語を生み出しただけあります。
    ☆11/4までやっているそうなので、興味のある方は是非!!
     セレブ気分になって撮影が出来るコーナーもあります。
     さぁ、あなたもパリスに変身っ♪  

29日 ちょっと風邪っぽいので外出はしないで、一日お裁縫ディ。
    着物の中に着る、襦袢にかける替え袖作ったり、半襟付けたり、東スカート
    の丈詰めしたり、朝から夕方までアイロン台とミシン台の前でかがんでいた
    ので腰が痛くなる。
    野良仕事のおばあさんが腰曲がるのが解る気がしたよ。固まるわ、ありゃ。


ってなかんじでした!以上、忘備録。

追記:この一週間はずっと、ハーゲンダッツのブラックセサミにヤラレました。
   うますぎっ!黒ごまペーストのリボンをスプーンですくう幸せ・・ラブ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新橋『鴻運』で上海蟹〜☆

イキナリですが、今年も 上海蟹の季節がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

というわけで、新橋の『鴻運(こううん)』へ、行ってきました〜!(大興奮っ!)
もう、ずぅっと来たくてたまらなかった、このお店。
で、どうせ行くなら上海料理屋なので、上海蟹を食べようということになった次第。

外見は普通のラーメン屋みたいなこの中華屋さん、自動ドアが開くとびっくり、
狭い店内にお客さんがギュウギュウにひしめいてて、テーブルの上には明らかに
注文しすぎなぐらいの枚数のお皿がどこのテーブルにもところ狭しと並んでいて・・。
その狭い店の中を中国人の「お母さん」が忙しそうにしきりまくっているわけです。
壁は一面に手書きのメニューがびっしり。いったい何百のレパートリーがあるんだろ?

さて、今回私達が食べたものは、

ビールのおとも←まず、茄子の塩揚

いきなり、むちゃくちゃ美味しい!
スナック感覚で1人で一皿食べれそうなイキオイ。
とにかくビールに合うの♪
お母さんが「ビールの恋人」と呼んでたのがわかります。
(結局あとから、もう1皿お代わりしてしまったよ)

この一皿目の茄子がいきなりガツンと美味しかったせいで、
食欲、急速ターボかかっちゃた私達。
壁中のメニューがどれも美味しそうに見えてくるのだ。

卵とトマトタマゴとトマトの炒め物


さて、この二皿目。
この絶妙な味付けは何なんだろ〜。
コクがあるけどサラっとしてるんだよね。
それに卵のふんわり具合。
トマトは真っ赤に完熟しててその甘さがまた
いい具合でアクセントになってます。

ヌァァ〜〜!ごはんが欲しくなる〜っ!


蛤の肉詰め蛤の肉詰め

これ、私大好きな味でした〜。
今、思い出すだけでも喉がゴクリと鳴りそうよぉ〜。


蛤のエキスのきいた透き通ったスープと香菜が
絶妙に合うのです。挽肉はとってもジューシー。

香菜好きにはたまらん料理だと思われます。


さ〜てそろそろ、本日のメイン!上海蟹の登場でっす。

上海がにっ!まずは これ、「酔っ払い蟹」ね。

チューチュー吸って食べるね!」と、
お母さんに食べ方を教えてもらって、
みんなでチューチュー。
うまい、とろける、うまいぃぃ〜〜。
最後は、殻の中に紹興酒を入れて、
濃厚な蟹味噌とともにゴクリ。
私、もうヤバイっす。ほんと美味すぎ。
(↑美味いしか言えなくなってます ボキャ不足 笑)


・・と私が悶絶している頃になって、やっとmekuちゃんが登場。
(↑須藤元気のサイン会のため遅刻 笑)
mekuちゃんと握手(=元気ちゃんとの間接握手ってわけだ)などをしている間に、
料理は次の「上海蟹・蒸し」へ。

お母さ〜ん 早く食べたい!←お母さんが、熱々に蒸された蟹を、
ハサミで食べやすいように切り分けてくれます。

この時期なので、どこのテーブルでもみな上海蟹を
食べるわけで、お母さんはフルスロットル状態。

「蟹、熱いでしょー?大変だねー」と私達が言うと、
「大丈夫。仕事だから頑張るのよー!」と心強い返事。

このお母さんのキャラもここのお店の魅力だね〜。

なんだかんだと結局、腹12分目位食べてしまいました。
お酒もビールの他に紹興酒2本飲んだし。で、1人6000円ってところ。
(蟹を食べなければかなり安くおさまるってことです)

