« とうとう手術だっ! | トップページ | やっと出た〜! »

歩ける幸せ

まだ暗いうち(多分、夜中の3〜4時頃)に、ナースさんに、
「歯磨きしましょう」と言われベッドのヘッド部分を少し起こして歯磨き。
そしてまた寝る。

朝になっても、ナースさんがしょっちゅう様子を見に来てくれる。
熱をはかると、まだ39℃近いけれど、気分は悪くない。
お水なども少しずつ飲めるようになる。熱がある身体に水分摂取はうれしい。

9時頃、M先生の術後診察。
「写真持ってきたよ。全部で21個取ったよ。で、調子はどう?」
と言って摘出した筋腫の写真を見せてくれた。
大きいのは6cm位のが2個、あとは3cm位のが数個、残りは1cm位の小さめのが
10個で合計21個!
よくぞ、こんな細かいのまで取ってくれました、とM先生にひたすら感謝。
自分自身にも、「こんなたくさんの筋腫をよくお腹にかかえてたね〜」と
心の中でねぎらってあげました。

10時頃来たナースさんに、思い切って
「歩いてトイレに行きたいんですけど・・」とお願いしてみる。

「だねー。歩きたいよね。じゃ、肩の注射と尿道カテーテル、はずしちゃいましょう」

うわ〜い!!尿道カテーテルがずっと気持ち悪くてたまらなかったのよ〜!
おまけに肩からつながっている痛み止めの注射器もはずされて身軽になる!
手術着を脱いで、身体を暖かい蒸しタオルでふいてもらう。ふわぁ〜〜♪
どんどん身体からいろんなものがはずされて「人間」に戻っていくって感じ!

「じゃぁ、ベッドのふちに腰掛けてクツをはいてみましょうか」

無印のバレエシューズドキドキしながら身体を起こして、ゆっくりクツをはく。
前日に切ったばかりのお腹だから、どうしてもかばって
前かがみのお婆さんみたいな姿勢になってしまう。

点滴がぶらさがってる台に頼りながら、10m弱先のトイレ
までゆっくり歩く。
ちょっと歩いただけなのに、目がふらふらっと回るので
転んだりしないかと、アセってしまいました。

なんとかトイレをすませ、またベッドに戻ってこられた。
う〜ん 達成感!!

その後は、疲れてまたベッドで眠る。
(トイレに行っただけでこんなに疲れるなんて・・トホホ、と思いつつ)

|

« とうとう手術だっ! | トップページ | やっと出た〜! »

「闘病日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。大久保病院を検索していて、こちらにたどり着きました。
私は今子宮筋腫核手術をする病院をさがしています。
こちらにある肩の注射というのは、手術前の筋弛緩剤とは別なのですか?

投稿: airu | 2009年5月28日 (木) 23時02分

■airuさん
はじめまして、こんにちは。
大久保病院で検索されたんですね、私も筋腫核手術でした。
この日記に書いた「肩の注射」というのは、開腹手術の際に打った硬膜外麻酔
のことです。開腹手術では、脊椎麻酔と硬膜外麻酔を打つのです。参考に⇒http://www2.kpu-m.ac.jp/~anesth/masui/epi_anes.html

硬膜外麻酔は術後の痛み止めとしても有効なのです。
この注射のおかげで痛みを感じることは私の場合はほとんどありませんでした。


いろいろ手術の件など不安がありますよね。また何か私でわかることもあるかも
しれませんので気軽にご連絡くださいね。

投稿: ok | 2009年5月29日 (金) 18時34分

OKサン、早速のお返事ありがとうございました。

硬膜外麻酔のことだったのですか。
背骨からチューブが肩にまわって、止めてあるのでしょうか?

