« 上野で「オランダの光」を見る | トップページ | 生いちごのかき氷 »

きもの・きもの

今日、たまに行くビンテージ着物のお店のC子ちゃんから、セールのお知らせ
の電話があった。
「金曜日から、着物も帯もかなり安くなってるので、ぜひ来て下さいね〜」と。

やばいやばい。行って、もし可愛いのあったら買ってしまいそうじゃん。
C子ちゃんは若いのに着物のセンスがとってもいい敏腕店長で、彼女が
「いい商品がある」という時は本当にイイのだ。
あぁ〜、のぞきに行っちゃおうかなぁ〜。見るだけ見るだけ。。
(ショップの思うツボだなぁ、私。いや、買わないですけど!!)

「ところで、OKさん、夏も着物着てますか?」
「ううん、ぜんぜん。夏着物はまだ私には無理無理。浴衣着たくらいよ」
と私が答えてから、しばし電話で浴衣談義・・。
今年の夏も巷では浴衣を着ている人が多かったけど、
「やっぱり見てると着付けとか気になること多いよね〜」みたいな話。

そうなのです。
着付けが出来るようになって、着物の本もいろいろ読むようになってから、
特に気になるのだ、女の子達の浴衣の着方が・・。

まず、【襟元が開きすぎ】
 着物で襟元を開くと、それは年寄りだらしないかのどちらかなのよ〜!
 セクシーだと思ってわざと深く開けてるのかもしれないけど、そりゃ
 とんだ勘違い。シャツのボタン2つ開けるのとはぜんぜん違うのだよ。

次に、【ウエストがくびれてる】
 多分、補正しないで直に浴衣を着ているせいだと思うんだけど、着物の場合、
 胸・ウエスト・お尻がストンと寸胴でないと美しくないのです。ウエストを
 帯でギュギュッと締めて細くしたら、変なシワはできるし不格好です!
 ☆胸はノーブラ&ウエストにタオル巻く、それだけで補正できるのに〜。

その他、丈が短すぎて子供の浴衣みたいになっちゃってるのも気になったなぁ〜。

キリっとな
←これ、私の好きな着物雑誌なんだけど、
こんな風に、襟元は喉のくぼみあたりに
合わせるのがベストなのです。
(これは浴衣じゃないけどね)

「そんなの好きずきじゃん」って言う人も
いるかもしれないけれど、さ。

せっかく日本人にしか似合わない着物(浴衣)
なんだから、とびっきり可愛く着てほしいって
思うのです。

|

« 上野で「オランダの光」を見る | トップページ | 生いちごのかき氷 »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

浴衣経験の少ないのりぞうです。

私も胸元の開きは気になりました。
あと、腕まくりしてる人も気になったなぁ。
せっかく浴衣着てるのに・・・だらしない感じがしますよね。

でも私も、タオルで補正はしませんでした。
最近はくびれ作って胸元強調する着方もOKだって言う話も聞きますしね。
単純疑問なんですけど・・・
タオルで補正したら、その分暑くなったりしないんですか?

投稿: のりぞう | 2005年8月19日 (金) 10時09分

おおー、さすがOKちゃん。よく言ってくれました。
今年の「胴のくびれ」は気になってました。今時のヤングじゃなくて、けっこうきちんとメに着ている人でもくびれのある着方をしていたんだよね。

しかし、浴衣でさえ今年は(今年も)着ていない。。。
今度鎌倉散策でもする〜?笑。

投稿: うT | 2005年8月19日 (金) 10時24分

補正一目瞭然→http://www.yukatalism.com/html/ktkv2_ready02.html

■のりぞうさん
タオル補正を暑いと感じたことは、個人的にはないですねー。
(というか私はタオルではなく、お手製のガーゼぱっとを使ってるの)
タオルの補正は汗取りの効果もあるので、大事な帯を傷めないという
利点もあります。帯は高価なのに洗えないですもん。

■うTさん
鎌倉、行きたい!もっと涼しくなったら行こう。
うTが言ってたアンティーク着物のお店って、「雪月花」っていうお店?
駅から紀伊国屋のとこ右に折れたとこ?

投稿: OK | 2005年8月19日 (金) 13時38分

http://homepage2.nifty.com/ichimonzi/

投稿: uT | 2005年8月23日 (火) 12時55分

あら、URLだけでカキコしてしまいました。。。(汗)
私が行ったことあるのは、「一文字」ってところ。北鎌倉にあるの。
USED着物が安くていいのがあったよ。

「雪月花」ってところも行ってみたいわー。ここは鎌倉駅なんだね。

投稿: うT | 2005年8月23日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175181

この記事へのトラックバック一覧です: きもの・きもの:

« 上野で「オランダの光」を見る | トップページ | 生いちごのかき氷 »