とにかく、頼んだものにハズレがまったく無くどれも美味しかったのが素晴らしい!
(四川モノと点心モノは頼まないほうがいいらしいと聞いていたせいもあるけれど)
またすぐにでも行ってあの壁のメニューを制覇したいっす。
どなたか一緒に行きませんかぁ〜?予約はワタクシいつでもいたしますわん♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

果たして、インド人=軟体? なのか

昨日、ひさしぶりにホットヨガのスタジオに行ってきた。
そこのスタジオが新規オープンで無料で1回トライアルできるっていうんで。。

新しいスタジオだし広々としていて人数も少なめ(6人)だったので気分よし♪
スタジオに入った途端、もあ〜〜としたインド気候(温度40度、湿度60%)の
熱い部屋の中で、約90分間、ヨガッたのですが、体中から汗が出て気持ちが
いいことこの上なく・・。

インストラクターさんに「うまいっすねー。バランスもとれてるし柔軟性があるし」
となんだか褒め殺し状態(セールストークだっつーの!)で、気分はすぐに昇天。

ホットヨガだと確かにいつもよりずーっと身体が柔らかくなるのよね。
フルロータス(蓮華坐)なんていとも簡単、一日中やってられそうな気分だったもの。


なので思わず入会しちゃおうかと思ったんだけど、うーん、ちょっと悩む。
問題点  1:チケット制じゃない(月4回か月フリー回数の月謝制なのよ)
      2:レッスンがレベル別に分かれたクラス制じゃないみたい。
        いっつも簡単なアサナ(ポーズ)だけではそのうち物足りなくなりそう。
      3:ここのヨガはハタヨガで呼吸法がいつものアシュタンガの呼吸と
        違うので、どっちも初心者の私の場合、どちらも会得できなくなるおそれが。
   
というところがひっかかって、取りあえず保留。
yoggyのヴィンヤサーフローは毎週続けてもっともっと上手くなりたいのです。
で、それに加えてホットヨガスタジオにも入会となると、お財布的にも、ちと悩む。
でもどっちも気持ちいいんだよねー。あぁ、チケット制にしてくれよ!!

話はちょっとそれるけど、
ヨガを毎週きちんとやるようになってまだ2ヶ月目、体重は変わらないのに、
身体のラインがちょっとだけ上向きになってきたみたいなの〜☆
これから年を重ねるごと、重力に従って下垂してくるお肉ちゃん達に刺激を与える
のにヨガっていいのかもしれないなー。むふふ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

カラオケ代、5万って!!笑

久しぶりにカラオケに行ってきた。んーーーと多分1年ぶりくらい。
Tさんが毎月【洋楽カラオケ愛好会】っていうのをやっていて、
それがとっても渋い選曲をするカラオケの集まりで、なんだか面白そうなのね。
で、mekuちゃんと初参加してきたワケです。

私の場合、洋楽は好きだけど、歌詞カード見て歌を覚えるということを子供の頃から
一度もしたことがないので、歌える曲なんてないだろうなぁ〜と思っていたのだけど、
Tさんが「CKBなら歌ってもぜんぜんかまへんよー」とおっしゃるので、
おぉ、それならぜひとも歌ってやるっちゃ!と俄然やる気が入ってくるのでした。

さて、お茶の水のパセラというカラオケ屋に行ったわけなんですが、
いやぁ、ここってすごいっ!なんでも全機種対応で、めちゃめちゃ曲数が多いの!

