« 手術を決意してから(ホルモン療法) | トップページ | 歩ける幸せ »

とうとう手術だっ!

手術日当日。
手術は午後イチってことで、食事は昨晩9時以降、今朝6時からは飲水も禁止。
9時頃、ナースさんが「浣腸しま〜す!」と登場。
普段から、すこぶる快便(笑)なのに、昨日下剤を飲んだ上に浣腸とは。
決まりだから仕方ない、とあきらめたけど、辛かった〜。もう2度とイヤ!

12時半頃ナースさんが「そろそろ準備しましょうか」というので、
弾性ストッキング、T字帯(フンドシみたいなもの)、手術着に着替える。
そして、ベッドからストレッチャーに移動して身体を固定させられる。
いきなり「手術するんだ」と現実感がわいてきて、心臓がドキドキしてきた。

麻酔科の先生からの事前のレクチャーによると、
「肩へ筋弛緩剤(意識あり)→硬膜外麻酔(意識無)→全身麻酔(意識無)」
という順で行われるそうなのですが・・・。
なんだか私はとっても麻酔的なものにかかりやすい体質らしく、手術室に行く
前の筋肉注射(弛緩剤)で、意識が無くなってしまいました。

よって、噂では、痛いという背中に打つ硬膜外麻酔を打った記憶もほとんど
無かったくらい、その後はぐっすりというかプッツリ意識を失ってました。
(ストレッチャーで手術室に運ばれてる事さえも記憶にないのよね〜笑)

そんなわけで、痛さはほとんど感じなかったと思う。

「OKさ〜ん」「○○子〜」っていうナースさんや母が私を呼ぶ声が遠くから
聞こえてきて、「あれ〜、ここってどこだろ?」って考えつつ目を開けて
「あぁ〜手術終わったんだ・・」って思った瞬間、
ほんの一瞬だけ、下腹が今までに経験ないような凄く熱い痛みを感じただけ。
その痛みで思わず「痛い、助けて、痛い痛い!」って声に出していたのと、
なんだかひどく身体が寒くてガタガタ震えていたことは記憶に残ってるけど、
すぐに背中に痛み止めの麻酔が入っていったので、また眠ってしまいました。

夜中は、何度か起きて寝返り実行。この時ばかりはさすがにお腹は痛かった。
でも、ナースさんから
「お腹の中で腸などが癒着するのを防ぐために、寝返りをたくさん打ってね」
と言われたし、何より、同じ姿勢で寝てると腰などが痛くなってきたので、
自分からも積極的にベッドのヘリなどを手で持ちながらヨロヨロと頑張りました。
寝返りを打つたびに、お腹が「ぐるぐる〜」と鳴るのが怖かったなぁ〜。

1時間ごとにナースさんが見に来てくれて、お腹が痛くなると座薬を打って
くれたり、氷枕を取り替えてくれたり、うがいをさせてもらったり・・、
とにかく、ナースさんにはお世話になりました。本当に本当に感謝です。

|

« 手術を決意してから(ホルモン療法) | トップページ | 歩ける幸せ »

「闘病日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175208

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう手術だっ!:

« 手術を決意してから(ホルモン療法) | トップページ | 歩ける幸せ »