私は開腹は2度目になるのですが、1度目は緊急だったので、しなかったんですよ、硬膜外麻酔。

同じ病室の方は皆やってらしたようなのですが、どこにどうなって繋がってるのかとか聞かなかったので、よくわからなかったんです。

背中からのチューブって、寝てるときってどうなってるのか想像つかないですが、ずれたりしないかちょっと怖いです。

でも刺すとき、筋弛緩剤で意識がないのはいいですね。同室の方々は、皆結構痛かったと聞きました。

今一番心配なのは、筋腫が7~8センチ子宮の外に向かってお腹の方に1個あるのですが、ホルモン剤で小さくしてからにしましょうって言われないかを心配しています。

私はアトピーでステロイド剤が効かなくなり、今も体調が良くないので、ホルモン剤にとても恐怖を感じています。

大久保病院の感想をネットで読むと、筋腫を小さくしてから、手術する方が多いように思うのです。

個人の状態によって多分違うのでしょうけど、
なかなか良い病院の情報がないので、
だめだったら、また探すことを考えると憂鬱です。

でも、不安に思ってていてもしょうがないなと思い、今日、はじめて予約を入れました。
高田先生は約1ヶ月待ちだったので、松田先生にいれました。1日に行って来ます。

投稿: airu | 2009年5月29日 (金) 23時23分

■airuさん
松田先生は初めて会う時はあまりにものらりくらりとしてるので、ちょっと大丈夫?
と心配になるかもしれません。なんかとっても飄々としてるんですよね。
実際は本当に素晴らしい先生です。
どんなくだらない質問にもちゃんと真摯に答えてくれるし、相談にも乗ってくれます。
あと、患者さんの意向をいろいろ汲んで、一番良い方法を考えてくれます。
それは高田先生にも言えると思います。

私は本当にお酒を飲むわりには、麻酔にしても筋弛緩剤にしても効きやすい体質
(普段、薬を飲まないせいかも)だったので、それは助かりました。
効かない人は座薬の痛み止めもまったく効かないらしいし、人それぞれですよね。

病院探しは、体力的にも時間的にもタイヘンだけれど、大久保病院以外にも良い
病院はたくさんあると思うし、airuさんが一番信頼できる「ここだ!」という病院を見つ
けられるよう、応援しています。頑張ってくださいね!

投稿: ok | 2009年5月30日 (土) 00時55分

OKさん、今日いってきました!
松田先生、内診上手でした。全然痛くなくて安心できました。
ただ、執刀は非常勤の若い先生になるようです。松田先生も立ち会うとのことですが。

でも、ここに決めました。7月3日に手術です。
OKさんのように麻酔がよく効いてくれるといいなと思います。

ところで手術までに術前検査は当然あるとして、麻酔科も受診するようですが、OKさんもそうでしたか?
術前の説明でしょうか?

自分や、家族の手術経験の中で、麻酔科に改めてかかるのははじめてなので、想像がつかないのです。

投稿: airu | 2009年6月 1日 (月) 22時17分

■airuさん
大久保に決めたんですねー!!おめでとうございます!
airuさんの手術への決意が決まっただけでもうそれはそれは素晴らしいことだ
って私は思いますよ。半分以上階段登れてる気がします、きっとねscissors

手術、その若い先生を松田先生が信頼しての執刀でしょうし、松田先生が
ついていらっしゃるのなら大丈夫ですよ。どーんと構えてしまいましょう。

麻酔科は私は術前(入院した日)にいきましたよ。
手術の時に担当していただく麻酔科の先生に、診察(問診…体重とか体調の
確認が主でした)と手術での麻酔の説明をしていただきました。
麻酔の説明では実際に器具なども手に触らせてもらったりした覚えがあります。
女医さんでとても説明がわかりやすかったなぁ。
まだその先生が大久保病院にいらっしゃるのかどうかはわかりませんが、麻酔に
関して不安なことなどいろいろと質問できる場だと思います。

7月3日、あっというまにきちゃいますね!
私も7月になったら定期検診で大久保病院に行きます。
airuさん、手術が終わって退院を待つ頃かもしれませんねー。
手術の成功をお祈りしています。頑張ってくださいね!

投稿: ok | 2009年6月 1日 (月) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175207

この記事へのトラックバック一覧です: 歩ける幸せ:

« とうとう手術だっ! | トップページ | やっと出た〜! »