CKBだけで131曲ですよ!!! ほぼ全アルバム網羅って感じで・・・。
もう曲の数だけで興奮し、何を歌っていいやらわからない状態になる私。

結局、CKBで歌ったのは(覚えてる限り)、
『真夜中のストレンジャー』、『べレット1600GT』、『☆☆☆☆☆』、『右手のあいつ』
『まっぴらロック』あたり。
あと、一応、洋楽で
ホール&オーツの『rich girl』、The whoの『ピンボールの魔術師』、あと
何か歌ったけな・・。あっ、The small faces歌ってみた。(プチ・MODSな気分で)

他の皆さんは、とにかくクロウト好みの選曲で、普段カラオケやってたら絶対
聞けないような曲ばかりで、聞いてるこっちもかなり激しく合唱状態。うふふ。

はぁ〜面白かった。
結局夕方5時から始まって終わったのは10時。5時間で5万円なり!!
まさに、大人のカラオケって感じでした〜〜。また参加したいっ♪

☆途中、誘ってくれたTさん本人が高熱を出しダウン、結局お帰りに。。
 とっても残念でした。お大事にしてくださいね〜〜

| | コメント (8) | トラックバック (0)

『かわいいこころ』

f07e14f5.jpg昨日、本屋さんに行ったら『かわいいこころ』の文庫版(幻冬舎)
が平積みされてた。
この単行本が発売されたのは、私がこの本の著者・寺門さん
治療院に通っていた頃なので、もう4年ぐらい前。

(通ってた頃は本当に寺門先生にはお世話になってました。)


さてこの本は、【人間の感情は、実は個人個人の身体の5つの臓器が司っていて、
そのタイプによってパーソナリティーの特徴が異なっているんだよ】という中国の
東洋医学・陰陽五行説を、わかりやすく書かれているものなのです。
で、その臓器のタイプとは、
   ■怒りのエネルギーをもつ「肝臓タイプ」
   ■狂喜のエネルギーをもつ「心臓タイプ」
   ■憂いのエネルギーをもつ「脾臓タイプ」
   ■悲しみのエネルギーをもつ「肺臓タイプ」
   ■恐れのエネルギーをもつ「腎臓タイプ」

本の前半で、性格診断テストみたいな【タイプ判定シート】があってそれをやれば
自分がどの臓器タイプなのかわかるようになっていて、それぞれの臓器の働きと
タイプ別の性格や生き方、対処法などが示されています。
自分の臓器のタイプ、また周囲の人の臓器タイプを十分知ることで、人との付き合い
方をスムーズにさせる手助けをしてくれる(かもしれない?)本なのですよ。

で、さて、私の診断結果はジャーン!
4年前にやったときと一緒の【腎臓タイプ】でした!(成長しないヤツだ、私(涙))
腎臓は水を司る臓器。これからもせっせと腰湯・足湯で水分代謝に努めるぞ!


チズちゃんありがと☆さて、腎臓タイプは【黒】がテーマカラーなのだとか。
だからかなぁ〜、
私はわりと黒のアクセサリーや服が多いみたい。
(下着も黒が多い気がするし・・)


←こないだ、chizuちゃんからいただいたアクセサリー
 も黒でした♪これ可愛い〜♪
(ベリベリサンクス>chizuちゃん)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

健康診断

今日は会社の健康診断。

けっこう、検査とか好きだったりする私。
特に聴覚とか、心電図とかって面白くないですか?(私だけか)

レントゲンも、バリウムは相変わらず不味いけど、台の上でゴロゴロ転がされるのも
また一興ってことで。うふふ。
「はい、今度はうつぶせねー。顔だけ左に向けて。ハイハイオッケー、
 ここで息止めて〜、パチリ!ハイOK!いいの撮れたぁ〜!」

おいおいグラビア撮影かい、みたいな。


でだ。
身長・体重測定で、身長が6ミリ伸びてましたぁ〜!!!パチパチパチ!
やっと来たか?成長期!!って感じで・・。(な、ワケないですけど)

実は昨日、家で「骨盤体操」っていうのを見よう見まねでやったのね。
左右の足5分位ずつなんだけど、それをやると足がまっすぐになるとかかんとか・・。
「眉ツバ〜」なんて思いながらやってたんだけど、速効効果が出ちゃったか!うひゃほぉ〜。
まぁ、6ミリ伸びたところでまだ小学6年生レベルなんですが・・(哀号!)

