« 銀座でお着物 | トップページ | ウジャイ呼吸 »

「300%スパニッシュデザイン」+「ファッションとスペインの文化」展

3連休の最終日、雨が降って寒い今日は、今年初めてのマフラーを首にグルっと巻き
北浦和にある、埼玉県立近代美術館へ。
今日が最終日の『300%スパニッシュ・デザイン/ファッションとスペインの文化』
に行ってきました。
本国スペインでは、2つが別の展覧会として開催されたものらしいのだけど、埼近美
では同時に見れちゃうのでちょっぴりお得感あり。

とにかく圧倒的に私は『ファッションとスペインの文化』のブースが面白かった!
この展示では、世界的に有名なデザイナー(ゴルチェ、カールラガーフェルド、D&G・・・)
の作品が、「こんなふうにスペインの文化から着想を得ているんだよ」ということを
わかりやすく、なおかつ真っ暗な場内に浮かび上がるようにドレスを配置することで、
とてもドラマティックな印象を与えるように伝えられているのです。

ミロ/J.P.ゴルチェこんなにたくさんのオートクチュールのドレスを間近で
見るのは初めてで、そのミシンの縫い目の美しさ、
手刺繍の精巧さ・・。うっとり、ドキドキでした。

(←ミロという名のゴルチェのドレス)


最後の部屋で映されていた、この企画展のために作られたスペイン人ディレクターの
映像作品が、これまたとっても良くって!
ファッションショーっぽい映像と、その服がインスパイアーされたであろうスペインの海、
フラメンコ、食材、闘牛・・・という様々な映像が絶妙に組み合わされていて、
ずっと見ていても飽きなくって。(結局、何度も繰り返し見てしまったよ〜)

美しいものを見ることって、心が豊かになるのだなぁ〜、と実感した日でした。

|

« 銀座でお着物 | トップページ | ウジャイ呼吸 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

くーっ。
これもやられたな。
場所がちょっとね。

かわりにボクは 行けるうちにと、
先日 Braunのデザイン展に行ってきたぞよ。
展示のケースがジャマでジャマで…

投稿: ろっし | 2005年10月10日 (月) 21時51分

■ろっしさん
あっ、Braun展ってAXISでやってるやつ?
あれ男の子は絶対みんな好きだと思ったっ!プロダクトデザインものは、
ケースに入っているともどかしそう。手で触りたいよね、実際に(まぁ、ムリか・・)

投稿: ok | 2005年10月11日 (火) 11時16分

そうなのよ。
あーゆーのって、触ってなんぼだからなぁ…
かなり不満。

投稿: ろっし | 2005年10月11日 (火) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175147

この記事へのトラックバック一覧です: 「300%スパニッシュデザイン」+「ファッションとスペインの文化」展:

« 銀座でお着物 | トップページ | ウジャイ呼吸 »