体重は増えてるだろうなぁと不安でしたが、とりあえず去年の値キープだったので、
ほっとして、お昼はコンコンブルでランチ。
あぁ、久しぶりのコンコンブル!やっぱ普通に美味しくて安くてイイわ、ココ。


☆ 来年の健康診断まで健康でいられますよ〜に ☆

| | コメント (13) | トラックバック (0)

『メゾン・ド・ヒミコ』

himiko
今日、ヨガの帰り、ずっと見たかったのになかなか
見にいけなかった『メゾン・ド・ヒミコ』をやっと見てきた。

(シネマライズは嫌いなので、新宿・武蔵野館で)


いやぁ生まれてこのかた、ラブシーンでこんなに心臓がドキドキした映画は無かったかも。
う〜ん、心臓がドキドキっていうより、自分がもろ「その」気になったっつーか(赤面)、
だって、オダギリジョーの視線が色っぽすぎるんだもの。あぁ思い出すだけで胸が・・。
(あっ、オダギリジョーはゲイの役なんですけどね。)

『ジョゼと虎と魚たち』でも思ったのだけど、犬童一心監督のラブシーンって
私、好きだなぁ。リアルで生っぽい、だけど下品じゃないの。

そして、つくづくこの監督って、嫌悪と愛情、甘い夢とシビアな現実、軽蔑と憧れ、
肉欲と純愛・・みたいな相反するもの達を対峙させて表現するのがうまい人ね。
(もしかしたら、これが監督自身が抱えているテーマなのかな)

メゾン・ド・ヒミコの住人・ゲイの方々はみな優しくて哀しくて、とても素敵だった。
特に刺繍好きの山崎さんとは本当にお友達になりたい。
彼の「女性用トイレの鏡の前でお化粧直しをするのが夢だったの」という言葉にホロリ。
これから、女子に生まれたことをもっと愛おしんでお化粧直ししなくちゃ、私。

役者はみんな完璧でした。他の誰がやってもダメだと思えるほどのはまり役ばかり。
細野晴臣さんの音楽もとても素晴らしかったし、北村道子さんの衣装も素敵で・・。

本当に、心に残る良い映画です。
しいていえば、なんとなく詰め込みすぎてしまった印象がなくもないのですが・・。
というわけで、個人的には『ジョゼと虎と魚たち』のほうが好きなのですけど。

それでも十分、☆4つは確実にあげられるな! おすすめの映画です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ウジャイ呼吸

今日はビンヤサフロー・ヨガの日。
まだビギナークラスなので、複雑だったり辛かったりするアサナ(ポーズ)は
ぜんぜんないから身体はラク。なので呼吸をていねいにしようと心がけてみる。

。。。。1時間経過。
うーん。心がけてみましたが、やっぱり今イチわかんな〜いなぁ。

ヨガの呼吸は、鼻呼吸(鼻から吐いて・吸って)を腹式ではなくって胸式でやるの
だけど、意識してないと、いつのまにか腹式になっちゃうのだよ。
だいたい「喉を引き締め、喉の後ろに呼吸を通して、その音を聞く」というのですが、
音はするけど、それって息が正しく喉の後ろを通ってる音なのかどうか、自分じゃ
さーぱりわからんの。隣の人は鼻息が荒いだけのような気もしたし・・(笑〜)

先生は、そのうちにわかってくるから、とにかく気持ちよく質の良い呼吸を心がけて、
というので、気持ちよくやってますが・・・。いつか上手にできるのだろか?

そうそう、先週、先生は札幌のShandor Remete氏のワークショップに参加してた
そうで、その話が面白かった。それが聞けただけでもまぁまぁ収穫かなぁ〜っと。

あ、それと流れのままに動いていたら、最後に苦もなくY字バランスができちゃた♪
自分のことながらびっくりした〜〜!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「300%スパニッシュデザイン」+「ファッションとスペインの文化」展

3連休の最終日、雨が降って寒い今日は、今年初めてのマフラーを首にグルっと巻き
北浦和にある、埼玉県立近代美術館へ。
今日が最終日の『300%スパニッシュ・デザイン/ファッションとスペインの文化』
に行ってきました。
本国スペインでは、2つが別の展覧会として開催されたものらしいのだけど、埼近美
では同時に見れちゃうのでちょっぴりお得感あり。

とにかく圧倒的に私は『ファッションとスペインの文化』のブースが面白かった!
この展示では、世界的に有名なデザイナー(ゴルチェ、カールラガーフェルド、D&G・・・)
の作品が、「こんなふうにスペインの文化から着想を得ているんだよ」ということを
わかりやすく、なおかつ真っ暗な場内に浮かび上がるようにドレスを配置することで、
とてもドラマティックな印象を与えるように伝えられているのです。

ミロ/J.P.ゴルチェこんなにたくさんのオートクチュールのドレスを間近で
見るのは初めてで、そのミシンの縫い目の美しさ、
手刺繍の精巧さ・・。うっとり、ドキドキでした。

(←ミロという名のゴルチェのドレス)


最後の部屋で映されていた、この企画展のために作られたスペイン人ディレクターの
映像作品が、これまたとっても良くって!
ファッションショーっぽい映像と、その服がインスパイアーされたであろうスペインの海、
フラメンコ、食材、闘牛・・・という様々な映像が絶妙に組み合わされていて、
ずっと見ていても飽きなくって。(結局、何度も繰り返し見てしまったよ〜)

美しいものを見ることって、心が豊かになるのだなぁ〜、と実感した日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

銀座でお着物

今日は銀座までお着物を見に行ってきました。

↑ てなこと言うと、とっても贅沢なオンナだと思われてしまいそうですが、
もちろんワタクシ、そんな高価なお買い物できるわけもなく。

今、銀座松坂屋で「なつかし着物・古布大祭典」という、アンティーク着物屋さんが
20店舗以上集まった催しをやっているというので、chizuちゃんと二人でのぞきに
行ってきたのでした。
今日は見学ねー」「うんうん、見るだけ見るだけ〜」なんてお互い自制モード
の会話をしつつエスカレータで催事場まで上がったのですが・・・。

会場の7階へ着いた途端、そこはもうきらびやかな着物世界!
キャア、もうダメ。もだえちゃいそう。
どこのお店もそれぞれ品揃えに個性があるので、品物を見ているだけでも面白いの。
大正浪漫風のお店があるかと思えば、隣店はキリっと粋筋の着物ばかり集めていたり。
いつもだったら、一日に2、3件のお店回れたら「けっこう見たなぁ」、というのが
普通なのに、さすがにこんなにたくさんのお店が一同に集まっているので、アンティーク
ビギナーのchizuちゃんはもちろん、私も心臓バクバク&瞳孔開き気味(笑)

試着中ぅで、買わないと言いながらも試着しては脱ぎ、試着しては
脱ぎ・・・を延々繰り返す私達。(そりゃぁ燃えた!!!)
だって、帯5千円とかからザクザクあるんだもの。
そりゃあーた、買わなきゃ損ッてな気にもなりますわん。

←最初の試着中のchizuちゃん これも似合ってたぁ。。

結局4時間後(・・・4時間もいたんかい!笑)、二人は
しっかり紙袋に入った戦利品をにぎりしめ、
エスカレーターを降りたのでありました。

紬←私が買ったのは、この紬。

紬は前から欲しいなぁ〜と思っていたのだけど、
なんぜ渋い色目の着物は私には似合わないのが
わかってるので、なかなか自分に合うものを
見つけられなかったんだけど・・・。
これは、童顔の私にもすんなり合ったのです。
何より値段がとっても可愛い〜(1万5千円也)。

紬は普段着の着物。
これからバンバン着るようにしようっと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

肉教団

f5f9959a.jpg今日は、Rayちゃんに誘われた肉教団(笑)の集まり
(っていうかミサ?)で、田町の韓国料理屋さんで、
お肉をたくさん食べてきました。

お肉の他にもいろいろ食べた。っていうかマッコるるるるリ飲みすぎたぁ〜。
ほんとおいしかったです。お酒もお肉も♪


←食べ散らかしてる図。


なんだか初めて会う人ばかりで、私なりに緊張してたんですけど、
この緊張はあまり他人には伝わっていなかったみたい。
ヘンダにゃ。まぁいいか。

食べることがとっても好きそうな方が多そうだったので、いろいろまた
遊んでもらえたら嬉しいなぁ〜、と思いながら電車に乗りました。

楽しい集まりって、身体の中からウキウキしてくるもんなんだなぁ。

はぁ、お風呂はいろ。おやすみなさい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久しぶりな恵比寿

tako久しぶりに恵比寿に行きました。
渋谷で働いてた頃は、恵比寿でばっかり飲んでたけれど、
ちょっと線路が変わったら、ぜんぜん行かなくなっちゃった・・。

でも、久しぶりに降りた恵比寿は、前よりもさらにお店が
増えてて増えてて、ワクワクしちゃう感じでした☆

←今日はたこでお好み焼き食べてきた。

今週はずっと微食で頑張ってた反動か、しっかりガッツリ食べちゃったよ〜。
また増量しちゃいそう、やばい!!

で、たこのすぐ近くに六本木の海南鶏飯食堂の支店があったの、びっくりぃ!
この通り、ちょっと来ないあいだに、お店乱立してるのね〜。
開拓したくなっちゃうではないか・・・。やばいやばい。

お好み焼き食べたあと、素敵なバーに連れて行ってもらいました。
でもお店に入ってすぐにバーのマスター氏に「油くさい」と言われちゃったぜ。
(鉄板の店の油のニオイってやっぱりとれないものなのね)

ここで美味しいモモ(プラムっぽい初めて見た品種のモモでした)のカクテルと
生姜のカクテルをいただきました。
本当にうっとりするほど美味しいお酒でした。
美味しいカクテルって、みっともなく酔わないものなのですね〜。
(っていうか自分じゃわからないんだけど。。。。多分、不様じゃなかったよね?)

はぁ、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表参道を駆け抜けろ!

今朝、久しぶりに走った。

いや。
ジョギングとかしたわけじゃなく、ただ遅刻しそうでダッシュかけたまでですが・・。
原宿駅から表参道のウチの会社まで信号にもひっかからなかったので、一気に
走ってみたけど、気持ちよかったぁ〜。

いやぁ、健康っていいですなぁーー。
いろんな人の闘病日記とか読んでいると、同じ病気で同じ手術を同じ時期にした
人でも、病後の状態って人それぞれ。
いまだに会社に行けなかったり、主婦の人で家事を休んでいる人とかいるらしい。

担当のお医者様の腕が良かったのもあるだろうし、私がわりと体力あるということ
もあるんだろうけれど、とにかく、走って気持ちいいって思える幸せ・・。

よく、癌を克服したりした人が、ホノルルマラソンに出たりするけれど、
こういう気持ちよさをしみじみと味わったからかもしれないなぁ〜。
私の病気なんて、命に別状ある病気じゃないのに、これだけうれしいんだから、
癌みたいな難病を経験したら、なおさらでしょう。
うぅ、想像しただけで、胸がキューーンとしてきた。泣けるぜ!(←うれし涙)

ま、だからといって私、マラソンなんて始めるつもりはありませんけど。ね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『新解さんリターンズ』

db7c0331.jpg←こんなふうに、ポストイットを貼りまくりたくなっちゃうのが
『新解さん』こと、『新明解国語辞典』
その第6版が7年ぶりに発売されたと聞いていたので、
「そのうちアレも発売されるかなぁ」と思って首を長くして待っていた、
『新解さんリターンズ』(今回は文庫書き下ろし)。

この『新解さん』シリーズというのは、
『新明解国語辞典』という辞書の特徴であるところの、大胆でかつ人間味溢れる語義・
語釈の数々を紹介している本なのです。

たとえば、こんな具合。恋愛の第4版から第6版までの変化なのですが・・、

れんあい【恋愛】(第4版より)
 特定の異性に特別な愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら
 合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、
 ひどく心を苦しめる(まれにかなえられて歓喜する)状態。
  ↓
れんあい【恋愛】(第5版より)
 特定の異性に特別な愛情をいだき、高揚した気分で二人だけで一緒にいたい、
 精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、
 常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜
 したりする状態に身を置くこと。
  ↓
れんあい【恋愛】(第6版より)  
 特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔い無いと思い込むような愛情をいだき、
 常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたい
 と願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば、不安
 になるといった状態に身を置くこと。

う〜む。第4版、第5版では、出来るなら(←せっぱ詰まったご様子)合体したかったり、
肉体的な一体感も得たい、やる気まんまんな新解さんが、第6版では精神的な部分で
のみ主張しているのです。純愛に目覚めたのか?
ちょっとでも疑念が生じれば、不安になる」新解さん。もしや辛い恋でもしているの?
一度お酒を飲みながらゆっくり彼の恋愛話を聞いてあげたいような気がしてきました。

他にも、食べ物への主張が激しかったり(好物には「美味」と必ずつけている)、
流行にも敏感だったり(韓国ドラマが文例に使われてる)する、キュートなところ
もある新解さん。やっぱり私も第6版、買いたくなってきました〜。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »